FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

キングジムのポメラの不具合

キングジムの製品に、pomera(ポメラ)という、文書を打ち込み専用の電子メモ帳に特化した製品がある。私はそのシリーズのDM20とDM100を使っています。DM20はキーボードが二つ折りにでき、ちょうど岩波文庫の大きさで、厚さは3Cm少しあります。
もう一つのDM100はキーボードは二つ折りに出来ないが、厚さは2Cm半ほどです。両機種ともUSBでパソコンに繋げて、データのやりとりができるのですが、DM100の方がUSBでパソコンにつなげても、パソコンがポメラを認識しなくなりました。USB端子がぐらぐらしているので、USB端子に不具合があると思い、ネジをはずしてフタを開けてみようと思い、ネジの形状を見ると、Y字形をしています。
パソコン工具の中に、Y字形のドライバーがあったことを思いだし、早速開けてみました。案の定USBの端子の片方がはずれてしまっていました。早速、ハンダコテを取り出し修理してみました。
パソコンに繋げてみると、うまく認識するようになりました。どうやら製品が薄い分だけ、ハンダの量が少なくなるので、USBを抜き差ししてる間に、そこに負荷が掛かりはずれてしまったようです。

私は、最近DM100の方をよく使っています。それは、単三電池で30時間以上使えることと、もう一つは大修館の明鏡国語辞典と三省堂のジュニアース英和・和英辞典がついているので、時々それを使いながら使うからです。もし、辞書機能がついていなかったら、大きさが半分ほどになる、二つ折りでがきるDM20を使うでしょう。
関連記事

人の悪きことはよくよく見ゆるなり

人の悪きことはよくよく見ゆるなり、我が身の悪きことは覚えざるものなり。
         蓮如上人御一代記聞書

毎日生活をしていて、仕事をしていて様々なことがあります。その中で失敗をしたり、自分にとって都合の悪いことがおきたりします。
そういう場合ついつい、「自分は全然悪くない」「すべて相手がい」などと思ったり考えたりしてしまいます。それは、自分を正当化しようとし、また自身の不安から逃れようとする心から生まれるものです。
自分の心の中でそう思うのはまだましだが、時として自分が苦境に立たされたり不利になったときに、自分の落ち度などには気がつかず、時としてそれが分かっていても棚に上げて、相手の些細なミスなどを責めたり罵ったりする。このようことは、自分自身がそのようなことをしていたり、日常生活のなかでも時折見かける光景です。

それは、自分の落ち度が巻き起こしたものだと、自分自身で責め悩むよりは、他人の制にしたほうが、そのときは気持ちが楽になります。しかし、いつもそのようなことをしていると、他人を攻撃するようなり、あまり気持ちのいいものではないと思います。

やはり、「他人の長所は少しでも早くほる」このことの方がよいと思います。

だから蓮如は、「人の悪きことはよくよく見ゆるなり、我が身の悪きことは覚えざるものなり。」と言っています。
3月に佐藤一斎の「言志録」に書かれている一つの言葉を紹介しました。
「我は当に人の長処を視るべし 人の短処を視ること勿れ 短処を視れば 則ち我れ彼れに勝り 我れに於いて益無し 長処を視れば 則ち彼れ我れに勝り 我れに於いて益有り」

とは言うものの、人の長所より短所の方がよく目にとまるものです。その上、相手の欠点や短所などは細かなところまでよく見えてしまいます。
逆に言うと、他人の短所を見るような厳しい目で自分を見ることはあうだろうか。そうではなくそれに気づかなかったり意識的にまた無意識のうちに目をそらしているのではないだろうか。
だからこそ、常日頃から他人を見る目は、意識して「他人の長所は少しでも早くほめよ」の言葉が大切になって来るのでないだろうか。
関連記事

みんなちがって、みんないい

先日の土曜日、4月11日は、童謡詩人と金子みすゞの誕生日でした。1903年~1930年で26歳の若さで亡くなりましたが、512編の詩を綴っています。

その中に、小学校の教科書にも採用されている、「わたしと小鳥とすゞ」があります。

わたしと小鳥とすずと
         金子 みすゞ
わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんなうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。

「みんなちがって、みんないい」とは、どういことでしょう。

空を飛べるもの
  飛べないもの
駆けっこが速いもの
  駆けっこが苦手なもの
からだが大きいもの
  からだが小さいもの
態度が大きいもの
  態度が小さいもの
肝が大きいもの
  肝が小さいもの
力の強いもの
  力の弱いもの
知れ渡っているもの
   知られていないもの
見えるもの
   見えないもの
必要なもの
  必要でないもの

「無用の用」という言葉があります。現代社会は効率ばかり重んじて、効率の悪いもの、他と規格が違うものを、軽視したり排除したりする傾向があります。

しかし、世の中が有意義で面白くいろいろな困難に立ち向かい対処できるのは、いろいろな違いがあるからです。
ネズミのなかに、レミングというのがあります。和名は旅鼠というそうです。
レミングは、3~4年周期で個体数が急激に増減することがわかっています。そして、急激に増えたレミングは急激に増えたストレスから、スカンディナビアでは「集団で海に飛び込む」という伝説が古くからあります。実際はよく分からないのですが。
それはともかく、最近の考えはは海に飛び込んで大量に死ぬことがあっても、それは自殺ではなく事故だとする見方の説の方が強いようです。
このことは、皆が同じ方向に暴走してしまうと、引き返すことが出来なくなる例と言えるでしょう。
このことは、レミングよりも人間のほうに当てはまるかもしれません。

それはともかく、「みんなちがって、みんないい」は、あるがままでいいと、その姿をお互いに他人を気にすることなくもっと見つめようとする大切さを感じます。
関連記事

蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである

岩波文庫の「ブッダのことば」の最初に、蛇の章となっています。その1に、蛇の項があり、その言葉の最後は、「蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。」で締めくくられている。
岩波文庫の「ブッダのことば」を訳した、中村元によると、蛇は日本人にもなじみはあるが、日常的にそう身近なものではないです。しかし、ブッダの生まれたインドでは、毒蛇もそうでない蛇も含めて、よく見かけ身近な動物で親しみを感じさせるものだそうです。

そのなかで、心にとまった言葉のなかから、一つ紹介してみる。

17 五つの蓋いを捨て、悩みなく、疑惑を越え、苦悩の矢を抜き去られた修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。
──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

この五蓋とは、貪欲・瞋恚・睡眠・掉悔・擬のことで、天台小止観でもいろろと考えてみました、これらを捨てることにより、いろりとな悩みや疑念をがなくなりそれによりどうしようもない悩みから、抜け出すことが出来ることにより、安穏になり患いがなくなり、心が清浄で快楽になるというのです。
関連記事

天台小止観を読んで 6-2-3

天台小止観を読んで 6-2-3

天台小止観 正修の行

第二に、心が沈んだり浮かれたりする病的な状態を対治するために止観を修習することである。・・・・中略・・・・ もし坐禅をしていて、その心が浮動し、さわいでおちつかないようなときには、まさに止を修してこれを止めるがよろしい。

精神疾患の一つに、気分が昂揚して行動が活発になる躁状態と気分が憂鬱に沈み込む鬱状態が単独に、または周期的に交互に現れる症状があります。
これは、双極性感情障害Ⅱ型といるでしょう。いわゆる躁鬱病と言ってよいでしょう。

精神治療では、心理療法と薬物療法が行われますが、坐禅によっても、その症状を緩和させることが出来るようです。
しかし、この場合やはりよき指導者のもとに、修養のための坐禅をすることが大切だと思います。
そうしないとただがむしゃらに、坐禅をするなら若い頃の白隠禅師のように、禅病にかかり症状をより悪化させてしまうかもしれないです。私は精神科医医でも禅僧でもないので何とも言えないですが。

天台小止観には、鬱のときは観を、躁のときは止をすべしと書いてある。
それでは、「観」とは何か、「止」とは何かであるが、天台小止観の序に次のようにかかれている。止は、まよいへのとらわれを押さえつける第一歩であり、観は、まよいそのものも断ち切る力である、止は、人の心識を愛養するためのよき助け、観はものごとの正しい理解をおこすための妙術である。止は、禅定を得るためのすぐれた因となり、観は正しい智慧を発するより所である。と書かれています。

現代の私たち生活は、毎日様々なストレスがあります。だれもがその時々に気分の浮き沈みはあるとものです。
しかし、そのようなことがあるからといって、双極性感情障害ではないです。ただ、テンションが激しく上がったり下がったりして、自分でコントロールをするのが難しくなっている人が増えているようです。
これはなぜかと考えてみると、今の社会はスピードが強く要求されてきています。また、コンピューターなどの管理のもとシステム化されてきているので、ちょっと違うことをするとエラーが出たりして、多少の余裕や違いが認められず速さが求められることにあるのではないかと思います。また、中庸は嫌われ白か黒かの判断が即断即決が強いられています。ちょっと考えさせて下さいと言っても、早く決めなさいと責められてしまいます。まあ、政治家の考えさせて下さいは、やらないということで認められますが。私たち一般の人とには許されないようですが・・・。

そのような世の中の状態ですから、なかなかのんびりすることが難しいのが現状です。だからこそたまに、坐禅をしてみるのもよいのではないかと思います。

そして、次のように書いてあります。
これが心の沈浮の病を対治するために止観を修習することの原則である。ただしよく薬と病との相を識ってこれを用いるがよい。もし一一に効果が得られなければ、両者が一致しなかったという失敗があるわけである。

精神疾患の治療では、精神療法と薬物療法とを組み合わして治療されるようですが、この天台小止観にも、普段の坐禅での心の浮き沈みは問題がないが、それが激しく躁鬱になってしまっているなら、止観の修得と修養と薬物を使いその使いかは、その二つをよくしって使わないといけないと書いてある。

躁鬱薬は、躁に効く薬と、鬱に効く薬の相反する薬をつかうので、その使い方は非常に気をつけて使わないといけないと言われています。天台小止観は六世紀後半に書かれたほんですが、すでに現代精神医学が言っていることを述べているのでしょう。
関連記事

海外のメディアを読むことは必要か

過去の戦争は自国の利益を守るためとの名目で、他国と戦争をしてきています。アメリカがタリバン政権を倒したのも、3.11テロを引き起こしたアフガンに拠点を置くアルカイダを叩くことを正当化して行われました。イラクのフセイン政権を倒したのも、在りもしない国際法違反の大量殺戮科学兵器があることを理由に、アメリカはイラクに戦いを挑みフセイン政権を倒してしまいました。しか、しかし化学兵器はでて来なかったです。しょせん戦争とはそのようなもので、戦争を行う当事国の都合で引き起こされものです。

いまの日本の政権は「積極的平和主義」という、よく解からない言葉をもちいて、アメリカがおこなう戦争を手助けをしようとしているとしか思えないです。安保の問題も、「国際平和支援」と言いう美名を使っていますが、行うことは平和とは正反対の戦争を行うことです。

いま与党間で安保法制整備の中に盛り込む「存立危機武力攻撃」などを定義していますが、いま一つ判りにくい表現になっています。
戦後70年間戦争をしない日本という信頼をえてきました、しかしヨーロッパやアメリカなど海外のメディアをみると、今は戦争をしたい日本と海外のジャーナリストには映るようです。
しかし、日本国内のメディアは、自民党の放送界えの注文により萎縮されていて、そのような海外の反応が紹介されなくなってきています。

まっとうな考えが出来るように、これから日本のメディアだけでなく、海外のメディアにも目を向けていきたいと思っています。

関連記事

放送局と自民党

先日、ひとこと書いたが、自民党が放送局に倫理規定を重視した番組を、公正公平な番組をと注文を付けることが多くなってきている。
今の自民党政権の、人前をはばからず勝手気ままにふるまいを何というか。「傍若無人」というのです。
まるで、いま大阪鶴橋や東京の新大久保のヘイトスピーチを行っている様子と大差ないように感じる。

テレビ朝日の「報道ステーション」に最後の出演のコメンテーター、元経済産業省官僚の古賀茂明氏が「菅義偉官房長官をはじめ、官邸の皆さんからバッシング(非難)を受けてきた」と述べると、菅氏は「事実無根」と反論し、「放送法という法律があるので、テレビ局がどう対応するか、しばらく見守りたい」
などと言い、テレビ朝日の社長に謝らさせたり、NHKの「クローズアップ現代」のやらせ問題にも、政党が圧力と見られる要望をNHKに出している。
放送は公正公平と言いながら政権党として圧力をかけるのは、民主国家と言えるのだろうか。

政治的に偏ったり、虚偽を放送しない番組づくりは、放送局側が自ら律することは当然です。しかしそれを一政党がしかも、政治権力を持つ側の自民党が、自分の党に批判的な放送内容を「偏っている」と攻撃することは、報道機関に対しての圧力としか言えないです。しかもそれが日増しに露骨になってきているように思う。

60年代ごろの学生は、時に暴力的ない手段をもちいて、左はゲバ棒と火炎瓶で、右も街宣車や腕力などで、政府を批判していたりしていました。若い血気盛んな所業と言えるかもしれないです。いま、時の権力を持ったものが自分に都合の悪いことに対して行っていることは、合法的かその法すれすれのところで、圧力をかけている。これは直接的な暴力よりもっと性質の悪いものです。
自民党は大人の政党ですから、このような大人げないことはやめるべきだと思うのですが、この様子だとまだまだエスカレートしていきそうです。しかし、日本の有権者はそんなに愚かではないはずです、何れそのような政党に愛想をつかすでしょう。ただ、気がかりなのはそれに変わる政党が育っていないことです。

関連記事

ロケット花火を咥わえて

先日テレビを見ていると、口にロケット花火を咥わえて火をつけている動画が、ネット上にながれ、いじめだととかひどすぎるなどと批判がされ、大騒ぎになっていることがテレビ番組で報じられていました。当事者は前歯を折ったそうですが、60過ぎの男の人だそうですが、これは自分から進んでやったことだと言っているそうです。

確かに常識では考えるようなことではないです。ただこっれと同じようなことが、民放などの人に笑いを誘うテレビ番組で高い視聴率をかせいだりしています。
ネット上に流れるこのような行為は、ユーチューブなどの動画投稿サイトがないときは、このようなことが行われていても多くの人が知ることはなかったです。そこで今回のように大きな問題になることも無かったでしょう。それより、いまだに、テレビ番組で人を笑い物にするような番組がつくられています。わたしは、今回の花火動画とテレビの人をバカにするような番組と比べると五十歩百歩だとおもいます。
いや、テレビがいくら「まねをしないで下さい」というテロップを流しても、テレビ番組の方が悪質で問題性が高いとおもうのですが、なぜか、テレビ番組の方は問題にならないですね。
関連記事

日本はどこに向かうのか

安倍自民党政権の横暴暴走が止まらない。秘密法案の強行採決や集団的自衛権行使容認の閣議決定から、先の選挙前に在京放送局に送った文書。やらせがあったとするNHKとコメンテーターが政府批判しあテレビ朝日の番組について事情を聴取したこと。
そしてついには、社民党の福島議員が参議院予算委員会で、集団的自衛権行使を可能にする「安全保障法案」を「戦争法案だ」との発言を自民党は修正を要求しそれに応じなければ、議事録を未定稿のままだと発言を修正するようにごり押しをしている。福島氏の発言に対して反論すること大いにあっていいが、このように、上から押さえつけることはよいのだろうか。このことは一歩間違える、良識の府とされる参議院で言論表現を押さえ込もうとする意図が見え隠れする。まるで大政翼賛会の方向に流れ込みそうだ。大政翼賛会と聴くと私は一人の政治家を思い出す。第二次世界大戦中、1942年の翼賛選挙に際しても東條英機らの軍閥主義を鋭く批判、無所属・非推薦で出馬し当選した人です。しかし戦後第1回の総選挙に向けて準備中に、直前に心臓麻痺で急死してしまいました。この安倍寛こそは、安倍首相の父方の御祖父さんです。

敗戦後70年にあたるので、首相は談話を出す意向だが、歴史認識では村山談話などの基本的な考えを引き継ぐので、改めてもう一度侵略と言う言葉を使う必要がない。オバマ大統領との会談では、普天間飛行場を辺野古への移設については、沖縄県民が県内移転反対を訴えている翁長氏が知事に圧倒的支持を得て当選し、県民は移設に反対していることを伝えると言いながら、辺野古移設はしっかりとやっていくというなど。文脈が合わない言語明瞭意味不明瞭なことを言っている。また、時の政権が民間の会社に賃上げを要請して、官製賃上げを実現したりしている。そのうえ今季の夏にサマータイムを導入するように経団連に要請している。このサマータイムは、朝、早くから働かせ夕方の明るいうちかに退社させて帰宅して家族団らん時間を作れるという。しかし、こちらも残業代ゼロ法案などと併せて考えると、結局朝早くから働いても、帰宅時間はさほど早くならず、長時間労働を助長しかねないものです。賃上げ要請や朝型勤務などの要請は、時の政権が要請するものでなく、企業が自主的にすべきものです。

報道の自由、言論の自由が制限され、経済も国家主導で賃上げや働き方が決められ行きそうな雰囲気です。そして今まで積極的に平和外交を進めてきて、世界の各国から戦争をしない日本と信頼されてきました。それが積極的平和主義と集団的自衛権のもと、今までの日本と様変わりしていきそうです。

まるで、隣の国に似てきたように思えて仕方ないです。
関連記事

電子ゴミ 1

電子ゴミ 1

現代の日常生活を便利にしているのものの一つに、電子機器があります。いまや電子機器はパソコンや携帯電話だけに限らず、洗濯機や冷蔵庫や炊飯器などにも組み込まれています。そして、それらの製品が廃棄されるときにでる、電子ゴミと言われているものは、14年は4千万トンを超えています。そして、日本は世界3位の排出しています。電子ゴミのなかには、鉛や水銀やカドミウムなどの有害物質含まれていて、それによる汚染が懸念されています。また、一方銅や希少金属も含まれ資源としても注目されえいます。

世界の国と地域で電子ゴミの発生量を詳細に調べると、米国707万トン、中国603万トンで、日本は220万トンで、世界で3番目の多さだそうです。
世界全体の電子ゴミの推計量4180万トンだそうで、3国で3割以上をしめています。
しかも携帯電話の使用年数が18カ月、ノートパソコンの使用年数が2年程度といわれています。その見地からみると、国連が2013年に報告した、電子機器廃棄物が5年後に33%増加し、4億9700万トンから6億5400万トンになるのもうなずけます。

また、私たちの多くは、電子機器廃棄物に関する知識や、電子機器の正しい廃棄方法の知識が非常に乏しいのも現実です。また、どこでどのように電子ゴミが処理されているかは全く知らないばかりか、それに関心を寄せることがないと言っていいでしょう。

日本はテレビやパソコンなどのリサイクル法により、製造名カーが責任を持って回収処理する義務が負わされていますが、リサイクルの対象になっていないものもあります。また、世界的にみると回収やリサイクルが行われてない国が多いのが現実です。
また、電子ゴミの製品が発展途上国に輸出され、その国で稀少金属取り出されたりしていますが、その取り出す行程で有害物質への配慮がされていなく、途上国の現地の汚染が心配されています。

ある調査では、捨てられた中古家電などは、海外で再利用されたり、まだ使えるのに解体されたりしています。そしえ、日本より安い処理コストで利益をあげるために海外で電子ごみが処理や廃棄され、その過程で有害物質が引き起こしている、健康被害や環境汚染があり、自らの健康が損なわれたとしても、健康被害や環境汚染をもたらすことがわかっていても、その危険な処理リ作業に従事せざるをえない人たちも多くいます。

そして、世界第2位の電子ゴミ排出国である中国は、インドやフィリピンなどと共に、中古家電の世界の集積地でもあります。中国政府も健康問題や環境問題から、電子ゴミの輸入禁止をしていますが、それでも大量に密輸されているようです。中国で造られた電子家電が、アメリカや日本に輸出され消費され、それが再び中国に密輸されるサイクルがあります。

私たちの便利な生活もこのような一面があって成り立っていると考えると、今の電子機器を使い捨てにするこに対して考えなければならないです。
そして、企業は短命な電子機器を製造し、消費を促す企業活動の仕方を見直す必要があるでしょう。また、投資家である大株主は、自分の利益ばかり考えて配当が増えることを期待するのではなく、自分が持っている株の企業が、社会的役割と貢献を正しくすることに期待すべきだと思う。
関連記事

電子ゴミ 2

電子ゴミ 2

中国の「人民網日本語版」の2013年7月12日に次のような記事が載っていました【中国 世界最大の「電子ゴミのたまり場」に】

この記事を読むと、中国では電子ゴミは深刻な問題になっていることがわかります。しかし、法整備やリサイクルのシステムや廃棄処理技術などの課題が大きく残っているようです。またそのうえ、利益追求優先でゴミ処理により出てくる健康問題や環境問題や社会問題への意識が稀薄なのも、改善の障壁になっているようです。

記事によると、
国連がこのほど発表したデータによると、世界で廃棄された電子ゴミの70%が最終的に中国にたどり着くという。中国は今や、世界最大の「電子ゴミのたまり場」になった。
と書き始められて、「中国国内における電子ゴミの増加率も軽視できない。・・・・中略・・・・杭州だけでも、3年分の電子ゴミで西湖を埋め立てることができるほどだ。
と、電子ゴミの深刻さが訴えられている。」

また、環境面の問題と稀少金属のことも指摘している。
「電子廃棄物には通常、大量の重金属や有毒物質が含まれる。例えば液晶ディスプレイには水銀が含まれるが、これも一種の有毒物質だ。廃棄されたディスプレイを分解、焼却し、埋め立てる際には、有毒物質が漏えいして環境汚染が招かれやすい。また再利用できるレアメタルやエンジニアリングプラスチックも、処理のプロセスで無駄になってしまうことが多い。携帯電話を例に取ると、廃棄された携帯電話1トン分から取れる金の量は、金鉱石に含まれる金含有量の50倍に相当するという。」

そして日本のテレビやパソコンの回収システムが紹介され、中国の電子ゴミのリサイクル産業はまだ初期段階にあると認めています。。
そして、中国のリサイクル業者は小規模事業者が多く、廃棄物の処理方法が単純かつ粗放的で、環境汚染を引き起こしやすいと指摘している。また、進んだ技術で処理が出来る設備を整えた業者は、処理経費が高くつくので、そのような企業には電子ゴミが集まり難く、小規模事業者に集まってしまうようです。

また、中国政府は「輸入禁止固体廃棄物目録」を公布し、コンピュータや家電、通信設備などの電子ゴミの輸入を禁止したそうですが、密輸が後を絶たないようです。

記事によるこのことについて、「利益に目がくらんだ多くの違法業者が買取と売値の差額を稼いでいるのだ。悲しいことに、これらの電子製品のほとんどは中国で生産された物であり、世界を一周した後、最終的に再び中国にたどり着き、中国を汚染している。」と書かれています。

そして、海外の事例として「ドイツには1万あまりの電子ゴミ回収拠点があり、市民は1人あたり最大20点の廃棄家電を無償で処理できる。米国ではメーカーや小売店が独自に回収措置を設けており、以下略」が紹介されている。
関連記事

電子ゴミ 3

電子ゴミから稀少金属を取り出すことは、資源を大切にする上へで重要なことです。しかしその稀少金属を抽出するときに、有害物質により作業員や周辺住民への健康被害がおきる可能性があり、また環境汚染を招くおそれもありる。

そのことについてCNNニュースの記事に次のようなことが紹介されている。
【中国は「世界最大の電子機器の廃棄場」、環境汚染も深刻】

国連の報告書によれば、中国は世界最大の電子機器の投棄場であり、それが現地の人々に大きな健康被害を与える環境破壊を生み出している。
テレビや冷蔵庫、エアコン、コンピューターなどの電子機器の多くは中国で作られ、アメリカや日本などで消費されている。そうして電子機器のゴミの多くは処分のために再び中国に輸出さている。

国連が米国などの先進国から、中国やベトナムといった国々へ電子廃棄物を移送すること禁じている。こうした電子機器の電子廃棄物の多くは違法なルートで、中国に入っている。そしてその量は国連のデータによると、世界中にある電子廃棄物の約70%だという。
そして、その電子廃棄物の主要な集積場は広東省の貴嶼鎮だという。

CNNによれば、広東省貴嶼鎮の町の様子を次のように報じている。
「町中いたるところで人々がハンマーやドリルを使って家電製品の中身を分解していた。道路の脇にはプラスチックやワイヤ、ケーブルといった廃棄物が束になっている。部品はそれぞれ、価値や再販の可能性別に選別される。ある通りには緑の回路基盤が積み上げられ、別の通りにはデスクトップパソコンの金属ケースが並ぶといった具合だ。」
こうした作業は電子廃棄物の中に含まれている有害物質に対して全く配慮された上での解体処理がされているのではない。
「ここでの作業は汚く、危険だ。グリーンピースは、中国で見られるような原始的な方法でリサイクルの作業が行われた場合、現地の環境に多大な悪影響を及ぼすと危惧する。国連も報告書の中で貴嶼鎮がリサイクル業の影響で環境的にひどい状況に陥っていると指摘している。」

電子機器の基盤には、鉛やベリリウム、カドミウムといった重金属が含まれていて、作業している人々や周囲の環境が心配されている。銅や鉄といった価値のある金属を取り出すためにわれる塩酸での洗浄などでが使われている。
また、解体作業に於いて、汚染された灰が空気中に飛散したり、地中や河川に流れ土壌汚染も心配されている。

それによるものか、CNNは次のように報じている。
「初めて貴嶼鎮を訪れた人は、目や鼻の穴が焼け付くような感じに襲われるはずだ。
汕頭大学医学院の調査によれば、貴嶼鎮の子どもたちの多くは血中の鉛が平均よりも高い水準を示したという。鉛は脳や中枢神経の発育阻害を引き起こす可能性がある。」

そして、これらの作業をしている人々の多くはは、「貧しい地域からやってきた移民で、ほとんど教育を受けていない。彼らの多くは廃棄物処理に伴う被害について、その危険性を甘く見ているようだ。」とほうじている。

さらに「移住してきて同地で農業を営んでいる人々はCNNの取材に対し、井戸水は飲まないと語った。さらに、衣類などを水で洗うと黄色に染まると訴える。」
貴嶼鎮で生産される農作物などは、都会で消費されたり、海外へ輸出されるているのだろう。輸出される分は農薬や化学物質の抜き取り検査がされていると思うが、これを聴くと中国産だけでなく、中国のどこの産地かも知る必要だろう。

中国政府は電子廃棄物の流入を制限する取り組みを進めているので、貴嶼鎮への流入量も減っているようだた、中国国内で廃棄される電子機器もので、この問題が直ぐには解決しないだろう。
まずは、日本などの電子廃棄物処理の先進国が技術援助をすることや、廃棄処理施設プラントの輸出を進めることであろう。もちろん、廃棄物や有害物質を規制する法的整備を進めることが必要です。日本はかつて足尾鉱毒や水俣病やカドミウムなどの深刻な公害を経験している。これらを乗り越えられてきた一つは、処理技術が進歩したこともあるが、法的整備でが進んだことで、作業者や周辺住民の意識が高まっ手言ったことにもありmす。

そのような法的整備を進めないと、次に紹介するCNNが報じたことが沸々と湧でて、環境汚染や健康被害は無くならないだろう。
「プラスチックを仕分ける仕事をしていた男性の言い分はこうだった。「なぜ、この町にごみが入ってくることを止めようとしているのだろう。仕事に影響が出るじゃないか」」。
関連記事

教員採用試験の全国共通一次試験

政府の教育再生実行会議は、各都道府県や政令指定として独自におこなわれている、教育採用試験の筆記試験を全国共通化した「共通一次試験」とする提言をまとめたそうです。各自治体の負担軽減や試験問題の質向上を狙うという。国の共通一次試験をふまえて、二次試験として各都道府県や制令指定都市が、独自に実施する面接や論文で評価かすることになる。
この運用しだいでは、全国一律の金太郎飴のような、先生をつくらないようにするため、各自治体は今まで以上の一層の採用試験の工夫が必要になってくるだろう。

また、この教育再生実行会議の提言では、児童・生徒の子に応じた教育を充実させるため、英才教育を推進する取り組みの必要性をも求めている。
英才教育の必要性を否定はしないが、今の学校教育の現場では、学習環境が整っていない家庭や、学習についていけない子供たちをいかに支援すかが大きな課題になっている。それを考えると、英才教育より児童・生徒の落ちこぼれを防ぎ、学力の底上げの方が重要ではないだろうか。
また、発達障碍や学習障碍なおどの児童・生徒への支援も喫緊の課題である。
また、知的障碍児教育や、身体障害児教育などへの自立支援への取り組みも必要です。
新聞報道では、これらのことについての提言がどのようになっているか報道されていないです。
首相官邸の教育再生実行会議のWebページを見てもまだ正式に報告書が提出されおらず、審議途中の資料であるため非公表の扱いとさてています。国家機密ではなく国民の重要関心事項のひとつなので、これらの資料は積極的に公開し、国民からの意見も組み入れて欲しいものです。
まあ、特定秘密法のときのパブリックコメットを募ったときも、異例の短期間でつのりその報告書が公開されたまいたが、コメント数からすると極端に短い報告書だったことからも、今の政府の行い方はこんなものかと思います。

報道機関はこれらの内容をもっと取材して積極的にその情報を国民に知らせて欲しいとおもいます。
関連記事

電子ゴミ 4

中国へ廃棄家電製品などの輸出において、中国の現地での環境汚染や、解体をそる人への健康被害などについて、何本化の記事をかきました。
しかし、中国や発展途上国への廃棄物の輸出は、電子ゴミだけに限らず古紙なども大量に輸出されているようです。
私が住んでいる地域で25年程前に自治会で役員をしたときは、古紙の買い値が低く業者にお金を払って引き取っていましたが。次に役員をしたときは高値で古紙を買ってもらいました。そこで古紙回収業者に聞くと、中国が大量に古紙を買ってくれるからだと言っていました。中国に輸出された古紙はどのように処理されているかわかりませんが、たぶん人海戦術で仕分けされて、良質なものは紙に再生されるのでしょう。しかし、中古紙を再生する前にインクを脱色したり紙を溶かしたりするのに大量の薬品を使うでしょう。

いずれにしろ、消費国で出た電子ゴミなり、中古紙なり他の廃棄物でも、自国で処理するべきでしょう。先進国はそれなりの技術を持っているので、海外に廃棄物を輸出して処理をさせるのはいかがなものかと思います。
中国などの廃棄物が流入している国は、法的に輸入を禁止しているようだが、密輸入が横行しているのが実態です。それより、輸出する側の先進国である消費国が自国で処理すべきで、また輸出する事を法的に禁止するのも一つの方法だと思います。


この先進国が発展途上国に廃棄物を大量に輸出して、環境汚染の問題が発生していることを聞くと。アメリカのテレビ映画「スタートレック ヴォイジャー」シリーズの第95話は「暗黒の汚染空間」英語原題「Night」を思い浮かべる。
話の内容は、宇宙船ヴォイジャーは光がまったく見えない「空虚」な領域に入った。その中を航行していると突然ヴォイジャーの全システムが停止してしまた。調べるとヴォイジャーは3隻の宇宙船に囲まれ船内に17人の侵入者がいることがわかった。そこにマロン宇宙船が現われ3隻の宇宙船は追い払われた。マロン船のエムック船長は船内に侵入したエーリアンを引き渡すよう要求し、そうすれば「空虚」領域の出口まで案内するといった。
そこで、ヴォイジャーのジェインウェイ艦長は侵入者から話を聞くと、侵入者は次のように答えた「マロンは空虚内に反物質の汚染物質を投棄して、この空虚空間にいる自分たちをそれらの汚染物質により危機的状況にある」と言う。
ヴォイジャーのクルーたちはマロン船のエムック船長に毒性を出さない技術を提供することを申しいれた。しかし、エムック船長はそうすればここは汚染されなくなりここの住民は助かるが、そうすれば自分たちの仕事が無くなってしまうと拒否してします。・・・・

ドラマはまだ続くのだが、自分の都合で身勝手に、汚染物質をどこか人目の就かない所に捨ててしまう。これは、私たちの身近な生活の中でも見受けられる。交通量の多い街道沿にはポイ捨てされた空き缶やペットボトルやレジ袋が多く見られたりします。私が以前勤務していた近くにある、街道から住宅地への抜け道に、布団や食器など大量の生活用品が捨てられていました。これらは個人的に捨てに来る人がいるのでしょう。
それだ出なく廃品回収を生業にしている業者の中にも、不当投棄や廃棄物を野積みして、環境や景観が破壊されているニュースを耳にします。
この場合は国内の問題ですが、それが国家間の問題であったり、中国に中古家電を輸出したり、ロシアなどの中古車を輸出するなど、国が積極的に海外に廃棄場所を探しに行ったりしている国もあるようです。これでは、なんだかマロンとあまり変わらないようです。

関連記事

ゴミ問題と国際協力

NHKのBS1の海外ニュース番組を見ていると、東南アジアでゴミ捨て場から発火して火災になり社会問題になっていることが放送されていました。

このニュースを聞いて一番初めに思いさしたのが、東京都夢の島です。
わたしの小中学生ころだと思うが、たしか「ハエの天国」と呼ばれた夢の島があります。それは、現在の東京都江東区夢の島一丁目から三丁目だそうです。

そこは生ごみ埋立てによりハエが大量に発生したり、ゴミが発酵して自然発火し数日間燃え続けたことがあったと記憶しえいます。
いまでは生ごみは焼却処理されますが、当時は焼却施設の建設が追い付かず、ごみを焼却せずにそのまま埋め立てたそうです。それにより夢の島は生ごみなどが発酵分解を続ける不安定な土地で、発生したガスにより自然発火が度々発生していた。その上、埋め立てられた大量のごみの悪臭や害虫が発生し埋立処分場の周辺住民の生活環境が悪化していた。

それはついには、ハエが大量に発生し南風にのって、江東区南西部の広い地域を襲うまでになったといいます。その消毒作業に警察・消防・自衛隊までが動員したといいます。
現在はゴミの上に土で覆い隠されて、夢の島は、スポーツ施設や植物園が建ち、緑の島として親しまれているますが、数メートル井戸を掘るとその中はどうなっているのでしょうか、ひょっとすると初めのころに埋め立てられたゴミは、良質の堆肥となりまた、そこから良質のメタンガスが採れるかもしれません。これは冗談です。
現在では、生ごみは焼却処理され、その灰が埋め立てに使われています。私の関西では2府四県が組合を作り、フェニックス計画とし大阪湾の一角に埋め立てれられています。神戸市灘区の沖合にある人工島六甲アイランドの沖合に、その一つがあるそうですが、そうれも後十数年すると満杯になるそうです。

話は、東南アジアのゴミ問題ですが、日本も同じような経験をしたのだから、そのゴミ処理のノウハウや技術を伝授したり、そのプラントを輸出することによりそれに関連する企業も利益が得られるでしょう。もっと積極的に日本の高いゴミ処理技術の輸出を考えるといいでしょう。

中国や韓国に売るのは損だと考えたり、発展途上国に技術協力するのはいずれ追い越されるのでやめといた方がいいという考えはメメシイ考えだと思います。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    03 | 2015/04 | 05
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR