FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

3枚の鳥の羽

グリム童話 「3枚の鳥の羽」から

昔、ある国に三人の王子がいました。その国の王はもう年老いていたが、世継ぎを誰にするか決めあぐねていた。
その3人の王子の2人の兄は怠け者で、一番下の王子は無口で真面目でしたが抜けているところがありました。(落語でいうと与太郎か喜六というところでしょうか。)

王は三人を呼び出し言いました。「息子たちよ、旅に出てこの世で一番美しい絨毯を持ち帰ってきなさい。そしてその中で一番美しい絨毯を持ち帰った者が、この国の王になるのだ」
そして、王は三人を城門の外につれ出し、天に向かって三つの鳥の羽を投げました。王が言いました「この羽が落ちた方角がおまえたちの旅の向かう地だ」。した。
一枚の羽は東に飛び、二枚目は西に飛びましたが、三枚目はいくらもいかないですぐに地に落ちました。
2人の兄たちは、西に東に旅立ちました。しかし、一番下の王子は、飛ばなかったのでどこにもゆくことができませんでした。
三番目の王子は気落ちしていましたが、羽の落ちた所をよくみると、地面にはね上げ戸があります。王子はそのはね上げ戸を開けると、下に降る階段がありました。王子はその階段を降りていきました。階段をしばらく降りてドアがありました。王子はそのドアをノックすると中から声がしました「緑の小さい娘よ、 しわくちゃな足よ、 しわくちゃな足の犬よ、 あっちこっちによちよちして、 早くお見せ、外にいるのはだれか」。
扉をあけると、太った大きなヒキガエルが「何のようだ」と訊ねました。三番目の王子は
「この世で一番綺麗な絨毯が欲しい」と答えました。
すると、大きなヒキガエルは「緑の小さい娘よ、 しわくちゃな足よ、 しわくちゃな足の犬よ、 あっちこっちによちよちして、 大きな箱を持ってこい」。と言いました。
すると、若いカエルが大きな箱を持ってきました。そして、大きなヒキガエルは箱を開け、中から絨毯を取り出し、王子に与えました。
その絨毯は今までに見たことがないほど、綺麗に織られたものでした。王子はカエルにお礼をいい、階段をのぼり地上に出て王のもとにいきました。
一方二人の兄は、何とか楽をして絨毯を手に入れられないか、どうせ下の弟は抜けているところがあるので、ろくな絨毯を見つけられないだろうと思っていました。そして、旅先で出会った羊飼いの女から、羊の毛で織った厚手の生地を手に入れ、王のところに持ち帰りました。
三人の王子が持ち帰った絨毯を見て、王は、「末の王子の絨毯が一番だと言い、私の世継ぎは末の王子だ」。と宣言しました。

二人の兄は、間抜けな弟が王になると国が滅びると、父を責め立て、新しい条件でもう一度競争させて欲しいと頼みました。
そこで王は「一番美しい指輪を持ってきた者に、国を受け継がせる」といい、三人の王子を外に連れ出し、空に三枚の羽を投げあげ、三人の王子はその方向にいきました。こんども、前回と同じように二人の兄は東と西へ出かけました。
末の王子の羽はあまり飛ばず地面に落ちました。そこで王子はまた太ったヒキガエルのところに降りて行き、一番美しい指輪が欲しいと言いました。ヒキガエルは大きなはこを持ってこさせ、その中から綺麗な指輪を与えました。その指輪には光輝く宝石が付いて、金細工も精巧なものでした。
兄の二人の王子は、金の指輪を捜しに出かけるのをめんどくさく思い、古い車軸の環を磨いて王のところに持ち帰りました。
王はまた「この国は、末の王子のものだ」と言いました。

二人の兄は、さらに王の決定位に不満を唱え、王を困らせ三度目の条件を出させました。三度目の条件は、一番美しい王子の嫁となる姫を連れて帰ったものに王国を与えることにしました。
王は三つの羽をまた空に投げ飛ばし、これまでと同じように羽は落ちました。
末の王子は三度太ったヒキガエルのところに降りていき、「一番美しい姫を連れて帰りたいと」。頼みました。
ヒキガエルは「今度は、一番美しい姫か!。それ今すぐには手に入らない。いまから準備して手に入れてあげよう」。といいました。
ヒキガエルは、黄色い蕪を刳り貫き、六匹のハツカネズミをくっつけて王子に渡しました。
そしてヒキガエルはさらに言いました。「ここにいる、私の大切な小さなヒキガエルの中から、一匹を選んで黄色い蕪の中に入れなさい」。
そこで、王子がヒキガエルを一匹選び、黄色い蕪の中に入れるやい変化が起こりました。
小さなヒキガエルは妙齢の美しい姫になり、蕪は馬車になり、六匹にハツカネズミは六頭の馬になりました。
王子はその馬車を操り姫と一緒に王のもとへ帰りました。兄の二人の王子は、姫を捜すのが面倒なので、通りかかった村の百姓娘を王に合わせるためにつれて帰りました。
王は三人の娘を見ると、「わたしの死んだ後は、国は末の子のものだ」と言いました。
またしても二人の兄は「末の王子が国王の世継ぎになるのは、承伏できない」と言い、
そして、広間のまん中に輪をつるし、これを飛び跳ねてくぐり抜けた姫の夫が、嫡子になるように王に迫りました。王は、二人の王子が余りにもしつこいので、それを承知してしまいました。
実は、二人の兄たちは、お百姓の娘ならそれぐらい意図もかんたんだが、末の弟の連れてきた姫は、華奢な体つきなので飛びそこなうだろうと考えたのです。

そして衆人のもとでその輪くぐりが行われることになりました。
始めに二人の百姓娘の女が飛びました。二人の娘は飛んで輪をくぐることはくぐったのですが、飛び方が不器用だったので、脚の骨を折ってしましました。
最後に末の王子の姫が飛んだのですが、それは華麗に飛びくぐることができました。それは、もともとカエルだったのですから、飛び跳ねるなど意図もたやすいことだったのです。

そんなかやで、二人の兄の王子は、何もできなくなってしまい、末の王子が嫡男となり、王が亡くなったあと、王冠を息継ぎ末永く国を平和に治めました。


結局この怠け者の二人の王子は、王の嫡子と思われていたのですが、すべてを失ってしまったのです。
何事も、目先の欲に囚われずに、地道に一つ一つをこなしていかなくてはならないのですが、国を継いだ三番目の王子も、自分では何もしないでカエルにたすけられたのです。このカエルこそは宮廷に棲むカエルではなく、城下のちまたに棲むカエルでした。国の政もこれとおなじように、市中に暮らす国民に助けられてこその政なのでしょう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2013/07 | 08
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR