FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

無用の用

今日の月の呼び方、十六夜(いざよい)    彼岸入り

荘子の人間世編に次のような話があります。

石という大工の名の棟梁が、斉の国の曲轅というところを通りかかると、櫟社の神木の檪(クヌギ)の大木を見た。その大きさは数千頭の牛を隠すほどで、高さは山を見下ろすほどで、枝は地上から七八十尺のところから出ている。その枝はどれも舟を作れるほどの太さが幾十本とでていいた。石の弟子たちはその檪の木に見とれてた。しかし棟梁の石は見向きもせずに行ってしまった。弟子たちは棟梁に追いつくと問うた。「わたしは、今までこんなに立派な木をみたことがありません。だのに、師匠はどうして見もせずに通り過ぎたのですか」。棟梁の石は答えた「あれや役立たずの木だ、あれで舟を作れば沈む、棺桶を作ればすぐに沈む、道具を作ればすぐに壊れる、門や戸を作ればヤニが流れ出す、柱にすると虫がわく。まったく使い道のない役立たずの木だ、だからあんな大木になるまで伐られることなく長生きできたのだ」。

そして、棟梁の石が旅を終えて家に帰り夢を見た。櫟社の神木が夢にあらわれて、次のように告げた「お前はいったい、この自分を何と比べているのか、お前はおそらく役に立つ木と比べているのだろう。いったいサンザシやナシやミカンやユズなどの木の実や草の実などは、その実が熟すとむしり取られたり、もぎ取られたり、大きな枝は折られ小さな枝は引きちぎられる。これはそれらの実が人の役に立つからだ。その人の役にたつことがかえってわざわいして、その自分の生涯を苦しめることになっているのだ。だからその木や草は本来持っている自然の寿命を全うできないで、途中で若死にすることになるわけだ。自分から進んで世俗に打ちのめさせられるのを求めているようなものだ。よのなかの多くの物事はたいていこういったことだ。ところで私は昔から、役に立たない無用なものになろうとしてきた。死に近づいた今ようやくそれが叶えられ、無用の大切さが自分の今にとって大いに役立つことになっている。しかし今まで自分が役に立つ木であったとしたら、とてもこんなに大きな木にはなれなかったでろう。それにまた、お前も私もしょせんこの自然の中の一つの物でしかない。それならどうして自分以外の相手を物あつかいにできようか。お前のような役立たずの死に損ないに、私のようなこの役立たのことがわかるものか」。
石が目を覚ますと、この夢の話を弟子に聞かせた。
すると弟子が「自分から無用で有りたいと願っていたのに、社の神木になったのはどうしてでしょう」。
石は答えた。「静かにつまらないことを言わないほうがよい、あの檪の木はただ神木の形を仮ているだけのことだ。それをわからない者がとやかく言うのが、あの檪の木はうるさいと思ったのだろう。あの檪の木は神木とならなくても、人間に刈り倒されることはないだろう。それにあの檪の木の考え方は、我々の考えとは違っている、それを我々の一般の考えて、とやかく言うのはとんでもない見当違いだ」。


この話は何が言いたいのだろうか。
無用なものこそ利がある。私たちの今の世の中、無用なものは切り捨て、有用な物だけを残そうとする風潮があります。しかし世の中にはその無用を取り除くとかえって害をまくこともあり。無用なものがかえって重要な物もあります。
例えば車のハンドルの遊びや、制動装置であるブレーキペダルの遊びなどは、その一見無用に見える遊びがあるからこそ、ハンドル捌きが滑らかになり、ブレーキの効きもスムースにできます。

また、お菓子のドーナツのあの真ん中に孔あるから、ドーナツなのです。あの何もない孔の空間がもったいないと、埋めてしまうとそれはドーナツでなくなってしまいます。
ドーナツのこんな話、役にたたないから、無用きわまるものだと思ったら、荘子に次のようなはなしがあった。

「無用を知ってこそ用も語ることができるのだ。地面は広くて大きいが、人が立つには足を置く余地だけがあったら事足りる。だからといって、足の周りの地面を取っ払ってしまったらどうなる。それでも足下の地面は用をなすだろうか。それでは用をなさないだろう。ということは無用が実は大きな用をなしていることになるのだ」


高度に科学技術が発展し、無駄なものが省かれていく時代です。不景気が長く続いて、国や自治体では財政の切り盛りが難しく、無駄だとか不要だとか不効率だ無用だとして、切り捨てられているものがあります。それらは、文化事業であったり、福祉であったり、教育であったりまた、本当になぜその施策や事業があるか判らないものもあります。そして、それらを切り捨てしまうのがよい、今は不景気だから経済発展のためにその資金を投資して財政が潤ってから、文化や福祉にお金を回したらよいという人もいます。
しかし、生身の人間が生きていく活力は、経済発展への活力だけが全てではないです。無駄のように思えなぜそれがあるか判らないものでも、それが出来たときは必要だからできたのです。周囲の環境によって不要になったものは、別のことに置き換えていくのがいいでしょう。しかし、中には必要性が感じないだけで、無くなると不便になるものもあるでしょう。
ただ、無駄なもので特定の一部の者だけがその恩恵や利益をえるのは、それは無駄でなくそれが食い物にされているので、取り除いてしまうか公平になるように改めていくべきでしょう。

不要なもの不効率なものを切り捨てようという流れがあります。文化事業などで人との繋がりや交流により絆が深まり、人は活力を得て生き甲斐を感じ元気になるものです。

いまこそ、無用と用を考え直してみようと思います。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    08 | 2013/09 | 10
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR