FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

脱原発発言に思う

菅首相は、脱原発を表明したが、かなり無責任だ。一国の宰相の言葉には、それなりの裏付けがあるべきだが、具体的な話はなく無責任すぎる。

原発をなくすとしても、それに代わる電力が必要だ。原発に代わるものが、なければ電力不足になり、国民生活や産業界に大きく影響する。

前日私は、首相は原発を廃止と考えるなら、そのことを表明すべきだと書いた。しかし、ある程度予測はしていたが、あまりにも唐突だし無責任に思う。

国民生活や産業界への影響をどうすべきなのか、その内容を示しその上で国民の審を問うのならわかる。
また、国民一人ひとりの、生活のあり方、今の豊かな消費社会を、このままつづけ発展させ進むのか。それとも、他の道を歩むべきなのか、そのような問題も国民に投げかけて、審を問うてみてほしかった。

関連記事

砂一粒 米一粒

典座教訓
前に、「赴粥飯法」に述べられている、五つの瞑想について書いた。今度は、食事を作る側のことが述べられている。「典座教訓」のなかから拾ってみた。
そこには食事を作るときに、どのように気をつけなければならないかが書かれている。

沢山のことが書かれているが、まずはその一つを取り上げてみる。

「先看米更看砂 先看砂更看米 審細看来去不可放心」
米を研ぐとき、砂が一粒入っていないかよく見。砂を捨てるとき、米が一粒入っていないかよく見。念を入れて注意し、気を緩めてはならない。

最近の精米には、砂が入っていることはまずない。私が小さいころはよく入っていた。それを見つけきれずに炊いてしまい、口にするとガリという、実に不快な思いをした。
米を研ぐときは、心を入れて砂が混じっていないか、よく見ながら研いでいた。それは、ちょっとしたことだが、食べる人への思いやりでもある。
また、そのようにすることが修行でもあり、自分のためにもなると書かれてある。

最近使うとき洗う必要がない、「無洗米」という米が売られている。 本来米は洗うとは言わない、米を研ぐと言う、米についた余分なぬかを研ぎ落とすことをしていた。今は、精米技術がすすみ研ぐ必要がない、精米後についた汚れを洗い落とすのだろう。研ぐと洗うとでは大きく違う。研ぐといえば心がこもった感じがするが、洗うはさほど心を込めた感じはしないのは、私だけであろうか。
無洗米を使うなら鍋に米を入れ、水を入れて火にかけれるだけでよい。なんと、手抜きの心の入っていないことだろうか。

無洗米だけではない最近の食材は、食べる人への思いを込めることが無くなってきている。皿に袋から出したものを盛るレトルト食は、忙しいとき大変重宝でべんりだ。しかし、いつもいつもそうでなく、食べていただく相手に対してまた食材に対して、この米を研ぐときのように心を込めて、食事をつくることを忘れたくはないものだ。

関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2011/07 | 08
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR