FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

シベリア永久凍土の融解

地球のいたるところで産業が活性化し、工業活動が活発化して、温暖化効果ガスの排出の増加がとまらない。そんな中でロシアのシベリアで気温の高い日が続いていると言われている。
これは、北極圏の温暖化が続いているということです。それによりシベリアの永久凍土の融解がおきていることが心配されている。永久凍土が溶け出すといことは、凍っていた腐葉土が溶け、腐葉土に閉じこめられていた、炭酸ガスが大気圏に放出されるということで、地球の温暖化に拍車がかかるのではないかと心配されている。

温暖化効果ガスの増加というと、工場からの排出がやり玉などのあげられているが、それだけでなく牛の反芻にによるゲップもあると指摘されている。それ以外にも、有機農業をするうえで、家畜の糞や腐葉土などで肥料を作る時にも、温暖化効果ガスが排出され、こちらも相当な量だと聞く。それと同じようにシベリアの永久凍土に封じ込められていた腐葉土に含まれていた炭酸ガスも相当な量だと言われ、シベリアの永久凍土のそれが、溶けだし大気圏に放出されだしていると指摘されている。
そうなれば人間の産業活動だけでなく、地球の温暖化による気温上昇により、シベリアの永久凍土が融解し、炭酸ガスが増えることにより、さらに気温上昇に拍車がかかることになる。

今、気候変動がおき異常気象が頻発しているが、温上昇は温暖化だけでなく、北極と南極の氷が溶け海面が上昇して、世界の低海抜地帯が海水に浸かると指摘され、早急な対策が急務だと指摘されているが。しかし、オセアニアなどの島礁国の当事国は別として、そんなに逼迫観がなく、目先の便利さを追求する方を優先させている。

そのように、なさまざまなこと、起きると予測し指摘されているが、それに対しての取り組みを急がなくてはならないのに、日本やアメリカをはじめ、先進国は喫緊のこととして取り込もうとしていない。

コロナ禍はすぐに目に見えて身近に現れるので、危機感を持っているが対処している。しかし、地球温暖化は、目の前の風景が変わらないので、今の目先の利権のことばかりが優先されち遅々として進んでいないのが現状だ。

二酸化炭素濃度が過去最高に

国内の二酸化炭素濃度が去年一年間の平均が観測史上最高になった。
日本の国内工場の多くが海外に移転しているんか、1960年代1970年代に比べて日本の工業地帯の空は綺麗になっているが、国内のすべての観測地点で、観測数値が史上最高になっているという。
このことは何を意味しているのか、世界全体の二酸化炭素濃度が高くなっていることを意味しているのだろう。

また、そのことは、世界の工場といわれている中国などに、日本のまた先進国の多くの企業が、工業製品の製造が新興国や発展途上国に移転し、そのため、先進国の空は青く綺麗になっているが、工場の移転先の地域の空はスモッグが漂うになっていうることだろう。
その一つの証として、COVID19(新型コロナウイルス)により、中国の武漢が街全体が封鎖され、経済活動も停止された、それにより普段は、スモッグで青空も見えないじょうたいだったが、青空が戻っているという。
先進国で、工業製品を使い、豊かな便利な生活ができるのは、先進国が新興国や途上国に工場を移転したからということを、考えてみる必要があるだろう。

日本の二酸化炭素濃度は、気象庁が昭和62年に大船渡市で観測を始めて以降、毎年過去最高を更新し続けているという。そのことについて、日本の気象庁は「二酸化炭素は過去に例のない濃度に達している。対策をしなければ地球温暖化がさらに進むおそれがあり、削減の取り組みを進めていく必要がある」と話しているとNHKは報じています。

温室効果ガス排出について、自分の住んでいる地域や国は青空があるからと安心はできないだろう。また、自分や自分の住んでいる国の空には、青空があるからその責任はないと考えるのも間違っている。自分たちの生活の仕方を全面的に見直すべきと言える。わたしはあと10年か永くて20年の寿命だが、いまの若い人たちは、2050年いや子供たちは22世紀も生きているだろう。そのことを考えるといまの若い人たちのために、自分たちの価値観や生活の仕方を見直すべきだろう。今の新自由主義や欲望の株主資本主義ではなっく、倫理自由主義や倫理知足資本主義に転換すべきだとおもう。

いま、倫理自由主義と倫理知足資本主義と書いたが、この文書を書きながら私が、作った造語だがこのことについて、考えて行きたく思う。

EUの食肉税

EUは域内の国で、肉食に課税をすることを検討し始めている。どうして課税するかというと、地球温暖化問題を深刻に受け止めていることからによる。
牛肉を生産するのに、牛のゲップは、豚の6倍以上の温室効果ガスを排出すると言う。それは、牛は「温暖化ガス排出」の畜産分野の約80%を占めるというから、その対策として牛肉の消費の抑制と、畜産の牛肉偏重の見直しを図るものと見られる。
そこで、その改善を畜産業に促すためと、課税により出た増税の収益を、温暖化対策に充てるのだという。しかし、そうなれば牛肉の値段が上がることになる。消費者の理解と協力が必要だろう。また、いままでの牛肉産業の構造に対する影響もあり、さまざまな問題がある。しかし工業や商業活動ででる「温暖化ガス排出」と同時に見過ごしてはならないのは、農業による「温暖化ガス排出」もそうだといえる。
このことは、この宇宙船地救号の定員を考えないといけないだろう。果たして地球はどれだけの人口を賄えるのだろう。現在70億以上に人が暮らしているが、それ以上の乗員を増やすことができるだろうか。
この地球の世界中の人が、米国並みの生活をしようとするなら、いまの人口の半分も賄えないだろう。
では、ヨーロッパや日本並みだったら?、新興国のインドや中国並みだった?、さらに人口が増えて100億人になったらどうなるか。

わたしは、ここで、「足を知る」ことが重要だと思う。もっといえば「唯吾足知」である。
多くの人は飽くなき欲望を追い求め、むさぼりつづけているが、その意識の改革が必要になってくると考えている。いささか宗教的な話になってしまうが、それがもう待ったなしのところまできているのではないだろうか。

しかし、先進国と言われる国の人のなかには、満足することなく欲しがり続ける。ことは、いままで経済を発展させてきたことには違いないことです。それは、いま限界にきているのではないだろうか、人口が増え産業活動が発展したが、特定の地域ではそれはそろそろ特異点を超えようとしているのではないか。この宇宙船地球号には、現在70億以上の人が暮らしている。その3分の1以上の人は飢餓に直面している。また、半分以上の人が貧しい生活をしていると言ってよい。同じ船の中で一等船室や特等船室があり、方や三等船室、また大きな空間の集団船室や船艙の乗客がいることを忘れてはならない。それらの人とともに地球号の未来の旅をどうすればよいかを真剣に考える時にきているのだろう。

地球温暖化の問題点

地球が温暖化についての問題点にはどのようなものがあるのか。
考えてみると、これらの問題は多岐にわたり、複雑に絡んでいることわかり、またそれらの問題は難解で難しいが、それらの幾つかを拾って上げてみると次のようになった。

地球の温暖化は何が原因か
  ├二酸化炭素の排出
  │ └化石燃料
  │  ○再生可能エネルギーの風力や水力や太陽光発電は本当にクリーンか
  │  それらの施設・設備の原材料の資源の調達による環境破壊
  │  ○核発電(原子力発電)はクリーンか
  ├核廃棄物はどうするのか
  ├発電タービンを回す蒸気の排熱の処理は
  ├メタンガス
  │├有機農業や牧畜などによるメタン排出
  │└永久凍土が溶けだしそこから出るメタン
  └森林伐採
   ├木材資源
   ├資源採掘によりる森林破壊
   └食糧生産のための森林伐採
    └森林を農地に牧草に

温暖化によりどのような影響が及ぼすのか
  ├異常気象
  │├旱魃と冷害
  │├暴風雨や水害
  │└海流の変化による生態系への影響
  ├作物への影響
  │├作物ができなくなる
  │└高緯度では新たに作物ができるようになる
  ├海水温度の上昇
  │├珊瑚の枯渇とそれによる漁業資源への影響
  │└魚介類の棲息への影響
  ├その他の生物へ影響
  │├動物への影響
  │├昆虫への影響
  │└植物への影響
  ├海面の上昇
  ├人間の活動への影響
  ├温暖化により永久凍土が溶けだす
  │
  ├グリーンランドや南極が暖かくなりその活用
  ├今まで作物が育てられなかった地域での農業
  ├北極航路の開拓
  ├
  ├


人間の活動が温暖化を招くか

アメリカのトランプ大統領は、2018年11月23日に政府がまとめた、気候変動に関する報告書「第4次全米気候評価、第2巻」
たが、報告書の指摘をどう思うか質問されたのに対し「少し読んだ」と答え、この報告書を「信じない」と答えた。
さらに、アメリカではなく諸外国が温室効果ガスの排出量を削減する必要があると強調し、「中国や日本やアジア全体とかほかの色々な国がやらないと。(報告書は)この国のことだが、現時点でこの国はかつてないほど清潔で、自分にとってそれは大事なことだ。だから清潔な空気、清潔な水が欲しい。とても大事だ」とトランプ大統領は話した。

一応トランプ大統領は地球温暖化は信じないと言いつつも、それはアメリカの責任ではなく他の国の責任だと主張し、責任を転嫁している。正にアメリカファーストの主張です。つまり私が思うに、トランプ大統領は個人的には全く温暖化を否定しているのではなく、自分の支持層のためアメリカの産業に足枷になるような、温暖化効果ガスの排出などの規制は反対だと表明しているのです。政治家は選挙のために有権者が望むことを目先の喫緊のことを優先させ、温暖化の議論は長期的な視点をもって考えなければならないので、後回しにしてしまうそう考えれば正直だと言えば正直だが、所詮トランプ大統領はにわか政治家で、長期ビジョンで見ることを避けているのでしょう。


「地球温暖化」と言えば、地球の気温上昇のことで、特に18世紀半ばから起きた産業革命以降の、人間の産業活動による地球の気温上昇と結びつける。しかし、地球の46億年の歴史をみれば、その気候の変動は凄まじいものです。さらに人類が進化する原人から旧人に変わるころの78万年前から現代までみると、氷河期と温暖期を幾度も繰り返し、少なくとも9回の氷河期があったと言う。
一番最後の氷河期はおよそ7万年前に始まって1万年前に終わり温暖化の転じそれがいまも続いていると言う。ホモサピエンスがアフリカの東部から旅経ち、ヨーロッパ、東アジアと広がり、最後の氷河期の終わりごろの米リング海峡が、海面が下がり陸続きのときに、アメリカ大陸に渡ったという。その頃は、インドシナ半島とスマトラ島とカリマンタン島などは陸続きだた。ニューギニア島とオーストラリア大陸も陸続きだた。サハリン(樺太)とシベリア間のタタール海峡(間宮海峡)も陸続きで北海道とサハリンも繋がっていた。しかし、2万年まいか1万5000年前から海面はどんどん上がり続けている。

そのように考えるとトランプ大統領の言う地球温暖化は人間の商業活動のせいだと言うのはフェークだ主張するのはあながち間違っていない点もある。
しかし、そこには重大な誤りがある、人間であるホモ・サピエンスが農業を始めた、1万5000年ほど前から人間は森林を農地変え自然を破壊してきた。そして石炭を燃やす蒸気機関を発明し産業革命を起こしてから、土地の開拓、工業の発展により工場が建ち並べ、農業も大規模農業となり、石炭、石油などの化石燃料を使い、大気中の温室効ガスの濃度を上げ続けている。また人口の増加により人々の食料をまかなうために、森林だったところを牧草地や農地にし、地球の肺と呼ばれる森林を潰しいく。建物を建てるために木を伐採し森林を潰し、研究発表やさまざまな報告書をするための紙を使うため、これも木を伐採し森林を潰していっている。
人間の活動に限らずそこの動物がいれば必ずそこの環境をかえるが、一匹のリスがライオンがそこの環境を変えるのは微々たるものです。しかし、太古の有史以前の人間は生活している閑居を変え続けてきたがそれも僅かなものだった。
5
文明が始ったとされる、5 6000千年前頃も、大規模な自然改造をしたがそれも、地球全体から見るとたかが知れていいた。しかし、そこの人口が増えていき食糧などの生産活動が大きくなてくると、そこでは食料の生産活動ができなくなるり、人びとはその地に住むことができなくなり、文明が廃れたところもあた。
しかい、石炭火力による蒸気機関による産業革命により、環境に及ぼす影響が大きくなり、気象にも大きな影響を与えるようになっている。

それらのことを考えるうえで、まずは私たち先進国で生活する一人ひとりが、自分たちの活動が率先して地球の温暖化に寄与しているのだということを、まずは考えないといけない。

これから、それらのことについてもう少し詳しく考えていこうと思う。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    竹林泉水 (08/09)
    日本の現状いや世界でも同じよな風潮になっている。
    アメリカでも、トランプ政権の外交政策や内政も、アメリカ自己国第一主義のアメリカファースト。
    日本の安倍政権も、こ
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    10 | 2020/11 | 12
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR