FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

山の道とひとびと

国土地理院が「みんなで作って育てる「大山」登山地図」調査として、鳥取県の大山登山道を地元のボランティアと協力して、国土地理院が作成、発行している地形図を制作していることをNHKのニュース番組で紹介していました。
現地調査をすることにより、国土地理院の地図を更新して、「大山」の正確な登山道や関連情報が記された地図、ガイドマップ、パンフレット等が作成されることが期待されています。
第一回の調査が10月に実施され、現在発行されている登山道の少なからずが、崖崩れや何らかのことで迂回されていたりして、そのルートが変わっているのが判ったそうです。そして新たに地形図にのっていない、登山道ではなく地元の人が知っている散策道も新たに付け加えられるそうです。

この話を聞いて、山本常一氏の「山に生きる人びと」(河出文庫)の「塩の道」にかかれている冒頭に次のようにあるのを思いだしました。

「山中の道を歩いていて、いったいここを誰が通ったのであろうと思ってみることがある。地図にもでていない見市である。下草におおわれながらもかすかにそこを何人かの人が通りすぎたあとがのこされている。人の歩いた部分はややくぼんでいて、草も生えていないか、生えていても小さい。木も道の上の空間はそれほど枝をさしかわしていない。といって一日に何人ほどの人が通るのであろうか。そういう道を歩いていると草が茂り木が茂って、とだえてしまっていることも多い。それからさきは人も行かなかったのであろうか。それとも雑木や雑草がうずめつくして通ることすらできなくなってしまったのであろうか。」


獣道というのがありますが、山本常一はそのことにも触れさらに、次のように書いています。

「古い時代には野獣の数はきわめて多かった。そしてそれらが山の中往来することによっておのずから道はできたわけであろう。その道を人もまた利用したのである。だが、そうした道ばかりでなく人間のつくった道もあった。最初に道をつくる者は鉈や斧で木を伐り、一応人の通れる道をひらいた。
『信濃路はいまの墾道刈株に足ふましなくくつはけわが背』という『万葉集』の歌にそのさまをうかがうことができる・・・・・  」

道というのは初めは、獣道だったのを人も通るようになって踏み固められたり、この信濃路のように誰かが枝打ちして切り開いたのを、次第に人が通るようになり道幅が広くなり整備誰ていったものでしょう。
ところで、私の以前に住んでいた所に、「ととやみち」と言う登山道がありました。(「ととや」とは魚屋のことです。)この道は今は登山道として沢沿いの横を登る整備された登山道です。昔は海辺の海辺の村から山を越えて温泉町に、魚や塩を運んだ道だことから、「ととや」道とついたと言われいます。この道も昔に山を越える道として誰かがはじめに作ったのでしょう。
このような道は、昔は全国いたる所にあったのでしょうが、いまは車が通る道が整備され、そのような多くの道は人が通ることは途絶え、廃れてしまい木々が生い茂りなくなっているのでしょう。
しかし今、そのように山が荒れているとして各地で問題になっていますが、いろいろと地域の住民が取り組んで活動されているところもあります。
ちょうど私の今住んでる地域で、地域の里山保存会が小学生と一緒に荒れている山に入り、雑木の芝刈りをして取り組んでいることが、先日の新聞の記事に載っていました。このような取り組みをしていると、山の散策路などが消えかかっていても、再び散策路がよみがえってくるでしょう。
しかし、都会の中に住んでいるとそのようなことを、意識することはやその機会がなくてすむと、その地域の近くの山は荒れてしまうでしょう。
人が住める自然を残すには、人が入り手入れをして管理しないと、自然は人が入るのを拒んでしまうことは知っておきたいと思います。
関連記事

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

紅葉も色づき

私の家の周りも、だいぶ紅葉がすすみ、裏の山の木々が赤くそまりだしました。

ここ数日カラット晴れた天気でなかったですが、今日は朝から雲一つないてんきです。
今日は久しぶりに一日庭の手入れをすることにしました。

この天気が終わるころは、寒い冬が訪れますが、以前は私のあたりもよく雪が積もりましたが、去年は一日白くなっただけでした。今年の冬は何回茅葺の屋根が、白くなることでしょう。
関連記事

国会の解散

今日、国会が解散されました。このようすを観ていて、夏目漱石の「草枕」を思い浮かべます。
『情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。』

そして、後で漱石は。
『人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。
ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。

越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。・・・・・』

野田首相は情に棹さし流されてしまいました。本当の人でなしはどこにいるのか、今度の選挙ではよく見極めて投票したいとおもいます。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    10 | 2012/11 | 12
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR