FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

憲法とはどのようなものだろうか 02-3-2

憲法とはどのようなものだろうか 02-3-2

〔平等原則、貴族制度の否認及び栄典の限界〕
第14条すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

1項は、法の下での平等であって、人種が違うととか、宗教が違うとか、社会的地位が低いとか出身の家柄がどうのとかの理由で、政治的な制限がなされたり、経済的な差別がなされたり、社会保障の支援に制限が加えられないといくことです。
2項は、貴族制度の廃止で。3項の勲章など栄典は、一代限りとの特典としています。


〔公務員の選定罷免権、公務員の本質、普通選挙の保障及び投票秘密の保障〕
第15条公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

公務員には、大きく分けて二つに分けられる、特別職の公務員と、一般職の公務員です。
特別職とは国会議員や国務大臣、地方の長や地方議員です。
一般職とは、役場で働いている職員のことです。
他に、特別な権力を持った公務員もいます。警察官や自衛官や裁判官などです。
この、第15条の公務員は主に、特別職の公務員と裁判官などを指すものと思います。

2項で述べていることは、国務大臣や地方の長また、国会議員や地方議会議員は、全体の奉仕者であって、一部の人や団体の利益のためにその職務を追行するのではなく、つねに全体のことを考えなくてはならないということです。
景気回復のため大企業を優遇して景気の底上げを狙う施策行うのはいいが、それと同時にそれにより冷遇される人が出てくるなら、その人達のこともよく考えて行わないといけないとういことでしょう。

3項は、成年であれば、所得や男女の差や地位の差はなく等しく一票の権利が保障されるということです。
戦前のように、所得制限があったり、選挙権は男子のみで、女子には選挙権ないことはと言うことです。

4項は、選挙の秘密性の保障です。誰に投票しようとそれにより差別を受けたり責任を問われることはいということです。

〔請願権〕
第16条何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
〔公務員の不法行為による損害の賠償〕
第17条何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

国政の施策により損害や不利益を受けたり、受けるおそれがあるときは、それに対して意義を訴えることができる。平穏に戸は一定のルールに則り裁判などで訴えることで、暴力的な方法は認められないことでしょう。
また、意義を唱えたからといって罰せられたり、何らかの差別を受けることはないことを憲法が保障しています。

医薬品の薬害訴訟や公害訴訟また、原発事故による訴訟、ダムや高速道路などの公共事業の差し止めなども、国や地方公共団体などが強引に押し進めることに対して、意義を申し立てすることを保障しているものでしょう。

これらのことは、国民の権利や生存権が国権や公権により脅かさすことに対して、その権力の行使を縛るものといえます。それは、憲法は国民に対してこのようにしなさいと命令しているものではなく、民主的な制度の下で国などの権力を縛るという考えからきているものです。

続きは下をクリックしてください。

続きを読む

関連記事

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

私たちの食卓に上る食材は

タイの漁船で外国人を奴隷労働させているとして欧米メディアから批判を浴びています。その原因を突き詰めていくと、先進国と呼ばれる国の人の食卓に安い魚やエビなどが並ぶからだろう。
タイ漁船での奴隷労働について、人身売買組織にだまされて売られたミャンマー人、カンボジア人らが漁船で何年も陸に上がらずに無給で過酷な労働を強いられ、船上での暴行、処刑も日常茶飯事だという。怪我や病気になれば寝かされるだけ。死んだら海葬させられるそうだ、海葬と言えば聞こえがいいが海に捨てられるそうです。

過酷な労働環境は、タイの漁船だけでないです。コーヒー豆の生産地でも安くコーヒー豆を買いたたかれ、生産農家は貧困にあえいでいると聞きます。
コーヒー豆の買取価格を上げても、コーヒー農園の労働生産性を増大させるが、利益を得るのは農園経営者だけで、農園経営者は農園労働者の賃金を上げない。農園労働者は交渉力を持たないたの賃金は改善しないようです。

中国の期限切れの肉を加工していた問題。
中国の食品会社が消費期限切れの鶏肉や牛肉を使っていた問題は、親会社であるアメリカの企業が卸価格を低く押さえすぎたためではないかと思う。確かに強欲な儲け主義もあろうし、衛星感覚の欠如や商道徳の欠如もあろうが、親会社の利潤追求至上主義がそうしたのではないだろうか。親会社は下請け会社に任せきりでいけない。やはり食の安全の要請や指導は必要なことです。

ほかにも、まままだ同じようなことが沢山あり、それを知らないだけでまさに氷山の一角だとおもう。

いまの、日本の食卓に上る食べ物の多くは外国から輸入されているものです。そしてその多くは食品ん輸入商社が、他社より安くするために産地に価格を安くするように強いているでしょう。それにより、その生産現場では劣悪な環境の下で働かされたりしてるところも少なからずあると推察できます。

まずは、私たちはその食品がどのようにして目の前にあるのかを知り、その苦労のありがたさをに感謝し、その目の前にあるたべのを戴くことをすることです。
そして、ただ、安かろうだけを喜んで食べるのではなく、まっしてや食べ残したり食品を疎かにしてはならないです。
いまに始まったことではないが、テレビなどの番組に食べ物を扱う番組などがあります。その中には食べ物を粗末にしたり、笑いものにしたりする番組があります。そのような番組が視聴率をとれることに対し、恥ずかしく思うと同時に、私は番組制作者に対して嫌悪感をあらわしたいです。

タイの漁船の問題ですが、国際的にも非難されています。そこでタイ政府は、受刑者を漁船で働かせるという方法を模索しているそうです。受刑者の労働就労支援につながれば、再犯防止にもなり一石二鳥となるでしょう。
ただ、受刑者であろうと労働現場としての労働環境は労働条件は確保されるべきでしょう。
ただ、それは漁獲した魚を買う側も、それらを安く買いたたくことをしては、逆により劣悪な環境を作り出したりしてしまい、タイ政府のその政策に水を差すことになります。
日本でも、受刑者の生活環境や労働環境は、憲法で保障されている基本的人権に侵されていないとは言い切れないところがあります。タイは刑務所での環境は知りませんが、受刑者が社会復帰できるよう人権が侵されないように、受刑者が捕った魚などを買い付けるよう支援をすることは、商業的経済的な問題は別としてよいことだと思います。
関連記事

憲法とはどのようなものだろうか 03-3-1

憲法とはどのようなものだろうか 03ー3ー1

自民党の憲法草案の国民の権利と義務について書かれている章をこれから読んでいきます。

第10条日本国民の要件は、法律で定める。

(基本的人権の享有)
第11条国民は、全ての基本的人権を享有する。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利である。

現行の憲法と比べると、「享有を妨げられない。」が「享有する」になり、最後の、「基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。」の「現在及び将来の国民に与へられる。」が削られています。

自民党の憲法草案のQ&Aでは、天賦人権説は西洋の思想のものであり、日本の歴史観や文化になじまないので、「現在及び将来の国民に与へられる。」を改めたと言っています。しかし、一方で「享有」の文字を残しています。享有とは、権利・能力などを、生まれながらに持っていることを言うものです。それなら、天賦人権説を否定することと矛盾するようにも思える。
また、自民党草案の前文の冒頭に次のように書かれている。
「日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴いただく国家であって」
この文言と天賦人権説を否定することを合わせて読んでいくと。明治憲法ににているように思えてしまうのはわたしだけでしょうか。


(国民の責務)
第12条この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。

現行の憲法と比べてみると、「不断の努力によって、これを保持しなければならない」となっているが、「・・・保持されなければならない」となっている。これは、現行憲法の方は国民の主体的な努力が必要だとわかるが、自民党草案はそのあたりが曖昧に感じる。
また、現行憲法ではこれを濫用してはならないと書いているが、自民党草案は、「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。」となっている。道徳の教科書のように思えるうえ、「公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」が、「公益及び公の秩序に反してはならない」と公共が公益となっている上に、国民の自ら濫用してはいけないとその自覚を促しているのが、自民党草案は「反してはならないと」一般の法律に書かれているように断定的命令的になっている。
これらのことから、立憲主義と憲法と言うものをあまり知らない人が作ったようなものです。


(人としての尊重等)
第十三条 全て国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。

ここで一番問題になるのは、「全て国民は、人として尊重される」です。
このことは、現行の日本国憲法のこの国民の権利義務のところでも書いたように。「個人」と「人」では大きく違います。個人はそれぞれの個性と人権が大切にされるた、ただの「人」ならおしなべて人権が尊重されることになり、それぞれの個別の事情などは加味されなくなるおそれがあります。
また、こでも、「公益及び公の秩序に反しない限り」となっています。また、最後の文言のところは、現行憲法では「最大の尊重を必要とする。」となっているが、「最大限に尊重されなければならない。」になっています。
必要とは、形動で、物事が成立するために、それがなくてはならないことで必須です。しかし、「されなければならない」となるとその必須は低下します。これは、自民党草案の第九章には、緊急事態という章があり、第九十八条には、内閣総理大臣が緊急時には、緊急事態の宣言を発することができる。」とあります。また、そのとき、国は地方自治体に対し強い権限を行使でし、国民の個人の権利も制限が加えられることが、第99条3項に書かれている。「発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。この場合においても、第十四条(法の下の平等)、第十八条(身体の拘束及び苦役からの自由)、第十九条(個人情報の不当取得の禁止等)、第二十一条(国政上の行為に関する説明の責務)その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されなければならない。」と言うことは、場合によっては尊重されないこともあるというこです。また、13条がここでは除かれていると言うことは、人として尊重されないこともあると言うことになるのでしょうか。それは、緊急時には臨時の徴兵もあることを示唆しているとも受け止められる。
また、19条などは個人のプライバシー不当に検閲されるおそれもあることになります。また21条は先に成立した秘密保護法のことも考えると、秘密とされることが増えるおそれがあると言うことです。

このように、自民党の憲法草案を逐条みていくと、問題が非常に多いことが分かる。
自民党は憲法改正をまずは、憲法改正の発議条件について書かれている96条を改正しようとしている。しかし、それは一般方と同じように変えることができ、非常に立憲国家として危険なことだと言える。
96条が改正されたあと、自民党はどのように他の条文も変えようとしてくるのか、一括して発議するのか、幾つかまとめて発議するのか、逐条ごとに発議するのかしっかりと見ていきたいです。常識的には憲法と言う国の根幹となるものだから、逐次一条一条国民が議論し国会で議論シていくのが当たり前といえます。

さて、今年日本の政治はどのように動くのか、そしてこれからの日本の行く末を間違った方向に向かわさないためにも、マスコミやジャーナリストなどの、その使命を自覚した報道がされていくことを願いいます。そして、私たち国民は惑わされず自分の考えで判断でき行動を起こせるようにしていきたいと思う。
関連記事

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

憲法とはどのようなものだろうか 03ー3ー2

憲法とはどのようなものだろうか 03ー3ー2

(法の下の平等)
第14条全て国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、障害の有無、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
2華族その他の貴族の制度は、認めない。
3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

この条項をみていいくと、現行憲法にはない、障害の有無による差別は違憲であるとしている。近年各自治体で、障害者差別禁止条例を制定する自治体が増えてきている。ただ腑に落ちないのが、それの条例に反対する議員に自民党議員が多いのだが、党本部としては障害者差別をなくしていく方法なのだろう。

また、栄誉・勲章の条項では、現行憲法では「いかなる特権も伴はない」となっているが、その文言がないです。
これは、将来なにかの特典で付加されることになるのだろうか、ただ政治的な特典などはいかなるものでもあってはならないものだと思う。


(公務員の選定及び罷免に関する権利等)
第十五条 公務員を選定し、及び罷免することは、主権の存する国民の権利である。
2 全て公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
3 公務員の選定を選挙により行う場合は、日本国籍を有する成年者による普通選挙の方法による。
4 選挙における投票の秘密は、侵されない。選挙人は、その選択に関し、公的にも私的にも責任を問われない。

1項では、「固有の権利である」が「主権の存する国民の権利である」なっている。
固有とは、もとから持っていること。また、そのものだけが備えているもので、それが宣言されなく単なる国民の権利だと書かれ、トーンダウンシているように思える。

「日本国籍を有する」が加えられている。
これは、国政や地方自治体の選挙をふくめてあるが、永住外国人が住んでいるその地方自治体の選挙にたいし選挙権を与えてはということが言われているが、それに対して蓋をしようとするものであろうか。
その問題は、これからも沸々とでてくるであろうから、憲法で先に縛ってしまうのでなく、一般法で決めていってもよいいのではないかとおもう。

「侵してはいけない」が「侵されない」になっている
これは、「侵してはいけない」のは国などの権力者を縛るもので、立憲主義の観点から言うと至極当然とおもうが、立憲主義を自民等は否定しているので、国民の受け身的な「侵されない」の表現になってしまったのだろうか。

(請願をする権利)
第十六条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願をする権利を有する。
2 請願をした者は、そのためにいかなる差別待遇も受けない。

現行の日本国憲法と自民党草案を比べてみると、この二つの条文は概ね変わらないようにおもえる。違うところは一つの条文を2項に分けているところです。

(国等に対する賠償請求権)

第十七条 何人も、公務員の不法行為により損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は地方自治体その他の公共団体に、その賠償を求めることができる。

この条文は、「国又は公共団体に」が「国又は地方自治体その他の公共団体に」になっています。
もともと公共団体には地方公共団体が含まれそのなかに
地方自治体があります。屋上屋を架すようなものですが、わざわざ地方自治体と明記する意図はどのようなものがあるのだろう。
関連記事

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

今日は、阪神淡路大震災が起こった日です。

今日は、阪神淡路大震災が起こった日です。

当時私は目覚めて、布団の中でラジオを聞きながらそろそろ起きようと思っていたときです。震源地から離れているのもあり、神戸市街地などのような大きな被害はなかったですが、今までに経験のない揺れで、電気が停まってラジオも聴くことができなくなりました。

通勤は、勤務先までバスだったので、いくことができましたが当日は全員そろうことができなかったです。
自宅の被害がなかった職員の中には、この非常事態の時になぜ出勤してこないのかと訝る人も少なからずいました。この被災した人との温度差を感じました。

それからしばらく休業状態が続き、私の勤めている営業所は被害はなかったですが、市街地の方の営業所は全壊のところや、非難してきた近隣の住民で通常の営業再会の見通しがつかないところも多かったです。一週間以上たってから被害がなかった営業所の職員は、被害の多い地域の営業所に応援に向かい、地域の支援に向かいました。しかしすでに地域での支援助け合いの態勢はできていたので、あまり手伝いになることはなかったです。

それから、20年たち震災を経験した職員の多くが退職し、当時の様子を伝えられる人も少なくなっています。
いま、神戸や西宮など被害の大きかった街は、きれいなビルや家が建ち一見復興したようにみえますが、未だに更地のところもあり、商店街などのビルが建ち、当初はテナントなどが入ったが、人口の流出などで店の経営が成り立たなく、空き店舗も多いのが現状です。また、借り上げの復興住宅の期限も来て、当時働き盛りの40代の人も定年をすぎての、復興住宅からの立ち退きを迫られこれからどこに行くことができるのかと途方にくれている人もいると聞きます。ただ、行き場がないだけでなく、20年住んで作り上げた地域とのコミュニケーションも、移転してから1から作り直さないといけないです。高齢になってから新しい土地に住むことに不安を抱く人も多くいます。

阪神淡路大震災から20年たちましたがまだまだ、課題は多く国や行政の支援が必要な人が沢山いるのが被災地の現状です。

神戸市では、当時の写真資料を「神戸市1.17震災写真オープンデータ」として公開しています。

神戸市だけの写真ですが、当時の被害がいかに大きかったを知ることができる資料です。
関連記事

つる

阪神淡路大震災から20年です。

阪神淡路大震災のとき、沖縄から送られてきた千羽鶴に、添えられていた小学生が詠った詩


「つる」

つるを つなぐたんびに
家が なおってくれたら
どんなにいいだろう

つるを つなぐたんびに
人が いきかえったら
どんなにいいだろう

つるをつなぐと 願いがかなう
そんなつるがいたら
どんなにいいだろう

山田かの子(那覇市立城北小学校4年生)


ほかにも、
しあわせ運べるように

満月の夕

など多くの歌が作られ今も歌いつがれています.


関連記事

美濃部達吉の「天皇機関説」

美濃部達吉の「天皇機関説」について調べたら。
達吉が「天皇機関説」を唱えた時代と今と非常によく似てきているように思えてくる。

昭和に入ると、特権階級や既得権を持ったものや富裕層への強い不満が流れ、国家改造の空気が流れていきました。平成の今の世の中も、既得権を持ったものへのふまん、貧富の格差の拡大により富裕層への不満が高まっています。そのうて、今の政権は戦後体制からの脱却を唱えていまっす。

昭和の前期をみると、美濃部達吉の「天皇機関説」が批判されます。それにより日本は急速に戦争への道を歩みはじめます。
1935年昭和10年2月が帝国議会貴族院で、天皇機関説事件がおきる。元陸軍中将菊池武夫が、「我が国で憲法上統治の主体が国家にあるということをだんぜん公言する学者著者というものが、いったい司法上から許すべきものでございましょうか。これは緩慢なる謀反になり明らかなる叛逆になるのです。」と美濃部を批判した。それに対し昭和天皇は侍従長の証言によれば、「君主主権説はむしろそれよりは国家主権の方がよいと思う、美濃部ほどの人がいったい何人日本におるか、ああいう学者を葬ることはすこぶる惜しいものだ」と思われていたそうです。

この昭和天皇の思いを考えてみると、最近天皇陛下が、これからの日本の先行きについ、心配されるお言葉を述べられることがあります。
昭和10年頃と今とが重ね合わさって見えてしまいます。

戦後体制からの脱却、集団的自衛権の閣議決定、武器輸出三原則を見直し防衛装備輸出三原則、自民党の憲法改正草案。そいて、リベラル葉の人たちを左翼扱いにしたり、排斥的なヘイスピーチの横行、集団的なパッシングが行われる。様々な政治の問題に対してマスコミやジャーナリストが黙ってしまい、批判を避けるようになってきている。

私たち国民はいまや、マスコミなどを信頼できなくなってきているように思う。しかしソーシャルネットワークで、いろいろな情報を入手できるようになっていることは心強いことです。ただ、自分で情報を入手するのだから、自分の知りたいこと、自分の考えに近いことだけの情報を入手するだけでなく、その反対の考えの情報も入手し、自分自身の考えで判断できるようにならないといけないだおる。
そうしないと、今の政治家の中にいる、自分のお友達や考えが近い人だけを集めた、審議会や諮問機関や委員会を作る人と同じになってしまいます。

わたしは、現行憲法下の一人の人として、そのような人だけにはならないでおこうと思う。

続きを読む

関連記事

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

憲法とはどのようなものだろうか 02-3-3

憲法とはどのようなものだろうか 02-3-3

〔公務員の不法行為による損害の賠償〕
第17条何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

先にも述べたが、公務員とは主に国会議員や国務大臣などは官僚のこや地方公共団体の長なのことです。
国家賠償の法律や制度があるのも、この17条があってからこそです。水俣病などの公害訴訟で被害者が救済されるのもこの法律があってこそです。足尾銅山鉱毒事件など戦前に多くの犠牲者がでても、被害者の住民は泣き寝入りせざるを得なかったです。明治憲法の下では、天皇が統治することだから間違いがないととして、被害者の救済はなかったのです。
敗戦後そのようなことではいけないとして、国などの権力を持った者に対しても、その責任を明確化して国家賠償の道を保障しています。


〔奴隷的拘束及び苦役の禁止〕
第18条何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

日本には奴隷はいないし奴隷制などないとのでこの文言は憲法に書くのにふさわしくないと言う人がいる。しかし明治憲法下では地主と小作の封建的な制度が残っていました。それにより、多くの人は貧しい生活を強いられ、中には搾取されていた人もいます。
そのようなことで、GHQは農地改革を押し進め、地主と小作の制度はなくなり、現行の日本国憲法の下では地主と小作の制度を復活させることはできなくなりました。
また、「女工哀史」に見るような製糸工場働く、女性労働者や、炭坑で働いていた人は、まさに奴隷的拘束がされ苦役をしいられていました。そのことは2011年に世界記憶遺産に登録された、山本作兵衛の炭坑の画文集を見てもわかります。
また、それは過去のものではく、現代の今もブラック企業が横行し、若い人たちを様々な拘束をし休むことをさぜず残業代を支払わない企業があります。その上に働き方は悪いと罵ったり叱咤して、酷使して使い捨てるのを奴隷のように言わなければなんというのでしょう。
いまの、政権は労働環境や働き方を多様にして、働く人の選択肢を増やすといっていますが、一つ間違えは戦前の製糸工場の女工の人たちや、山本作兵衛の炭坑労働者の人たちの再現しかねないです。
いま日本の国は、後に出てくる27条・28条に書かれている労働者の権利を、政府が法律を変えて脅かそうとしています。

この奴隷的行為は、見方によってはDVと言われるドメスティックバイオレンス(domestic violence)もこれに接触すると考えられなくもないです。これは、個人のことであるから、国としてそのようなことが起きないように、被害者への公的支援をしたり、啓発活動や法整備を進めなくてはならないです。


〔思想及び良心の自由〕
第19条思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
条件なしに思想及び良心の自由を侵してはならないとしています。それを保障するのではなく侵してはならないとしているのです。
侵すということは、人が個人としての思いや考えなどを、強制的に変えさせたりして、その人としての能力などを損なうことです。
自民党憲法草案では、保障するとなていますが、国が保障するものではなく、侵してはならないものです。保障するということは、保護して守ることということです。それなら、保障されない場面や場合があり得るということです。
各個人の思想信条良心の自由は、人として成熟していないとこの条文は生きてこないです。最近他人を貶め蔑むヘイトスピーチを街頭でする人がいます。そのような人の考えをいけない否定していません。それのような考えを持つことは認めています。それと、その考えを持って他人に迷惑をかけたりする事はこの条文とは別の問題として対応していかないといけないです。


〔信教の自由〕
第20条信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

この20条は二つのことを分けて考える必要がある。
一つは個人の宗教への信仰です。もう一つは2項 3項に書かれているように、国家権力と宗教との関係です。

1項では、信仰の自由を保障しています。ある特定の宗教を信仰刷るように強要されたり、それらの行事に強制的に参加されられるようなことがあってはならず、国としてもそのようなことはしないということです。さらに、国が特定の宗教に特典を与えてはならないと言っています。
これは、戦前国家宗教として天皇を神と戴き、神聖にして侵すべからずとし、天皇の為に命を落とし、多くの国民が犠牲となっったことの反省から生まれたもといえます。

国や公共団体はいかなる宗教的な行事を行ってはならないのだろうか。
たとえば、公共事業で建物を建てる時に地鎮祭などをする。これももし禁止してしまうと、その建物を建てるのに必要な労働者は集まらないでしょう。また、建物が建った後それを利用する人も訝ってしまうだろう。
また、祭りは宗教的な色彩が強いものがあるが、村や町をあげての祭りなどは、その地域の住民がその祭りに対しての合意があれば、その関わり方には柔軟度が出てくると思う。この点についてみな柔軟に対応してそれほど問題になっていないと思う。
人によって、国務大臣や国会議員の靖国神社参拝の問題になっているではないかと言う人がいる。しかしその問題は別のところにあるり、憲法のこの条項で問題をすり替えてしまってはいけないです。
その問題点はここでは書かないが、問題点だけはあげてみたい。一つは近隣の国との交問題、もう一つは戦犯を合祀していることと、戦前の天皇制の下での皇国史観により多くの人が戦地に赴き戦死したことです。


〔集会、結社及び表現の自由と通信秘密の保護〕
第21条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

ここでも、第19条の思想及び良心の自由と、同じく何のせいやくもついていないです。

この、日本国憲法が作られるまえの戦前には、日本には女性の選挙権はなく、封建的制度は残り自由と民主主義の土壌がなかったときです。そのような国にいきなり、結社と自由に何の制限もなするのは、利己的に自己主張ばかり刷る人がいるのではないかと、心配する人もいたでしょう。今の国際社会を見てみると、アラブの春と呼ばれる独裁政権が倒れ、民主的な政権が生まれてたが、互いの利権を争い以前よりより混乱が起きてしまっった国が実に多いことでしょう。
戦後新憲法が施行され、思想の信仰の自由や結社や表現の自由保障されても混乱が起きなかったのは、天皇をGHQが極東委員会の天皇廃止を押し切って護持したことと、日本は単一民族単一言語と思っている人がいるほど、民族的な対立は目立ってなかったです。また、宗教間や宗派間での対立もなかったからだと思います。

いま、この日本でいろいろな人が、自分の考えを表現できるのも、現行に日本国憲法がそれを保障しているからです。ありがたいことです。
関連記事

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

Youtubeで憲法を勉強する 3弾

Youtubeで憲法を勉強する 3弾

Youtube の動画をはめ込むと動作が遅くなるので、Youtube のページへのリンクだけにします。

日本国憲法誕生 1


日本国憲法誕生 2


自民党改憲案の粗悪な人権感覚


平和講演会 脅かされる平和憲法 講師 孫崎享氏


孫崎 享 講演「安倍政権について」2014/6/21新潟にて


「安倍政権の問題点」孫崎 享/時局フォーラム@鎌倉


<THE PAGE 生トーク> 元経産官僚・古賀茂明に聞く『国家の暴走?安倍政権の世論操作術』
関連記事

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

食品の異物混入

食品の異物混入が問題になってきているが、なにが問題の本質なのだろうかと思う。目に見えるのはビニール片や鉄片や虫が入っていたり、歯が入っていてしまっている。それは、具体的に形のあるものなので分かりやすく、それが問題だの焦点だと思いがちです。
しかし、中国の食肉加工工場で使用期限が過ぎたものが使われていたり、床に落としたものやカビが生えたものを混ぜて加工し出荷されていた、ニュースは記憶に新しいです。わたしは、食品への異物混入と、カビが生えている材料を加工していた問題とは根は同じだと思います。
日本でも、3秒ルールと言われたり、返品商品の再利用などが問題になったことがあり、同様のことは何度も繰り返されてます。

その点をよく見ていると、小さな零細製造者ではなく、それらの問題を起こす会社は、チェーン店であたり、親会社が市場に大きなシェアーを占めている所です。
これらの消費者に提供される食品は、工場で生産されています。そのほとんどはベルトコンベアーに乗って、安く大量に生産されているものです。そこでは徹底した生産管理がされているはずですが、他社より商品の値段を安くするため、より大量生産をし生産効率を上げる工夫がされています。
小さな商店の商品に人気が高まり、商品がよく売れるようになると、店舗を増やしたたりして生産量を増やします。それ自体は悪いことではないが、よく言われるのは支店を増やしすことにより、商品の品質管理が落ち味が落ちたと言われることがあります。

また、商店や会社を大きくしていくと、雇っている従業員の生活を保障するため、雇用を維持し続けるた必要があります。そのため、今まで以上に会社を大きくしたり、維持することが大切になてきます。
そのため、より生産効率を上げるために、今まで余分な添加物や人工加工物を使っていなかっが、生産性を高めるために、家内工業的な生産をしていたのが、工場での加工生産をするようになったりします。
そのため、いろいろな自然界のものを使うだけでなく、化学物質も大量に使う企業が多くあります。現在の食品会は全てそうだと言ってよいでしょう。

しかし、それは本当に自分たちが口に入れるものだと言うことに対して、消費者自身がもっと気を使う必要があるのではないかと思う。

ひとえにそれは、マスコミなどジャーナリズムが、話題にしないからではないかと思う。それを物語るのに丁度よいタイミングで、食品異物混入事件があり、その直後と言うか事件の究明のタイミングからすると、同時と言える期間にコンビニなどで万引きや異物を入れるところを、動画サイトに投稿した事件がありました。マスコミ各社はそれを、大々的に報道し食品異物混入の事件の報道は潜めてしまいました。。
私たちの食品の安全性に関わる大きな問題でこれからも継続的にそのことを報じていて欲しいところです。しかしマスコミは「つまようじ少年」などと書き立て、読者・視聴者の興味を引き、結果的に目をそらしてしまうようなことをしています。

いま、私たちの食品の問題は、安全性や栄養面や健康面など、様々な課題が課せられています。マスコミはそのようなことを報道し、私たち国民がもっとそれらに対して意識が高まる報道がなされることにきたいしたいです。
関連記事

3つのニュース

大きなニュースが飛び込んできた。


経団連は、業績の上がっている企業に、2年連続のベースアップを容認と、新聞に載っていた。企業活動はそこまで経団連に指図されているのかと思う。
経団連は業績の上がっている企業のベースアップとやかくいうより、業績の上がっている企業は、下請け業者の製品納入価格を値切ることをやめ、逆に部品の買い取り価格を上げるように要請すべきだと思う。その方が中小零細企業の従業員の賃上げにもつながり、庶民の消費力も高くなり経済効果があるのではないだろうか。



今年の新卒者の就職内定率が向上してきていると言う。数字だけでは確かに今までより上がっています。だけどその内訳はどうなのだろうか、そのあたりの数字を知りたいものです。正社員としての内定率が上がっているのならよいが、非正規社員や派遣社員などが上がっていても、先行きのこと考えるとそれが、今後の日本経済が確実に回復に向かっているとは言えない。新聞やテレビのマスコミはそのあたりを、新聞の購読者や視聴者に判るように報道すべきです。



イスラム国が日本人二人を人質にとり、200億ドル日本円にして236億円を要求しているニュースが飛び込んできた。
おりしもイスラエルを訪問し、両国の国旗の前で記者会見をして、イスラエルと日本の親密さを世界にアピールした時です。今まで日本政府はイスラム圏は欧米にくらべて親日的だと思ってきた。しかしそれは幻想であることを思い知らされたことになる。
ビデオの声明よると「日本はイスラム国から8,500キロも離れていながら、進んで十字軍に参加した」「日本政府はイスラム国と戦うのに2億ドル支払うという愚かな決定をした」「この日本人らの命を救うのに2億ドル支払うよう政府に迫る時間は72時間。さもなければ、このナイフがおまえたちの悪夢になる」。
安倍首相は、いまヨーロッパの国から孤立気味のイスラエルと親密さをあらわしたり、「テロとの戦い」を宣言したことは、イスラム国の立場からするとイスラムとの戦いと受け止めてしまう。
これから日本はアメリカやフランスなど欧米諸国と同様に、イスラムの過激な原理主義からのテロの脅威にさらされることになってしまったと言える。
関連記事

最近思うこと

最近思うことがある。

今の日本の民主主義が、劣化し危機に瀕してきているという人がいる。私もそのように思う一人ですが。
その要因の一つはと考えると、現行の日本国憲法にあるのではなかと思う。

平たく言えば、GHQから与えられた、押しつけ憲法にによる民主主義の雛形を、雛形だけとしか使ってこれなかったのかと思う。憲法に書かれた本質的な一番大切なところを理解できていなかったということです。

現行の憲法は敗戦時に日本を民主国家にしようと、GHQに新憲法をつくるように言われました。しかし、日本の政治家には、民主的な憲法を作る能力が未熟でした。極東委員会の設置準備も進み、また連合国のオーストラリアなどの幾つかの国からは、天皇制廃止などの圧力が強まっていました。マッカーサは日本を統治するのに天皇の存続は必要と感じ、天皇を存続させるために、日本が早く新憲法を作ることを急ぎました。
しかし、日本には人権を重視し民主的な憲法案をつくれなかったため、GHQは日本政府に憲法素案を示すことになり、それがを押しつけられ憲法と感じるようになりました。
押しつけたれたかないか、それがよかったよくない、そのことへの議論は別つとして。
私たち日本の国に住んでいる者が、一人の人としての権利や自由や民主主義について考えて、不断の刻苦から自分の力で一から作り上げられたものではないことは事実と言えるでしょう。

フランスのよう革命により、王政を倒したのでなく。また都市国家のように市民の自主性自立性という土壌もないです。それにより未だ行政サービスはお上がしてくれる者と言う思いがあり。政治家も政治家が政治を行い、国民にサービスを提供し、国民はそれに対してついてくればよいとという考えを持っている政治家が多いようです。
そのため、日本にはまだ民主主義国家になる本当の意味での土壌が育っていないのかもしれません。

70年前の戦争に負けても負けなくても、戦争が終わってから新しい憲法が作られなかった方がよかったかもしれない。
もしそうだとしたら、第二、第三の大正デモクラシーや自由民権運動が起き、今のような民主主義が劣化して崩壊しそうな世の中ではないかもしれない。もっと日本の市民一人一人が自覚を持ち、自由と民主主義と人権に対する意識が高くなっているだろうから、民主主義が劣化する兆しがでてくると、それに対して危機意識を持つ人が多いだろう思う。

そのようなことを言ってもしかたないので、現行憲法と自民党草案を読み比べ、本当の意味での民主主義とわなにか、自由とはなにか、人権とは何かを考えいきたいと思う。
関連記事

虫こぶ

「虫こぶ」というものがあるそうです。

私は今まで知らなかったが、それは今までに見たことが何度もあるもののようです。
葉や草類の茎や樹木の細枝、また花や果実などに見られるそうです。虫こぶは昆虫の寄生によって、葉や茎などにこぶのようなものができるものです。
虫が寄生する刺激により植物の葉などが変形してしまうものです。
そのこぶの中に虫の幼虫が棲んだりするようです。形も様々で、こぶのようなものもあれば、花のような形のもある。

生き物はいろいろと、自然環境が厳しい中、自分が生き抜いていくすべを作るのですね。
その中には、宿主に害が及ぶものもあれば、共生するものもあるようです。

自然の驚異ですね。

虫こぶについて紹介されいるWebページがありました。
http://kanon1001.web.fc2.com/foto_sinrin/005musi_kobu/musi_kobu.htm

平塚市博物館公式ページに自然探偵の虫こぶ入門
http://www.hirahaku.jp/web_yomimono/tantei/goltitle.html
関連記事

コザ十字路 巨大壁画が出現

コザ十字路 巨大壁画が出現

全長180メートルの壁画で、琉球王朝時代から、戦前、戦後、そして現代までのを描いた壁画です。
地域のさまざまな人が参加して描かれれています。

YouTubeの動画でニュースが紹介されていたので、リンクしましたが著作権侵害があるので削除されました。
そのため、そこへのリンクも削除しました。

それを紹介した、Webページも幾つあります。

沖縄ホモサピエンス 沖縄の巨大壁画プロジェクト「黄泉帰れ越来城」">沖縄ホモサピエンス 沖縄の巨大壁画プロジェクト「黄泉帰れ越来城」
http://shinzato.seesaa.net/article/405328254.html


ごーやー荘の沖縄日和!コザ日和! 琉球絵巻の巨大壁画がコザ十字路・銀天街にお目見え!
http://goyahso.ti-da.net/e6708097.html

コザ十字路 巨大壁画が完成しました!
http://goyahso.ti-da.net/e7176650.html

地域の人の理解と協力がないこのプロジェクト進めることはできないで、地域のひと力強さを感じます。

グーグルのストリートビューで通ってみたが、描き出す前に撮影されたもので、道路が拡張されているところもあり、そのために道路側の建物が立ち退き、壁面をさらしているビルが点在しています。
そこに殺風景なので壁画を描こうとしたことがよく分かります。

グーグルは是非とも近々壁画が描かれている道路に更新してほしいと思います。
関連記事

Eテレの[100分de名著]2月は[フランケンシュタイン]

NHKのEテレの番組に「100分de名著」があるが、今月は、岡倉天心の「茶の本」を紹介してる。2月はメアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」です。

フランケンシュタインといえば、人間が作りだした怪物というイメージを持っている人が多いと思います。
しかし、フランケン・シュタインはその怪物を作り出した博士の名前です。
そして、その怪物は実は優しい心の持ち主なのです。
あらすじは、フランケンシュタイン博士は、死体から人造人間を作り出すのですが。それは、知力と体力は人並み以上に優れているが、その容姿わあまりにも悍ましいものでした。それにより、フランケンシュタイン博士は、その怪物を捨てて去っていきます。怪物は自分が捨てられた寂しさから、フランケンシュタイン博士に遠く離れたフランケンシュタインの元へ辿り着く。自分の醜さゆえ人間達からは忌み嫌われ、孤独のなか自己の存在に悩む怪物は、自分の伴侶となり得る異性の怪物を一人作ってくれると、二度と人前に現れないと、フランケンシュタイン博士に頼む。しかし、フランケンシュタイン博士はさらなる怪物の増加を恐れたはこれを拒否する(フランケンシュタイン・コンプレックス)のです。
それにより、創造主たる人間に絶望した怪物は、復讐のためフランケンシュタインの友人・妻を次々と殺害する。フランケンシュタイン博士は怪物を追跡し、北極海まで来たが行く手を阻まれてしまう。ランケンシュタイン博士はウォルトンの船に拾われ、今までの顛末を話し怪物を殺すようにと、ウォルトンに頼み息を引き取る。ウォルトンは船員達の安全を考えて帰路につく。
怪物は、ランケンシュタイン博士の遺体の前に現れその死を嘆く。そこに現れたウォルトンに怪物は自分の心情を語った後、北極点で自らを焼いて死ぬと言い残し北極海へと消えてゆく。それ以降、怪物のゆくへは誰も知らない。

  オセロ1     オセロ1
  フランケンシュタイン    フランケンシュタイン
 創元推理文庫 532-1  光文社古典新訳文庫 KAシ5-1


さて本題です、フランケンシュタイン・コンプレックスという言葉があるそうです。

SF作家のアイザック・アシモフが作った言葉といわれ、アシモフは「人類は自分たちが創り出した怪物によって自分たちが滅ぼされるのではないかという恐れを常に抱いている」と定義しています。
もう少し詳しく言うと、神である創造主ではなく、人間が神に成り代わって人造人間やロボットなどを造ることへのあこがれと、さらにはその被造物であるロボットによって人間が滅びてしまうのではないかという、人間の恐怖入り混じった感情・心理のことだそうです。

SFの世界では、ロボットが人間に叛逆して、人間を支配し奴隷のようにあつかったり、自然性命を滅ぼしてしまったするものがあります。

いま、IT技術の進化により、あらゆるものがオートメ化されています。言い換えればあらゆるものにロボットの知能が装着されていると言ってよいでしょう。
また、家電が製品を見るといま、家電製品はインターネットに繋がり、遠隔操作ができるようになり、非常に便利になると言われています。
人型ロボットだけが人間に叛逆するのではなく、あらゆる装置に人工知能であるロボット組み込まれ、人がものを考えることなく、先に機械の方がいろいろなことをするようになると、人は自分自身で考え判断する必要がなくなりその能力自体が衰えてくるかもしれません。
つまり、ロボットが人間に叛逆するのではなく、人間の方が退化していき衰え、今ある人間の地位をロボットに明け渡してしまうかもしれないです。


また、介護ロボット、介護支援技術などがあります。先日福祉分野でのそれらについての紹介しているのをテレビでみました。
それで一つ気になったことがあります。
人の身体に装着して使うものですが、重い荷物を持ち上げるところを映していましたが、軽々とと荷物を持ちあげていました。たしかに、楽々とした様子で身体の負担は少ないようにみえました。しかし、荷物を持ち上げる様子をみると、人が荷物を持ち上げる基本的な動作ではなかったです。
その映像を見てたしかに、介護負担は大幅に軽減されるでしょう。また、その身体に障碍があり歩行が困難や荷物を持つのが困難な人には、非常に便利で有意義なものだと思います。ただ、きになるのは、ものを抱えたり持ったりするときの基本的な身体の使い方への意識が疎かになては元も子もなくなると感じました。それと同時に障碍者が使うのは有意義なものですが、機能を回復させる為の訓練の面から見るとその使い方を留意しないと、その支援装置に頼ってしまい逆に身体の機能を衰えさせることになりかねないです。
福祉の現場などで使われる場合は、理学療法士や作業療法しの指導の下で使われので問題は少ないと思います。
しかし、それが一般に普及してくるとその正しい使い方を知らないまま使われたときのリスクを感じます。

このことは、他の面でも言えると思う。例えば最近注目され急速にその技術が進化して、実現実が増してきた自動車の自動運転です。車を運転するとき周囲の状況を把握して安全に運転しないといけないですが、それをする必要がなくなるわけですから、その周囲を状況を把握すると言う能力を使わなくります。すでに、最近の車はコンピュータ制御され、エネルギー効率のよい運転がされます。そのため今までエンジンの音や車が風をきる音や、タイヤが道路の路面を走る音などで、車の走らせ方を気にしたり、車の状況を知ろうとしていました。しかし、それも必要がなくないり自動車を運転するときの、醍醐味や感覚が今までと変わってしまています。

テキストは1月24日に発売されているので、本屋さんにいって放送内容を確認して、2月4日から放送される、メアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」を視るかどうかきめようと思う。
関連記事

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 人工知能
    荒野鷹虎 (11/23)
    今年も終わりますが、白内障手術の結果が悪く、
    昨日は瞳孔を開いたのでまぶしくPCを開けませんでした。それに結果が悪かったもので気落ちもしましたしたしね^^。泣き)
  • 安倍首相の愛国心とは
    竹林泉水 (09/12)
    > 戦争に洗脳させるため

    皇祖皇宗の天皇の国であるから、その臣民は天皇のために命を捧げることを惜しんではいけない。

    戦後教育を受けた私には、受け入れられないこ
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    12 | 2015/01 | 02
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR