FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

薪こり菜つみ水くみ得し

法華経を 我が得しことは 薪こり 菜つみ水くみ つかへてぞ得し
  (拾遺1346)
法華経の教えを勤め 私が涅槃を得たのは、前世で山に入り薪を樵り、野で菜を摘み、川で水を汲んで、聖仙人 阿私仙のもとで修行して得たのだ。

この歌は、光明皇后の作とも言われていますが、行基の作との説もあります。

光明皇后は聖武天皇とともに、東大寺を建立するなど、仏教を信心し、広く布教にも勤めました。また聖武天皇の崩御後、光明皇后はそのゆかりの品を東大寺に寄進した正倉が、今の秋に公開される「正倉院展」の宝物です。

光明皇后の逸話に、「重症の癩病患者の浴場を作り、患者のただれた皮膚の膿をみずから吸われたところ、その病人が阿しゅく如来であった」という話があります。
皇后がそのような、逸話が語り継がれるのも、深く信仰し悲田院を設け孤児を救済し、施薬院を作り病人を救った光明皇后のその行いは、前世に阿私仙に仕え、山や野や川での糧を営むことで事足りると、実践してきたからこそと慕われていたからでしょう。
座禅の仕方を書いた天台小止観に、五つの大切なことの中の一つに、「衣食具足」が大切だとかいてあり。日々の食には四つに分類でき、一に、「薬膳や果物、蔬菜だけで身体はたもてる」とあります。
今の日本の食卓のように、飽食で沢山何でも食べる。必要以上に食べることにより、肥満や生活習慣病を心配しながら食べる。また加工食品などには、色々な添加物や調味料が使われ、中に何が入っているか分からない食べ物。このようなものを食べ続けることは、自分の心身にとてよいことでしょうか。
この地球に生物として生きる人として、他の生き物を犠牲にしながら、生きて行くには野山に入って、少しばかりの必要なものだけを採ってきて、自分を生かしていくことに私は焦がれるところがあります。しかし、そのことは実際に現代社会で生きているなか、私などはその知識もないし、身体の中の原始の生き方の遺伝子も、それがどこに眠っているのわからなく、すでに失われているかもしれないので、野の恵みを糧として生きていく術はありません。高度経済成長以前は、山の中で生きていく人もいましたが、今はその様な人はいなくなったようで、日本人はその様な生き方を忘れてしまっていると思えます。

「天命地令人従身土不二」という言葉があります。
人はとどのつまりは、この地球にすむ他の動物と変わらないものです。動物は植物がなければ、その生命を繋げていくことはできないです。植物は土を離れて成長できず種をつくることはできないです。すなわち土をななれて人はないです。また、人の身体は住んでいる風土や環境と密接に関係し、その土地の自然に適応した旬の作物食べることが、健康に一番よく健康で生きられるという考え方方もあります。

良寛の歌にも次のようなものがあります

水や汲まむ薪や伐らむ菜や摘まむ朝の時雨の降らぬその間に

水を汲もうか、薪を伐ろうか、それとも野山の菜を摘もうか。秋の冷たい時雨の降らないその間に
時雨は、秋から冬にかけて降る雨のことですから、「薪にするたに山に柴を刈にいき、菜の保存の準備をするために、秋の冷たい時雨が降り始めないうちに野山に分け入って摘みにいこうか」
すこし、近くの野山を散歩してその様なことを感じてみようと思います。
関連記事

bevin boys の慰霊碑

昨日、NHKBSのワールドニュースのイギリスBBCが次のようなニュースを流していました。
第二次世界大戦中に徴兵されたが、女王陛下のため戦地に行けると思っていたが、行かされたのは兵舎でなく石炭鉱山で働かされた。その人たちを「bevin boys ベビンボーイズ」と呼び、多くの人が過酷な重労働や事故で亡くなったそうです。そのうえ兵役につかなかっとして長年に渡り、周囲から蔑視や差別をうけ名誉も傷つけられてきました。しかし、それらの人の名誉回復をするてめの、慰霊碑が建てれれたそうです。

このことについてもう少し詳しく知りたいと思い、ネットで検索しても日本語では見つかりませんでした。

いずれにしろ炭坑での、労働と生活は過酷であったことは想像に難くないです。炭鉱と言えば環境の悪い重労働で事故が付き物です。ゴッホは牧師になり、最初に赴任したのがオランダの「ボリナージュ」という最貧民窟の炭鉱町でした。そこのあまりにも非人間的な状況に対して、ゴッホは町の人たちに常軌を逸した献身をします。しかし教会の上層部から眉をひそめられ職を逸してしまいました。その後もその町でどん底の2年間過ごすしたことは知られている通りです。

日本でも、私の小さいころは、炭鉱での落盤や粉塵爆発事故などの、ニュースは頻繁に報道されていました。
また、炭鉱で働いた労働者自らが記録した絵が残っています。その絵と文を読むと、炭鉱での労働は悲惨なものだったことが、山本作兵衛の炭鉱をでの労働や生活を描いた絵から、窺いしれます。講談社の「炭鉱に生きる 地の底の人生記録」や今年出版された「筑豊炭鉱獲物語り岩波現代文庫」を読むと炭鉱には炭券と言うのがあったそうです。炭券とはヤマの切符とよばれ、その炭鉱鉱山でしか使えない私幣です。
そこには次のように書かれています「大正六年頃まで坑夫を悩ました。ヤマ以外には通用せぬので、現金入用時には莫大な目銭を出して交換していた。ヤマの近傍には之を利用して暴利を貪るヤカラが多かった。五斤、五厘、一銭、五銭、十銭、五十銭、千斤、壱円とあり、後、二銭や二十銭もでた。・・・・・・」とあります。
この炭坑でしか通用しない、炭券は菱井形定の紋の炭券すなわち、住友系炭鉱の切符は信用があり、炭坑外の周辺地域でも国の発行しているお金と変わりなく使えたそうです。しかし、違い菱の紋が経営する系列の炭坑の炭券は外部に通用しないため、高率の目銭を払って交換しないといけなかったそうです。違い菱と言えばあの有名な企業ですが、それすらも炭坑夫の上前をハネルようなことをしていたのでしょうか。

炭鉱労働者はこのように洋の東西に関係なく、搾取されていたようです。また、まだ記憶に新しいチリのサン・ホセ鉱山で落盤事故で生き埋めになり、事故から69日ぶりに救出さたことからわかるように、今も同じような劣悪な環境で働かされているところが、石炭炭坑に限らず少なくはないでしょう。

それが、イギリスで慰霊碑が建てられ名誉回復され、自分たちの生きていた証がきちんと残されることになったことは、喜ばしいことであるし後生まで語り継がれていくべきでしょう。また今の豊かな私たちの生活もそれらの人が今地下で働いているからだと言うことを忘れてはならないでしょう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2013/05 | 06
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR