FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

民主主義 文部省著作 4

民主主義 文部省著作

第十一章 民主主義と独裁主義

二 民主主義に対する非難
すべての人間が個人として尊厳であり、自己の個人を生かす自由と、自己の才能を伸ばす平等の機会とを持ち、文化的にも経済的にも、ともどもに平和で幸福な共同生活を営むようになるという民主主義の理想は、きわめて崇高なものであって、何人といえどもそれについて反対することはできない。もちろん、この理想を完全に実現するまでは、人類はまだまだ遠いいばらの道を歩んでいかなければならないであろう。しかし、民主主義は、過去数世紀にわたってこの理想の実現に向かってあらゆる努力を重ねてきたし、その方向に向かって、既に多くの輝かしい成果をあげてきたのである。
けれども、その反面またわれわれは、民主主義が歴史上決して常にただ支持され、賞賛されて来たのではなく、むしろ、あらゆる非難を浴びながら発展して来たものであるといことを忘れてはならない。
イギリスで民主主義的な革新が行なわれ、続いてアメリカに独立戦争が起こり、更に、フランスンに大革命が起った当時には、それまで特権をほしいまゝにしていた連中は、民主主義を憎み、これに激しい非難を加えた。その後になって、民主主義に対する批判はいろいろな思想家や評論家によって行われた。ことに、第一次世界大戦後のヨーロッパの政治情勢が険悪になったころには、「民主主義の危機」ということがほとんど通りことばとなった。そうして、イタリアにはファシズム、ドイツにはナチズムが起こり、民主主義に対して総攻撃を加えるにいたった。
民主主義の反対者が一番強く非難する点は、多数決の原理である。民主主義は、どれが最も正しい政治の方針であるか、国民全体の幸福を増進するにはどうすればよいかについて、いろいろな意見が対立した場合、多数の支持する意見を採用してそれを実行すうる。そうして、政治の問題について意見を述べ、投票を行う権利をできるだけ拡大して、なるべくおゝぜいの国民が政治に参与しうるようにしむける。しかし民主主義の反対者に言わせると、そのようにして得られた多数の結果は、無知な、目先の見えないおゝぜいの人々の意見によって、政治の方針を左右することになる。群衆心理によって動かされ、目前の利害のみ執着する大衆は、たゞ「数」が多いとういうだけで、たいせつな政治の問題をかってに片づけてしまう。これに対して、すぐれた識見を有する人々の考えは、少数であるがゆえに葬り去られることにならざる得ない。それは、「頭かずの政治」であり、「衆寓政治」である。民主主義に反対する者は、そういって、鬼の首を取ったように民主政治をたゝきふせてしまおうとする。
民主主義に対するこのような非難から導き出されるものは、独裁主義である。多数決によって行われる民主政治を衆寓政治であるといって非難する立場は、それに代るべき政治の根本として「指導者原理」を主張する。独裁主義者が主張するところの指導者原理によれば、いかにおゝぜいの人々が雷同する政治の方針であっても、全体の利益に反するような政策は排斥されなければならない。あるいはまた、せっかく政府の思いきった政策を実行しようとしても、反対党が数を頼んでじゃまをしたりするようでは、政治の危機を切りぬけて行くことはできない。だから、そのような多数支配の代りに、最も有能な最も賢明な、最も決断力に富んだ、たゞひとりの人物を押し立てて、その「指導者」に政治の絶対権を与え、国民は指導者の命令通りに足並みをそろえてついて行くのが一番よいというのである。かくて、独裁主義は、政治に対する国民の批判を封じ、政党の対立を禁じ、議会政治を否定して、絶対権力を握った独裁者にすべてを任せ、まっしぐらに一つの政策を貫いて行こうとする。
独裁主義が民主主義に対して非難を加えるもう一つの点は、「個人主義」である。民主主義は、すべての人間を個人として平等に尊重し、他人ン自由を侵さない限りにおいての各人の自由を保障する。しかし、独裁主義者にいわせると、各個人がそれぞれその自由を主張し、かってに自分たちの利益を求めることを許すと、社会全体の統一が乱れ、国家や民族の利益がないがしろにされる。かれらによると、重んぜられるべきものは、個人でなく国家全体であり、民族全体だる。個人は全体の部分であり、全体の部分としての価値しか持たない。独裁主義は、そのように論じて個人主義や自由主義を攻撃し、その代りに、「全体主義」を主張する。独裁者の命令のままに、各人は自己の利益も、あるいは自己の生命をさえも、喜んで全体のために投げ出さなければならないと要求するのは、このような全体主義の結論にほかならない。
民主主義が、古くはギリシャやローマに始まっているように、独裁主義もまた古い歴史を有する。ギリリャ時代に専制王があったし、ローマの共和制末期にも武断的独裁者があらわれて、ついに絶対君主制を確立してしまった。現代における独裁主義は、だれでもが知っているように、第一次世界大戦後のイタリアおよびドイツに起り、基礎の弱いそれらの国々の民主主義を押しのけて、政治の実権を握った。それと同じような風潮が日本の政治を支配し始めたのは、昭和六年の満州事変のころからである。この政治の独裁化は、昭和十二年の日華戦争によって更に前進し、昭和十六年の太平洋戦争の開始とともにますます拍車を加えるにいたった。しかも、日本のファシズムは、ナチス張りの全体主義をとなえながら、その表面に国粋主義の粉飾をほどこし、民主主義や自由主義を攻撃して「滅私奉公」の道徳を国民に強要した。その態度は、イタリアやドイツの独裁主義と異ならなかったのである。


安倍政権になり、その政治の進め方をみると、安保法制関連法案の審議では質疑に対して真正面から答えようとせず。それに批判的なマスコミなどには、こらしめないといけないということを憚らなくなっています。また、安保法以外をみても、沖縄基地問題や労働者派遣法、TPPや原発問題、新国立競技場などで、多数の国民の声に耳をかたむけようとしないです。国民は目前のことだけ見、一部だけを見て全体を見れないと言って無視しています。そして、私が責任者だ決断する時は決断する。木ばかりを見るより森を見なくてはならない、などなどここに書かれている独裁者とぴったと符合する所が多いです。また昨日もかいたが、国民の批判を封じるために、国民の情報源の一つであるマスコミに対しては、自分たちの都合の悪いことを報道すれば、懲らしめないといけないという。いままで、自民党は今まで多様性があったから、与党としてのバランスが取れていた。それが、全体主義のようになってしまっているように見える。
ただ、問題なのは、今国会で可決しようとしてる、安保法案だけではなく、他の労働者派遣法のように、他の法案にも国民を蔑にしている問題点がある。また、沖縄の辺野古の基地問題や原発問題、TPP、新国立競技場などなど、結論ありきの進め方は、民主政治として相容れないものです。そして、安倍政治の本丸として、憲法改正があるが、自民党の憲法草案とこの1948年に書かれた文部省教科書の「民主主義」を読むと、日本は今後180度の舵を切って歴史を作ってしまうように思えてならないです。

関連記事

私の「戦後70年談話」 ぜひ読んでおきたい本

岩波書店から、「私の「戦後70年談話」」という本が出版されている。
戦前戦中に生まれ、各界で活躍し、戦争体験を持つ41人の人たちの、今の人たちへのメッセージでが綴られています。

     私の「戦後70年談話
     私の「戦後70年談話 岩波書店
     岩波書店編集部編
     1,600円 


この本には、戦争による悲惨な状況や体験だけでなく、当時の世の中の雰囲気が、それぞれの人の立場から見た目で書かれています。世の中の自由がなくなり、違う意見を述べることが差し控えられ、重苦しい雰囲気になって行ったこと。また、そのような中で、小学生などは戦争をしている国の小国民のとして、小学生なりに積極的に国のために奉仕する、我慢する、今のその状況を当然と思っていた。などさまざまなことが書かれています。
この本は、私のよな60を過ぎた年寄りより、中高生や若い人に読んでもらいたい本です。
できれば、この本の新書版やジュニア文庫版などをだし、中学生のおこずかいで、買える値段で売られることを期待したいものです。
そして、若い人たちがこの本を読むにあたって、文字の字面だけを負うのでなく、想像力をもって文字の下に隠れているものをつかみ取って読んでほしいです。

目次を紹介しておきます。 

はじめに
I
満州でソ連軍の侵攻をうけて
   宝田 明
70年前の子供は今思う
   中川李枝子
飢えと寒さと絶望の〈戦後〉を生き抜いて
   ちばてつや
「もう,ロールケーキは出せないんだよ」
   高見のっぽ
平和がすべての基本
   海部俊樹
悪夢が再来するとき
   山中 恒
忘れないうちに,一言.
   山藤章二
戦争を知らない大人たちへ
   山田太一
病院で見つめた戦前・戦後
   日野原重明
死の影の下に
   梅原 猛
II
戦争ほど命が軽くなることはない
   香川京子
卑怯であることを恥じない時代だからこそ
   金子兜太
口を閉ざしてはいけない
   奈良岡朋子
裸にされつつある日本国民
   森村誠一
若者たちへ
   ジェームス三木
大阪~東京を生きた在日二世として
   梁石日
悪夢のような
   山田洋次
III
戦争が終わり,前座修業が終わった
   三遊亭金馬
英語の楽しさを学んだ中学時代
   神宮輝夫
文化国家へ
   古在由秀
アメリカから今の日本を見て
   入江 昭
自分の道を歩むために
   上田閑照
面白いと思うことを全力で
   益川敏英
戦後の若者たちの生き方から学ぶ
   辰巳芳子
IV
憲法九条を変えてはならない
   高畑 勲
反省だけならサルでもできる
   丹羽宇一郎
「戦間期の思想」をもたない宣言を
   保阪正康
戦後70年,沖縄からの問い
   新崎盛暉
「81%」の人々へ――安保と沖縄
   C.ダグラス・ラミス
日本の戦争の「復権」を許してはならない
   不破哲三
「小国」に腰を据える
   加納実紀代
政治家は過去と謙虚に向き合え
   野中広務
杖よるは信に如しくは莫なし―まずは信頼される国になること
   村山富市
V
戦後日本を生きて
   五木寛之
「戦わない民主主義」の転換?
   長尾龍一
「戦前80年」に目を向けよ
   坂野潤治
消え去るのみか
   半藤一利
自然への感性を失ってはならない
   池田武邦
思考停止を憂う
   野坂昭如
武力行使でなく,言葉の創造的機能による平和を
   石田 雄
眠れない夜――「戦後70年」に思うこと
   澤地久枝

関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2015/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR