竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

オバマ前大統領のスピーチ 2

オバマ前大統領が1月10日シカゴで大統領として最後の演説をしました。
それについては、3月3日の記事で一部を紹介しました。
申し越しその演説を読んで感想を書いてみます。
私の読んだものは、日本語訳で Photographer のものです。

全国各地のあらゆるところで、国民と直接語り合って、意見が食い違っても皆の言葉から、インスピレーションを与えられ、素直で前向きな気持ちにさせてくたと語り。「皆さんが私を人間として成長させ、一人前の大統領に育ててくれたのです。」とスピーチしています。
意見の食い違い対立があても、直接語り合い論戦をしてそこから自己を向上させる糧にしていく。
このことは、意見が対立したり、自分を批判するニュースを嘘だと断定し攻撃し排除する、また批判的なニュースを嘘だとしてマスコミを締め出す、トランプ現大統領と真反対の考えです。違う意見を排除していくと裸の王様になってしかないです。

そして、「人間は皆平等で、生命、自由、そして幸福の追求は神から授けられた永久の権利です。
そしてそれらの権利は当然、自然に行使されるものではありません。我々国民は民主主義という手段を使って、より理想的な連合体を形成できるのです。」と語りました。

人は個人として尊重され基本的人権は生まれながらあるもんでそれは、生命、自由及び幸福追求に対する権利を尊重しなければならないことです。経済がグローバル化し情報もインターネットを通じ世界を駆けめぐる反面、情報が氾濫し処理しきれなくなてきています。そのような状況であるからこそ、考えや意見の違いを尊重するが大切になってくるでしょう。カナダのトルドー首相は、トランプ大統領の移民やイスラム圏7ヶ国に関する大統領令に対して「カナダ人は信仰に関係なく、多様性こそ我々の力だ」と言いました。多様性の受け入れこそが自由と民主主義が大切にするものです。

さらにオバマ大統領は、人間は皆平等で、生命、自由、そして幸福の追求は天賦のものだとして、「一人ひとりが想像力を働かせながら懸命に努力して夢を追求する自由と、力を合わせてより素晴らしい目標を達成する義務が与えられている」と語っています。これは油断をしているといつの間にか無くなってしまったり、奪われてしまったり、自由と平等の受益者自身が必要でないもの邪魔なものと勘違いしてしまってはならないと言って警鐘しています。

今のアメリカを築くために多くの苦難があり混乱があり血が流されてきた、それを恐れずにチェンジに立ち向かって言ったから今のアメリカがあると語りました。その中で「愛国者は専制政治でなく共和制を選択し」「奴隷は見せかけの自由に勇敢に立ち向かい」「女性が参政権を獲得し」「労働者に結束する力を与え」「オマハ・ビーチや硫黄島、イラクやアフガニスタンでの戦いに命を捧げ」「公民権を求め」「LGBT」など命がけで行動を起こしていったアメリカの苦難の歴史を振り返り、
「民主主義の推進には常に困難が伴い、議論が欠かせず、時には血が流れることもあります。2歩進んで1歩下がりながら進むのです。」そしてその恩恵は全ての国民に与えられなければならないと、それらの大切を語りました。

アメリカ合衆国は独立革命戦争でイギリスの植民地支配か入植者たちが宗主国に叛乱をお越し作り上げられた国です。イギリス王国の搾取から解放されても、同じように王制のような国をつくるなら植民地時代と代わりないです。それにより13の独立国が、単一の主権のもとで連合してつくられた国です。
オバマ前大統領はそこで次のように語っています。
「民主主義は統一性を必要としない、ということを理解してください。議論を重ねて方向性を見出した我々の建国の祖たちは、将来を担う今の我々にも同じようにして欲しいと願っていたことでしょう。しかし彼らは、民主主義にはベースとなる確固とした共通認識が必要である、ということを理解していました。外見は違っても我々は皆同じ目標に向かい、良い時も悪い時も共に乗り越えていく、という理念です。」
多様性があり違いがあるが、アメリカの強みは自由と民主主義という一つの共通した目標に突き進んでいるからです。しかし、それがいつも国民や政権を担う者にあるとは限らず、その共通の目標が脅かされることもある。今世紀の初めに民主主義は危機に晒され。我が祖国を守る能力が試されてた、それによりアメリカの未来が決まるとといっています。
自由や民主主義が空気のようになったからと、油断してはならず心してかからないと、いつしか自由と民主主義は危機に瀕してしまいます。

このことは今のアメリカだけでなく、世界中の国にも言え当然その中に日本も入っています。
日本の今の政治やマスコミの現状また、ヘートスピーチななど国民のようすを考えると、日本の今の自由と民主主義は瀬戸際に差し迫っていくのではないかと心配な状況ではないでしょうか。

続く。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 明夷待訪録 黄宗羲 臣下論
    たんめん老人 (04/19)
    『明夷待訪録』の翻訳者である西田先生には大学で東洋社会思想史と、リレー形式の世界史の中国近代の部分を教えていただきました。東洋社会思想史では康有為をはじめとする
  • 学校の先生の多忙と部活の外部指導員
    竹林泉水 (04/17)
    学校の教員の仕事は、校務は生徒指導と教科指導のほかにも、校務をするうえで校務分掌の仕事がある。その分掌のしごとはその学校内だけでするものではなく、対外的のものが
  • 学校の先生の多忙と部活の外部指導員
    アジシオ次郎 (04/16)
    こんにちは。

    ただでさえ中学校や高校は公務と部活動の両立が教員の負担を大きくしているけど、外部から指導者を呼んで部活動はその指導者に任せて教員は公務に専念。こ
  • 国連の幸福度ランキング またランクが下がった
    アジシオ次郎 (03/17)
    おはようございます。

    幸福度が54位と前回より3つ下がった日本、主要国に限れば低い部類に位置づけられそうだが、この事実を日本政府や社会全体でどう見てるのか、こ
  • 公文書の書き換えは重大な問題
    竹林泉水 (03/15)
    そうですね、公文書を書き換えることは官僚によらず誰もがしてはならないことです。高級官僚などはそのことは充分知っています。書き換えられがことは事実で、1個人が勝手
  • 公文書の書き換えは重大な問題
    アジシオ次郎 (03/14)
    こんにちは。

    森友問題は財務書による決裁文書の書き換え疑惑も浮上したけど、官僚が公文書を書き換えるというのはあってはならない行為だし、社会一般だったら公文書偽
  • 最近思ったこと
    泉水 (03/09)
    風と雲さんコメントありがとうございます。


    これから日本はどこに行こうとしているのでしょうか。

    日本に限ったようではないですが、世の中はどんどん保守化していてい
  • 最近思ったこと
    風と雲 (03/08)
    筆者と同じ思いです。第二次安倍内閣以降、民意、野党、法理、倫理を無視し、強引に独善を進める姿勢は、国全体の空気を不健全、不誠実に塗り替えているように思います。国
  • ポーランドに自慰的な愛国法?
    竹林泉水 (03/06)
    ポーランドに限らず、自分の国に対しての自虐的なおこないなどは、封印したがるのはどこも同じではないでしょうか。
    日本従軍慰安婦や戦地での虐殺などは、問題をすり替え
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    02 | 2017/03 | 04
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR