FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

壮大な時の物語

137億年の物語」What on Earth Happene? 2008
クリストファー・ロイド著 日本では、2012年初版
宇宙の草創期から、現代までを綴った本です。
この本は、宇宙の創世から現代まで、読者が本を手に取る今の時間までを一日として、秒を追って書き進められています。イギリス人なので欧米人の考えて書かれているので、日本人や東洋の人などが読むと、これはと思うところもありるが、世界史を縦横に知るには面白本です。

      137億年の物語

同じような内容の本としては、「宇宙戦争」や「タイムマシーン」などでSF小説家として知られる、H・G・ウェルズが書いた本があります。
H・G・ウェルズといえば、SF小説家としてだけでなく、文明評論家として、社会科学者としても活躍し、現行の日本国憲法にも影響  をおよぼした人です。

1922年に、H・G・ウェルズが書いた、「A SHORT HISTORY OF WORLD」があります。こちらのは、日本にも昭和十四年に「世界文化史概観」という題名で長谷部文雄氏・阿部知二氏の訳で岩波新書赤版として出版されました。その後、ウェルズが1946年に死ぬまで加筆改訂され、その後も1965年に息子のG・P・ウェルズらが、改訂加筆しています。
岩波新書も戦後青版として1966年に大幅に改定された「世界史概観 上」・「世界史概観 下」が出版され、版をかさね現在では56刷を重ねて売られています。こちらの方は、初版が今から90年ほど前に書かれた者で、欧米社会から見た歴史観もあり、偏見や差別的な表現も見られますが、H・G・ウェルズの当時として先進的で民主的な考えがかいま見れます。

      世界史概観 上   世界史概観 下


また、同じ本が、1971年に角川書店から、下田直春氏の訳で「世界文化小史」として出版され、今は講談社学術文庫で手に入れることができます。


      137億年の物語

この三つの本とも500頁以上あり、どれも読みごたえのある本です。
関連記事

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

三界火宅

三界火宅

宇宙からの地球の夜の写真を見ると、多くの人は大陸の明かりがダイアをちりばめた姿に神秘を感じ綺麗だと思おう人がほとんではないでしょうか。今や大陸の至る所で、多くの明かりが煌びやかに輝いています。
特に北アメリカ大陸、ヨーロッパそして、日本などは光り輝いて実に美しく、豊かな文明を象徴しているようです。

     夜の地球
     ~眺める,楽しむ,地球科学。~より。
     http://members2.jcom.home.ne.jp/planet.earth/index.html

     YouTubeに載せられているNASACredEarithObsの写真を見ると、実に綺麗です。
     http://www.youtube.com/watch?v=Ihqtz7aPT4Y&list=UUiKhRCTNFgdD2sshfw73dCQ

国際宇宙ステーションから送られた、その地球の夜景の写真を見ていると、釈尊の言葉を思い出してしまいました。

あるとき、釈尊は山頂で弟子たちに説法をしたとき、「よく見るがよい 下界は燃えている」。と。
下界の人たちは、感覚的、物質的な欲と快楽にふけり、三毒に火がついて燃えさかっている。欲望に火がつき、その火に追い回され、背中に火がついて逃げまどっている。眼が燃えて、耳が燃えて、鼻が燃えて、下が燃えて、身が燃えて、心が燃えて、人のすべての欲望が燃えている。

釈尊が弟子たちに諭すときに見た、下界は山頂はせいぜい標高数百メートルの山からでしょう。そして町の灯りも薪やなどの明かりです。現代の都会である夜城の明かりとは比べものになりません。しかし、今も昔も暗い中で見る、街の輝いた明かりには、人を引きつけるものがあります。それは、人の温かみであり、欲であったりもします。そしてここ釈尊が問題にしているのは、欲望の明かりの方で、鬼火が至る所で燃えさかっていように見えるのではないかと言っています。


宇宙からの地球の夜景の写真を見ると、特に人工の密集した科学技術の進んだ地域は、アメリカ合衆国やヨーロッパそして日本などのを見ると、まさに文明国で人々の欲望が人を憎み陥れ、己の欲をさらに燃えさからしているようにも見えます。

これこそまさに、「三界は安きことなく、なお火宅のごとし」です。
この言葉は、法華経 譬喩品にあることばです。

三界無安。猶如火宅。
衆苦充満。 甚可怖畏。
常有生老。病死憂患。
如是等火。熾然不息。

三界は安きこと無く 猶、火宅の如し
衆苦は充満して 甚だ怖畏すべく
常に生・老 病・死の憂患有りて
かくの如き等の火 熾然として息まざるなり。
関連記事

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    12 | 2013/01 | 02
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR