FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

日本の裁判はこれからどうなるのか。

岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長が市議会議員当時、名古屋市の浄水設備業者から現金30万円を受け取ったと
して受託収賄罪などに問われていた裁判の控訴審判決がでた。名古屋高裁は11月28日、無罪とした1審判決を破棄し、懲役1年6月、執行猶予3年、追徴金30万円の逆転有罪判決を言い渡した。
この事件は、贈賄罪で懲役四年の浄化設備業者の中林正善受刑者の証言は虚偽供述の疑いが濃い証言にであり、また司法取引がされた疑いもあるなか逮捕されたものだが、検察は控訴したものでした。しかし、この裁判の過程では被告人に弁明の機会を与えなく、一方的に有罪と決めつけられた不当な判決だと郷原信郎弁護士語っている。
これは、検察の一方的な裁判判決のように思えるが、これが今の日本の裁判だろうかと疑ったほどです。しかも判決ようしをマスコミには配りながら、当事者や弁護士には判決ようしが配られなかった。そのため弁護士には判決時にはその詳細が分からなかったそうです。これも、なんだかおかしな裁判です。冤罪を防ぐため取り調べの可視化が言われるなか、裁判での公平公正性が問われる判決内容とも言えないだろうか。被告の言い分を聞かず、検察、警察は謬論をしないとのことを前提にたった裁判に見え民主国家の裁判でしょうか。まるで、逮捕された時点で裁判する前から、判決が決まっている絶対主義の国のように見えてしまいます。

この裁判のそのごですが、藤井市長側は「現金の授受は一切ない」として上告し、これまで市長を続ける考えを示していましたが、6日夜、NHKの取材に対し美濃加茂市の藤井市長は、議会に辞表を提出して市民の信を問うとして、改めて市長選挙に立候補すると言っています。藤井市長は高裁判決について、市議会で「私に対する容疑は一切事実無根」と話、市長職を続ける意思しめし。市議会側も「市長を見守る」と声明を出し続投の支持を表明していた。藤井市長は議会の対応を「ありがたい」と受け止めているが、市内外にマイナスイメージが広がることを懸念しいました。私には直接関係ない自治体ですが、今後美濃加茂市民がどのような選択をするか見ていきたいです。

話を戻し、この国は国会では充分に審議もせずに数の力で押し通すことが常態かしたようにまかり通り。行政機関の施策も沖縄の基地建設で見られるように、反対があっても内閣で決まったことは押し通すことが、当たり前のようにまかり通っている。

築地から豊洲への移転はいま、移転が遅れその補償問題があるが、市場の施設を造るうえで不透明な黒いものが明らかにならなにままで進められるところだた。また、東京オリンピック・パラリンピックも当初の計画よりも大幅に膨らみ、それが雪だるま式にさらに膨れ上がるところだった。これらも、充分に事前に審議してその内容を公開し明らかにしてこなかったから、利権者の都合のよいように話が進められて言ったためでしょう。

話は美濃加茂市長の話からそれていまったが、この藤井市長の裁判は不明確なところが多すぎると感じます。私たちはそのような裁判をやり過ごしてしまうのではなく、注視し過ちが繰り返されないようにしていかないといけないでしょう。
マスコミや週刊誌などは人のアラばかり暴くのではなく、このような事件も取り上げ、日本に公正は政治や裁判が行われ、安心して生活できるようになる記事も書いて欲しいものです。ムリカナ
関連記事

裁判について

朝に美濃加茂市の藤井市長の裁判についてかあた。
名古屋高裁は一審の無罪判決を破棄し、懲役1年6月、執行猶予3年、追徴金30万円の逆転有罪判決を言い渡したことを書き、日本の裁判制度はこれからどのようになるか心配だと書いた。。

今度は、沖縄の普天間基地移設問題で、知事選で辺野古移設反対の翁長候補者に、負け退任間近の中井間知事が、辺野古埋め立て承認をしたが、手続きに不備があると取り消しをし。それについて、国と沖縄県が争っている裁判は、沖縄地裁は取り消しは有効としたが、福岡高裁は逆転判決をし、沖縄県は最高裁に上告した。
最高裁は通常開かれるはずの、弁論を持たずに判決を下すことになった。これは、事実上裁判を開かずに刑を下すのと同じで、国の勝利で沖縄県の敗訴が確定することになる。

充分な弁論も聞かずに判決を下すことは、民主主義で法治国家としての日本の姿なのだろうか。政府は法にしたがって進めるというが、裁判自体が法にもとづいて行われているとは言い難いです。

これを見ていて、思い出したことがある。アメリカのSFTV映画にスタートレックがあるが、そこに登場するクリンゴン星やカーデシア星の政府の裁判とよく似ている。どちらも逮捕された時点ですでに、判決が決まっていて、裁判は国民に被告の悪さをしらし、政府の有能さと正しさを国民に知らすために開かれるとしている。
このスタートレックの二つの星のさいばんは、絶対主義の国の裁判をまねたものです。

しかし、美濃加茂市の藤井市長の裁判と辺野古の裁判の行われ方をみていると、このTV映画ににているのではないかと思ってしまたりした。
関連記事

80階建ての木造ビル

ロンドンで80階建の木造ビルを建てたいという計画があるそうです。
建てたいというのは、ケンブリッジ大学とスミス・アンド・ウォルワークという建築事務所が、計画をロンドン市長に提出したものです。
80階建となると鉄骨でも大変な技術を必要とするものです。それを木造でつくるのだから、相当な技術がいります。ならの薬師寺の五重塔は高さ34メートルで建立が天平二年西暦730年ですから1300年弱立っています。
1300年以上といっても今までに、明治時代にも解体修理などされているのですが。
この、ロンドンで計画されいる80階建となうと地上300メートルになるので、高さは9倍ほどになります。しかし、建ててからの耐用年数はどれぐらに見積もっているのでしょうか。また、この建物解体修理などはされるのでしょうか。
しかし、商業・居住複合としてたてられるので、薬師寺の仏舎利塔ではないので、入居者との利権などでその時は大きな問題になるでしょう。

それはともかく、木造80階建の建物を作ろうという、技術がそこまで発達しているのかと疑ってしまいたくなるほどです。
さらに、コンクリートで建てる場合の4倍の費用が掛かるという。しかし、提案者は、木材は再生可能な資源であり、コストの削減、工期の短縮、建物の軽量化を実現できるしています。ここでも以前ブログに書いた名古屋城の木造化と同じように、CLT集合材が使われるそうです。

しかし、防火面や耐震面などそれらの安全策はどうなっているのか興味がわくところです。
関連記事

自己規制とオスプレー墜落ニュース

新聞の自己規制とNHKのオスプレー墜落ニュース

新聞、テレビなどの報道機関の自己規制はいまどのような状況なのだろうか。
テレビなどのマスメディアの業界で、ポルノなどの風俗の乱れを助長したり、社会秩序を著しく害するするような内容の放送は、社内の検討委員会などで自己規制をがかけられている。

さいきんは、視聴者などのそれらを指摘する目も厳しくなってきて、個人情報に触れるものや、差別用語などに関するものでは、かなり厳しい基準での指摘をする視聴者などもいるようです。そのため番組を作るがわも制作者自身が自己規制をしてしまうことも多くなっているようです。

これが、ドラマなどの番組ならこれは行き過ぎだな笑っていられる段階でしょう。

しかし、ニュースや政治や社会問題に関する報道になると、行き過ぎだと言って笑っていられない。そこに、政権を持っている立場から、社会的影響力が大きかったり権力を持っている人からの、干渉などがあってそれが影響したなら大きな問題です。そのようなことがあれば権力を持った人に都合の良いことばかりがニュースとして報道され、権力者に都合の悪いことは隠され、国民はそのことを知ることができなくなる。

また、国民自身がポピュリズムの政治家により、国民に迎合し愚民政策を進めることにより、国民自身が権力者に批判的な報道に抗議するようになり、それがテレビなどの自己規制をしてしまうことになる。

今の世の中では自分の考えや自分の支持するものとの意見が違うと、それに対して反論をすることはごく正常なことです。しかし、その自分との考えが違うものを、受け入れがたいとし、拒否ししりぞけ攻撃することは、自己の意見を主張し反論するのとは全く違うことです。

しかし、最近新聞などの報道機関に対して、攻撃するものが増えてきている。またそのようなことが過激になってきているようです。それにより、新聞などの報道機関は行き過ぎた自己規制をしている。なかには権力者の考えていることを推し量って、自主自己規制をしてしまうことが多くなってきてはいないだろうか。

このブログの記事を書いていたら、こんなニュースがとびこんできた。
NHKでは、沖縄でオスプレーが不時着した、乗員は全員無事。不時着?墜落でなくよかったとおもいました。
はじめは映像がなかったので、よく分からなかったが。あさのNHKニュースでは、オスプレーが海上でバラバラになっている映像がながされていた。これは不時着でなく墜落ではないか。
他のテレビ局では、字幕では墜落、アナウンスでは不時着を使ったりしていた。
・不時着とは、飛行機が故障・悪天候などで航行不能になり目的地以外の場所に降りることで、性格には不時着陸と言います。
・墜落とは、高いところから落ちることです。
意味は大きく違います。どちらも航空機の故障での事故だが、ニュースとしてながれると、受ける感じとしては大きく違います。
NHKはなぜ墜落とは言わないのか。これも墜落とすると、ただでさえオスプレー配備に対しての反対や、沖縄の基地問題に対しての配慮から、柔らかく受け取られる言葉を選んだのだるか。この墜落事故についてもっと詳しい情報を取得したいと思う。
関連記事

日本のタンカーは運行できるのか

バラスト水規制条約が、2017年9月に発効する。
バラスト水とは、積み荷のない船のバランスを取るために、バラストタンクに海水を注入してバランスを取るための水のことです。このバラススト水は積み荷を降ろした港で海水を注入するが、その港の海に棲息しているプランクトンや細菌もバラストタンクに積んでしまう。そうなる積み荷を積む港で積んでいる海水を放出するが、その寄港地の海に日本のプランクトンや細菌も一緒に外に出してしまう。それでは海の生態系に影響を及ぼしたり、環境を汚してしまったりすることになる。それを防ぐためにバラスと水の取水・放出のにフィルターなどをつかって濾過する処理が義務づけられるものです。そのような濾過装置を備えていない船は、寄港をできなくなることになります。

この条約は2004年に採択され、、日本は一昨年の2014年に締結している。そして今年9月に締結した52カ国の商船の総トン数が世界全体の35%を越えることになり、条約に明記された要件を満たし、1年後の来年9月に発効することになったものです。
ところで、この条約は国会で承認され批准しているのだろうか。そこは、新聞報道でははからなかった。

この条約発効に沿い、日本関連の船は1000隻を越すそうです。また、1隻1億円ほどの改修費用が掛かるそうで、改修は進んでいないといいます。
貨物船や客船では荷物や客を積み込み、行き先の港で荷物を降ろし、その地で輸入品の荷物を積み込むので、バラスト水は必要ないだろうが。
資源輸入国である日本では、天然ガスや石油などタンカーや鋼材などの貨物船は、空の船で日本を発ち、産油国などの産出国で石油などの資源を積むので、大量の日本の海のバラスト海水を積み込み、相手国で排出することになる。
そうなると、資源を積み込む国から入港を拒否され、資源を輸入することができなくなり、日本のタンカーなどの貨物船は、世界の港から閉め出されるおそれがある。

よく考えると、このバラスト水の問題は、今急に問題が起きたことではなく、日本が締結した2年前の2014年でそのちきから分かっていたものです。それより、12年前に条約が国際海事機関で採択されたので、2004年にはいずれはこのバラスト水問題は分かっていたことです。それは今まで先延ばしにして、濾過装置の設置をおろそかにしえきたからです。
経済性やバラスト水規制条約があるからではなく、環境問題とし捉えた考えなら、もっと早くから取り組みべという考えにいたらないのかと思う。政府もいずれ発効することの先を見越して、商船会社など業界に濾過装置の設置を促していくべきだったではないだろうか。
関連記事

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

自衛隊の新任務

国連平和維持活動のために、自衛隊に新任務が附与された。それについて国際社会での日本の責任としてその必要性が言われたり、それを正当なものであり、より国際社会から信頼されるものだとする意見があり。
それとは対立する憲法に抵触する、日本を戦争に巻き込むものだ。今まで平和国家として培ってきた信頼を崩すものだという意見がある。
また、この任務についての議論は、平和をより推進するためのものであり、戦闘状態には到らないという論理で進められてきた。しかし、実際の国際紛争のなかそれは、絵に描いた餅で、危険性が高まったからと前線となった現場を容易く撤収することは、その責務放棄につながるのでできないとする人もいる。
二つの正反対の意見があるが、私は後者の方の意見をとりそれに賛成である。

しかし、わたしはそれよりももっと気がかりなことがある。すでに安保法制により、自衛隊に新任務が附与されたのだから、自衛隊が派兵されるのことは事実です。
それにより自衛隊が新任務で南スーダンに派遣され、駆けつけ警護で戦闘状態になり、一人でも戦死者が出たとき日本国内の輿論が℃のようになるか心配です。
それみたことか自衛隊を危うくしたではないか、自衛隊の海外派兵、駆けつけ警護には反対だとする意見が高まるか。
いやそれより、一人の戦死者を国への殉死が出たとして、一挙に自衛隊の海外派兵への賛同する雰囲気が広まるのではないかと心配する。
さらに、靖国神社に祀られることにより、国家神道や国家主義的なものが醸し出され、戦争への抵抗感をやわらげる気分や感じがそれとなく作り出されて行くのではないかと杞憂してしまいます。
関連記事

暴虎馮河

安部政権の強引な政治運営は、自身が正と信じ善意から生まれたものだろうが、猪突猛進のように直線的に走るかのごとくです。周りの参謀は、深慮遠謀のごとく緻密な術中を周到に仕掛けています。

論語の述而編に次のようにある。

子謂顏淵曰 用之則行 舍之則藏 唯我與爾有是夫
子路曰 子行三軍 則誰與
子曰 暴虎馮河 死而無悔者 吾不與也 必也臨事而懼

孔子が顔淵に言った 重く用いられれば全力を尽くし用いられなければ隠者として引き篭もる、この様な生き方ができるのはお前と私くらいだ
子路が言った 孔子が大軍を率いられるとしたら、誰を副官として任命しますか?
孔子が言った 虎と格闘したり黄河を泳いで渡るような向こう見ずな者は、任命しない。計画的に事を成す慎重な者を任命する

いわゆる「暴虎馮河」の一説です。

子路は孔子から高く評価されていましたが、勇気があり信義を重んじるが、その直情で勇を好むところは、何度も孔子から諭されていた、しかし子路戦場で死んでしまいます。

アベ政治は、善意から思うところで、その強引な一途な行動は評価されるところがある。しかしそれが、行き過ぎて少数者の意見や反対の声を聴き入れず、無謀な行動に走ってしまうと、その勇気や積極性として認められず、反対にその結果的に弊害が生れてくる。

続きを読む

関連記事

駆け付け警護の後は

駆けつけ警護の任務が自衛隊に附与され、南スーダンに派遣された今、日本はどうあるべきかとの問いに、「国際秩序は法によって維持されるという価値観を共有できる国との連携協力を進めていく必要がある」されている。要請されたときは、当然国連の下にそれが実施されることになる。

首相である安部首相はよく「法に従って進める」と言うがこのことは、もっともで正しいことです。また「粛々」と言う言葉もよく耳にする。
しかし、法に従ってについては、自分の恣意や時の状況によって、都合のよいようになされてはならない。また、その法自体が不平等であったり偏務的であれば問題である。さらに解釈を自分の都合のよいように、今までの解釈と状況が変わったので、違う解釈をすることはよくない。

粛々については、「粛々」は広辞苑によると、静かひっそりとの意味があると書かれている。しかし、元総理大臣の麻生太郎が以前に「憲法を変える議論は騒いで行うのは良くない、ナチを見習って知らないうちに変えてしまったらよい」と言うようなことを言った。まさに、この静かにひっそりと目立たないようにと言うことです。そのように今の状況を変えるために、新しく法を作ればよいとするのも法を無視することになる。

今のアベ政治の進め方を見ると、この解釈を変えたり新しく法を作ったりする、法案を充分審議していないとい野党が言い国民が思っているのに、拙速に通してしまことが多い。それはそのよくない点があちこちにまばらに見え隠れしているように、私には見えるが私のこの感じていることは誤解なのだろうか。

これを、国際社会に対してこの「国際秩序は法によって維持される」ことも、相手国やその状況を充分に踏まえ、納得行くまで問題解決駆け引きをして行かなければならなです。
それを一部の国や一部の勢力や日本の都合の良いように解釈し、それを日本の役割とするなら、軋轢が生じ国際社会から今までの信頼をなくしてしまうことになる。
そのようなことが無いように充分に慎重に作戦行動が行われるべきでしょう。
関連記事

文字入力特化のメモ帳 ポメラDM200

ポメラDM200

ポメラはキングジムが2008年11月に販売された文書作成の特化した電子機器です。大きさは文庫本大で、キーボード入力ができる可搬型の電子メモ帳です。一番最初の機種はキーボードを二つに折り畳められ。筐体は厚めの文庫本程の大きさでした。発売以降何回か機能強化されたが二つ折りのキーボードが特徴でした。しかし、今回発売されたDM200の前の機種DM100から筐体は横長になり。キーボードは折り畳み式ではなくなりました。
今回のDM200の気になる新機能です。

    ポメラDM200


今まで、ファイル、フォルダー、そしてファイルとフォルッダーをファイル名で検索できたが、200はそれにテキストが追加されている。
まだ現物は触っていないが、テキストファイルの中の言葉を、ファイルを開かないでも検索でき、ファイル名を忘れたが、その中に書かれている単語からファイルを見つけだすことができるようになり便利な機能といえる。
この機能を利用してフォルダー内にある複数のファイルのなかから、キーとなる言葉が含まれている、テキストファイルを探し出すことができることになる。
また、複数の単語をスペースで区切っての3つまでのキーワードを使って検索ができる。
ただ、大文字小文字を区別し全角半角文字も区別して検索します。できれば、区別するかしないかを選択できるようになればといいです。
テキストファイル本文の検索は、今までと同様に、大文字小文字を区別するかしないかを選ぶことができます。

また、今までの機能にはなかったものに、行番号が表示されるようになった。非常にこれは便利な機能で重宝しそうです。
ただ、画面に表示されるフレーム設定により行番号が付けられるようです。また、できれば段落ごと、つまり制御文字の改行キー毎に、行番号が表示されると、プログラミングなどをするときに便利です。そのため、画面表示ごとの改行の物理的改行と改行キーごとの論理的改行が選択ことができれば重宝します。

DM200のファームウェアーのバージョンがアップされるときにでも、これらができるようになることを期待したいです。

他にも便利な機能が新しく追加されています。
メニューに「表示」という項目が増え、「全画面表示」「アウトライン」「比較」「分割」「グリッド」「フレーム」「行番号」「白黒反転」があり、今までになかったアウトライン表示や行番号ができるようになった。
これは、行頭に半角ピリオドの数で、アウトラインの階層が深くなっていく。
文書の見出しにピリオドを付けて、長文のレポートなどを書くときに、書き直したりするときに重宝しそうです。
また、文書を読み直すときも、このピリオドを入れておくと、直ぐにその一にジャンプすることができます。

DM100では新たに機能が追加された、カンマ区切りのテキストデータのCSVファイルの編集が、DM200ではその機能が無くなった。私はこの機能をたまにではあるが、重宝して使っていたので、無くなったのが残念です。

また、DM100には、QRコード、カレンダー機能、国語辞典と英和辞典、和英辞典の呼び出しボタンがあったが、液晶画面が大きくなたためかなくなって、メニューからのキー操作やショートカットキーで呼び出しのなてしまっている。これも残念なところです。

今後の開発で期待したい機能に次のようなものがあります。
テキスト本文では、検索と置き換えができます。この置き換え機能は文体を統一するときなど便利です。しかし、こちらも大文字小文字、全角半角が区別されます。
できれば、この検索、置換機能で、正規表現が使えるようになれば、文体の統一や編集、校正するときに便利です。特定の文字列を使った表現で、文書を検索、置き換えができるので、文体の統一をする複数の文字列を一括して変換できるので便利です。
また、アウトライン機能を使うため見出しに半角ピリオドを打ったのを、一括削除するためにもこの正規表現は是非とも取り入れてもらいたく思います。
このポメラで作った文書でアウトライン機能を利用するため行頭のピリオドを、一括削除や別の制御文字などに変換するため、検索文字列に、 ^\.* と書き、置換文字列を空白にし置き換えると、ピリオドを削除するのに便利なので期待したいです。

関連記事

オスプレーの飛行再開

オスプレーの飛行再開がなされることになった。

沖縄県は沖縄県民は、驚愕のなか強く反発している。一方政府は歓迎とも受け止めるような、容認の趣旨が防衛相がコメントをはっしている。

これが、次期大統領のトランプ氏や、フィリッントドテルテ大統領やトルコの    がもし、日本の首相だったらどのような発言をするだろうか。

アメリカ軍は、機械的な不具合ではないとして、また、操縦士の海に不時着し大破したことは、賞賛に値するとして、早期の飛行再開に理解をもとめた。しかし、空中給油中の、訓練ミスだとしている。つまり人為的なミスとなると機械的不具合より申告ではないか。オスプレーに限らずたの戦闘機などでも人為的な事故が起きる可能性があることになる。

また、どこで空中給油の訓練をしていたかは、私はよく把握していないが、海上上空なら今回のように海上に墜落して、被害はなかったが、陸上上空での空中訓練をしていたら、大きな被害がでるおそれがある。

くには、事故の内容が明らかでないなか、政府は飛行再会を容認することは、国民のことを考えるのではなく、アメリカと関係を重視した売国的なことだと思えてならないと感じるのはわたしだけだろうか。
関連記事

電池の処分法

このブログの下書きを出先で書くときは、キング事務のポメラと言う、電子メモ帳をを使っている。そのポメ

ラはテキストを作り保存することを目的として作られたもので、他の機能はないがキーボードが大きく使いや

すく、乾電池2本で30時間持つので重宝して使ってい。しかし、乾電池がたまってその乾電池の処分に悩むこ

とがある。

そこで乾電池の処分について調べてみた。
しかし、乾電池の処分はその自治体の定めた方法で捨てるしかかいので、旅行などに行けばその処分法が判ら

ないので持ち帰るしかないので、長期旅行などでは乾電池が溜まってしまいます。
しかし、燃えるゴミのように簡単に捨てられないので、捨てそびれて溜まってしまいます。

そこで電池の廃棄方法!乾電池やボタン電池の処分法を調べてみました。

電池にはいくつかの種類がある。
・時計やゲーム機に使う乾電池、
・電子体温計や子供の電子オモチャから出てくるボタン電池と
・コイン電池と言われるもの。
わたしは、今までコイン電池とボタン電池は同じと思っていた。またボタン電池は水銀が含まれていと思って

いたが、今はコイン電池もボタン電池は水銀は使われていない。
後にも書くがそれを見分けるには、電池に書かれた記号で判ります。

そのほかに積層電池がある、これは9ボルト箱型の電池が一般的で、マンガン電池やアルカリ電池と同じもの

が一般的です。

乾電池でもアルカリ電池やマンガン電池や最近の高精度電池でこちらはゴミとして回収されています。
この電池は自治体の燃えないゴミの日に回収されるところが多い。資源ゴミ、有害・危険ゴミなどという名称

の所もあるよです。多くは月一回や隔週などに回収される。

今では市町村では回収しておらず、電気店などに再利用できる二次電池用の回収ボックスが置かれているので

それを利用する。


保管方法や廃棄方法によっては思わぬ事故が起きることがある。
電池を家で保管すときは、無造作にビニール袋などに入れない。電池には極性があるので、陽極と陰極が接し

でショートして発熱や発火することも稀にあり危険。
それが原因で、清掃用のパッカー車が発火する事故もあるそうです。これにガスが少量残っている使い捨てラ

イターなど混じっているとさらに大きな事故になりかねないですから電池の捨て方には気を配りたいものです



乾電池の捨て方は、必ず絶縁して捨てることです。
私は数本溜まれば、極を同じにして並べてセロテープで括り両極にもセロテープを貼り絶縁します。
ボタン電池コイン電池は、全体を覆うように巻いて絶縁しないといけないので面倒です。

リサイクルできる充電式の電池は、家電店などにリサイクルボックスが置かれているので、そちらを利用する


たまに、乾電池の回収ボックスが置いてある店舗もある。


使い捨てライターの話を出したので、おまけです。
スプレー缶の捨て方。全部使い切ったつもりでも、微量のガスが残っているので、穴を開けてガスを抜いてか

ら捨てる。私は片方の先が尖った金槌で、スプレーの底に孔を開ける。それか金属製の物差しの角を、スプレ

ーの底に打ち付けて孔を開けています。

マニキュアも揮発性があり引火する恐れがあるので、中身の溶剤を揮発させ乾いてから捨てる。

使い捨てライターは、ボディーに錐で穴を開けるか、ライターの底にガスを充填した時の小さな窪みに千枚通

しで孔を開けガスを抜く。

付録です
電池の形の表記の記号の意味

円筒形
マンガン乾電池
アルカリ乾電池
ニッケル系一次電池
ネッケル水素電池
リチュームイオン二次電池
ニカド電池

9V型
マンガン乾電池
アルカリ乾電池
ニッケル水素電池

パック型
リチウム一次電池
リチウムイオン二次電池

コイン型
リチウム一次電池
リチウム二次電池

ボタン型
酸化銀電池
アルカリボタン電池
空気亜鉛電池

ビン型
リチウム一次電池

ガム型・角形
ニッケル水素電池
リチウムイオン二次電池


形状を表す記号
R 円筒形 ボタン形 コイン形
F 角形 平形 ガム形

電池系を表す記号
一次電池
記号なし マンガン乾電池
B フッ化黒鉛・リチウム電池
C 二酸化マンガン・リチウム電池
E 塩化チオニル・リチウム電池
F 硫化哲・リチウム電池
G 酸化銅・リチウム電池
L アルカリ乾電池
P 空気亜鉛乾電池
S 酸化銀電池
Z ニッケル系一次電池

二次電池
H ニッケル・水素電池(NH HH TH)
K ニッケル・カドミウム電池(N P)
IC リチウムイオン二次電池(CG ICP LIP UP)
PB 鉛蓄電池

水銀電池は1995年(平成7年)からに日本国内では生産を中止している。
関連記事

六字訣

先日、口のケアで「あ い う べ」と発音することにより、口と舌の筋肉の運動をして、風邪の予防や咀嚼と嚥下を強化できることを書きましたが。

中国の気功の中に、発音をする六字訣と言う気功があり、これは中国制定4大気功と呼ばれるものの一つです。
この中国制定4大気功はほかに次の 八段錦 易筋経 五禽戯 があります。
・八段錦は八つの部分で構成された非常に優れたものという意味があり古代健康気功法とされています。
・易筋経は古代功法とされ、易筋経原文は禅宗の開祖達磨がインドから伝えられたとされ、後の僧 般刺密諦が漢訳したとされている。
・五禽戯は5つの動物(虎・鹿・熊・猿・鳥)の動きの特徴をとらえて野生のエネルギーを心身に取り込もうとするものです。

六字訣は字のごとく6つの字の発音して行う気功で、次の順序で行う。予備式、調身調息、収功以外の6つの文字の功法は、6回ずつ繰り返す。また、文字の発声の際には堤肛と呼ばれる肛門を引き締めてする。
次のような方法でする。
1. 予備式
2. 調身調息
3. 嘘の字の功法(6回) XU シー
4. 調身調息
5. 呵の字の功法(6回) KE カー
6. 調身調息
7. 呼の字の功法(6回) HU フー
8. 調身調息
9. (口四)の字の功法(6回) XIE シッ
10. 調身調息
11. 吹の字の功法(6回) CHUI チューウェー
12. 調身調息
13. (口喜)の字の功法(6回) XI チイー
14. 調身調息
15. 収功

予備式
両足を肩幅と同じ広さに広げて立ち、身体の重心を踵に置く。背筋と首を真っ直ぐにし、口を軽く閉じ、舌先を上顎に軽く付け、肩の力を抜く。両腕は自然に垂らし、両掌を多少内側に向ける。下腹は少し引くようにし、両膝は少し曲げ、全身をリラックスし、雑念を排除して静かに立つ。呼吸法は腹式呼吸で行い、身心が充分にリラックスするまで待つ。

調身調息
直前に行った動作の余韻を収めて次の動作に備えるためのもので、予備式を行った後、「嘘」「呵」「呼」「(口四)」「吹」「(口喜)」の各文字の功法を6回行った後に、引き続いて行う。
腹の前で手を重ねる際には、男性は左手が腹側、女性は右手が腹側になるようにする。これは以降の全ての功法に共通で、調身調息中の呼吸は自然呼吸でする。

嘘の字の功法
肝臓の調整をする功法。
肝臓の病気の他に、眼病、目眩、頭痛、倦怠感、不眠症、吐き気、便秘、失禁、子宮下垂、月経不順、怒りっぽい、等々、肝経絡に関わる機能を強化する。
要点:XU シーの発声をする際は、堤肛をし、目を大きく見開き遠くを見るようにする。

呵の字の功法
心臓の調整をする功法。
心臓の病気の他、動悸、不眠症、寝汗、神経衰弱、精神不安定、喉の腫れ、舌の異常、口の乾き、等々、心経絡に関わる機能を強化をする。
要点:KE カー発声をする際は、堤肛をする

呼の字の功法(左)
呼の字の功法(右)
脾臓と胃の調整をする功法。
脾臓と胃そのものの病気のほか、嘔吐、シャックリ、腹の張り、黄疸、頭痛、発熱、下痢、粘液便、倦怠感、精神不安定、むくみ、等々、脾臓や胃の経絡に関機能を強化をする。
要点:HU フーの発声をする際は、堤肛をする。
呼の字の功法は、左右の手の動作を交互に変えてする。

(口四)の字の功法
肺臓の調整をする功法。
肺そのものの病気のほか、肩や背中の痛み、風邪、頻尿、小便の黄変、等々、肺経絡に関わる機能を強化をする。
要点:XIE シッの発声をする時は、堤肛をする。

吹の字の功法
腎臓の調整をする功法。
腎臓そのものの病気のほか、耳鳴り、難聴、骨が脆い、歯が脆い、脱毛、視力減退、腰痛、倦怠感、動悸、月経不順、足のほてり、下半身の冷え、短気、等々、腎経絡に関わる機能を強化する。
要点:両手を腰にまわしたら、拳の背で腰を数回マッサージします。CHUI チューウェーの発声をする際は、堤肛する。

(口喜)の字の功法
三蕉経絡の調整をする功法。三蕉(胸 腹 膀胱)
目眩、吐き気、腹の張り、胸のつかえ、頻尿、小便の黄変、喉の腫れや痛み、耳鳴り、聴力低下、等々、三蕉経絡に関わる機能を強化する。
要点:XI チイーの発声をする時には、堤肛をし、心が満ち足りたイメージを想像する。

収功
これまでの功法で取り入れた気を血液と共に全身に巡らせ、全身を整える締め括りの功法。
身体をユッタリと動かしながら、各部の状態を確かめ、不具合を感じるところがあれば動きを止めて、充分な時間をかけて調整する。
関連記事

呼吸法

どのようなことでも呼吸は大切です。

数日前の夕刊の囲みのコラムに、バイオリニストの幸田さと子さんが、合気道に学ぶ呼吸法というエッセを投稿していた。幸田さんはバイオリンの演奏者であるが、合気道を習われている。そこで、合気道の呼吸法が心をクリアーにしてくれ、コンサートの本番前に合気道の呼吸法がお守りの威力を発揮してくれると言う。

バイオリンの弦をゆっくりと動かして長い音をだす「ロングトーン」という練習があるが、呼吸法もそうで長く息を吐くことが大切だと言う。舞台袖ででも目を閉じて、ロングトーンと呼吸をして舞台に上がるすです。いつも万全な調子で袖に立つことはないが、ロングトーンの呼吸法は役に立つという。
さらに、秘密の話も紹介してくれた、そうして呼吸で身を整え、舞台の袖で靴をに脱ぎ、長いドレスで隠れて判らないが裸足で舞台にでると言う。

私はこのブログで、呼吸法についていくつか書いている。ストローを使った呼吸法紹介したことがある。それは、口にストローを口に軽くはさんで啣え、お息を鼻で吸い、吐く息は口に啣えたストローを通して息を吐く。こうすると息を吐く量が調節され、ロングトーンが自然とできる。使うストローははじめは太いストローを使うとよい、うまく行くようになれば細いストローで長く長く吐くこともできるようになる。

幸田さんは、足の裏から吸って身体を通り、足の裏へと返していくという。足の裏で呼吸をするのだが足に口や鼻があるわけでなく、どのように足裏で呼吸をするのか、同じようなことは、能楽師の方から聞いたり、太極拳について書かれた本にも書かれいる。さらに、坐禅や呼吸法の本にはマイナスのものを息と一緒に吐き、自然から良いエネルギーを吸い込み身体に満たすとの趣旨のことも書かれている。このことは幸田さんが書いたエッセイにも書かれていた。

私は毎日早朝の散歩で、呼吸を意識しながら歩き、その後太極拳をしているが、太極拳をするときに自分の軸はいまどのようになっているのか、体重はどのように掛かっているのかを意識している。身体を隅々までそのように観察して、足裏を意識しながらしている。
この合気道の足裏で呼吸をする意識は大切なことです。
関連記事

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

巧詐は拙誠にしかず

巧詐は拙誠にしかず

これは、韓非子・説林の言葉です
故曰、巧詐不如拙誠。樂羊以有功見疑、秦西巴以有罪益信。

ゆえに曰く巧詐は拙誠に如かず。楽羊は功有るを以って疑われ、秦西巴は罪有るを以って益信ぜらる。

この話を理解するには、楽羊と秦西巴の二人のエピソードを知らなければこの言葉の意味を知ることはできないです。

まずは、拙速に表面だけを捉えた理解のしかたです。
物事を押し進めるに上手に技巧を使うより、多少やり方はつたなくても誠意をもって進めると、やがてその意向が伝わる位の方がそれにまさっている。
誤魔化し上辺を繕って物事を進めていき一時は持て囃されても、いずれは隠していた秘密ごとなどが知られ、後戻りできなくなってしまいます。
これが、個人間での問題ならよいが、国の政治で行われるなら、その災難や損害や危害を受けるのは国民です。


「楽羊」には次のような話がある。
魏の楽羊が、中山を攻めた。窮した中山は脅しとして、人質になっている息子を突き出された。それでも楽羊は攻撃をやめなかっ。中山の城主は楽羊の息子を殺害し、その肉をスープにし、楽羊に送り届けた。楽羊はスープを飲み干し中山を攻め落とした。
魏の王、文候は楽羊を頼もしとして、賞賛したが家臣から「己の息子の肉すら喰らなら、どのような相手の肉でも喰らうだろう」と諫言され、楽羊を恐れ遠ざけてしまった。
「秦西巴」次のような話がある。
魯の国の孟孫が狩りに出て子鹿を捉えた、家臣の秦西巴に連れて帰らせた。ところがそれに母鹿がついてくるのを見て、秦西巴は子鹿を逃がした。それにより孟孫は怒り秦西巴を追放した。しかし、後日、孟孫は再び秦西巴を呼び出し、わが子の守り役に命じた。
これは「子鹿にさえ愛情をかけるような者なら、わが子のことはきっと大事にしてくれるだろう」とのことである。

弁舌が巧みで上手に喋る人が、熱弁をふるうよりも、自分の言葉で時にはつかえ時には口ごもりながらも語った方が、誠実さが伝わってくるものです。
人間関係において、技巧をもてあそんで、ずるがしこくて抜け目がないさま手口の人と付き合うよりも、地道にこつこつと実績を積み上げて、相手の信用を得るような方法の方が効果があるからです。
言葉で表すことが下手でも真心がある方が、物事が成し遂げられることが多いといえるものです。

日本人は「巧言令色、鮮なし仁」「剛毅木訥、仁に近し」などの言葉が好きだが、口や態度の拙さにだって自ずと限度もあることは事実です。どちらがよいのでしょうか。

しかし、次のような話もあります。アメリカの脳性麻痺の障碍があるブル・ポーターは、訪問セールス一筋に五十年続け高い信頼を得て顧客を獲得している。
脳性麻痺のため、歩くのも辿々しく、構音障害がり話すのも辿々しい、そのため雇用した会社は成績がわるく、直ぐに辞めるだろうと考え雇った。しかし彼は誠実に仕事をし、トップセールスマンになっていく。
彼の人生は、『きっと「イエス」と言ってもらえる。』び本になり、「Door TO Door」という映画にもなり、日本でも同タイトルで二宮和也が演じて作られている。
この「Door To Door」は前にもこのブログで紹介したので、詳しくをそちらを見てください。
関連記事

ゴリアテ

自民党は圧倒的多数の議席を確保しているのに、なせも審議を尽くさずに法案を強硬に通そうとするのか。時間をかけてもその審議での答弁の内容を見ると、誠実な審議内容とは言えない。

採決をすれば法案成立の議席の数を持っているので、余裕をもって丁寧な説明をすることができるはずです。多数の議席を持った政党のつとめであるはず。だけどなぜがそれをせずに、安部政権になってからなんと強行な方法を採ることが多いことか。自民党が今していることは、それとは全く逆のことをしている。

何故、多数の議席を占めながらこうも、横暴と言える方法で議会を運営するのだろうか、何かに取りつかれたようにしなくてもよいはずです。だのに、濫用した横暴、かつ民主主義のルールを無視するような振る舞いはどこからくるのか。しかも、自身は法に従ってとルールを順守していると思っているのから質がわるい。

安倍政権以前の自民党政権は、今までも横暴なことをできる権限は持っていたがそれを行使してこなかった。しかし、多数の議席を持っているのその議席の数に任せて、なりふり構わずにその権限を行使し強硬な国会運営をする。今までそのような横暴さがなかったので、安倍官邸の暴走にブレーキをかける仕組みになっていに。今こそ、巨人ゴリアテはダビデに石をぶつけられ倒されたように、今こそそのダビデとなる人が登場するための後押しをしないといけない時がきていると言えるでしょう。
いや日本だから八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した素戔鳴尊(すさのおのみこと)となるのは誰だろうかでしょう。それはどのような方法なのだろう、官邸の暴走をチェックするためには、国会を改革し、国会に官邸を制御する力を持たせる必要があるといえる。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    11 | 2016/12 | 01
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR