FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

テロは根絶できるのか.

テロは根絶できるのか

首相は「テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わさせるために、国際社会と連携していく」言うが。


なぜテロが起きるのか、その原因となる根の部分を考えると、貧富の格差がなぜ作られそして、今も拡大しているところに、その土壌があると考えると。
力でテロを封じ込めようとしても、ガラスを割ったり、色水が詰まっている風船を割るようなもので、それは周囲に飛び散るようなものです。力で押させたからといって、社会の格差に不満を持った人の不満が、消えてしまうことはないです。むしろ不満は拡散そ広がっていくものです。

イソップものがたりの「北風と太陽」の話を思い出す。

寒いある日、北風と太陽が、どちらが強いかを言い争っていました。
ちょうどその時、一人の旅人が北風と太陽の前を通り過ぎようとしました。
北風と太陽は、議論ばかりしていても決まらないので、力試しをしてその旅人の着物を脱がせた方が、強いことにする事にしました。
北風が、始めに旅人の外套を剥ぎ取ろうと、思いきり強く、「ビューッ!」と風を吹きつけました。
旅人は震えあがって、着物をしっかり押さえました。
そこで北風は、一段と力を入れて、「ビュビューッ!」と、吹きつけました。
すると旅人は、「うーっ、寒い。これはたまらん。もう1枚着よう」と、今まで着ていた着物の上に、もう1枚重ねて着てしまいました。
北風は、あまり強く風を吹きつけたので、すっかり疲れてしましました。
つぎは、太陽です。太陽はまず始めに、ポカポカと暖かく照らしました。
そうすると、旅人は北風が風を吹いたときに、着た1枚の上着を脱ぎました。それを見た太陽は、もっと暑い強い日差しを差しました。
ジリジリと照りつける暑さに、旅人はたまらなくなってさらに着物を脱ぎ、木陰で休憩しだしました。

人に何かをしてもらうには、北風の様に無理やりさせては、うまくいきません。
太陽のように、相手の気持ちになって考えれば、無理をしなくても人はちゃんと動いてくれます。



テロは許されないことには変わりありませんが、今までの歴史からするといつもテロの対して、北風のように力づくで抑え込もうとしてきています。
9.11の時も、時の大統領は戦争だと叫び、アメリカはアフガニスタンとイラクの政権を崩壊させてしまいました。そしてその後二つの国はいまだに混乱しています。その結果として、さらに世界中でテロが起きるようになり、ついにはイスラム国を生む土壌を醸し出してしまったと言われています。
テロは許されることではないですが、テロを根絶させるためには力で封じ込めようとするだけでは解決しないことは、過去の歴史からもあきらかです。
ありとあらゆる外交チャンネルを使って、テロ集団とも接触してその問題を解決しようとすることが大切です。

しかし、日本は今まで先の戦争の反省と憲法9条の基で平和外交を貫いてきました。それにより交際的にもアメリカなどとは違い、どの国からも信頼をえてきたといえるようです。
それは、「北風と太陽」の話でたとえるなら、太陽の対応をしてきました。しかし、今の政権はこれからアメリカに追随し、また自らも積極的平和主義と言いながら、北風になるような感じになってきました。

では、なせそのような力で対応しようとしているのか、穿った見方をすれば国民にテロの不安を煽り、力強い日本をつくり出すのは、責任者たる私の使命だと本気で思っている人がいるからでしょうか。
関連記事

テーマ : 国際問題
ジャンル : 政治・経済

報道の自由と国民の知る権利

イスラム国による後藤さんと湯浅さん殺害事件がおきたが、7日、取材目的でシリアに入国しようとした、フリーのカメラマンが外務省から、旅券を返納するように命じられた。フリーカメラマンのテロなどに巻き込まれる可能性があるとして、生命の保護の目的を理由に、旅券法の規定に基づく緊急措置としている。しかし、大きな問題が何点かある。
国が強制的に旅券を取り上げ取材させないことは、憲法に違反している可能性もあります。
〔集会、結社及び表現の自由と通信秘密の保護〕
第21条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
〔居住、移転、職業選択、外国移住及び国籍離脱の自由〕
第22条何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
2 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

また、旅券返納に関して弊害もあります。
今回政府や政権は、人質になった二人の情報は、テロに関するものとして、特定秘密に当たるので多くのことが秘密にされ公にされなかったです。
テロに関わらす戦闘地帯などでは、大手マスメディアなど組織に属しているジャーナリストなどは、職員の安全を考えると、最も危険な戦闘地帯での取材などを許可しないです。そこで活躍しているのが、後藤さんや今回旅券の返納を命じられたフリーのカメラマンの人たちです。そこではただ戦闘が行われている様子だけでないです。地球の裏側のそこで暮らす人々がどのような生活をしているのか、どのように困窮しているかを、日々の生活に何ら困らずに暮らしている人に明らかにしてくれます。
それができなくないり、国際社会でなにが現実におきているのか、国民は知ることができなくなり。

また、旅券の返納を拒否すれば公安か警察に、逮捕されることもある。逮捕されれば家宅捜査され、フリーのカメラマンが、今まで取材したもの、取材するためにその情報源などのソースや、取材する為の人づての住所録なも押収される恐れがある。そうなるとそのフリーカメラマンだけでなく、他の日本のジャーナリストの取材活動にも影響が及ぶでしょう。そのうえ直接関係ない人の情報までも、公安か警察に押収されてしまいます。

今回の旅券返納は、国民の知る権利を侵害し、シリアなどでなにが起きているか対しての、目を遮蔽してしまうことにもなる。それは日本いや世界の人々にとっては、いま中東でなにが起きているかを知ることができなくなります。そのことは、政府の発表などでしか、情報を得ることができなくなってしまう恐れがあるということです。そのようになれば、国民は正しい判断ができなくなり、誤った判断をしてしまう恐れがあります。そのことは、延いては国を誤った方向に進ませることにものなるのです。
意図的、恣意的に、ジャーナリストなどに旅券の返納を命じ渡航を制限することは、一時的には時の政権にとって利があるでしょうが、長期的に見れば国を危うくしてしまうことになります。

先の後藤さんや湯浅さんの時の情報を公にすることに対し、テロを理由に制限したこと。その件に関しての政府批判は、テロを利するだけとして、後藤さんの報道の仕方に自粛や自制がなされたことは、マスコミ自ら自分の首を絞めていることになりかねないです。
また、私は知らなかったのですが、数年前に政府が危険だとして外務省は、その現地に避難退去するよう命じました。そのこと自体は悪いことではないです。しかし、取材するためA社ジャーナリストが、その地域に入ったことに対し、B社とC社のジャーナリストがそれを批判し外務省に通告したそうです。そのB社C社のジャーナリストを行いは全く信じがたいですが、もしそれが本当だとすれば自ら報道の自由とその使命と権利を放棄し、政府に迎合しているとしか思えなです。それはB社やC社の考えでなくそのジャーナリスト個人の考えだと思います。その人の考えは個人としてそれでよいですが、その人の書いた記事は読んでも、私は政権に迎合している記事として注意して読むでしょう。

今回の旅券返納命令も同じで、それに対し今後のマスコミやジャーナリスがどのような行動を起こすかに、今後の日本のあり方が左右されるでしょう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2015/02 | 03
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR