FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

藤原陳忠坂より落ちた話

信濃守藤原陳忠、御坂より落ち入りし語
今昔物語 巻第二十八 第三十八 

今は昔、信濃守藤原陳忠と言う者がいた。
任期を終え国元に帰る行列は、人馬の数 数知が分からないぐらい長い列だった。
途中、深い谷を越える時に藤原陳忠の乗った馬が、懸橋の端の踏み外してしまった。そのため、陳忠も馬諸共にま逆さまに谷底に落ちてしまった。家来たちはこんなに深い谷に落ちたのだから生きてはなかろうと思ったが。
谷の脇に生えている二十尋もある杉木の谷に突き出ている木の枝から谷底を見ると、陳忠は怪我一つもしていない。家来たちは谷底から助けようと思ったが、下に降りる道が一つもなく思案していると、下からなにやら陳忠の叫び声がする。よくその叫び声を聞けば「旅籠を下ろせ」と叫んでいる。
そこで、家来たちは旅籠に長い縄を結わいつけ旅籠をおろした。
しばらくして、「旅籠を上げろ」と叫び声が聞こえる。家来たちは旅籠を引き上げるが妙に軽く不審に思いながらもあげると、駕籠の中には陳忠おらず、平茸が山のように入っていた。
再び「旅籠を下ろせ」と叫び声が聞こえたので、家来たちは再び旅籠を下ろすと。また、下から「引き上げろ」と声がしので家来たちは旅籠を引き上げると。
そこには、両手いっぱいに平茸を持った陳忠が乗っていた。家臣たちは無事に陳忠が引き上げられたことを喜びあい、陳忠に問うた「あの平茸は何かゆわれがあるのか」と。陳忠は「馬は真っ逆さまに落ちtいったが、自分は木の枝に引っかかり、その枝を見ると、其の平茸が沢山生えていた。自分が引き上げられこの平茸をこのまま見捨てるのは忍び難く、まずは旅籠いっぱいにいれて吊り上げさせた」。そしてさらに、「汝らよ宝の山が目の前にあるのに、それを見過ごしてそのままにしておくようなことがあろうか、ほっておいたら実に損をした気分になってしまう」。と。
これを聞いた家臣たちはみな、陳忠は信濃の任期中に取れる物は全て取ったに違いないと想像して苦笑しました。


藤原陳忠はこの話しにより、利権を貪り食う人物の代表のように見られています。

いつの時代も己の欲にかられて利権を貪り食う人はいるものです。しかし、民主主義が行く渡り法治システムが機能しているくにでは、そのような輩は少なくなってきているものでしょう。そのような人がでてきても、法の下での権力機構は許さないでしょうし、その網の目を潜ったり抜けたりするものはマスコミが見逃さないでしょう。
また、今はグローバルなSNSのソーシャルネットワーキングサービスの普及により、庶民も声を出しやすくなっています。ブラック企業などが問題になっていますが、人を食い物にして己だけが儲ける人たちも、それらにより何れ見過ごされないように、多くの市民は広く深い目でそえらを見て、声を出すときは声を出さないといけないでしょう。そうしないと、眠れる獅子のままでサーカスのライオンのようにいつまでも言いようのされてしまうばかりです
関連記事

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    竹林泉水 (05/16)
    私は丸山氏の日頃の言動をよく知らないので、何とも言えないがマスコミやネットなどを見ていると、もともと議会制民主主義の国会議員としてのあるべき資質を否定しているよ
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    竹林泉水 (05/16)
    私は丸山氏の日頃の言動をよく知らないので、何とも言えないがマスコミやネットなどを見ていると、もともと議会制民主主義の国会議員としてのあるべき資質を否定しているよ
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    アジシオ次郎 (05/15)
    おはようございます。

    その場の勢いで言ってしまったと言えばそれまでだが、政治家がこのような発言をすることは大変不適切で国内外で問題になりかねないレベルです。

  • 日米首脳会談と拉致と核の問題
    竹林泉水 (05/04)
    北朝鮮が日本を攻撃する可能性は極めて低いです。しかし、在日米軍基地を攻撃する可能性はあるが、そうなうとアメリカは我が国の基地が攻撃されたとして真珠湾の時のように
  • 日米首脳会談と拉致と核の問題
    風と雲 (05/02)
    全くお説の通りと思います。北の非核化が進まない限り拉致問題は解決されないように仕向けているのは政権の狙いでしょう。国民の大半が拉致家族に同情していることをいいこ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2013/07 | 08
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR