FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

愚公移山

中国の古典「列子」の湯問編に、愚公移山という話があります。
話の大筋は次のようなものです。

昔、北山愚公というとしがもう90にもなろうという老人がいた。その愚公の家の前には、太行山・王屋山という大きなあって、出入りを塞いでいてなにかにつけて生活に不便をきたしていた。
そこで、愚公は家族の者を集めて言った。
「儂はお前たちと全力をつくして山の険しいところを平坦にし、豫州の南部に向かって道路を通じ、漢水の南岸に到達させたいと思うがどうだろう」。と。
すると、家族の者たちは口々にみな賛成した。ところが愚公の妻だけが疑問に思い反対していった。
「年老いたあなたの力では、小さな丘を崩すことさえとてもできません。ましてや太行・王屋のような大山をどうして崩せるというのですか。それにいったい崩した土や石はどこに捨てるのですか」。と。
すると、みんなはこたえた。
「それは渤海の隅っこか、隠土の地方の北部にでも捨てたらいい」。
このようにして、愚公は息子たちや孫たちを引き連れ、太行山・王屋山を堀だし、かついで運ぶ者は三人、岩石を打ち砕き、土地を切り開いて、土や箕や畚で渤海の隅っこに運んだ。
そうしていると、愚公の隣家の京城氏の寡婦に忘れ形見の男子がいた。ようやく歯の抜け替わる年頃であったが、いさんで出かけ、愚公の仕事を手伝った。一回土を捨てに運ぶのに半年ほどかかる状態であった。

それを見た愚公の隣の河曲の土地に住む、智叟という悧巧者の老人は、その愚公の話を聞いて笑い出し、その仕事を止めさせようとしていった。
「なんて愚かなことだ、お前の馬鹿さ加減は笑ってしまう。年老いたお前のわずかな力は、山の草一本たってろくにむしれない。ましてや土や石をいったどうしようというのだ」。と。
すると北山の愚公は、ため息をついていった。
「きみは自分の思いこみにとらわれてそう言っているのだろう。そのかたくなさは手のつけようがない。あの寡婦の幼児の頭にも及ばない。僕が死んでも子どが、その子どもがさらに孫に、その孫はさらに子どもに引き継ぎこの事業を続ける、こうして子々孫々とこの事業は引きついでいくのだ。これにたいして、山はこれ以上たかくなることはない、子々孫々削り取っていくのだから、なにも平坦にできないなどと気にやむこなどない」。これを聞いた河曲の智叟は返す言葉もなかった。
この話を聞いた、太行・王屋の蛇を手に持つ山の神は、愚公がこの事業をあきらめて中止してしまう様子がないのを恐れて、この愚公の事業のことを天帝に報告した。
すると、天帝は愚公の真心に心か動かされ、袴蛾氏の二人の息子に言いつけて太行・王屋の二つの山を背負わせ、一つを朔北の東部に、一つを雍州の南部に移した。
それからというもの、冀州の南部から漢水の南側にかけて険しい丘陵はなくなったのである。


この話は、いろいろなところで使われるので知っているひとも多いとおもいます。
どんなに困難なことでも辛抱強く努力を続ければ、いつか必ず成し遂げることができると教えてくれるものです。そして、必ず天帝があらわれその人のおこないを理解して、支援や援助をしてくれる者があらわれることを教えてくれています。


今の日本には、二つ大きな山でなく、幾つもの大きな山がゆく末に立ちはだかっています。
経済や産業の問題、国民生活をどう守るかの問題、領土の問題、少子高齢化の問題、福祉・教育の問題などなど沢山あります。

今の日本の政治には、この愚公のように芯をぶれさせずに最後まで貫く政治が必要ではないかと思います。
しかし、日本にこの愚公のような政治家や政党がいないように思えます。

民主党はもともと、考えの違う人が集まって作った党のためか、内部の意見がまとまらず分裂してしまい。そして、意見が大きく違う人が離党したり、にわかに選挙に立候補して新しく政治家になった人が離れていきました。民主党はこれからが政党としての進化が発揮されるのでしょうか。

自民党は、目先の利益を追うことでお茶を濁し、野党の三年間で反省し、考えを新たにしたというわりには、依然と同じことの繰り返しをしています。そのうえ、国民に耳障りのよいことを囁き、次の参議院選挙でも絶対多数をとり、捻れ国会を解消しようとしています。

ほかの、政党も目先の議員数を増やすこをねらって、にわか仕立てに、選挙に立候補してみようと思う人を募集しています。

この「愚公移山」のはなし、日本の今の政治の状況に合わすとどうなるでしょうか。
どうも智叟という悧巧は、自民党や民主党や日本維新の会など沢山いるようですが、愚公はいないように思えます。今の日本に必要なのは、智叟という目先のことばかりで政治をおこなうのではなく、国民の子どもや孫の将来を考えた、先々の政策をおこなうことが大切ではないでしょうか。そして、この話にでてくる「天帝」とは国民に当てはめることになります。
天帝は、太行・王屋の蛇を手に持つ山の神の、言葉を聞いて惑わされず、その心意気と誠実さに感銘しました。私たち国民は智叟や蛇を手に持つ山の神などに惑わされないようにしっかりとした目を持っていきたいです。
関連記事

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

今後の日本人の生き方は

今後の日本人の生き方は

関西電力の子会である関電不動産副社長が、「原子力規制委員会の動きは安全性至上主義。活断層探しに躍起になっている」「福島原発の事故以来、イライラするほどじれったい。安全性を最優先するために思考停止になっている。」などの発言しています。そして、「科学的に活断層の影響を詰めて、問題をクリアできるかどうかという話が進んでいくべきだ」そして原子力規制委員会に「規制委員会は安全な原子力を特定して早く動かすのが使命だ」と注文をつけています。

この発言を聞いていると、電力会社の使命として電力の安定供給が前提であのは充分わかりますが、電力会社企業の社会的な責任としては、電力の安定供給だけではなくその前に国民の安心で安全な生活に寄与することもあります。電力の安定供給を優先さることを前提としていることがわかります。

原子力発電は、操業中の原子力の安全性や地震や津波による事故に対しての安全性だけではないです。原子力発電による使用済み燃料棒の再処理の問題その廃棄処理と廃棄物の貯蔵保管場所も、日本で原子力発電の事業が始まって半世紀ほどたちますが、いずれも処理法や貯蔵保管法や場所などは未確定です。今仮置き場に使用済み燃料棒が置かれている状態です。

今後、原子力発電について、活断層などの問題だけでなく、原子炉からでる廃棄物の処理も確定しているのかも考えていかないといけないと思います。
そうなると、いろいろな問題がでてきます。

・今後原子炉を再起動して今までの生活のように、電気を使い快適な文化的な生活をし、産業も発展していく道を選ぶのか。
・原子力発電に頼らないで、今までのような電気に依存した生活を見直し、世界のトップクラスの経済と強い国を目指すのではなく、不便で時間がかかっても生活の安全と安心を選び、生活の質を高めるた文化的な道を選ぶのか。


日本人一人一人が、このことをよく考え、どちらの道を選ぶのかを選択する覚悟が必要ではないでしょうか。

関連記事

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2013/02 | 03
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR