FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

悩みとは 過去からか 未来からか

悩みとは何か、悩みとは過去からくるものか、未来からくるものか。

過去からくるなら、過ぎ去ったものを悩むことになる、すでに過去のことを悩んでどうする。
失敗は成功の母というが、過去の失敗を悩み続けるとそれは、成功には繋がらない。

未来の不安を悩むのは、いまだ来ないものを夢見て悩むのはどうか。
楽天的に思いふけるのもどうかと思うが。未来はどうなるか分からないもので、それを悩んでもどうにもならない。
そのとき今をどうしたらよいかを考えて過ごしていくべきだと、これらは止観に書かれていることと思う。

この解釈はまだ曖昧未熟だが、もっと整理して、悩む事により、己の生活が乱れることを恐れなくてはならないと思う。


朝起き、床のなかで調っていないが、床の中で身体を揺らし、息を調べ、起きて身体をゆさり、息を調えて行くと、身は軽くなってくる。
酒、食を調えるともっと、身と心が調ってくるのではないか。これを実現させようとおもうが、どうも心のゆれでそれを行う事ができない。


関連記事

人の姿勢 抗重力姿勢

人の姿勢

人は、胎内に居るときは身体の全て屈曲しています。
人は、安楽な姿勢を取ろうとすると、この胎内での姿勢(肢位)に近づこうとするようです。

人間の発生進化的にも、誕生から発育発達的にも二足歩行としての生活には、まだまだ進化途上であり完成されていないといわれています。

人間は生まれてから、二足歩行ができるようになるまで、約一年かかります。その間に這い這いから身体をしだいに起こし、脊柱、上肢、下肢全てが直立になっていきます。しかし、人間が完全に直立姿勢を確立しているかと言えば、そうではなく直立姿勢をするのにまだまだ努力をしています。

日常生活を見ると、屈曲した姿勢でをとることが多いです。いろいろな場面でも楽な姿勢をとろうとするとき、胎内に居たときの姿勢(肢位)に戻ろうとして全身が屈曲位となりがちです。

しかし、人として社会生活、日常生活を過ごすには、直立・二足歩行を行う努力と意識がたいせつです。
若い時は感じませんが、歳を重ねていくにしたがって、直立の姿勢に必要な筋肉が衰え、屈曲した姿勢になりがちです。


私は、交通事故等で脳に障害を受け、身体が麻痺し中途障碍で、寝たっきりになった人を何人か見てきました。
永く身体を動かさないでいると、四肢の各関節が屈曲してくることがあります。
脳性麻痺の方も毎日学校に通い、各授業やからだの時間に動作の学習をして、身体を他動的であれ主動的であれよく身体を動かしています。卒業後そのような身体を動かす機会は減り、拘縮が進行してしまうこともあります。
脳卒中などで身体に麻痺を受けた人も、リハビリなどで身体を動かす機会を増やすことは、機能回復にもなり拘縮予防にも重要なことです。

そのような障碍がない、高齢の方も身体を動かすのが億劫だといい、身体を動かすのを避けるたり必要以上に横になったりするのはよくないことです。
若い人も同じことが言えるでしょう。身体を動かさず、椅子に腰かけるときも、浅くかけ腰や背を丸めて座るのは、歳をとってからそのツケがまわってくるでしょう。



関連記事

天台小止観 調和 0004-3ー4

天台小止観 調和 0004-3ー4

第四章 調和

三つ目に、坐禅をするとき心をどう調えたらよいか、それには二つの要点があるとかかれている。
一つは、調えて坐禅をしてしばらくすると、雑念や別のことを乱れ思い出して、気持ちがそちらの方に向いてしまったり、途中で坐禅を投げ出してしまうことが無いようにする。
もう一つは、「沈・浮・寛・急」をほどよく調え自分のものにすることです。
・沈とは、
坐禅をしていると、心が薄暗く意識もはっきりせず、頭が低く垂れ下がりる。これは心が沈んだ状態になっているのです。そのようなときは、気持ちを鼻の頭に集注させ、心をつねに一つのことに集注して分散させないようにする。これが沈を治す方法である。
・浮とは、
坐禅をしていると、心がゆれ動き、体も落つかないで、他のことに気が散りつい他のことを考えてしまう。これを浮の状態というのです。そういうときには、心を下に向けて落ち着けて、気持ちを丹田に集注して、心が乱れるのを安静に制するように心がける。心が定まって落ち着けば安静になる。要点をあげていえば、心が沈んでも、心が浮ついて動いてもいない、心が調った状態にすることです。
・急とは、
坐禅にはいるのに、早く禅定に入ろう焦って、無理に心の働きを集めて努力することです。そうなってくると、気が頭や胸の方に向かいがちで、胸が急に痛むようなことがある。そんなときには、一度その心をとき放した上に、気が下の方に流れてゆくのをイメージ下る。そうすることにより患いは自然に、気は臍下丹田に修まってくる。
・寛とは、
心がだらけ、体が斜めにのめり込むような気持ちがしたり、あるいは口から涎が流れたり、あるときは心が暗くなったりすることがある。そのよなときには、姿勢をきちんと整えなおし心をひきしめ、心を一つのものごとのなかに集注し、身体をしゃんとすると治る。

心が渋・滑になったりするときも、これらから類推して心を調えるとよい。禅定に入るには、原則的にいえば粗いものから細なるものの順に入る。身は粗なるものを調えて細なるものに就き、気が動いたり散ってありこれ考えるのでなく、巷のそれらは一切忘れて、心を静かに落ち着かせることに努める。これが禅定に入るときの初めの要点です。

関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    08 | 2011/09 | 10
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR