FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

電子ゴミ 2

電子ゴミ 2

中国の「人民網日本語版」の2013年7月12日に次のような記事が載っていました【中国 世界最大の「電子ゴミのたまり場」に】

この記事を読むと、中国では電子ゴミは深刻な問題になっていることがわかります。しかし、法整備やリサイクルのシステムや廃棄処理技術などの課題が大きく残っているようです。またそのうえ、利益追求優先でゴミ処理により出てくる健康問題や環境問題や社会問題への意識が稀薄なのも、改善の障壁になっているようです。

記事によると、
国連がこのほど発表したデータによると、世界で廃棄された電子ゴミの70%が最終的に中国にたどり着くという。中国は今や、世界最大の「電子ゴミのたまり場」になった。
と書き始められて、「中国国内における電子ゴミの増加率も軽視できない。・・・・中略・・・・杭州だけでも、3年分の電子ゴミで西湖を埋め立てることができるほどだ。
と、電子ゴミの深刻さが訴えられている。」

また、環境面の問題と稀少金属のことも指摘している。
「電子廃棄物には通常、大量の重金属や有毒物質が含まれる。例えば液晶ディスプレイには水銀が含まれるが、これも一種の有毒物質だ。廃棄されたディスプレイを分解、焼却し、埋め立てる際には、有毒物質が漏えいして環境汚染が招かれやすい。また再利用できるレアメタルやエンジニアリングプラスチックも、処理のプロセスで無駄になってしまうことが多い。携帯電話を例に取ると、廃棄された携帯電話1トン分から取れる金の量は、金鉱石に含まれる金含有量の50倍に相当するという。」

そして日本のテレビやパソコンの回収システムが紹介され、中国の電子ゴミのリサイクル産業はまだ初期段階にあると認めています。。
そして、中国のリサイクル業者は小規模事業者が多く、廃棄物の処理方法が単純かつ粗放的で、環境汚染を引き起こしやすいと指摘している。また、進んだ技術で処理が出来る設備を整えた業者は、処理経費が高くつくので、そのような企業には電子ゴミが集まり難く、小規模事業者に集まってしまうようです。

また、中国政府は「輸入禁止固体廃棄物目録」を公布し、コンピュータや家電、通信設備などの電子ゴミの輸入を禁止したそうですが、密輸が後を絶たないようです。

記事によるこのことについて、「利益に目がくらんだ多くの違法業者が買取と売値の差額を稼いでいるのだ。悲しいことに、これらの電子製品のほとんどは中国で生産された物であり、世界を一周した後、最終的に再び中国にたどり着き、中国を汚染している。」と書かれています。

そして、海外の事例として「ドイツには1万あまりの電子ゴミ回収拠点があり、市民は1人あたり最大20点の廃棄家電を無償で処理できる。米国ではメーカーや小売店が独自に回収措置を設けており、以下略」が紹介されている。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    03 | 2015/04 | 05
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR