FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

書は言を尽くさず、言は意を尽くさずと

人に物事を頼むとき、言葉でその意志を伝えて依頼します。例えば、コーヒーを飲みたくなったら、家の者に頼み、喫茶店なら店のマスターに頼みます。そうするとコーヒーはコーヒーカップに注がれてテーブルの上に出てきます。黙って自分でコーヒーメーカを使っても、コーヒーを飲むことができます。それでは、人に言葉でコーヒーを入れてくれるように依頼するのと、コーヒーメーカを使って自分で入れるとのとどれだけ違うのでしょうか。

そこで言葉は『機械』と言えるか? この問いに、

機械は使い手が自在に動かすことができるが、言葉は確かに物事を動かすことができる。しかし、それは往々にして自在に操ることはできない。人に意志や考えを伝達して、物事を成し遂げていくのだが、その中で意志の疎通に差がああり、時に行き違いになり思わぬ方向に向かうこともあるのが言葉です。

易経に次のようなことばがあります。
「子曰く、書は言を尽くさず、言は意を尽くさずと。」

文字では言いたいことは書き尽くせないし、言葉ばでは心に思っていることは言い尽くせない。
孔子は、易が文字や言葉では表現できない奥深い意義を持っていることを言いたいのです。

吉川幸次郎博士は「言は意を尽くさず」ついて次のように言っています。
「『言は意を尽くさず』というように、言語は、実体の部分的な指摘でしかない。言語の指摘が、実体を懸命に追跡、模写しようとすればするほど、指摘にもれたおおわれざる部分が増加するというおそれが、孔子にはあったのではないか。」


この言葉は、「易経」の繋辞上伝にあります。
「易に曰く、天よりこれを祐く。吉にして利ろしからざるなし。子曰く、祐とは助なり。天の助くるところの者は順なり。人の助くるところの者は信なり。信を履み順を思い、またもって賢を尚ぶなり。ここをもって天よりこれを祐く、吉にして利ろしからざるなきなり。
子曰く、書は言を尽くさず、言は意を尽くさずと。然ればすなわち聖人の意は、それ見るべからざるか。子曰く、聖人は象を立ててもって意を尽くし、卦を設けてもって情僞を尽くし、辞を繋けてもってその言を尽くし、変じてこれを通じもって利を尽くし、これを鼓しこれを舞しもって神を尽くす。」

易の「天よりこれを祐く。吉にして利ろしからざるなし」について、孔子は次のように言っている。祐とは助けるという意味であり、天が助けるのは天道に素直で天道に逆らわない人で、人が助けるのはまじめで偽りのない誠実な心な者である。易は、信実の徳を履み行い、天道に素直で逆らわないことを思い。さらに位が低くても賢人を重んじ大切にすることを心がける、そうであるから「天よりこれを祐く。吉にして利ろしからざるなし」と言う。
孔子は、文字に書き表したことは、言わんとしたことを書き尽くせない。口で言葉に言い表したことも心に思っていることを表し尽くせない。と言っている。
となると、易に書かれていることも、聖人が言いたい真意を読みとり尽くすことができないだろうか。このことについて孔子は次のように言っている。聖人は易を作るに当たって、八卦の思い描く象をたて、言葉では言い尽くせない内に秘められた深い意味を巡らし尽くし、さらに六四卦を設け、物事の表裏と真偽を注意深く探り、辞を繋けて言いたいこと思うことを尽くし、物事の陰陽の変化をみてその道理の流れを注意深く観尽くす。このことにより人を励まし奮い立たせ勇気の力の源がでてくる、これが易の人知では考えられない不思議な作用を尽くしたことになる。


世の中には根っからの悪人はいないでしょう、ほとんどの人は善人です。それでは善人どうしなのになぜ、いざこざが起きるのと、いえば、文字やや言葉によるやり取りによる、行き違いがあるからです。その行き違いが積もり積もって、引き返すことのできない誤解を生みそれが憎悪になり、争いになっていくのでしょう。
自分の生活の隣でも、日本の国内や隣国とも、地球のあらゆる、ところでいろいろな行き違いがあるようです。
言葉というものは、「書は言を尽くさず、言は意を尽くさずと」。言われるのでだからこそ、「聖人は象を立ててもって意を尽くし、卦を設けてもって情僞を尽くし、辞を繋けてもってその言を尽くし、」さないといけないのでしょう。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

本当の本心があれが、迷うことはない

人心に一部の真文章あれども 都て残編断簡に封錮し了らる
一部の真鼓吹あれども 都て妖歌艶舞に湮没し了らる
学ぶ者は須く外物を掃除して 直ちに本来を覓むべく 讒に個の真受用あり
菜根譚 57

人の本心のなかには、理性のある信実の考えがあり、本当の深い意味があり、この心の声を素直に聞くことができれば、わざわざ先人の書物を紐解く必要がない。しかし、多くは周囲のいろいろな、とるにたらない下らない考えに取り付かれ、その人の本心は都合のよいように、自身が解釈してしまったり、また他人からも都合のよいように解釈されてしまう。

また、人の心の中にはすばらしい感性があり、歌や踊りなどの心を表すものをそなえている。この感性の心に気がつけば、わざわざ他の歌や踊りなどを聴く必要はない。しかし、とるにたらない先人の演舞にとらまれて、自分の素直な心を表すのに、時にその枠に縛られて自由に表現しにくくなるものです。
歌や踊りなどの基本は大切で、しっかりと稽古をしなくてはならないです。しかし、稽古をするなかで真似ることが稽古だととらまえられてしまい、その歌や踊りの本質やその道の奥義から離れてしまってはいけない。

物事を学ぼうと思ったり行おうとするときは、その考えを一度整理して、過去の事にとらまえられていないか、よけいな思いが入り込んでいないかをみて、もしそのようなものがあれば、部屋の中の塵を箒で掃き出すように一掃することにより、本当の自分の考えの考えや感性を見つけだし粗朶出てて行かなくてはならない。それが本当の自分を生かす道である。

見方や立ち位置を移して言い換えれば、政治家の言葉の本心は、みな素直な正しい言葉だと言えます。しかし、その言葉はその人の所属してる党の考えにとらまえられたものであり、また、その人個人の特定の理念に固まった考えからでたものです。そうなればその人の本心を表したものかと言えば、かなりそれとはかけ離れたものになってしまうものです。

そして、何より、先人の書き残したことや、歌や踊りなども、どのようにとらまえて、どう理解し、どう活用するかが大切で、それにより自分の考え方や立ち振る舞い方がかわってくるということでしょう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    竹林泉水 (05/16)
    私は丸山氏の日頃の言動をよく知らないので、何とも言えないがマスコミやネットなどを見ていると、もともと議会制民主主義の国会議員としてのあるべき資質を否定しているよ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2013/07 | 08
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR