FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

三枚の蛇の葉

人は往々にして何事も欲をだしたり、恩義を忘れるてしまうことがります。それにたいして、グリムの話のなかにそれを戒めたものがあります。

グリム童話から「三枚の蛇の葉」

昔、親子二人暮らしの貧しい若者がいました。しかし、あまりにも生活が苦しく貧しいので、若者がいいました。
「おとうさん、生活がとても苦しいから、僕は家を出て町に働きにでる」。と言いました。父親は息子と悲しみながら別れを告げました。
このころその国は戦争中だったの、若者はその国の王の軍隊に入ました。王の軍は敵と出会い激しい戦いになりました。若者の隊は見方がいっぱい打たれ司令官も戦死していまいました。残った兵は脱走しようとしたが、若者はみなに勇ましく語りかます。「われわれは祖国が荒らされるのを許してはならない。」と言い。他の兵隊に最後まで戦おうと訴えました。脱走しようとした兵たちは若者について戦い、敵を打ち破りました。兵たちが勝利して凱旋したのは、専らその若者のおかげだと、王は聞き若者を士官にに昇級させ褒美を与え、王国の側近として仕えることになりました。。

その国の王女は、とても美しいが一風変わった娘がいました。王は娘のそのようなところを心配して、娘が先に死んだら一緒に生き埋めにされてよいと約束しない人は誰も夫にしないという誓いをたてていました。娘も「もし私を本当に愛してるなら、あとの人生は何の役にたつの?私だって同じよ。夫が先に死んだら一緒にお墓に入るわ。」と言うのでした。
そのため、この奇妙な誓いのため、だれも求婚者するものはいませんでした。しかし、若者は娘の美しさに惑わされたかとても惹かれたかで、その奇妙な誓いを気にせず、父親である王様に娘と結婚したいと申し出ました。「お前は何を約束しなければならないか知っているのか?」と王は若者に尋ねました。「もし妻より長生きすれば、私は一緒に埋められなければいけない。けれども、私はとても深く愛しているので、その危険を気にかけません。」と若者は答えました。それを聞いた王は若者との結婚をゆるしました。結婚式が盛大に行われめでたく、若者は王子になりました。
二人は暫くの間、幸せに暮らしお互いに幸せに暮らしていました。しかし、王女は重病になり国中の医者にみてもらっても治せる者はいませんでした。

王子は王女が死んだら、墓に生きたまま入らなければならないことを思いだし、恐ろしくなりましたが逃げ道はありません。王は王子が逃げられないようにあらゆる門に門衛をおいていたのです。運命を避けることはできませんでした。王女が死に柩がが埋められる日がくると、王子は柩と一緒に王家の安置室に連れていかれ、ドアが閉められ外から鍵がかけられました。。

柩には、4本のロウソクと4つのパンと4本のワインがテーブルの置かれていました。食料が無くなると王子は飢え死にしなくてはならないのです。王子が悲しみに耽り毎日少しづつ食事をしていると、部屋の隅から一匹の蛇が這ってきて王女に亡骸に近づいて行くのをみつけました。蛇が亡骸を傷めると思い、王子は刀を抜き、「私が生きてる限りは妻にさわらせないぞ。」と言って、その蛇を3つに切り裂き殺してしまいました。暫くすると別の蛇が穴から這い出てきました。蛇は口に3枚の葉をくわえていました。三つに切られた蛇の体を合わせて、それぞれの傷口に1枚ずつ葉を置きました。すると切られた体は繋がり、その蛇は命が蘇りました。それから、二匹蛇はどこともなくでていきました。
三枚の葉は置いたままになっていたので、王子は、蛇が生き返ったように王女にも当てはまらないかと思いました。王子は葉を拾い、1枚を死んだ王女口の上に、あとのに2枚を両目の上に置いたところ。血が通い始め王女の青ざめた顔が色づき、息をし始め目を開きました。
王女が蘇ったことを王に報告し、王子は事のいきさつを説明しました。そして王子は側近に三枚の派を預け「大切に保存し、常に持ち歩くように、何時なんどきでも使えるようにしておけ。」と命じました。
王女が蘇ってから王女に変化があらわれました。なぜか、蘇ってから王子への愛が心が薄らいでいきました。
王子は別れて長い月日がたつ年老いた父に王女を合わせよと会いに行くことにしました。その船の中で王女は、死の淵から救ってくれた王子の愛と忠誠を忘れ、不実にも船長に思いを寄せてしまいました。そして或る夜なかに、王子が眠っていたときに、王女は船長を丸め込み、王子を海に投げ落としてしまいました。そして王女は船長に「城にに戻って、王子は自己で海に落ちて死んだと言いましょう。父にあなたが王子を捜して活躍したといいます。王はあなたと私とを結婚させるでしょう。」と言いました。

しかし、二人の行いをつぶさに知っている、王子の忠実な家来は、王女と船長にみつからないように、ボートで船から脱出して、王子を探しに出かけ、王子の死体を引き上げ常に持っていたあの3枚の葉を口と両目に置くと、王子は蘇りました。
二人は小さなボートを昼夜を違わず漕ぎ国に帰りました。そして王子は王に王女のしたことを告げると。王は「娘がそんなに悪いことをしたとは信じられない。が、真実はまもなく白日のもとになるだろう。」と言いました。二人に裏の部屋に入り家臣や国民からも隠れているように言いました。それからまもなく王女が乗った船が帰ってくると、王女は悲しい顔つきで王の前に現れました。王は尋ねました「どうして一人で戻ったのだ?お前の王子はどこだ?」と言いました。王女は「お父様、私はとても悲しくなり戻りました。航海中に王子は病気になり死んだのです。船長が私を助けてくれなかったら、私も病気になって死んでいたと思います。」と王女は言いました。王は「私が死人を蘇らせよう。」と言い、裏の部屋から二人に出てくるよう命じました。王女は王子を見ると、吃驚して膝をつくと許しを乞いました。

しかし王は「情けは無用だ。王子は、お前と一緒に死ぬ覚悟をした上にお前を生き返らせた。それなのに、お前は王子が寝ている間に殺したのだ。お前はそれにふさわしい報いを受けるががよい。」と言いました。そのあと、王女は船長と一緒に船底に孔を開けられた船に乗せられ、海に出るように言われ航海しました。そしてまもなく船は深い海底への沈んでいきました。

関連記事

メタンガスの活用

平凡社の本、「もの知りゼミナール[世界]謎と発見事典」1984年初版 を読んでいると、次のようなこと書かれていました。
【中国農村の自給エネルギー、メタンガス】全文を引用すると長くなるので、要点だけをかいつまんで紹介していみる。
[メタンガスの発生源は、人畜糞、作物の茎、雑草、ゴミなどで、これらを密閉して発行させ、ガスを発酵させる。その装置はきわめて簡単であうる。農村のエネルギー開発として、全国的に普及活動が展開されちる。]そして、個のメタンガスは燃料としての利用だけでなく、メタンガス発電所も建設されていると書いてある。
また、いままで、燃料としていた干し草を加工して飼料とできるため、養豚業の発展をうながした。同時に、豚が増えることでメタンガス原料の糞便も多くなった。メタンガスの原料は、密閉した発生槽内で発酵したあとは悪臭がなくなり、寄生虫の卵もほとんど死滅するため、ハエやカの繁殖場所がなくうなり環境浄化に大きく寄与した。ガス発生後の原料は、肥料としても肥溜めのものよいり良質で肥料効果が高い。また、今まで燃料として山林の乱伐がなくなり自然の生態系が守れるようになった。大容量の発生槽が建設され、メタンガスでエンジンを動かし灌漑や農作物の加工や発電に多く利用されている。]
このように書かれているが、今から30年程前にことです。このことは、そういえばテレビのニュースで見たような記憶がありますが、すっかりと忘れていました。この当時はまだまだ中国は貧しい国の時です。
いまは経済成長が著しく、多くのエネルギー資源を輸入しています。そして今後の安定的な経済成長維持のためにも、安定的な電力供給は必定です。
自然にやさしいクリーンな循環型のエネルギーは、急速な経済発展のなかで、現在はこのメタンガスの活用はどのようになっているのでしょうか。


いま、日本では原発事故を機に、自然エネルギーの活用が注目されています。その多くは、莫大な事業開発が必要な、風力発電や海流発電や波力発電や太陽光発電などです。この昔の中国のメタンガスの活用、今現在中国ではどのようになっているのでしょうか。日本の技術を持ってすれば、中国のそれ以上に効率よく活用できるものと思うのですが・・・。

原子力や天然ガス火力などの発電の方が、安定的に供給できるのでそちらを選ぶでしょうか?
それとも、メタンガスの循環型で多様にりようでき、維持管理はその地域に任される手間をある方を選ぶでしょうか?

この平凡社の、「もの知りゼミナール[世界]謎と発見事典」【中国農村の自給エネルギー、メタンガス】の項の、中国のメタンガスのあとに、インドにも同じ取り組みがあり、すでに40年の歴史があるとされています。いま、中国もインドも原子力発電所が盛んに建設されています。そうなるとますます、このメタンガスの循環型エネルギー資源の活用がどのようになっているのかが気になります。


日本では、江戸時代の循環型の生活で、省エネルギーでの暮らしをしてきました。江戸時代世界一の人口の江戸の町から出る人糞人尿は、近郊の農家は料理で出る野菜くずなどと一緒に高値で引き取り畠の肥やしにして作物を育てたといいます。そしてその育てられた野菜を江戸の町に売りにいきました。それにより、江戸の川は綺麗で魚が豊富にとれたといいます。(そのころパリを流れるセーヌ川は、人が出す排泄物などはセーヌ川の上流に垂れ流し、その川下で上水を取水していたといいます。江戸のまちは、埋め立て地ですから地下水の井戸は塩分があり仕えないので、上水は井の頭など、江戸の町の上流から取っていたといいます。)
このように、農村と江戸の町はお互いに、持ちつ持たれつで経済は循環していたようです。それが、明治時代にはいり、西欧の経済がはいってきて、それまであったそのような関係は、経済効率が悪いので無くなってしまい。昭和の40年頃には、東京を流れる川は魚も住めなくなってしまいました。それを、法律の規制や浄化技術の向上などでようやく、魚が住める状態になってきたところです。

江戸時代のように戻れとはいいませんが、いまの経済循環の仕方を振り返って見るのは大切なことと思います。
関連記事

永田町大好き!春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン

テレビでおなじみの、春香クリスティーンさんが「永田町大好き!春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン」という本を著されました。

本の出版を知り、早速本屋さんにいき、中身を見させていただきました。読んでみて、なかなか面白くしかも中身があるほんで、早速買ってしまいました。


    永田町大好き!春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン



中学生や高校生の授業で使えそうに思います。学校の先生にも残念ながら、こちらの方面に疎いかともおられるので、是非読まれるといいと思います。

国会議事堂の探検記や、選挙にしくみや政治の仕組みなど、ところどころ外国とも比べてかかれています。
最後に、議員の、谷垣禎一氏、柿沢未途氏、細野豪志氏、小沢一郎氏との対談もありなかなかのものです。
個人的に言うと、他の人との対談してほしかったですが・・・
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 伝統食
    アジシオ次郎 (12/03)
    おはようございます。

    食の多様化による一方で加工食品やファストフードなどの台頭もあり本来の食文化をすすんで食べるという意識が低下したり、前述の加工食品やファス
  • 人工知能
    荒野鷹虎 (11/23)
    今年も終わりますが、白内障手術の結果が悪く、
    昨日は瞳孔を開いたのでまぶしくPCを開けませんでした。それに結果が悪かったもので気落ちもしましたしたしね^^。泣き)
  • 安倍首相の愛国心とは
    竹林泉水 (09/12)
    > 戦争に洗脳させるため

    皇祖皇宗の天皇の国であるから、その臣民は天皇のために命を捧げることを惜しんではいけない。

    戦後教育を受けた私には、受け入れられないこ
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2013/07 | 08
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR