竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

先看米便看砂 先看砂便看米

道元が著した「典座教訓」に、典座の心構えと、典座の仕事の実際について書かれている。
典座(てんぞ)とは、修行中の僧の食事を賄う仕事を引き受けている人でありその仕事を言う。

典座も重要な僧の修行の一つであり、その料理をつくる取り決めが細かく決められています。その細かな決まりは、修行僧の特別なものではなく、私たちの日常生活においても重要なことですが、今の便利な生活の中では疎かになってしまっています。

いま手元にある、講談社現代文庫の「典座教訓・赴粥飯法」を読んでみて、大切なことを考えてみたいと思う。

【典座の心構え】
禅苑清規云 須運道心 随時改変 令大衆受用安楽。
昔日 イ(サンズイ+爲)山洞山等勤之
其余諸大祖師 曾経来也
所以不同世俗食廚子及饌夫等者歟

『禅苑清規』によると、「当然すべきこととして、必ず仏道に帰依する心をめぐらし、その季節の旬に随って、食事に変化をつけ、修行僧が修行に励めるよう、受用安楽樂になるように心がけなければならない」と書かれている。
昔から、イ(サンズイ+爲)山(いさん)霊祐禅師や洞山(どうざん)守初禅師も、この典座の職を勤められた。
其のほかにも一宗一派を開いた僧なども、この典座を経験し勤められている。
だから世俗の料理人や給仕をする人と同じように考えてはいけない。

山僧在宋之時 暇日咨問于前資勤旧等 彼等聊擧見聞 以為山僧説。
此説似者 古來有道之仏祖所遺之骨隨也。
大抵須熟見禅苑清規。
然後須聞勤旧子細之説。

拙僧が宋に留学していた時、暇な時に、前資勤旧等に諮問してみると、
彼等は少しずつ拙僧のために説いてくれた。
そのときの教えは、
昔から仏道の祖師の教えと根本的に同じだった。
たいがいの教えはぜひとも『禪苑清規』をよく読んでから、先輩の説明を聞かないといけない。


【典座の仕事の実際】
淘米調菜等 自手親見 精勤誠心而作 不可一念疎怠緩慢 一事管看一事不管看。
功徳海中 一滴也莫譲 善根山上 一塵亦可積歟。

米をといただり、菜を調えたりするのは、典座自身が自ら手を下し、細かな点まで心を配り、誠心誠意にし、一念も疎かにしたり、手を抜いてはならない。一つのことに注意をはらい、一方のことでは気を抜いたりしてはいけない。功徳は海のように広く深いものでなくてはならない。
大海の水の一滴でも人に任すことが無いようにすべきである。よい報いを受ける行いは、さまざまな善を生みだすもとになりそれは、泰山のように大きいが、泰山の一粒の砂のように、功徳は自分で積み重ね泣けないといけない。。

禅禪苑清規云 六味不精 三徳不給 非典座所以奉衆也。
先看米便看砂 先看砂便看米 審細看来看去不可放心 自然三徳円滿 六味具備。

『禅苑清規』に次のように書かれている。「六味(苦い、酢い、甘い、辛い、塩からい、淡い)が調和して整っていないなら。
また、料理の三徳(料理のでき具合、見た目、内容)がそなわっていないなら、典座がその職を全うして、僧に食事を振る舞ったことにならないと。
まず、米をとぐときは、一粒の砂をも見逃さず、一粒の砂を取り除くとき、一粒の米も流さないように気をつけなくてはならない。ないににでもそのように、審細に気を配り、気をゆるめないように細心の注意をはらったなら、自ずと三徳は行き渡り満ち足りてゆく、それにより六味も調いそなわってゆく。


ここに書かれていることは、料理の話であり、しかも修行僧の料理をつくる典座のはなしだが、私たちの日頃の起居動作にもいえることです。それは、気張ってすることではなく、少しの心遣いからくるもので。米を研ぐときいい加減に何気なくしていると、研いでる最中の水を換える時でも、米を一粒どころか幾粒かの米を流してしまう。さらに、米を流してしまても何とも思わないようになってしまう。
一番大切なのはその、米を流しても何とも思わなくなってしまうこが怖いです。
米を研ぐ例え為ですが、他の食材でも見た目が悪いからと、調理するとき食べれるを捨ててしまう。またこれは調理する方のことだが、食べる方にもいえる。不味いからとと食べなかったり、バイキングなどで多く取りすぎて、残してしまっても何とも思わない。
調理のことだけでなく、仕事でも日常生活でも同じといえよう。そのようになってはならないので、気を配ることが大切と言える。

良寛禅師の詩から二つ

良寛禅師の詩から二つ


人心各不同 人の心は同じからず
如面有相違 顔の相は違いがある
倶執一般見 倶に一般の見に執して
到処逓是非 到る処 たがいに是非ず
似我非為是 我に似れば非も是となし
異我是為非 我に異なれば是も非となす
非我之所非 非は我れの非とするところ
是非始在己 是非は始めより己に在り
道固不若斯 道は固より斯くの若くならず
似[竹高]極海底 [竹高](棹)を以て海底を極めんとすれば
祇覚一場疲 ただ一場の疲れを覚ゆるのみ


人の心は同それぞれ違うものだ
顔の相には違いがあるように
ところが誰もが同じものだと見なしてしまう
どこでもお互いに相手の是非を決めつける
自分に似ていれば、相手の非をも是とする
自分と違うところは、相手の是も非とする
是はすべておのれの是とするところで決まる
非はすべておのれの非とするところで決まる
是非のよりどこは、始めから自分にあるのだ
しかし、ことわりというものは、もちろんそんなものではない
棹でもって、海の底まで突こうとするようなものだ
ただ、がっくりと疲れ果てるだけだ


次も同じことを主題にした詩です

人心各不同 人の心は同じからず
如面有相違 顔の相は違いがある
倶執一般見 倶に一般の見に執して
到処逓是非 到る処 たがいに是非ず
是我之所是 是は我がに是とするところ
非我之所非 非は我の非とするところと
只麼如是去 只麼もかく如くもそ去くは
何似不是非 是非せざるに何似ぞや


人の心は同それぞれ違うものだ
顔の相には違いがあるように
ところが誰もが同じものだと見なしてしまう
どこでもお互いに相手の是非をきめつける
是はすべておのれの是とするところで決まる
非はすべておのれの非とするところで決まる
ひたすらにこういうふうになってしまうのは
始めから是非をやらぬのに比べてどちらが優とも言えない。


今までもよく、日本人は金太郎飴のようだといわれてきた。最近その傾向がますます強まている。今までは、個々が同じようになろうとしていたが、このごろは個々の人が、相手も自分と同じ考えだと思おうとする傾向が強まっているように思える。

これは、巷の社会的傾向だけでなく、政治のなかもそのような傾向がある。とくに、今日本の政治を引っ張っていく位置にある人に、この傾向が強いようです。

それぞれ人は、個人として個性がりそれが尊重されることにより、その人の存在があるのです。ところが、自分の考えが正しいと信じ込んで、善意でそれを押し通そうとしている。
自分の意見に異を挟む人に対し、必要に間違っていると攻撃したり。論戦を挑んできてもまともに応えないで、はぐらかして、論点をすり替えたりしてします。
自分の考えがすべて正しく、是に沿って進むのが正しいと、独善的になるとどうなるか。それは、棹を刺して進む船で、海を航海するようなものでしょう。そのようなことをしても海を航海できない。何れは、うまくいかなくり、修復しようのない状態に陥ることになる。そうなる前に、このいやな雰囲気に歯止めをかけよないと、ますます世の中が息苦しくなであろう。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • これからの世界情勢
    アジシオ次郎 (05/15)
    こんにちは。

    移ろい易い国際情勢、韓国とフランスで大統領が代わり、欧米ではポピュリズムに訴えて支持を伸ばす政党が台頭するなど、予断を許さない状況ではあります
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    > 2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    これについて、追加です上記のタイトルの本は、2013年に増補として出されたもので、2006年の
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    それを読んだらわかるのではないかと思います。
    70年前の日本を取り戻したいと思っているようで
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    風と雲 (05/07)
    安倍政権になってから、日本の国をどういう風にしたいのか、何が今の日本で足らないのか、不整備だとしているのかさっぱり分らない。70年間大きな過誤なしに比較的平和に
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    竹林泉水 (04/29)
    > 自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を・・・・
    マスコミがこのことに対して抗議しないのは、すでに
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    アジシオ次郎 (04/28)
    こんにちは。

    自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を抑圧しようとするのは客観性がない以前のもので、
  • 山本大臣の発言
    竹林泉水 (04/22)
    自民党の議席を多数とったことによる驕りと、下野に下った時のトラウマがあり、自分のすることが正しい思いこんでいるのでしょう。

    アメリカ追随が自民党の一部の反動的
  • 山本大臣の発言
    アジシオ次郎 (04/21)
    こんにちは。

    どうも閣僚や若手議員の不祥事が相次いでいる自民党、正直言って自分たちは政権与党だとか一強状態なことから慢心して周りが見えなくなっているんじゃな
  • 社会の管理化が巧みになり監視社会になるのか
    竹林泉水 (04/07)
    愛国者法での通信傍受は、国民は当初、イスラムなどのテロ犯罪者対象と思っていたが、アメリカ国民全員の通信が監視傍受されていたいいます。

    ツイッターやフェースブッ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2017/05 | 06
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR