竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

はつか大根の漬物

ハツカダイコンを植えてそのままにしていたので、だいぶ大きくなってしまいました。土からでて頭を出していた所は、ひび割れてしまっていました。
 
        
       
 
そのハツカダイコンの表面の皮を剥き、糠床に漬けて漬け物にしてみました。
 
        

ハツカダイコンの赤い色素は、糠に少し染み出して、ハツカダイコンを漬けていた辺りを赤く染めていました。
半分に切ってみると、なかまでほんのりと赤みが付いて、美味しそうです。食べてみるとハツカダイコンのピリットした辛味が少しあり、おいしい糠漬けが出来上がりました。
関連記事

パラリンピック

パラリンピックが始まっています。
オリンピックでアスリートたちの活躍に感動を与えてもらい、力と前向きに生きていくことの大切さを教えてもらいました。
 
今度は障碍がある人たちが、その障碍を克服して結果を残していく姿に、多くの人が感動をもらうことでしょう。そしてオリンピック以上に、物事を前向きに取り組み、最後まで諦めずに地道にやり抜くことの、大切さなどを教えられることでしょう。

そして、このことを通じて障碍者への理解が、より広まっていくことを願いたいです。
しかし、私はもう一つ見落として欲しくないものがあります。それは、努力したら努力しただけの結果が出せる、障碍者のパラリンピックだけでなく、別の障碍者の姿をも、多くの人々に知って欲しいと思います。
パラリンピックにでれる障碍者は、みな恵まれた方で障碍も軽度な人々ばかりです。下肢ががないから、筋肉が萎縮してきているからと言っても、努力して練習しただけの結果が出せる幸せさがあります。
しかし、努力したくても努力できなかったり、努力しても結果が出すことができない、それが現実の障碍がある方もいます。

私が今まで見てきた障碍がある方は、自分の上肢や下肢を思うように動かすことができなかたり、思うように自分の意志を思うように伝える事ができなかったり、また知的な面での障碍がある方たちが多いです。そのうえ、それらの障害が重複してる方たもおられます。しかし、その方たちは日々の生活を障碍にヘコタレず真剣に生きています。また自分の与えられた仕事を、真面目にコツコツトこなし、確実に作業をこなしてしています。
また、人工呼吸器を付けたり、胃嚢や鼻からの経管栄養で食事をしている人もいます。その人たちも日々毎日を精一杯生きて、周囲の人と明るくかかわり楽しく暮らしています。
 
ここ数日毎日テレビなどで、障碍のあるアスリートの方が、すばらしい競技を見せて感動を与えてくれることでしょう。しかし、それだけではなく日々を障碍とつき合いながら、そして日々の生活を周囲の人たちお支えを受けながら、そして楽しみながら精一杯生きている人も、沢山入ることを見過ごさないでいたいと思います。
関連記事

少し理窟などを合點したる者

少し理窟などを合點したる者は、頓て高慢して、一ふり者と云はれては悦び、我今の世間には合わぬ生つきなどと云ひて。我が上あらじと思ふは、天罰あるべきなり。何様の能事持ちたりとも、人の好かぬ者は役に立たず。御用に立つ事、奉公する事にはすきて、隨分へりくだり、朋輩の下に居るを悦ぶ心入れの者は、諸人嫌はぬものなり。
葉隠 聞書第一 一二三
  
一寸学習して知識を得たからとして、自分は色々なことを知っていると、その知識を見せびらかしたりして、あの人は色々なことを知っているとおだてられてているのに、自分は偉いのだとか尊ばれているなどと喜び驕ってします。ついには、自分が此の世に生まれてくるのは、遅すぎたとか早すぎたとこ言って、自分が出世しないで地位が低いのはそのせいだとする。このような人はまことに愚かでいずれは失敗してしまう。 
  
どのような知識があって賢くても、人から好かれていないとそれらの知識や智慧の花を咲かすことはできないし役にもたたない。
人の役に立つことや、自分の与えられた仕事をきっちりとこなすことができ、進んで仕事に勤しむことは大切である。おごり高ぶらないで素直でいると、その人の周りの人は、居ることだけで周りを和ませ、人気者になるであろうその様な人は誰からも嫌われないものです。
  
いつの世にもどこの世でも、その人が居るだけで周囲を明るく楽しくさせてくれる人がいるものです。その様な人を大切にしたいものです。
ただいかんせん私はその様な人の、爪の垢でも煎じて呑まなくてはと、時々思い反省しています。
関連記事

手拭運動法

私の手ぬぐいコレクションのなかに、「株式会社かまわぬ」http://www.kamawanu.co.jp/が作った手拭いに、かまわぬ手拭い運動法というのがあります。
  
    

  -- 2012-09-04に追加  --
    この運動の仕方を駒順に書いてみました。
     ここでは、繰り返しを3回にしましたが、4、5回でもよいと思います。
  イ-1  イ-1  イ-1     イ-2  イ-2  イ-2 右脚を イ-2  イ-2  イ-2 
  イ-3  イ-3  イ-3 右脚 イ-3  イ-3  イ-3 
  ロ-1  ロ-1  ロ-1     ロ-2  ロ-2  ロ-2  
  ロ-3  ロ-3  ロ-3 逆に ロ-3  ロ-3  ロ-3  
  ロ-4  ロ-4  ロ-4     ロ-5  ロ-5  ロ-5  
  ハ-1  ハ-1  ハ-1 左向 ハ-1  ハ-1  ハ-1  
  ニ-1  ニ-1  ニ-1  逆向 ニ-1  ニ-1  ニ-1  
  ニ-2  ニ-2  ニ-2  逆に ニ-2  ニ-2  ニ-2  
  () ニ-3 ( ) ニ ニ () ニ-3 ( ) ニ ニ () ニ-3 ( )   
  --  
 
手拭いに付いていた能書きには、「明治三十五年、ドイツ・ベルリン発行の週刊誌「DIE WOCHE」にH・ローミュラー氏の「大巾ハンカチ運動法」が掲載されました。翌年、日本ではこれを修補した形で森川克巳氏編著「手拭運動法」という小冊子が出版されました。「かまわぬ」では、この九十年前の運動法が、今日でも役立つものであったら、どんなに楽しいことかと胸を踊らせ、スタッフ一同で実験をし、また専門家の方にも試してもらったうえで、「かまわぬ手拭運動法」をみなさまに紹介することになりました。」とあります。
  
この手拭運動法の要諦としてと特に次のことが書かれています。
「特に、<二>の深呼吸についての注意は大切です。この運動は、体の内部に力を蓄積した状態で、終わります。  ・・・中略・・・、深呼吸をきちんとして、体をほぐすような気持ちでしないと緊張ばかりで弛緩のないものとなってしまします。運動そのものの緊張と、深呼吸の弛緩とのバランスをとり、からだとこころの安定をはかってください。」
このように手拭いについている能書きに書かれています。
 
この弛緩であるゆるめることが、どのような運動でも大切です。頑張って力を入れるばかりだと、それは制御できなくなり上手く体を動かせないばかりか、筋肉が疲れてしまって傷ついてしまいます。その上、精神面でもゆとりがなくなり、体の動きもぎこちなくなるので、ここに書かれていることは、この手拭運動法に限らず他の事にも当てはまるでしょう。
  
手拭いには、それぞれの動作の決め手描かれていますが、この能書きにはそれぞれの所作の動きや注意点などが細かく書かれています。
面白そうなのでここにその手拭いの写真を紹介してみました。
関連記事

手拭運動法 その2

手拭運動法 その2
 
やっぱり私より先にこのyahooのブログで、紹介されておられる方がいました。
 
 

手拭に描かれている、ポーズを繋げて動く絵にしたものがありました。
http://sobanoyokozuki.com/tenugui/japan.html
少しは参考になるでしょうか。
 
それと、かまわぬの手拭会社のWebページを調べたのですが、今は販売されていないみたいです。

健康の役に立てばと思うと、品切れで売り切れになっているのが残念です。
 
関連記事

見なれない鳥

最近早朝散歩をしていると、今まで見慣れていない鳥を、雑木林の中の地面を歩いているのを見かけるので、調べて見るとコジュケイのようでした。鳴き声は以前からよく「チョットコイ チョットコイ」と鳴くのを聴いて知っていたのですが、実際に鳥の姿を見るのは初めてでした。
そこで、最近はカメラを持って散歩しているのですが、なぜかそれからと言うもの、とんとコジュケイを見なくなってしましました。
 
先日、私が書いた、列子の「カモメと遊ぶ男」の物語の、男のような気になってしまいました。
 
 
ただ残念なのは、私が写真を撮って見てみようと思っているだけなのですが、コジュケイにしては獲って味らわれると思ったのでしょうか。私自身がもっと心落ち着いた心になり、撮ってやるぞというオーラのような余分な気が出ていたのでしょう。邪心のない心で、無邪気な気持ちでなにも表れないものが、あらわれるよに修養しろと、コジュケイハ教えてくれるために、再び見ることができないのでしょう。
関連記事

国政の海原を航行する日本丸の行方

国会会期末となり、重要法案が未成立のまま、解散時期はいつかとあわただしくなってきました。
また、自民党と民主党の代表の任期も時期を同じくして、それぞれの党内での動きも活発です。
それにより、これからの日本を指導する時期総理大臣も変わってきます。
 
また、関西の地域政党が国政に進出する動きもあります。
しかし、この地域政党に所属している地方議員は、国政進出や国会議員を取り込むことなど、詳しく聞かされていないようで反発もあるようです。
そのうえ、この地域政党の代表は初め、絶対に知事にならないと明言していたが知事になり、知事在任中に絶対市長に成らないと言いながら知事職を投げ出し市長になりました。政策の公約も玉虫色の解釈ができるもので、具体性が欠けるところが多いです。また、政治は選挙で多数を占めることが大切、それにより勝つことにより政策がなんでもできると言っていました。
自分の言っていることが180度変わる、玉虫色のマニフェスト、過激な発言などから、国会に台風が吹き荒れそうです。
ここ数日の新聞やテレビなどののニュースを聞いていると、国会の政党の動きや地域政党のうごきなどの、台風が吹き荒れるのはよいですが、国の船がそれにより沈没してしまわないよう願う昨今です。
関連記事

知非便捨と武勇

宗龍寺江南和尚に美作殿一鼎など學問仲間面談にて、學問の話を仕懸け申され候へば、「各は物識にて結構の事に候。然れども道にうとき事は平人には劣る也。」と申され候に付、「聖賢の道より外に道はあるまじ。」と一鼎申され候。江南申され候は、「物識の道に疎き事は、東に行く筈の者が西に行くがごとくにて候。物を知るほどに道には遠ざかり候。その仔細は、古の聖賢の言行を書物にて見覺え、噺にて聞き覺え、見解高くなり、早や我が身も聖賢の様に思ひて、平人は虫の様に見なす也。これ道に疎き所にて候。道と云ふは、我が非を知る事也。念々に非を知つて、一生打置かざるを道と云ふ也。聖の字をヒジリと訓むは、非を知り給ふにて候。佛は知非便捨の四字を以って我が道を成就すると説き給ふ也。心に心を附けて見れは、一日の間に悪心の起ること數限りなく候。我はよしと思ふ事はならぬ筈也。」と申され候に付、一鼎得道の由也。然れども武邊は別筋也。大高慢にて、我は日本無雙の勇士と思はねば、武勇を顯はす事は成り難し。武勇を顯はす氣の位これある也。口傳。
葉隠  四十七
  
  
宗龍寺の江南和尚が学問仲間に、「いまここに集まってみんなは、さまざまな物事を知っていること。また、その人。さまざまな物事を知って博識で満足しているだろうが、道に疎いと言うことでは普通の人と比べると劣っている。」
そうすると皆は訊ねた、「先生が教えてくれた他に道があるのですかと。」
江南和尚が答えた。「博識の者が道に疎いのは、東に行くはずの者が西に行くようなものだ。物事を多く知るほど、道に迷いやすく本来進むべき道から遠ざかってしまう。分かりやすく言えば、多くの難しい本を読んで学んで、偉い先生から講義を受けて学んで、学識が高くなって偉くなったと思ってしまい、巷の人々を軽んじて虫けらのように見てしまう。これこそが道に疎いと言うのだ。そもそも道と言うのは、自分の足らざる所を知ることだ。深く考えを巡らし自分の足らざる所をしり、常に学び続けることを道と言うのだ。聖の字を「ひじり」と読み知徳に優れた道理に明るい人のことを言います。非を知り給っていると言うことです。釈迦は、「知非便捨の四字を以って我が道を成就する」と説いています。己の非を知れば直ちにそれを改め捨てよと言い、これが自分の修行を完成させるものであると説いている。自分の道の修業を成し遂げるものだ。自分の行いや心に気をつけて見ていれば、一日の間に何度も悪事を行おうとする考えが、沸いては消えて消えては沸いてくるのを数えきれない。だから、これで自分をよしと思うことはできないはずである」と。
それを聴いたみんなは江南和尚を深く尊敬されるようになったという。
しかし、一鼎はそれに対して言った。
「武士の生き方は修行僧などとは違う。武士は、大高慢で、自分こそ日本無双の勇士と思うほどでないといけない。そうしないと武勇を天下に示すことはできない。そして武勇を示すためには、自分の行いが正しいと他人に示し、自分が優れていると自分自身で思い込むぐらいの気持ちとプライドがないといけない。」
 

組織の上に立つ人が目先の事や、自分の都合のことや、人に気を遣い過ぎて、自分の行おうとすることがブレまくると、確かに下の人間は何を信じて良いか、不安になって自分考えた行動しなくなり、お上の考えを気にして行動しなくなるだろう。
民主主義の現代では、一鼎の言うように、綺麗ごとだけいっては事が進まないので、時には強引な強権も必要だと言えるだろうか。
今の混沌とした時こそ時間がかかるが、江南和尚の言うように多方面からの情報を集め、知非便捨をすることが大切だろ。そればかりだと前に進むことは出来ず、多くの人の民意を生かす事も出来ないのも事実だが、そのような迷走をしながら互に認め合いながら進むのがいいのか。それともある時は、傲慢なほど信念を示し事を押し進めて行くのか、今の日本はどちらかを選択を迫られようとしているかもしれません。
関連記事

広島で信じられない事件がおきました

広島で信じられない事件がおきました。
小学生をカバンに押し込んで、拉致しようとした男がいました。
その男はタクシーでどこかに行こうとしたのですが、タクシー運転手の機転で男の様子がおかしく、荷物も生暖かく人の声がしたので、周囲の人の協力を得て少女を無事保護し、男を取り押さえ警察に引き渡すことができまし。

犯人は刑務所に行きたかったと言っています。この事件とは関係ないですが、最近死刑になりたいので犯行を冒したと言っている人もいます。
それもこれからの未来がある若い人が、心が荒み世を捨て自分を捨て、これらの犯行を冒してしまっているように見えます。
 
これは、個人的な問題ではなく社会的な問題でもあるようです、自分のなすことが思い通りにならないからと、不況で自分の先行きが不透明だからと言って、自分の人生の可能性を諦めてしまうのでしょうか。しかし、一部の人でなく多かれ少なかれ多くの人がこれと似た思いがあるように思います。だからと言って、このような行動に走る人はいないですが、ないかの拍子でこのような行動に走ってしまわないとも限りません。
その為には、日ごろから自分の気持ちを正直に表したり、人との関わりを広くしたり、して人との関わりを持ち閉じこもってしまわないことでしょう。
しかし、それがなかなかできない人もいます、そのような人のためにいろいろな社会的なケアーシステムなどが必要でしょうが、それだけでなく今の近所付き合いを避けけたりする、社会の雰囲気も見直していくべきでしょう。自分がそうではなくても相手がそうだからと言って、必要以上に避けたりするのもよくないでしょう。

話は、変わりますがこの事件で思ったことがあります。
バスなどは、行先案内板や後部乗降中の表示板などに「SOS」などのサインが出るようになっているのを見うけます。
タクシーも同じように、屋根の上の表示板などに「SOS」がたり、点滅したりするようになっているとよいなとおもいました。
 
関連記事

ウンコヨクショクヨウ

気功家の長谷川浄潤氏が「東洋医学セルフカア365日」(ちくま文庫)で面白ことを言っています。
「運動」「呼吸」「入浴」「食事」「様々な生活」この言葉の一文字をとって、「運呼浴食様」これを音で「ウンコヨクショクヨウ(うんこよくしよう)」と言うキャッチフレーズです。生活のリズムをただしゆったりとして健康でいようというものです。
 
・適度な運動
・正しい呼吸
・ゆったりとした入浴
・本当に身体が欲する食欲と食事
・単調な変わり映えしない生活より充実した日々の生活
 
これらのことを実践すると、規則正しい生活習慣になり、それが快便につながります。そして、快便が健康につながり、健康がな生活が楽しい毎日につながります。この「ウンコヨクショクヨウ(うんこよくしよう)」おもしろいので気に入りました。
 
このような生活をしていれば、毎日の排便も気持ちよくなり、身体の中の悪い毒素も外に追い出すことができるでしょう。
しかし、一言に言うのは簡単ですが、忙しい現代の最前線で働いている、世代の方にはなかなか出来ないことです。
 
だけど、できないと始めからあきらめて、忙しい日々に追いかけまくられるのではなく、忙しいなかでも常にそうありたいと心がける気持ちを持が大切でしょう。疎かな時間をみつけて、それらを意識し行動に移せるよう心がけて、毎日を過ごすことが「ウンコヨクショクヨウ」につながり、心身とも健康な生活につながるのだと思います。
関連記事

アクリルたわし

NHKBS1の世界のニュースで、ベトナムのニュースを聞いていると、でアクリルたわしが重宝されているそうです。
アクリルの毛糸で編んだたわしですが、これを使って食器を洗うと従来のたわしで食器を洗うより水の節約になり、節水とハロン湾の汚染防止にも役だっていると報じていました。
経済発展が著しいベトナムではまだまだ下水道の整備が整っていないところもあるようで、川や海の水質汚染が社会問題になってきているようです。そこで、洗った後ゆすぐのに使う水が少なくてすむ、アクリルたわしが注目されているそうです。
ハロン湾はどこかと調べたら、トンキン湾の奧で、中国との国境に近いところでした。
 
日本でも、授産施設や小規模作業所が毛糸で編んだたわしを販売していて、私も何回か使ったことがあります。
しかし、恥ずかしいことにアクリル繊維だと詳しくしらなかって、毛糸ですからウールだと思っていていました。
このアクリルタワシは水を使ってお掃除できる場所なら、どこでも使えます。洗剤を使わなくても水を流しながらアクリルタワシでこするだけで、軽い油汚れ、納豆のヌルヌル、風呂の湯垢も、取れて綺麗になります。
アクリル100%の毛糸が1玉あれば、簡単に沢山作れ、自分で作れば節約にもなります。小規模作業所などで作られて売られているのを買えば、作業所などの福祉支援にもなります。
最近は、いろいろな種類の洗剤不要のタワシが売られていますが、アクリルたわしは誰でも簡単に作れるところがいいですね。

このアクリルたわしのメリットはまだあるようです。食器についている汚れは食べ物ですら毒ではなく、逆にチッソやリンなど植物の肥料になる栄養素が含まれています。溜めすすぎで洗って洗剤を使わなかったら、その水を下水として捨ててしまうのではなく、植物にあたえれば汚れた水も流さず水の節約にもなります。
富裕な生活になれた、日本人に循環型のエコな生活を見直すのにいいかもしれません。
関連記事

太陽は近くにあるか遠くにあるか

太陽は近くにあるか遠くにあるか
列子 湯問編 七
 
孔子が東の国を旅をしているときの話です。
二人の子どもがひどく、言い合っているところに出くわした。それを見た孔子は見かねて、その訳をたずねた。
すると、一人の子どもが言った。
「太陽が出たばかりの日の出の頃は、自分たちの近くにあって、昼間になると遠くの方にあると考える」
すると、もう一人の子どもが、
「太陽が出たばかりの日の出の頃は、自分たちの遠くにあって、昼間になると近くにあると考える」と言った。
そして、さらに初めの子どもが言った。
「太陽が出た日の出の頃は、車の傘ほどの大きさがあるのに、昼間になると飯を盛るお椀ぐらいの大きさになる、これは近くのものは大きく見え、遠くのものが小さく見えるゆえんだからだ」
そうすると、もう一人の子どもが、
「太陽が出たばかりの頃は、ヒンヤリと涼しいが、昼間になると湯の中に手を入れたように熱い。これは近いところは熱く、遠いところは熱くないというゆえんだからだ」と言った。
それを聞いていた孔子、どちらが正しいか決めかねていたら、二人の子どもが言った。
「おじさんを物知りだと言ったのは何処の誰だ」
 
 
この話と、直接関係ないですが、「論語」の衛霊公編の三に次のようにあります。
子曰わく、賜や 汝予れを多く学びてこれを識る者と為すか 対えて曰く 然り 非なるか 曰わく 非なり 予は一以てこれを貫く
 
孔子は弟子にたずねた、「自分は沢山のことを学び博識でよく物事を覚えていると思っているか」と、弟子は「その通りです違いますかと」答えた。すると孔子は言われた「違う、私は一つのことを貫いて通しているのだ。」
 
 
この、列子の子どもの太陽の話の最後の「おじさんを物知りだと言ったのは何処の誰だ」は、論語読みの論語知らずというか、論語についての話を皮肉って言ったことばだそうですが。
孔子は、わからない話を知ったかぶりしたり、色々な話を継ぎ接ぎ足してとり繕うのではなく、自分の信念という芯を持って対処するのがよいと諭しています。ついつい知ったか振りをしてしまうことがなきにしもあらずでが、これは人として大切なことです。
 
予定どうりのことができなくなった、想定外のことが起きてたり出てきてしまった。などなど何時の時代にも色々なことが起きます。人はややもするとそ場を繕ったり誤魔化したり玉虫色のことを言ったりする人がでてきます。
だからといって、その場を取り繕ってやり過ごしては、かえって問題をこじらせたりするだけです。
そのときこそ本来すべきことは何かを再度確認し、それらから外れたり見失ったりしないよう、ブレナイことが大切だとおもいます。
関連記事

セルフネグレクト

セルフネグレクト

高齢者問題を考える上で、「セルフネグレクト」がキーワードのなってきているそうです。
解りやすい日本語で言うなら「自己放棄」ということです。自分の世話を自身でしなくなり援助や支援も望まなくなってしまうことだそうです。
簡単い言うと「お風呂に入らない」「洗濯をしない」「具合が悪くても医師にかからない」「食事にも気を配らない」等々です。

そして、ひどい場合は自分の住んでいる所が、ゴミ屋敷化して孤独死することもあるようです。
このことを聞いていて、私のような今まで給料をもらって生活してきたものが、定年で今までの繋がりを絶たれてしまう。数年はいいですがそれが十年二十年となると今までの繋がりも無くなり、社会との繋がりが無くなり自信をどこに見出したらよいのかわからなく、孤立していき自分自身を放棄してしまうようになるのでしょうか。
そうなると、自営業の方はそれなりの仕事が安定しているしないの不安定があるでしょうが、定年がなくいつまでも働ける間はいつまでも働けるので幸せに感じます。
人は何かの役に立つことを感じることにより、生きがいを感じ生きる意欲を感じるのでしょう。
例え自分の糧とする仕事が、駅のトイレ掃除であれ、レジ打ちであれまた、自営のどのような仕事であれそれに打ち込んで仕事をしていれば、身体が許す限りいつまでも仕事ができます。
 
しかし、私しなど今まで給料取でそのようなものがないので、自分自身を見失って自己放棄にならないように気を付けたいと思います。それを考えると定年とは何かと考えてしまいます。とはいえ定年がなければ若い人が職場に入ってこないのも問題です。
 
関連記事

虱三匹の争い

虱三匹の争い
韓非子 説林 下 第二十三  十六

虱三匹が集まって言い争っていた、そこに一匹の虱がやってきて、何を言い争っているのか聞いた。三匹はいった、「豚のどこの部分の血を吸うと美味しいか、誰がそれを吸うのかを争っているのだ。」。すると一匹の虱は言った、「君たちは、もうすぐ臘祭が来るのを知らないのか、臘祭になれば、此の豚は茅で焼かれて供えられるのをしらないのか。」。すると、四匹の虱は競って豚の血を吸ったので、豚は痩せこけてしまった。そのため、豚は臘祭がきても殺されることはなかった。
*臘祭:冬至後の第三の戌の日に行う祭りで、獣を猟して神々や祖先を祭る日
 
これも、去年に書いた韓非子の話の紹介で、頭が二つあるカイと言う蛇の前に書かれています。
豚は虱に噛まれて災難だが、臘祭の日に生贄にされずにすみ、虱も臘祭の日が来ても、豚が生け贄にされなかったので、豚の生き血を吸い続けることができた。

しかし、下らぬことを重箱の隅を突くように上げ足をとって攻撃し合う三匹の虱を三つの政党と見立て、四匹目の虱をも新しい風に見立て、さらに消費税増税を豚と見立ててみるとどうなるだろうか。
四匹の虱とも自分のことしか考えないで、豚の生き血をすう事しか考えない虱には変わりない。なんだか今の日本に巣作っている、政治家のようにもみえなくもないです。
関連記事

明日から大相撲秋場所が始まりす

明日から大相撲がはじまります。
 
そこで、力士の立ち姿について考えてみました。
国技館には堂々とした立ち姿の力士の写真が掲げてあります。
全身の力を抜き、両足の中心に均等に体重をかけて、自然にまっすぐに構えてたっています。この立ち方を「自然体」と日本では昔からよんでいます。
この構えで立つと、外からのどんな方向からの力にたいしても対応しやすいと言われています。
しかし、この両足に均等にかけるのが、なかなか難しいものです。大概の人はどちらかの片方の足に偏って立っています。
しかし、この片方の足に体重をかけて立つのは、片方の股関節や膝に負担がかかり、関節炎を起こしたりする原意にもなります。ですから多くの人の立って入るのを見ると、時々体重を乗せる足を変えています。両足を肩幅程に開いて、膝・腰・背・肩・首などの力を抜いて、足裏の中心に均等に立つことは、大切なことです。はじめは難しいですが、このように立つように心がけていると自然に立つようにできるようになるでしょう。
この立ち方は、実は身体のどこにも余分な力を入れないたちかたです。まさに、足を意識して立つことは、「足を知る」立ち方といえます。
 
相撲と言えば、横綱の土俵入りですが、そのなかに四股を踏む姿勢があります。この四股を踏むことは、腰を柔軟に鍛えて身体によいものです。
日本相撲協会が「相撲健康体操」というものを作り、「相撲健康体操 イラスト図解」の中に「四股の型」というのがあり、そこには次のように書かれています。
・四股の姿勢をとります。
・膝や指先は、およそ前45度の方向で無理のない姿勢で。
・足を上げ、ドッシと地面におろします。足の裏側を刺激して、足腰を鍛えます。体のバランス能力も高まります。
・股関節、足腰の強化になります。
・全身の重心を安定させる。足腰の基礎運動。冷え性にも有効。
と書かれています。

そして、具体的な体の動かす手順は、次のように書かれています。
・四股を踏んだら左足に腰を上げず体重を移動
・左足の膝を伸ばしながら、右足を上げ左膝が伸びたところで少し静止。
・パッシと元の位置へ力強く足を置く。
・逆の足も同じようにする。

四股の名前の由来について次のように書かれています。
・古来は、醜(シコ)といった。
・四股は、悪鬼、悪霊を鎮圧して、土俵を清める。
・「四股を踏む」ということは、地中の邪気を踏み固め、大地を鎮める神事から発したものである。
とこのように書かれてあります。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍内閣改造
    アジシオ次郎 (08/05)
    こんにちは。

    お友達内閣と揶揄された反省から、今回は異なる派閥からすすんで入れた改造内閣、バランスいいとはいうものの、女性閣僚が2人だけというのは男性優位色が
  • 見ざる聞かざる言わざる
    竹林泉水 (07/30)
    いつもコメントありがとうございます。
    三猿の教えは、子どもより大人の方が三猿について考えないといけないでしょうね。

    一つのことしか知らない大人になるのは、人それ
  • 見ざる聞かざる言わざる
    アジシオ次郎 (07/26)
    こんにちは。

    周りをよく見る・すすんで自分の意見を言う・人の話を聞く。当たり前の常識だが、子供に説くのも大事だが大人も改めてそれを認識してそれに基づく正しい行
  • アベ政治はクーデター
    竹林泉水 (07/19)
    政権を握っているのでクーデタだと言えるのでは

    しかし、安倍晋三の頭の中の辞書には、民主主義の言葉はあるが、政治家としての誠実さをなかなか感じることができないので
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 食べることは殺生をすること
    竹林泉水 (07/06)
    日本人は頂きます・ご馳走様と日本人なら誰でもいいますが、外国の方はどうなのでしょうか。キリスト教のクリスチャンなら食前食後の祈りがあります。
    私は中高とミッショ
  • 食べることは殺生をすること
    アジシオ次郎 (07/05)
    こんにちは。

    人間は生きる為に他の生物の命を奪わなければいけない。と言う「原罪」を背負っている以上、食べると言うことはそうなのかも知れないです。動物の命を奪い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    08 | 2012/09 | 10
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR