竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

共産党 維新 社民 生活 こころ の憲法談話

共産党の憲法記念日の談話
憲法施行70周年にあたって四つのことを上げている、憲法の三つの柱のうちの、平和主義と国民の権利と義務が具体的に明記されていることを高く評価し、憲法を生かす政治を実現する決意を新たにすると宣言している。
しすて、安倍政権の積極的平和主義や集団的自衛権が可能の憲法解釈は、日本を「戦争をする国」にするとし安倍政権の危険な改憲策動に断固反
するとしています。
また、北朝鮮など日本の周辺の緊張の高まりについて、その安倍政権の米国の軍事対軍事の緊張を高める行動を支持、歓迎する対応は、軍事対軍事の緊張をエスカレートさせ、トランプ政権が軍事力を行使したときに自衛隊を自動参戦させてしまうと指摘している。平和主義の日本として外交努力にもっと尽くすべきとしてき。
さらに、安倍政権の政権運営は憲法破壊の暴走政治としています。今審議されている「共謀罪」法案は、憲法19条で「侵してはならない」とする思想や内心を処罰の対象とする違憲立法として反対するとしている。
安倍政権の改憲については、自民党の改憲案の問題点をしてきしそれが、自民党自身がそれが問題だとわかっているから、現行憲法のどこをどう変えるのかを示すことができないとしています。また、「教育勅語」の再評価にも表れている安倍政権の戦前回帰の姿勢は、多くの国民には受け入れがたい異常なもので、安倍政権を暴走とモラルハザードとして批判しています。


日本維新の会の憲法記念日の談話
日本国憲法は、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の三原則を日本に根付か、国際社会での日本の地位を高める役割を果たしたとして、現行の憲法を評価してている。
しかし、国際社会の情勢や人権の考え方が変わってきて、そぐわないものもあるとしている。日本維新尾党は去年の3月に憲法改正原案を発表している。
その柱が、教育の機会均等を実現する「教育無償化」
東京一極集中を打破するため、地方自治の改革として道州制の導入。
安全保障上の重要法案等の合憲性判断のための「憲法裁判所の設置」の三点が必要としている。
それを下に日本維新の会の憲法改正案の理解を求めるとしてる。自民党のように自党の改憲案を唯一とせず、各党の意見にも耳を傾け真摯に協議を行き、国民にとってより身近なものとなるよう努力するとしています。


社民党の憲法記念日の談話
憲法の武力不行使の原則は、国連憲章をさらに発展させた、交戦権を認めないこと。憲法に書かれている生存権や幸福追求権を保障する人格権の人権尊重は、人類の叡智を結晶させた人類共有の財産としています。
日本の平和主義は諸外国とりわけ、アジア近隣諸国から信頼をかちとることができた支柱としている。
憲法が戦後70年改正されずにきたことは、国民が改憲の必要性としていない証であり、憲法の掲げた目標をさらに具体化し、現実の政治や生活に活かしていくとしている。
社民党の談話が一番長く書かれているが、その多くは自民の改憲案に多くが裂かれ、社民党自身の憲法に対する考え取り組みをどのようにして、政治に生かして行くかがかかれていない。
たしかに、憲法を無視したような安倍政権の政権運営に対して危機感を持たないといけない。しかし、社民党自身が国民主権、人権尊重、平和主義を具現化する立憲政治を社民党がどのように考えるか知りたかったです。
社民党が自民党憲法案のどこが問題なのかと考えているか、その項目をあげてみると、
9条で自衛隊を憲法に「国防軍」と明記し、国民の権利に対して「公益及び公の秩序」の枠内に制約し、憲法の国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の三原則を踏みにじるとしています。
また、自民党の実際の政策は、文化的な最低限の生活保障は、生活保護費を下回る年金受給など社会保障制度、学問の自由については高額の授業料や不十分な奨学金制度、働き方改革では非正規労働の拡大、男女や正規・非正規等の格差の拡大、過労死や過労自殺を生み出す長時間・過密労働などの問題。地方自治を無視する辺野古新基地建設の強行など憲法が踏みにじられているとしています。
さらに、特定秘密保護法、集団的自衛権行使を容認する「戦争法」、共謀法は内心の自由を脅かし国民監視になりかねない。朝鮮半島情勢につては、米国に賛同し追随することは、危機を煽っていることになり極めて危険だとしてきしている。
これらに対しては、12条の「憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない」をもって、押しとどめないといけないと締めくくっている。


生活の党と山本太郎となかまたちの憲法記念日の談話
現行憲法が日本の国のありかたと国民生活と意識に果たした役割を評価し、「憲法と立憲主義の精神が、この国と、国民の生活全体を支える欠くことのできない基盤となっていることはいうまでもない。」としている。
それを、この普段あまり意識することのない、憲法について考える機会とすることが大切だとしている。
また、安倍政権により戦後培って築きあげたものが崩されようとしていることに危機感をしめしている。
また、安倍政権の時代に逆行した考え、立憲主義は絶対王政の時代のものだと否定するに近いことを言っていることにも強く批判をしています。
憲法の三原則と国際協調を守り、国家権力の暴走を食い止めるのが、憲法の本質であることを理解していないとして、自民党改憲案に反対を表明している。そして、憲法軽視、権力の濫用の安倍政権に反対し、立憲主義も、議会制民主主義を守るために、徹底的に安倍政権に対峙するとしています。


日本のこころを大切にする党の憲法記念日の談話

日本国憲法のあるべき姿とはどのようなものか、独立国家としての憲法とはどうあるべきかなど、長時間議論を重ね、完成したものとしている。
いるが、自党の名前に冠している「日本のこころ」とはどのようなものであるかを語っていないです。
そもそも、「日本のこころ」とか「美しい日本」などの概念は100人いれば100通りあるものです。そのようなものを政党の名前にするのは、多様性を否定し一つの考えを押しつけるようなものです。

関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 日本の民主主義
    風と雲 (05/25)
    現憲法を、与えられ押しつけられたことを改憲の理由にするのは戯言としか思われない。GHQの優れた選良達が、強い意志と理想を以って日本国の改革に込めた理念と体系の案
  • これからの世界情勢
    竹林泉水 (05/16)
    ポピュリズムは民衆迎合主義ともいわれ、民衆に人気のある政策を主張するが、多数派(マジョリティー)の意見を重視し、少数派(マイノリティー)を無視したり、時には敵対
  • これからの世界情勢
    アジシオ次郎 (05/15)
    こんにちは。

    移ろい易い国際情勢、韓国とフランスで大統領が代わり、欧米ではポピュリズムに訴えて支持を伸ばす政党が台頭するなど、予断を許さない状況ではあります
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    > 2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    これについて、追加です上記のタイトルの本は、2013年に増補として出されたもので、2006年の
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    それを読んだらわかるのではないかと思います。
    70年前の日本を取り戻したいと思っているようで
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    風と雲 (05/07)
    安倍政権になってから、日本の国をどういう風にしたいのか、何が今の日本で足らないのか、不整備だとしているのかさっぱり分らない。70年間大きな過誤なしに比較的平和に
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    竹林泉水 (04/29)
    > 自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を・・・・
    マスコミがこのことに対して抗議しないのは、すでに
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    アジシオ次郎 (04/28)
    こんにちは。

    自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を抑圧しようとするのは客観性がない以前のもので、
  • 山本大臣の発言
    竹林泉水 (04/22)
    自民党の議席を多数とったことによる驕りと、下野に下った時のトラウマがあり、自分のすることが正しい思いこんでいるのでしょう。

    アメリカ追随が自民党の一部の反動的
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2017/05 | 06
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR