FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

自彊不と静坐

先日、斉藤一斎の言志後録に「自彊不息」について書いてあることをかきました。

しかし、「自彊不息」は、坐禅などの静的修養を否定しているのではないです。
おなじ「言志後録」に次のようなことが書かれている。

静坐の功は 気を定め神を凝らし 以て小学の一段に工夫を補うにあり 要は須く気の容は粛 口の容は止 頭の容は直 手の容は恭にして 神を背に棲ましめ 儼然として敬を持し 就ち自ら胸中多少の雑念 客慮 貨色 名利等の病根の伏蔵せるをそう出して 以て之を掃   すべし 然らずして徒爾に兀坐瞑目して 頑空を養い成さば 気を定め神を凝らすに似たりと雖も 抑竟に何の益あらむ

静坐で得られるよいものは、気を落ち着け、精神を一つに纏まり集中しすることで、中国の「小学」にあるように坐をすることへの一段の工夫をすることである。もっと解りやすくいうと、呼吸を調え、口を閉じ、頭から座面までの軸を作って姿勢を正し、手の置き方は恭しくして、精神を背に置き、厳かに敬虔の念を以て、胸の中にある様々な雑念や、外からの迷いや執念や金銭のことや、名誉や利益などの病根が心の中に潜んでいるのを見つけだし、それらを払いのけ消し去らないといけない。そのようなことをせず只単に坐て、目を閉じて、微動もせずに頑な石のように、心を空っぽにしてもうもうと坐っているなら、それは気を沈めて心を一つに集中しているように見えるが、それは何の益にもならないのである。

このことは、何も静坐のことだけでなく、学問やスポーツについても言えるとおもう。形だけをまねてもそれは何のやくにもたたなことを言ってる。


明治時代に日本を訪れ、東北帝国大学で教鞭をとった、オイゲン・ヘリゲルが日本文化を知るために、阿波研造に弓術を学んだことが書かれた「日本の弓術」につぎのように書かれている。
「弓術はスポーツではない。したがってこれで筋肉を発達させるなどということのためにあるものではない。あなたは弓を腕の力で引いてはいけない。心で引くこと、つまり筋肉をすっかり弛めて力を抜いて引くことを学ばなければならない」

「「弓を正しく引けないのは、肺で呼吸をするからだ。腹壁が程よく張るように、息をゆっくりと圧し下げて、痙攣的に圧迫せすに、息をぴたりと止め、どうしても必要な分だけ呼吸する。一旦その呼吸の仕方ができると、力の中心が下方へ移されたことになり、両腕を弛め、力を抜いて、楽々と弓が引かれるようになる」と言い、弓を引いた師の腕は何もしないときと同じように弛んでいた。」

日本の弓は西欧の弓に比べ大きく、弦の力も強いので弓を引くとき、力がいるのでヘリゲルは、力任せに腕で引いていたので的が定まらなかったですが、この阿波研造の教えを受け、形だけでなく弓術の本質を知り得とくしたようです。
何でも形だけを追い求めてもだめで、その本質を知り余分なものを払いのけ消し去り、実践していかないといけないと言うことでしょう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2013/10 | 11
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR