竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

スマホでそぞろ

北海道大学大学院文学研究科の河原純一郎特任准教授と伊藤資浩特別研究生の研究チームが、スマートフォンに関する調査をした。その結果、スマートフォンが横に置いてあるだけで、気がそぞろになる結果がでたそうです。
調査は被験者を二つのグループに分け、一つはスマホ大のメモ帳をパソコンの横に置き、もう一方は他人のスマホの電源を切ってパソコンの横に置く。そしてパソコンのディスプレイに映る多数の文字から指定した文字を選び出す検査をした。それによるかかった時間を計測した。
スマホを側に置いていたグループの方が文字を探し出す時間が長くかかったそうです。教授らは、スマホが置いてあるだけで自動的に注意が向いてしまい、課題成績が悪くなったと分析しています。

「歩きスマホ」は周囲への注意力が低下して危険であることは今までに指摘されてきたが、使用せずにそばに置いているだけでも、他への注意力に影響するかがわかってきたとしている。
また、被験者にスマホの使用頻度や愛着度についても質問し、実験結果との相関を調べてみると、普段からスマホをあまり使わない人ほど実験の成績が悪いという結果が出た。よく使う人ほど注意力が散漫になるのかと思っていたが、相ではないようです。
教授らは「スマホの存在を無視したり注意する機能に個人差があることが分かった」としています。
これらの結果について研究チームは「スマホが置いてあるだけで自動的に注意がそちらに向いてしまい、(標的文字検索の)課題成績が悪くなったと考えられる」「こうした効果(課題への影響)はスマホをあまり使わない人ほど強く起き、よく使う人は(影響を受けずに)スマホが置かれた側の標的文字に気づきやすい傾向にある」と指摘しています。メモ帳を置いてある被験者はパソコン全体の画面を見渡すが、スマホを置いてある被験者側は、スマホが気になりスマホを置いてある側の方を知らず知らずのうちに注視していることでしょうか。
スマホは、これといった理由もなく知らず知らずのうちに集中力がそらされているようです。
関連記事

カジノ法とトランプ

アメリカのトランプ大統領は、不動産王として知られているが、以前アトランティックシティにカジノ会社「トランプ・エンターテイメント・リゾーツ」を経営しカジノ王として知られていた。また、米大統領選挙でトランプ氏の大スポンサーは、世界一のカジノ王と呼ばれている米ラスベガス・サンズのアデルソン会長だという。また、アデルソン会長が日本進出を熱望しているという。

去年の日本では臨時国会で十分に審議されずに、別称カジノ法である「統合型リゾート施設推進法」が成立た。しかし、この法律で一番心配されているのが、ホテルや国際会議などの施設ではなくカジノ施設です。ただでさえ日本は町中にパチンコがあり、至る所で宝くじやスポーツくじが売られています。それらにより現在依存症が深刻な問題になっています。
カジノ法によりできた施設のカジノの賭博場によりギャンブル依存者が増えることが心配されている。それによりギャンブル依存症に対する対策を充分するとして、その対策法や制度などでカジノに対する規制することになる。しかし、カジノ経営を経営する側としては、この規制や法律は邪魔なもので、利益を上げる障壁になる。
そうなると、より自由なカジノ経営をしたい経営側は、規制を緩和しろこれは不当な障壁だとして日本に対して訴訟を起こす恐れもあるだろう。一方で安倍政権は世界で一番企業活動ができる国を目指している。
世界のカジノ経営会社の参入を期待するなら、カジノ経営に厳しい規制を設けることは、アベノミクスの矢の的が揺らぐことになり、規制をはずさざるを得なくなるのではないだろうか。

先の臨時国会でTPPの国会承認がされたが、TPPにはISDN「投資かが投資先の国家に対して、相手国の法律や規制や制度が不当だとして訴訟を起こせる条項」があり、カジノを規制する法が投資に対して不利益をもたらせるとして訴訟をおこさせられるかもしれない。

しかし、さいわいトランプ新大統領はTPPからの撤退を宣言しているんで、当面はアメリカからのカジノに対する訴訟はないでしょう。
しかし、TTP参加国がアメリカに対して、TPPへの参加の撤退を撤回するよう強く促すくことにより、その見返りととしてアメリカは新たなアメリカに有利な規制緩和や条項を作るように条件を出してくることも懸念される。

これからどのようになるかもっと注視していかないと、大変なことにならないでしょうか。
関連記事

徳仁親王

天皇の退位について方向が定まってきています。ただなんだか結論ありきのような進め方には不安を感じますが。私は次の天皇はどのような考えを

もっておられるかが国民にあまり見えてこないのもいかがかと思っているところです。

明仁天皇が退位をすれば、徳仁親王が天皇に即位し徳仁天皇の誕生にな。徳仁親王はどのような人なのでしょうか。
明人天皇は皇太子であった10歳のときに、敗戦向かえました。疎開先から東京に戻ったとき、焦土と化した東京をみて、深く心を痛めたとききます

。また、帝都東京市民の困窮した生活も目の当たりにして、力になれない自分に心を痛めたといいます。
また、天皇が国内を巡幸してまわったが、ただ一ついけなかった沖縄に明仁皇太子は、1975年7月17日に沖縄海洋博の開会式出席のため、沖縄を訪

問されたが、出発前にお気持ちを次のように述べられています『石でも投げられてもいい そうしたことに恐れず 県民のなかに入っていきたい』

と言われました。そして、明仁皇太子親王が沖縄を訪れ待ったいたものは、最初の訪問地で火炎瓶を投げつけられました。しかし、明仁皇太子は煙

の臭いが染み着いた服のまま、たの訪問箇所をまわり、沖縄の県民の心と向き合おうとしました。
また、予定を変えず訪れた次の慰霊の「魂魄の塔」へ向かわれ、歌を詠まれています。歌も日本の大和の歌形式ではなく、「琉歌」という沖縄の伝

統的な形式で詠まました。 花よおしやげゆん (花を捧げます)
 人 知らぬ魂 (人知れず亡くなった多くの人の魂に)
 戦ないらぬ世よ (戦争のない世を)
 肝に願て (心から願って)
その後も明仁殿下、そして明仁天皇になってからも沖縄を訪れ、沖縄県民から慕われるようになってきています。

昭仁陛下は象徴天皇という現行憲法下の天皇のかたちを探し求めるものではないでしょうか。

しかし徳仁皇太子殿下はどのような考えをお持ちであるかはあまり国民には紹介されていません。
天皇陛下が退位され徳仁親王はどのような天皇になるのでしょうか。
関連記事

寡黙な稀勢の里「百黙一言」たれ

昔から力士は寡黙で、記者の質問に対してあまり言葉で気持ちを表さないと言われてきたが、最近の力士はよく喋りことば巧みな人も多くなってきている。
関取が話し上手になってきたのはいつごろからだろうか、関取が大関から横綱に昇進するときに四字熟語を口にs留頃からだろうか。

その四字熟語に寡黙に関する言葉として、『百黙一言』というのがあり、意味は「寡黙で内面の強さがある人は多くを語らない。そんな強さを持って、他のものには負けない」という意味がある。

新横綱稀勢の里もそのよう人で、優勝の表彰式での取材では、稀勢の里の右目から一筋の涙がこぼれ落ちたのをみると、言葉少な、寡黙でも一筋のしずくは喜びを、感謝を雄弁にものがたっている。

稀勢の里のしこ名は、「稀まれなる勢いをつくりだす」ことを意味しているが、『百黙一言』のことば通りの「心技体」が充実した遅咲きだが強い横綱に成長することを期待したいものです。

ところで、「寡黙」の「黙」で思い出したのですが、去年の新聞に載っていたが、創業357年を迎えた菊正宗酒造は、去年の4月に明治政府によって作られた商標制度により、明治時代から続いた商標『菊正宗』に次いで、130年ぶりに新たなブランドの純米大吟醸『百黙』を兵庫県かで先行発売したことが記事が載っていた。その後、この新ブランドの酒は、発売からもうすぐ1年になるが全国発売されているのだろうか。またまだだと全国で発売されるのはいつごろになるのだろうか。また、『菊正宗』のブランドに「樽酒」や「雅」など幾つもの商品があるが、『百黙』のブランドにも複数の商品が作られるのだろうか。それとも「百黙一言」を貫き、「一言居士」にはならず一品のブランドで通すのだろうか。


横綱稀勢の里と四字熟語の話がでたのでついでに調べてみた。
横綱昇進の時の四字熟語でネットで調べてみると、次のような結果がでた。
◆貴乃花  1993 大関 不撓不屈(ふとうふくつ)
◆若乃花  1993 大関 一意専心(いちいせんしん)
◆貴乃花  1994 横綱 不惜身命(ふしゃくしんみょう)
◆貴ノ浪  1994 大関 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
◆若乃花  1998 横綱 堅忍不抜(けんにんふばつ)
◆武双山  2000 大関 正正堂堂(せいせいどうどう)
◆朝青龍  2003 横綱 一生懸命(いっしょうけんめい)
◆白鵬   2006 大関 全身全霊(ぜんしんぜんれい)
◆白鵬   2007 横綱 精神一到(せいしんいっとう)
◆琴光喜  2007 大関 力戦奮闘(りきせんふんとう)
◆日馬富士 2008 大関 全身全霊(ぜんしんぜんれい)
◆琴奨菊  2011 大関 万里一空(ばんりいっくう)
◆日馬富士 2012 横綱 全身全霊(ぜんしんぜんれい)
◆鶴竜   2014 横綱 一生懸命(いっしょうけんめい)

稀勢の里は今回の横綱昇進式、大関昇進伝達式のときの工場では四字熟語を使わず素直に自分の今の気持ちを表していました。もっとも四字熟語が使われたのは貴乃花の時からの伝達式のとき口上でからで、口上でなにを言っていいか不安なので、四字熟語で箔が付くようにと使ったのであろう。

横綱昇進伝達式でも、己をつらぬいて寡黙であってもそこに一言が滲んでいてよかったと感じました。
関連記事

三行半と姻族関係終了届

江戸時代は「三行半」とよばれる離婚通知書があった。
参考までにウイキペディアに載っていた文を紹介します。
 離別一札の事
一、今般双方勝手合を以及離
  縁 然ル上者其元儀 何方縁組
  いたし候共 私方に二心無
  依之離別一札如件
亥十一月廿四日    長吉
      おせいとの

読み下し:
離別一札のこと。
一つ、今般双方勝手合を以て離縁に及び、然る上は其の元儀、何方に縁組み致し候とも、私方に二心無く、これにより離別一札くだんの如し。
亥十一月二十四日。長吉。
      おせい殿。

意訳:
離別状。
この度、双方協議の上、離縁いたします。したがって、今後あなたが誰と縁組みしようとも、私に異議はなく、翻意することもありません。以上、本状を以て離別状と致します。
亥年11月24日。長吉。
      おせい殿。

はじめから唐突な書き出しになったが、現在、姻族関係終了届というものがあるそうです。

配偶者と死別後、その親戚兄弟との関係を書類だけで解消するために「姻族関係終了届」を出す人が増えているそうです。
義理の親や同じ墓に入ることに抵抗感がある人が届け出をするそうです。もっとも法的な効力や扶養義務はなく形式的な意味合いのものです。嫁ぎ先の家と「絶縁」できる届け出といえるが、今でも昔ながらの家制度に縛られている感じている人がいるのだろう。

江戸時代は「三行半」の内容は、あなたとは今後いっさい関わりがなく、あなたがどのようなことをしようと口出しはしませんと言うものです。
そして、三本と半分線を引いても同じ意味をもち効力があったといいます。

これは離縁のことですが、死別でもその家にとどまるなら、その家に縛られることになるでしょう。しかし、しべつして家をでて独立するなら同じ三行半と同じようなものだったのではないでしょうか。

江戸時代はいまの日本のように、近代的な法整備がなかったが、三行半をみると江戸時代のほうが、別れる女性にとってその人権は大切にされているようにおもいます。

それはそれとして、最近ここにきて「姻族関係終了届」が注目されているのは、夫との家と絶縁する気持ちにさせるのは、昔ながらの家制度に心のどこかで縛られるからだろう。
日本国憲法には第24条に、〔家族関係における個人の尊厳と両性の平等〕として、
「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。」
とされています。
まだまだ、明治時代の家への縛り意識がつよいのでしょう。また、自民党の憲法改正草案をみると、現行憲法より家への縛り強くなるように感じられます。
配偶者が死亡しても、法律上、配偶者の親族との関係は消えないのです。
解消したいときは市区町村に届けれれば認められるこの制度。相手の了解は不要で通知も行かず、配偶者の遺産を相続することも可能なので、「姻族関係終了届」への関心が高まって届け出を出す人が増えると思います。
関連記事

ハンプティ・ダンプティとトランプ

ハンプティ・ダンプティ

ハンプティ・ダンプティ 民主主義の椅子にドップリ座った
ハンプティ・ダンプティ 民主主義の椅子から抜け落ちた
大統領の側近も
星条旗の軍隊も
星条旗の民も
誰もハンプティ・ダンプティを止められなかった
関連記事

終末時計

THE HUFFINGTON POSTに、米国の科学者らが毎年公表している地球滅亡までの残り時間を示す「終末時計」が、2年ぶりに30秒進められ、残り2分半になった。と米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」(核科学者紀要)が26日、発表したと報じている。

米国が前年に水爆実験をしたときは、2分前まで進み、米露が軍縮条約に調印した1991年年には17分前まで後退した。その後徐々にまた終末時計は進んでいたが、オバマ大統領の核軍縮により少し後退したが、その後の核軍縮の停滞や福島原発事故、ウクライナ危機などで進み続けている。去年のトランプ氏が大統領に当選したことや北朝鮮の核実験により2分30秒になってしまった。

この時計の計算の仕方は前年1年を出来事などを見極めて、毎年1月に発表している。今までこの終末時計は1分単位で針を進めたり遅らしたりしていたが、今回30秒早めたのはトランプ大統領の就任が間もないためだとしている。

ワシントンで記者会見したローレンス・クラウス博士、挑発的な発言や行動に対して危惧しリスクを高めていると指摘している。

一時は2分前まで進んだことがあるが、今後のトランプ大統領の挑発的恫喝的な外交により、2分を切ってしまうことがないように願いたいものです。

多くの戦争は戦争を避けるように進められていても、偶発的なできごとによりそれが全面戦争になってきている。
挑発に乗ってしまう方も問題だが、それより今までの惨事でにより多くのことを学んできました。一番は不必要な挑発をしないことが需要ですが、トランプ大統領は今までの事業家としての経験から、そのような取引の一つとしているようです。今年の終わりに発表される終末時計が2分を切らないようにと願うばかりです。


◆終末時計の残り時間と評価した主な出来事。
1947年 07分前  終末時計が登場
 53年 02分前  米国が前年に水爆実験
 63年 12分前  米英ソが部分的核実験禁止条約調印
 84年 03分前  米ソの軍拡競争が激化
 90年 10分前  冷戦が終わる
 91年 17分前  米ロが軍縮条約に調印
 98年 09分前  インド・パキスタンが核実験
2002年 07分前  テロリストによる核使用危機
 07年 05分前  北朝鮮・イランの核開発問題
 10年 06分前  オバマ大統領による核軍縮
 12年 05分前  核軍縮の停滞、福島原発事故の影響
 15年 03分前  ウクライナ危機、地球温暖化の懸念
 17年 02分半前 トランプ政権誕生、北朝鮮の核実験
(朝日新聞デジタル 2017年01月27日 07時32分)
関連記事

トランプ氏とハンプティ・ダンプティ

トランプ大統領が今までの記者会見などもそうだが、大統領令の署名をしているときの、背景に側近などを侍らしている映像が流

れている。
それと、オバマ前大統領との体型を比べると、マザー・グースの「ハンプティ・ダンプティ」を頭に浮かべてしまいます。


「ハンプティ・ダンプティ」
Humpty Dumpty sat on a wall,
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king's horses and all the king's men
Couldn't put Humpty together again.[1]

ハンプティ・ダンプティが塀に座った
ハンプティ・ダンプティが落っこちた
王様の馬と家来の全部がかかっても
ハンプティを元に戻せなかった

ハンプティ・ダンプティは卵のような形をした人物だが。英語では、「ハンプ」(hump)には「背中のこぶ」、「ダンプ」(dump)に

は「ずんぐりした人」、また、卵は「卵のように一度こわれたら元に戻らない」という意味もあるそうです。

マザー・グースにはいくつかの歌詞がり、また日本語訳もさまざまに訳さたりしていす。
Wikipediaによると、ほかの作詞がいくつかのっています。

トランプ大統領のだすさまざまな政策が、塀の上に乗せられるが、それが落っこちるとどうなるだろうか。
アメリカの自由と民主主義が塀から落ちてしまい、壊れてしまい取り返しのないことにならないだろうか。

また、ルイス・キャロルは『鏡の国のアリス』で、アリスとハンプティ・ダンプティのやり取りが出てくる。
そこには、つぎのようになています。

ハンプティ・ダンプティ へいの上
いばりくさって すわってた
ハンプティ・ダンプティ ずっでんどう
まっさかさまに おっこちた

おうさまのおんまが でむいても
家来が総出で ひっぱても
ハンプティ・ダンプティ どうしても
もとどおりには もどせなかったんだとさ
(偕成社文庫 芹生 一訳)

また、『鏡の国のアリス』のハンプティ・ダンプティは指を一本突き出す癖もあるようで、ますますトランプ大統領に似ているか

もしれない。
関連記事

軍隊は国民を守るにあらず国を守るもの

私自身軍隊の役目を大きく勘違いしていた。地震や台風などの大きな災害が起きたとき、その地域の自治体が自衛隊に救助復旧へ出動要請をする。これは、軍隊が勝手に民間人が住む市街地に出動してはならないからだが、自衛隊への出動要請は、自衛隊は国を守るためだけでなく、国民の生命と住む権利を守るためだから当然だと考えていた。
しかし、自衛隊法を読むと、その次のように書かれている。
(自衛隊の任務)
第三条  自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。

ここには、一切国民の命を守ることについては書かれていない。国民の生命を守るのは、警察や消防やレスキュー隊などがその任務をかせられている。また、民間救助隊などサンダーバードのようなが組織もあるという。

栗栖弘臣第10代統合幕僚会議議長(元大日本帝国海軍軍人)が、『日本国防軍を創設せよ』小学館文庫2000年で次のような見解をしている。
「今でも自衛隊は国民の生命、財産を守るものだと誤解している人が多い。(・・・中略・・・)政治家やマスコミも往々この言葉を使う。しかし、国民の生命、財産を守るのは警察の使命であって、武装集団たる自衛隊の任務ではない。自衛隊は国の独立と平和を守るのである。警察法と自衛隊法に書いてある。この場合の国とは、我が国の歴史、伝統に基づく固有の文化、長い年月の間に醸成された国が、天皇制を中心とする一体感を共有する民族家族意識である。決して個々の国民を意味しない。もし個々の国民を指すとすると、自衛官も守られるべき国民であるから、生命を犠牲にすることは大きな矛盾である」
さらに次のようにのべている。
「現代の戦争は国民全部の戦いであって、決して自衛隊のみが守るのではない。自衛隊は最前線の最も苛烈な局面を担当するが、国民すべてが強固な抵抗意志を持たなければならない」。

この「現代の戦争を国民全部の戦」どのように解釈すべきか、敵国が攻め込んでききその抵抗運動は、レジスタンスやパルチザンなどのゲリラ戦をさすのだろうか。それとも自衛を名目にして対象国に対して戦うために兵役につかねばならないこともさすのだろうか。

前者が国家主導で行われると、国民すべてが戦えとなり、抵抗意識が弱い者、反対する者は非国民だとし、日常生活が監視されかねない。後者と一体になると、先の戦争での沖縄戦のようになり、軍が民間人を盾にするようなことにもなりかねない。そして、一体化への抵抗や反対にたいしての、考えの改まらない者は監視され場合によっては投獄してもよいという考えにおちつかないだろうか。
特に、戦前は天皇の軍隊、皇軍として国民は臣民であったので、兵役についたものだけでなく、一般の臣民も命を落とすべきとされた。この栗栖弘臣は元帝国軍人であったので、特にこのような考えは強かっただろうが、どこの国の軍人もこのような考えを持っているのだろう。

国とはなにか安倍首相が盛んに言う「国柄」「美しい国、日本」であり、明治憲法や自民党の憲法改正草案によると、元首である天皇と言うことになるだろう。
そこで必要になってくるのが、国の歴史の作り方であり、伝統の独自性とそれに基づく文化であり、民族意識となってくる。それには、日本は単一民族国家でないと都合がわるいので、アイヌ民族はいないなどと言う人があらわれたり、琉球処分として琉球王国を沖縄県とし、琉球民族を認めないようなことがでてくるのだろう。
それにより、独自の伝統や固有の文化という、抽象的な概念を作りだし、国民の意識を統合しようとすることが強まってきている。最近のNHKなどが放送する愛国ポルノ的な番組がそうだろう。
新自由主義の限界が見え、グローバル化の綻びが表れ、ナショナリズムが頭をもたげネオコン擡頭してきている世界情勢のなか、今後の世界と日本国内の趨勢に気を付けて行かなければならないだろう。
関連記事

アメリカ大統領の名言

度々ですが、アメリカ大統領の名言です。

再び第三代トマス・ジェファーソン大統領です。
「暴君に対する反乱は神への服従である」
明治憲法が作られるまえの、明治デモクラシーのころ日本の各地で様々な人が日本のこれからについて、100以上の憲法案が作られています。そのなかに、国民の抵抗権について明記してあるものも多いです。その中には暴政をする政府を暴力で打ち倒す権利を正当化しているものもあります。また、現在の一般市民がが政治・社会・経済などの政府の政策に抗議を掲げて行う示威運動であるデモは当然とけんりです。
安保法制のときの国会前の集会であるデモを、テロと同じだとした国会議員がいたがとんでもないことです。
また、アメリカのトランプ新大統領の就任に対しての抗議行動を、トランプ大統領自身が批判するのは、ジェファーソン三代大統領の言葉を否定するものです。しかも、公に記者会見などで批判するのではなく、Twitterを使っての言動となると、大衆を煽り扇動するようなもので民主主義の国の大統領といてふさわしくないといえます。

第31代ハーバート・フーヴァー大統領
「政府に誠実さが欠けていれば、全国民の道徳も毒される」
国のリーダーが民主主義に欠ける言動を繰り返すなら、その国の国民も民主主義を捨ててしまうかもしれない。いままさに、アメリカがこれからどのような国に向かっていくのか、愚政は愚民を生むだけになるのか、それとも、愚政に諌言したり批判するマスコミにより、リーダーに気づかせ愚政を正すことができるだろうか。
日本の場合は国会と傲慢な強行採決をして法案を通すという、暴政が繰り返されているがマスコミも政府のポチなり下ってしまっている、これは日本の国にとって重大な事態に至ることが予見されることです。


第44代ドワイト・D・アイゼンハワー大統領
「最初のドミノをひっくり返せば、最後のドミノに起きることは、すぐにひっくり返ることだというのは当然だ」
始めの決定は最後の結果に大きく影響するということでしょう。トランプ新大統領は、何か思いつきで言ってようなこともありそうです。それは大統領の選挙運動ではよかったが、大統領に就任してからもつづけられているようなのはどうだろうか。また、実業家の振る舞いと政治家とくに国際外交に大きな影響を及ぼす、アメリカ大統領となれば、単なる損得勘定だけでは解決できないものもある。人類は有史以前から今まで戦争を繰り返し、この100年間は大きな戦争を2度繰り返し、人類滅亡ともなる兵器をも持つに至っている。さらに、それらを防ぐためにより発展的な人権についての考えを持つに至っています。そのことをふまえての言動をしていかなくてはならないでしょう。

第7代アンドリュー・ジャクソン大統領
「社会における区別は、あらゆる公正な政府の下でも常に存在するだろう」
この言葉の前後を読まないとわからないが、ジャクソンの目指す民主主義は白人至上主義のものだったことから、この区別はインディアンについてであろう。
インディアンを強制的に土地を収奪する、「インディアン強制移住法」は違憲であるという連邦最高裁判所長官マーシャルが下した判決に対し、ジャクソンは「マーシャルがこの判決を下したのだ。だからマーシャルにこの判決を実行させてみようではないか」と嘯き、平然と強制移住法を施行した人物です。
ジャクソンは、インディアンは白人とは相いれない存在とし、1833年には議会での一般教書演説で、以下のような演説を行っている。
「インディアン問題に関する私の確信はもはや揺るぎない。インディアン部族がわれわれの定住地に囲まれ、我々の市民と接触し共存するなど不可能だ。やつらには知性も勤勉さも道義的習慣さえない。やつらには我々が望む方向へ変わろうという向上心すらないのだ。我々優秀な市民に囲まれていながら、なぜ自分たちが劣っているのか知ろうともせず、わきまえようともしないやつらは環境の力の前にやがて消滅しなければならないのは自然の理だ。これまでのインディアンの運命がそうだったように、インディアンたちが消滅しなければならない事態が避けられない場合、彼らは我々白人の領土の外へ出ていくことが必要だ。その場合、我々が求める新しい関係に沿った政治体制を彼らが受け入れた場合のみ、これは可能となるのだ。(ウィキペディアより)」
第7代アンドリュー・ジャクソン大統領は、1835年に米国史上初めての暗殺未遂事件が、国会議事堂前で起きている、犯人のリチャード・ローレンスは意志に狙撃の理由を明らかにしたが、そのないようが正気ではないとして、ローレンの暗殺未遂は罰せられなかった。

トランプ新大統領の、テロを警戒するあまり、イスラム教徒に対する発言や、メキシコからの不法移民を犯罪者として閉め出す政策は発言は、何かジャクソンのインディアンに対する仕打ちと被ってしまいます。
関連記事

憲法と緊急事態条項

安倍政権は今国会から、本格的に憲法の改正に向けての取り組みを始動させるつもりのであることが新聞に書かれていた。
衆参両院で現在、憲法改正発議を国会でするための、憲法改正に前向きな議席である3分の2以上を占めている。また、今まで安倍政権になってから、国民の反対の声が強いのに関わらず、幾つもの重要法案が強行採決されていった。それに国民はならされ強行採決が不自然なものだと思わなくなってきているとふんでいるのだろうか。

それはともかく、憲法破壊国会運営とでもいることをいつまでも許して置くことは、戦後今まで国民主権により民主主義を目指してきたこと葬りさるに等しいことです。

その一番端的なのは、憲法に緊急事態条項を付け加えることです。一見、他国が攻めてきたり、大自然災害が起きた場合に、迅速にそれに対応するために、内閣が法律と同等の効力を持つ制令を出すことや、宣言が発令している間衆議院が解散されないこと、地方自治体の首長に指示をすることがで、国民は政府のだす指示に従わなければならないなど、戦中の国家総動員法を思わせるものです。

自然災害に置いてならよいのではと考える人もいるが、現行法で充分に対応でき、逆に緊急事態条項により、現場の自治体が災害に対して中央に伺いをたてなくないといけなくなると、災害に対して即応できなくなり逆に混乱を招くと言う指摘もある。

また、現在よその国が日本に戦争を仕掛けてくることはまずあり得ないです。尖閣諸島などが中国軍が侵攻してきてもそれは、日中間の地域紛争として解決すべきで、戦争間戦争まで拡大する事は、日中両政府とも望んでいないでしょう。中国の漁船などの民間船が領海侵犯をしたときは、外交交渉で解決すべきだし、日本の海上保安庁にあたる中国の中国海警局の公船が侵犯しても、外交交渉で抗議し解決すべきです。そこに軍隊と同等の自衛隊が出動すると、中国も軍艦を出動させざるを得なくなり領土問題の解決は逆に遠のくでしょう。

安倍政権は緊急事態条項を憲法に追加する事を目論でいるようだが、それは戦後の日本が今まできづいてきた、国民主権の民主主義と人権尊重と自由と平和主義を脅かすものと言えるでしょう。
緊急事態条項の中に何が書かれているか。それがどのようなことを意味するのかを、私たち国民はよく考えていくべきでしょう。

いままでの、安倍政権の国会運営のしかたや、沖縄での基地問題に対する対応や、原発再稼働反対に対する政府のやり方、それと今までのマスコミへの圧力ともとれるやり方をみていると、天が落ちてきて日本の今まで築いてきたものが崩れ去るのではないと言う杞憂の終わらず、現実のものとなってしまわないかと思うところです。

自民党憲法改正草案の緊急事態条項

第九章 緊急事態(緊急事態の宣言)
第九十八条 内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。
2 緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、事前又は事後に国会の承認を得なければならない。
3 内閣総理大臣は、前項の場合において不承認の議決があったとき、国会が緊急事態の宣言を解除すべき旨を議決したとき、又は事態の推移により当該宣言を継続する必要がないと認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、当該宣言を速やかに解除しなければならない。また、百日を超えて緊急事態の宣言を継続しようとするときは、百日を超えるごとに、事前に国会の承認を得なければならない。
4 第二項及び前項後段の国会の承認については、第六十条第二項の規定を準用する。この場合において、同項中「三十日以内」とあるのは、「五日以内」と読み替えるものとする。
(緊急事態の宣言の効果)
第九十九条 緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行い、地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる。
2 前項の政令の制定及び処分については、法律の定めるところにより、事後に国会の承認を得なければならない。
3 緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。この場合においても、第十四条、第十八条、第十九条、第二十一条その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されなければならない。
4 緊急事態の宣言が発せられた場合においては、法律の定めるところにより、その宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されないものとし、両議院の議員の任期及びその選挙期日の特例を設けることができる。
関連記事

トランプ大統領とフェレンギの金儲けの秘訣

トランプ大統領の言動を見ていると、

アメリカ第一主義を狡猾で恫喝な言動で実現させようとする、トランプ大統領を見ていると、1960年代に放送され今も人気のあるSFTVドラマのスタートレックのTNGシリーズ以降に出てる「フェレンギ星人」のように見えてくる。

TNGに出てくるアンドロイドのデータは、フェレンギ星人について次のように言っている「データはなく噂や矛盾した情報がほとんどで、矛盾しない点を取り上げれば、フェレンギ星人はしばしば商人に例えられ、地球上で18世紀から19世紀に於いての世界を股に掛けていたアメリカのヤンキー商人と性質が似ている。フェレンギ星人の場合は富を求めて銀河系をまたにかけている。似ている点は悪質な資本家という点では人間に似ていると言える。ヤンキー商人に買い手に危険負担をさせて不良品を売るのがフェレンギ星人のやり方です。」とこのように、儲け第一主義と定義している。

この点を見れば、アメリカ第一主義をとるトランプ大統領のTPP離脱や、日本車の高性能で良質な車を関税掛けて輸入しているが、日本に関税無しで輸出されるアメリカ車の貿易を不当だという。これらは自国が儲けさえすればよいというもので、フェレンギ星人の商売のやり方に似ているように思える。

さらに、トランプ大統領は、地球の温暖化をでっち上げだとして車に関する環境基準を貿易障壁だと攻撃してくるかもしれない。交渉で儲けるためでの取引では何でもすしてくるのではないかと言われているが今後どのようになるだろうか。

フェレンギ星人の価値観は、人の価値にまで金銭的な評価を付けたがる性質が強く、「儲けないフェレンギ人はフェレンギ人にあらず」としてフェレンギの聖典とも言える金儲けの秘訣の第18条に書かれている。
自分の財産や儲け、金には異常なほど貪欲でなため、たの異星人からは疎ましく思われ、ているが、その情報収集能力はアルファ宇宙域中にビジネスのネットワークを張り巡らしているので、たの異星人の欲しがる商品を見つけ出す能力に長けている。そして、その対価で十分以上の儲けようとする。
この点もアメリカとフェレンギ星人は似てきているのではないだろうか。

フェレンギ星人の生死観は、死後の世界は「聖なる宝物殿」と「永遠なる貧困」に綱がっれいるし、地球人の極楽・天国や地獄にあたるものがある。天国地獄はその人の行いではなく、生前にどれだけ儲けたかることができたかで決まる。
この点は聖書に手を置いて大統領就任宣言するようなキリスト教を重視する国とは大きくちがうが、自分の成果を出したものにはトランプタワーなどと命名するのは、似たところの価値観があるのかもしれない。

そしてフェレンギ星人が21世紀の地球人と大きく違う点は、武力による争い事を一番嫌っていることで、武力で解決するのではなく、交渉か逃げるかの方法をとる道を選ぶところです。

フェレンギ星人には激しい男尊女卑の文化で、フェレンギの男性は商売をして金儲けを行なうことができるが、フェレンギの女性の場合は外に出ることも許されず金儲けを行なうことも、家の中でも服を着ることもできない。
この点は良識あるリベラルなアメリカ人とは正反対だが、トランプ大統領の言動を見るとここまでではないがにたところがあるのではないだろうか。

金儲けの秘訣の幾つかを上げてみました、
・貪欲は永遠なり。
・友情を金儲けに優先させてはならない。
・恩を売った相手は家族同然。こき使え。
・従業員は成功目指して登るはしごの横木。ためらわず踏み付けるべし。
・どんな秘訣も適用できない場合は、新たに作り出せ。
・頼まずに済むものなら神までだませ。
・壊れやすいもの程、高く売れ。
・たとえ大不況でも、誰かは儲けを得ている。
・利益を正当化する理由は利益である。
・迷ったら嘘をつけ。
 番外
・常に思いやりを大事にせよ。(DS9に登場するクワークの言葉だが金儲けの秘訣ではない)
関連記事

憲法のありかた

アメリカ独立宣言の起草者でもあり、第三代大統領ジェファーソンは、「アメリカ合衆国憲法は人民の自由を保障するために書かれた。しかし、いかなる社会も永遠の制度あるいは永遠の法とは成り得ない。地球は常に生きている世代に属している」して、ある世代がのちの世代を法的に拘束することはできないとして「世代憲法構想」の持ち主だった。
このこと世代憲法構想は、大統領が替わる度に憲法が変わることだが、一見するとその時々の情勢や実情や政権の統治者の考えに合わせられ、即応できるので悪くないように思う。しかし、このことについて第四代大統領マディソンは、世代憲法構想論に対して、「ある憲法が消滅し、次の憲法が成立するまでの間に、さまざまな出来事や党派てき確執が繰り広げられ、時には暴力を煽る可能性もあり、政府の安定性が著しく害されること必定である」と言っている。憲法は国のあり方の骨幹を明記したもので、時々の政権や情勢に簡単に左右されるべきでないものであると言うことを、世代憲法構想は否定するものです。

安倍首相が言った、「立憲主義とは王政の下での国の時代の話だ」、と言ったがこのジェファーソン第三代大統領の考えだと、王に限らず国民による選挙によって選ばれた人も、憲法によって縛られるのは当然なのは勿論となります。それはどのような憲法の国でも、立法府の主や行政府の主が、憲法規範に尊重し遵守する敬意を払わないでいたら、憲法は他の法律に対しての最高法規ではなくなり、しかもそれが不都合なものか判断しそれが施行されるのを阻止する仕組みが存在しない場合は、憲法は有名無実化してしまう。そこで、民主主義を標榜する国こそ、国民から選ばれた執行権者はそのことを銘記して執行権を行わなければならないことになる。

今の日本や世界の政治に目を向けてみれば、ここにきて急にこの危うさが現実になってきているのではないだろうか。
日本に於いては、今まで内閣は集団的自衛権は憲法上認められないとしてきたが、安倍政権は閣議で集団的自衛権は憲法上認められると憲法解釈を変え、安全保障法制として11もの法律を作ったり変えてしまいました。この安倍政権の行いかたは、憲法は有名無実化しかねないものではないだろうか。
そこで、チェックする仕組みである憲法裁判所が行うのだが、日本には憲法裁判所がないが、日本国憲法の81条に、〔最高裁判所の法令審査権〕が明記されている。
第81条最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。この条項は、最高裁判所に違憲審査権を付与されていることになる。
しかし、この最高裁判所の違憲審査権はしっかりと機能しているかと言えば、最高裁判官の任命は内閣にあるので、憲法規範に敬意を払わない内閣なら、最高裁判官に圧力を掛けたり、自分の考えに近い人を任命し機能しなくなるおそれがある。実際に憲法に関わる問題は、砂川判決にみるように、最高裁判所は憲法判断を放棄しているというか避けている。

また、第四代大統領マディソンは「人民が情報を持たずもしくは情報を取得する手段を持たない人民の政府は、道化芝居かまた悲劇の序幕にすぎず、あるいは多分その両方であろう」とも言っている。これはすでに日本にも忍び寄ってきているのではないか、政府が右と言ったことを左と言えないというような人が公共放送の会長なら、国民は偏った情報しか得られなくなり、道化の三流国となりはててしまうおそれが大いにある。

いかなる社会も永遠の制度あるいは永遠の法とは成り得ないが、その時々の執権者に都合のよいように解釈することは、その執権者の暴走を許すことになり、弱者や少数者は小声の人は無視されていくことになる。
大きな施行権を持った者こそ、多くの考え意見を真摯に聞き入れることが大切だろう。1月30日に書いた「孝経の諫爭章」を思い出した。
関連記事

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

トランプと安倍

安倍首相がアメリカの行き、トランプ大統領と会談したが、その前後の様子をニュースで見ました。その様子を見ていて感じたのは、トランプ旦那と安倍幇間の関係のように思えた。

トランプ大統領と会い、握手し欧米式の拝察であるハグをし白い歯を見せて照れ笑いをする。のは殿や商家の旦那に侍りついているように見える。また、高飛車な物言いをする大統領を信頼できる人というのは、こびへつらい機嫌をとるのを想起させます。

このような素振りを見せる一国の指導者は世界に200カ国近くあるが、何人ぐっらいいるだろうか。欧米の国などは、イスラム圏の7カ国の人の入国を禁じる大統領令に対して、人道上問題があると批判し注意を促したが。安倍総理は他国のことだからと、言及をさけ悪いことではないとしました。

日本の利益のために、トランプ大統領の機嫌を損ねることをしないで、おだて上げていい気分にさせようとすることは、世界中の国が注目しているなか、世界の国の指導者はどのように見て感じたのでしょうか。

日本人として非常に恥ずかしいです。
面と向かって悪いことは悪い、間違っていることは間違っていると言うことこそ、世界から信頼される国になるはずが、幇間のような立ち振る舞いだと、日本ますますアメリカの属国どころか属地領のように見られてしまう。

さらに、トランプ大統領は元は不動産王と呼ばれるビジネスマンです、トランプ氏の商売の仕方を私はしらないが、商売人で儲けるなら恫喝など何でもするような人ではないだろうか。
そのような人に媚び諂い近づくなら、足下を見られ言いように利用されるだけになる。
子供のいじめでもいじめられているのに、遊んでいるだけだとそれを否定しる者もいる。なんだかそんな二人の関係にならないかと心配する限りです。
関連記事

八正道の正見は

仏教の根本的な教えに八正道と言うのがある。

八正道とは、正見(しょうけん)、正思惟(しょうしゆい)、正語(しょうご)、正業(しょうぎょう)、正命(しょうみょう)、正精進(しょうしょうじん)

、正念(しょうねん)、正定(しょうじょう)です。
日頃使わない言葉でわかりにくいです。
日頃使われている言葉に置き換えて見ると、次のような言葉になるでしょうか。

正見  正しい立場や見解
正思惟  正しい思想や決意
正語  正しい言論や言葉
正業  正しい行為
正命  ただし生活
正精進  正しい努力
正念  正しい思念や精神
正定  正しい瞑想や三昧

こうしても、分かり難い言葉や、よく使われている言葉ほど、どのように定義をして理解をすればよいか見極め難いです。

正見は、人生に関する四つの真理とされる四聖諦をさすもので、苦諦、集諦、滅諦、道諦の、「苦集滅道」の本質を追究してそれらの奥底まで知り

つくし自分なりに明らかにすることです。
この「苦・集・滅・道」とは、この世界の一切は苦から逃れられない真理、苦の原因に関する真理、苦を滅した悟りに関する真理、悟りに到る修行

方法の真理で以上の四つです。そのため「苦集滅道」ということもあります。
苦諦 人生は「苦」であるという真理、その代表として四苦八苦などがあり、四苦は生・老・病・死の苦であり八苦はそれに愛別離苦 、求不得苦

、怨憎会苦、五陰盛苦の四つを加えたものです。

それを自分なりに明らかにすることは、ありのままに見ることだというが、自分なりにありのままというが、自分の好き勝手に解釈して見ると言う

ことではない。
ありのままとは、
この世の中に存在するものすべては、刻一刻変化しているが、俗世にいる我々は変化を嫌いその変化を嫌い認めたくない意識が常にあります。
仏教でいう、この世の一切のものは、絶えず生じ、滅び、変化して、永遠不変のものは一つもないという諸行無常で物事を見ることが重要といえる



集諦の集とは招き集める意味で原因のこと集諦とは、「苦しみの原因についての真理」ということで、仏教では、先にみた八苦の原因を「煩悩であ

る」としる。その煩悩をより深く見つめていくと激しい欲望があり、この欲望こそが苦の原因であると説いている。なんだか意味不明な説明になっ

てきた、具体的に考えてみると貪欲や瞋恚、愚痴などの三毒に陥る心のけがれをさし、その根本であるものは渇愛をだという。これらは欲望を求め

てやまない衝動的感情ということになる。天台小止観をまた読み返してみよう。

滅諦とは、苦滅諦といわれ、苦のなくなった涅槃のことを言い、いっさいの心が煩悩や妄想や外界の事物のために束縛されて、二進も三進も行かな

くなり、自由を失った状態でその繋縛から解放された境地の解脱の世界でと言われている。一言でいうと煩悩の火の吹き消された世界ともなるでし

ょうか。

道諦とは苦滅道諦で、苦を滅した涅槃を実現する方法をいう。これに八正道が説示される。

初めの苦、集の二諦は、明らかに迷の現実とその原因を示したもの。後の二諦は悟りの結果とその方法を示したものになる。

この続きはまた、後程
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 終戦の日の前後のテレビ番組
    アジシオ次郎 (08/22)
    こんにちは。

    毎年この時期は戦争にちなんだドキュメンタリー番組をやるけど、NHKが積極的にやるのに民放はニュースでミニコーナー程度しかやらないと言うのはどうか
  • 安倍内閣改造
    竹林泉水 (08/08)
    > 一強なのに天狗になって周りを見ない姿勢のせいで支持率が低下したのに、それを教訓にしないようでは自浄能力がないというか学習能力がないと言われるだけです。ア
  • 安倍内閣改造
    アジシオ次郎 (08/05)
    こんにちは。

    お友達内閣と揶揄された反省から、今回は異なる派閥からすすんで入れた改造内閣、バランスいいとはいうものの、女性閣僚が2人だけというのは男性優位色が
  • 見ざる聞かざる言わざる
    竹林泉水 (07/30)
    いつもコメントありがとうございます。
    三猿の教えは、子どもより大人の方が三猿について考えないといけないでしょうね。

    一つのことしか知らない大人になるのは、人それ
  • 見ざる聞かざる言わざる
    アジシオ次郎 (07/26)
    こんにちは。

    周りをよく見る・すすんで自分の意見を言う・人の話を聞く。当たり前の常識だが、子供に説くのも大事だが大人も改めてそれを認識してそれに基づく正しい行
  • アベ政治はクーデター
    竹林泉水 (07/19)
    政権を握っているのでクーデタだと言えるのでは

    しかし、安倍晋三の頭の中の辞書には、民主主義の言葉はあるが、政治家としての誠実さをなかなか感じることができないので
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2017/02 | 03
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR