FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

高田屋嘉兵衛「遭厄自記」

高田屋嘉兵衛がロシアに捕らわれ、日本に帰還するまでのことを、帰国後書き綴った「遭厄自記」があります。

その中に、ロシアの役人リコルドとのやりとりが書かれています。そのなかで江戸末期の幕府や日本の商人の心意気はこうだと、リコルドに語ったことが綴られています。
*【 】内は私がこの文章を読んで思ったことです。
「日本からこの国を何の理由で攻める必要があるのか。この国を討ち取っても食べ物もなく、このまわりを見渡したところ、この国の雑穀などすべて奪ったところで金目のものはほとんどない。【いま北方領土の問題があるが、当時の日本にとっては、国後や択捉などの地は極寒後で作物もそれほどできなく、産業もないちで、漁業の避難基地ほどだったのでしょう。一方ロシアは太平洋にでる航路として需要な所だと思います】

また
日本は戦争で勝手も敵の物を奪うことは法律で禁止されている。この国の軍制とは全然違う。いかに恨みがあっても自分の国を固めることはしても、不法に外国を攻めるようなことはしない。他国を誹謗せず、自国をほめず世界の国と同様に納まる国は上等の国だと考える。

戦を好み、人に危害を加える国は国政が悪いからだと思う。しかし自分たちは日本では軍事関係者でなく、ただ商売をして少々金銀を扱うものであるので、書物を読んだ程度で詳しくは判らない。
日本では国政がよく治まっているので、戦の苦労もなく、私どもも安心して暮らしている。
【江戸時代末期であるが、開幕から鎖国をして200年以上戦争のない平和な時代が続いていが、西欧では戦争に明け暮れていたことを、嘉兵衛は交易などを通じて、世界の流れを知っていたのでしょう。】
・・・・

元々 日本の戦いは、はじめに双方が使者を立て、『何月何日どこで一戦いたしたい』と申し合わせ、その時刻から約束に従い太鼓を鳴らし鬨の声を発し戦いを始める。その後は、互いに夜討ちなどいろいろな策略を尽くして戦うことが作法で、【このいくさの戦い方は、平安時代以前から戦いかたです。しかし、明治政府になり、太平洋戦争では真珠湾を奇襲攻撃をするなど、江戸幕府のころの武士道の精神は、日露戦争を過ぎた頃からどこかに行ってしまったのでしょうか】
書物にも書いてあるので、我々も知っている。


この「遭厄自記」を読むと当時の日本人は、鎖国政策により外国との交流をたたれていたが、国際的な外交感覚を持ち合わせていた人いることを思わせます。それが、開国につながり明治以降の日本の西欧化の発展へとつながったとも言えるでしょう。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    10 | 2013/11 | 12
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR