竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

新しいポメラを買うかまだ迷っている

キング事務の新しいポメラDM200が発売されだいぶなる。今までDM100を使ってきたが、DM200は新しい機能がついているが未だ買おうか迷っている。
現在使ってDM100は使いが手はよいが、USBのコネクタのハンダ付けの不具合でパソコンと接続きない状態になっている。
DM100は乾電池で動くが、DM200はリチューム電池をつかい、充電式はUSBを使ってするのでもしこれが壊れたら、充電できなくなってしまい使えなくなる。
DM200は機能が大幅に強化されたため、またOSも新しくされたので、乾電池での電圧だけでは足りないの充電池仕様になったのでしょう。

DM200のアウトライン機能などは魅力があるが、USBが破損してしまうと充電できなくなり使えなくなるのが心配です買うのを躊躇しています。
また、今までシンプルなテキスト入力の特会した、コンセプトがだんだんとユーザの希望などもあり、機能が拡充されてしまって、スマホなどとの通信によるテキストのやりとりもできるそうだが、今一度ポメラの当初のコンセプトに立ち返り、DM200ではなくDM20かDM100の後継機がでればと思っていいる。

DM20の二つ折りキーボードは、文庫サイズの大きさでべんりです。
DM100は辞書機能があり、単語を確認するのに重宝しています。またCSVファイルが使え、スプレットシートとのやりとりも便利です。

ポメラの新機種を買うか買わないかもう少し考えてみようと思っている。

トランプ大統領の執務室の肖像画

トランプ大統領の執務室には。第7代アンドリュー・ジャクソン大統領が掲げられている。そこで、アンドリュー・ジャクソン(Andrew Jackson, 1767年3月15日 - 1845年6月8日)について調べてみた。

黒人奴隷農場主で「オールド・ヒッコリー」の愛称で呼ばれ、独立州13州以外の辺境の地の「アメリカン・フロンティア」に暮らし、独立13州に関係しなかった最初の大統領。
1828年の大統領選挙では、対立候補の私生活の暴露など露骨なネガティブキャンペーンに終始し、醜い選挙戦を繰り返したが、独立戦争の英雄として民衆の支持を集めていたジャクソンが当選する。
南部出身者として初の大統領に当選し、白人至上主義での「機会平等」の名の下に強権政治を行い。その暴君ぶりは王様風に「アンドリュー1世」と揶揄され。
アメリカ大統領史上で、議会から不信任決議をされたただ一人の大統領とWikipediaにあるが、アメリカの大統領は国民が直接選ぶので、議会に権限があるのだろうか。現代と200年前とは違うのですが。また、アメリカ大統領史上初の暗殺(未遂)の標的になった大統領です。
独立革命戦争後の米英戦争中は、イギリスに味方する先住民クリーク族を大量に殺戮し、ついで彼らの持つ広大な土地を譲渡させている大統領就任前の1817年には、スペイン領フロリダに侵入し、先住民セミノール族の村を破壊して回るという事件を起こした。このことについてアメリカ政府は国民的英雄である彼を擁護し、フロリダ譲渡の約束を取り付けている。アンドリュー・ジャクソンは、「公職は定期的に刷新されないと腐敗してしまう」として、前ジョン・クィンシー・アダムズ大統領以来の公務員の1割を自らの支持者と入れ替える、猟官制度つまり子分重用している。
アメリカの大統領が交代すれば、回転ドアと呼ばれることがおきているが、公職であれば自分の

なんだが、このようにトランプ大統領が執務室に掲げている第7代大統領の肖像画は、これからのトラップ大統領と被りそうです。そうならないことを願います。

電池の処分法

このブログの下書きを出先で書くときは、キング事務のポメラと言う、電子メモ帳をを使っている。そのポメ

ラはテキストを作り保存することを目的として作られたもので、他の機能はないがキーボードが大きく使いや

すく、乾電池2本で30時間持つので重宝して使ってい。しかし、乾電池がたまってその乾電池の処分に悩むこ

とがある。

そこで乾電池の処分について調べてみた。
しかし、乾電池の処分はその自治体の定めた方法で捨てるしかかいので、旅行などに行けばその処分法が判ら

ないので持ち帰るしかないので、長期旅行などでは乾電池が溜まってしまいます。
しかし、燃えるゴミのように簡単に捨てられないので、捨てそびれて溜まってしまいます。

そこで電池の廃棄方法!乾電池やボタン電池の処分法を調べてみました。

電池にはいくつかの種類がある。
・時計やゲーム機に使う乾電池、
・電子体温計や子供の電子オモチャから出てくるボタン電池と
・コイン電池と言われるもの。
わたしは、今までコイン電池とボタン電池は同じと思っていた。またボタン電池は水銀が含まれていと思って

いたが、今はコイン電池もボタン電池は水銀は使われていない。
後にも書くがそれを見分けるには、電池に書かれた記号で判ります。

そのほかに積層電池がある、これは9ボルト箱型の電池が一般的で、マンガン電池やアルカリ電池と同じもの

が一般的です。

乾電池でもアルカリ電池やマンガン電池や最近の高精度電池でこちらはゴミとして回収されています。
この電池は自治体の燃えないゴミの日に回収されるところが多い。資源ゴミ、有害・危険ゴミなどという名称

の所もあるよです。多くは月一回や隔週などに回収される。

今では市町村では回収しておらず、電気店などに再利用できる二次電池用の回収ボックスが置かれているので

それを利用する。


保管方法や廃棄方法によっては思わぬ事故が起きることがある。
電池を家で保管すときは、無造作にビニール袋などに入れない。電池には極性があるので、陽極と陰極が接し

でショートして発熱や発火することも稀にあり危険。
それが原因で、清掃用のパッカー車が発火する事故もあるそうです。これにガスが少量残っている使い捨てラ

イターなど混じっているとさらに大きな事故になりかねないですから電池の捨て方には気を配りたいものです



乾電池の捨て方は、必ず絶縁して捨てることです。
私は数本溜まれば、極を同じにして並べてセロテープで括り両極にもセロテープを貼り絶縁します。
ボタン電池コイン電池は、全体を覆うように巻いて絶縁しないといけないので面倒です。

リサイクルできる充電式の電池は、家電店などにリサイクルボックスが置かれているので、そちらを利用する


たまに、乾電池の回収ボックスが置いてある店舗もある。


使い捨てライターの話を出したので、おまけです。
スプレー缶の捨て方。全部使い切ったつもりでも、微量のガスが残っているので、穴を開けてガスを抜いてか

ら捨てる。私は片方の先が尖った金槌で、スプレーの底に孔を開ける。それか金属製の物差しの角を、スプレ

ーの底に打ち付けて孔を開けています。

マニキュアも揮発性があり引火する恐れがあるので、中身の溶剤を揮発させ乾いてから捨てる。

使い捨てライターは、ボディーに錐で穴を開けるか、ライターの底にガスを充填した時の小さな窪みに千枚通

しで孔を開けガスを抜く。

付録です
電池の形の表記の記号の意味

円筒形
マンガン乾電池
アルカリ乾電池
ニッケル系一次電池
ネッケル水素電池
リチュームイオン二次電池
ニカド電池

9V型
マンガン乾電池
アルカリ乾電池
ニッケル水素電池

パック型
リチウム一次電池
リチウムイオン二次電池

コイン型
リチウム一次電池
リチウム二次電池

ボタン型
酸化銀電池
アルカリボタン電池
空気亜鉛電池

ビン型
リチウム一次電池

ガム型・角形
ニッケル水素電池
リチウムイオン二次電池


形状を表す記号
R 円筒形 ボタン形 コイン形
F 角形 平形 ガム形

電池系を表す記号
一次電池
記号なし マンガン乾電池
B フッ化黒鉛・リチウム電池
C 二酸化マンガン・リチウム電池
E 塩化チオニル・リチウム電池
F 硫化哲・リチウム電池
G 酸化銅・リチウム電池
L アルカリ乾電池
P 空気亜鉛乾電池
S 酸化銀電池
Z ニッケル系一次電池

二次電池
H ニッケル・水素電池(NH HH TH)
K ニッケル・カドミウム電池(N P)
IC リチウムイオン二次電池(CG ICP LIP UP)
PB 鉛蓄電池

水銀電池は1995年(平成7年)からに日本国内では生産を中止している。

文字入力特化のメモ帳 ポメラDM200

ポメラDM200

ポメラはキングジムが2008年11月に販売された文書作成の特化した電子機器です。大きさは文庫本大で、キーボード入力ができる可搬型の電子メモ帳です。一番最初の機種はキーボードを二つに折り畳められ。筐体は厚めの文庫本程の大きさでした。発売以降何回か機能強化されたが二つ折りのキーボードが特徴でした。しかし、今回発売されたDM200の前の機種DM100から筐体は横長になり。キーボードは折り畳み式ではなくなりました。
今回のDM200の気になる新機能です。

    ポメラDM200


今まで、ファイル、フォルダー、そしてファイルとフォルッダーをファイル名で検索できたが、200はそれにテキストが追加されている。
まだ現物は触っていないが、テキストファイルの中の言葉を、ファイルを開かないでも検索でき、ファイル名を忘れたが、その中に書かれている単語からファイルを見つけだすことができるようになり便利な機能といえる。
この機能を利用してフォルダー内にある複数のファイルのなかから、キーとなる言葉が含まれている、テキストファイルを探し出すことができることになる。
また、複数の単語をスペースで区切っての3つまでのキーワードを使って検索ができる。
ただ、大文字小文字を区別し全角半角文字も区別して検索します。できれば、区別するかしないかを選択できるようになればといいです。
テキストファイル本文の検索は、今までと同様に、大文字小文字を区別するかしないかを選ぶことができます。

また、今までの機能にはなかったものに、行番号が表示されるようになった。非常にこれは便利な機能で重宝しそうです。
ただ、画面に表示されるフレーム設定により行番号が付けられるようです。また、できれば段落ごと、つまり制御文字の改行キー毎に、行番号が表示されると、プログラミングなどをするときに便利です。そのため、画面表示ごとの改行の物理的改行と改行キーごとの論理的改行が選択ことができれば重宝します。

DM200のファームウェアーのバージョンがアップされるときにでも、これらができるようになることを期待したいです。

他にも便利な機能が新しく追加されています。
メニューに「表示」という項目が増え、「全画面表示」「アウトライン」「比較」「分割」「グリッド」「フレーム」「行番号」「白黒反転」があり、今までになかったアウトライン表示や行番号ができるようになった。
これは、行頭に半角ピリオドの数で、アウトラインの階層が深くなっていく。
文書の見出しにピリオドを付けて、長文のレポートなどを書くときに、書き直したりするときに重宝しそうです。
また、文書を読み直すときも、このピリオドを入れておくと、直ぐにその一にジャンプすることができます。

DM100では新たに機能が追加された、カンマ区切りのテキストデータのCSVファイルの編集が、DM200ではその機能が無くなった。私はこの機能をたまにではあるが、重宝して使っていたので、無くなったのが残念です。

また、DM100には、QRコード、カレンダー機能、国語辞典と英和辞典、和英辞典の呼び出しボタンがあったが、液晶画面が大きくなたためかなくなって、メニューからのキー操作やショートカットキーで呼び出しのなてしまっている。これも残念なところです。

今後の開発で期待したい機能に次のようなものがあります。
テキスト本文では、検索と置き換えができます。この置き換え機能は文体を統一するときなど便利です。しかし、こちらも大文字小文字、全角半角が区別されます。
できれば、この検索、置換機能で、正規表現が使えるようになれば、文体の統一や編集、校正するときに便利です。特定の文字列を使った表現で、文書を検索、置き換えができるので、文体の統一をする複数の文字列を一括して変換できるので便利です。
また、アウトライン機能を使うため見出しに半角ピリオドを打ったのを、一括削除するためにもこの正規表現は是非とも取り入れてもらいたく思います。
このポメラで作った文書でアウトライン機能を利用するため行頭のピリオドを、一括削除や別の制御文字などに変換するため、検索文字列に、 ^\.* と書き、置換文字列を空白にし置き換えると、ピリオドを削除するのに便利なので期待したいです。

温泉マーク♨

温泉マークが国際規格のマークに変更する案が、経済産業省からでているそうです。
これは、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、外国人観光客が今のマークを「温かい料理をだすレストラン」に誤認してしまわないように、わかりやすくやすくするためだとしえいる。
国際規格のマークはいま日本で使われている、温泉マークに湯気と輪っかの間に三人の人が描かれているものです。これに対し国際規格のマークに慎重な人の中には、日本人の中には、混浴と誤解してしまう人がいるとしています。
温泉マークは本来は地図に使われているもので、経済産業省がとやかく言うものではなく、国土地理院を所管している国土交通相が言うべきのものです。
地図に使うマークなので、あまり複雑なものでは見にくくなるのでその点をよく考慮して決めていく必要がるでしょう。
これについて温泉で有名は別府市が全国の温泉のある自治体にアンケート調査したそうです、その結果回答があった57自治体のうち、26自治体が現在の方がよいと答えた層です。

さてこの温泉マークどのように鳴るのでしょうか。

スクーターの自動運転車

自動運転の自動車の開発が進んでいる。NHKの世界のTVニューを見ていると、シンガポールのTVニュースだったかと思うが、自動運転のスクーターを開発していると報じていた。映像を見ていると四輪で外出が困難な人が外出しやすくなると報じていた。私はその映像を見ていて自動運転車イスと言えるだろう。
二輪でないのは、二輪車は乗っているものが、バランスを変化させながら進行方向を変えて進むから、二輪にするのは難しいからだろう。無人の二輪車ならできる可能性があるだろう。
最近街中でも障害者が電動車椅子で外出する姿だけなく、高齢やが安全に支障なく歩くことが難しくなってきた人が、電動車椅子に載って移動しているのを見かけるがそれと同じようなものです。それに自動運転自動車と同じ自動運転の技術を取り入れたものです。
障碍者用の電動車椅子は、運転免許は必要なく歩道を走行できます。歩行機能が衰えた人が使っている、電動車椅子は、運転免許の必要性の有無や、歩道走行が許されているのかは私は詳しく知らないです。(ただ歩道は段差や傾斜があったりして車道の方が走行し易いこともある、そのため歩道のフラットかを進めてもらいたいものです。)

自動運転スクーターとなると車椅子とは違い、動力が電力なのか内燃機関の違いがあっても、歩道は走れず車道を走り、かなりの高速で走行でき運転免許が必要となってくるでしょう。

この自動運転スクーターが実現すると、その技術は身体障害者や、今まで車イスを使うことを考えられなかった、白杖を使っての外出をしている視覚障害者もこの自動運転スクーターを使って外出できる可能性がでてくる。特にGPSを使っての自動走行となると、今まで白杖を使って外出していた視覚障害者でも、初めて行くところは、目的地に安全にいくのは難しかったが、この自動運転スクーターを使うと初めてのところでもいける可能性が高くなる。しかも、白杖なしで安全に外出ができるようになる。

肢体不自由の障碍者が使う場合には、事故が起きた場合の責任どのように問われるかの課題があるだろう。
白杖を使って歩行している人が、健常者が白杖つまづき転倒し怪我をした事故があった。そのため、怪我をした健常者が視覚障害者を訴えた事があると聞いたことがある。此の事故は特異なものでその後の興味はあるが、私はその訴訟をその後をしらなです。ただ、車椅子と歩行者が接触して、歩行者に怪我をする事は今までにあったことです。

そのため、やはり自動運転車椅子でも安全性の技術が確立されるまで、視覚障害者や今まで電動車椅子を使えなかった重度の肢体不自由の障碍が使えるようになるにはまだ先の事だろう。しかし早くそのような技術が現実のものとなると画期的なことです。

オリンピック競技に魚釣り?

国際スポーツフィシィング連盟は、11月8日に国際オリンピック委員会の承認団体入りを目指して、10月に申請書類を出したことを明らかにしたことを公表した。
将来的に五輪競技入りすることを視野に入れている。
魚釣りの国際競技もあるが、オリンピックで魚釣が競技として行われるのは、狐狩りをオリンピック競技にするのに等しいのではないか。
それならと、他の狩猟ハンティングや鷹狩りなどもとなってしまいかねない。それらは動物愛護の観点から非常に問題があるといえるでしょう。

また、前向きに考えても、魚釣りにもいろいろあり、カジキマグロ釣りもあれば、渓流でのイワナ釣りもある。競技も一定にできない。海のない国は海洋での釣りはできないし、魚の種類により釣技法も違うので、出場国の選手選考にも課題が多くあるのではないだろうか。
漁場もそれぞれ違うのでまずは、実現には多難ではないだろうか。

プミポン国王が死去のその後からいろいろ

プミポン国王が死去されたタイで、プミポン国王や王室をソシャールネット上で中傷したと、タイ各地で糾弾する動きが各地で起きていると。バンコック時事が10月13日伝えている。
サムイ島で王室に対する不適切なメッセージを、フェースブックに投稿したと、不敬罪で警察に逮捕され、怒った民衆が警察の押し掛けたという、そこで、警察署の玄関に置かれた国王の肖像の前で謝罪する画像がユーチューブに投稿された。

また、プーケット県では商店の息子がフェースブックに投稿しあ「生まれ、生き死ぬのは普通のことだ」という一般的な仏教の教えの内容に対して、1000人の群衆が押し掛け警察に引き渡せと騒いだそうです。

この記事を読んで日本ではどうだろう、26年前に昭和天皇の容態悪くなって、皇居前に記帳台が置かれ多くの人が記帳し、崩御されてからもいろいろなことに自粛が広がった。
明治天皇・大正天皇の時はより大がかりの、国全体が喪に服することがなされたときく。

あきつ(み)かみ とされた戦前はでは、いまのタイの国民が不敬という動きよりも、糾弾の雰囲気はもっと強かっただろう。

最近、日本の伝統・文化・悠久の歴史などと、言って皇祖皇宗の長い歴史のある天皇制と言うこと再び聞くようになった。再びと言ってもわたしがそのように感じるのは初めてだ。それなら、前にあったのはというと明治以降のそれも昭和になってから強く言われるようになったようです。
生前退位をしたのは、約200年ぶりという。明治150年というから、江戸時代の晩期までは皇位の生前退位はあったわけで、今のようになったのは明治憲法と皇室典範がでてから明文化されたのもので、それは伝統とは言えないものです。

キングジムの電子メモ帳「ポメラ」

私が愛用している電子文具の一つに、キングジムのから発売されている「ポメラ」という電子メモ帳がある。
このメモ帳は文書を書くことの特化したメモ帳で、他の電子手帳は様々な機能があるが、この「ポメラ」はそのような機能は一切ついていないものです。
それの「ポメラ」が、5年ぶりに新機種「pomeraDM200」が発売された。

今までの「ポメラ」は単3乾電池2本で30時間ほど使えるものだったが、新機種はリチュームイオン電池が内蔵されて18時間ほどの連続使用ができるようです。また、充電はパソコンからも、ACアダプターもついているので何処でも、コンセントがあるところなら何処でもつかえそうです。

また、キーボードはJISキーボードと、富士通の親指シフトも使えるようになっている。親指シフトは以前強い人気があるのですね。

TXTデータの保存は本体と外部記憶メディアとして、SDカードとSDHCカードが使える。

文書作成機能が今日かされえいる、画面が横に長くなり、文書の段落の先頭にピリオド(.)を付けることにより、見出しになり、アウトライン表示ができるようになっている。ピリオド一つで第一段落、二つで第二段落となる。
また、いままで行番号の表示ができるようになり、長文の文書を書くとき非常に便利になりそうです。ただ、画面上の行番号だけなのか、改行ごとに行番号をつけることができるのかは、実際に発売されてから確認したいと思います。私は通常エディターで文書を書くときは、段落ごとに行数を表示する設定にしています。
また、今までは違うファイルを二つ表示できたが、新機種では一つのファイルを二画面表示でき、同じ文章の他の部分を参照にしながら文書作成ができるようになっている。
他にも日本語変換機能が強化され、内蔵している電子事情が国語辞典、英和辞典、和英辞典に加え類語辞典が追加されている。

新機種DM200は無線LANが搭載され、「iPhone」「Mac」と相互の文章を編集することができるようになった。

また、使えなくなた機能もある、今回発売された前位機種のDM100は、CSVファイルの読み込みと書き込みができ、表計算ソフトとデータのやりとりができたが、今度発売される機種は対応していないようです。
わたしは、この機能を時々使うが、CSVファイルとTXTファイルの変換に手間がかかるのと、セルの幅が一定で変えられないので、セルの内容を確認するのに、桁数が多いと視認性がよくないので、評判はあまりよくなかったのだろうか。

今使っている機種は、パソコンとの連携をするインターフェースのコネクターが不調なので、新機種に買い換えようかと検討してるところです。

タイの国王のご逝去で日本の皇室のあり方で思ったこと

タイの国王がご逝去された、国民から絶大な信頼されているが、国王は元首であるが政治とは直接関わらないいる。英国も同じで、君臨するが統治せずでエリザベス女王は元首

であるが、政治の執務はとらないで、国民から選ばれた首相が政治を動かしている。現代の西欧の多くの王国はこの方法がとられている。

話はかわるが、米国大統領戦はいよいよ間近になり、トランプ氏かクリントン氏か注目されるところです。米国の大統領は元首であり首相であるようなもので、政治と直接関わ

っている。

日本はどうかというと、象徴として存在し国民から選ばれた国会議員が選出した首相が政治を動かしている。それにより、英国などと同じようなものと言えるだろう。
また、自民党が憲法改正草案を2012年に発表したが、天皇を元首と明記しているが、「第五条 天皇は、この憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しな

い」と書かれ、現行の憲法と同じような立場をとっていると読みとれる。
ただ、両院とも改憲派が3分の2異常をしめ、憲法改正が話題になってきているので、この天皇の位置づけをよく考えていきたいです。。

憲法を改正すると天皇と首相、元首の関係はどのように変わるだろうか。表面的な文言ではそう大きく変わるようにみえない。しかし、今の安倍政権の閣僚の多くが、日本会議

という政治団体と密接な関係にあることは明らかになっている。この日本会議は神社本庁の大きな影響力がある。また、それにより日本の長い歴史と伝統と文化と言う、明治以

降に明治政府に作られた、天皇を頂点とする日本の国体の再興をはかっている人たちが多い団体です。

よくこの人たは日本のよき伝統と文化と言い、日本の天皇制は皇祖皇宗であり万世一系の天皇が統治ちしてきた世界でもまれな国だいう。しかし、それは本当だろうか明治以前

は、天皇は政治を行う上での権威の象徴であったが、政治の実権は徳川幕府が施行していた。戦国時代は各国の戦国大名が覇権を争って、天皇は戦国の世を治めようとはしなか

った。室町鎌倉時代も天皇は権威を位置づけるものでしかなかった。平安時代は天皇家の覇権の争いに時代で、飛鳥・天平時代ごろが、天皇が大和近畿を治めていたのではなか

っただろうか。

しかし、安倍政権の閣僚と関係のある日本会議や神社本庁の中の一部の人は、明治憲法の第3条天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス 第4条天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此

ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ が日本の正しい姿で、それを復活したく思っているように感じる。

今の天皇の昭仁陛下は、平成21年の天皇皇后両陛下御結婚満50年に際しての記者会見で、皇室の伝統についてお聞かせいただくとともに,それを次世代にどう引き継いでいかれ

るのか聞かれたときに、「時代にふさわしい新たな皇室のありようについての質問ですが,私は即位以来,昭和天皇を始め,過去の天皇の歩んできた道に度々に思いを致し,ま

た,日本国憲法にある「天皇は,日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」であるという規定に心を致しつつ,国民の期待にこたえられるよう願ってきました。象徴とはどうあ

るべきかということはいつも私の念頭を離れず,その望ましい在り方を求めて今日に至っています。なお大日本帝国憲法下の天皇の在り方と日本国憲法下の天皇の在り方を比べ

れば,日本国憲法下の天皇の在り方の方が天皇の長い歴史で見た場合,伝統的な天皇の在り方に沿うものと思います。」と述べられています。天皇陛下はよく日本の歴史と天皇

のあり方を考えられておられると思います。

音声入力で文書を書く

アメリカのSFテレビドラマの「スタートレック」では、コンピュータに話しかけて、宇宙船を操縦したり、記録くしたり物事を調べる場面があります。
またそのなかで、日誌や日記などを書いたり、文書を作ったりするに、キーボード操作や手書きではなく、コンピュータに喋りかけて音声入力している場面がある。
もっとも、現代ドラマで日記をペンで書く場面では、陰の声でその内容を視聴者に伝える工夫がされいます。それを考えるとコンピュータ技術が進んだ未来のドラマでは、音声で入出力するパソコンがあって当然でしょう。しかも、ドラマを作る上で、入力場面とその内容を伝える二つのの場面をつくり合成する必要はなくなります。

しかし、音声入力の技術は着実に進んでいると聞きます。将来、日記帳に語りかけて日記を書く時代になるでしょうか。

それは、わたしはいくら人の喋っていることを、識別して文字かする技術が進んでも。それが、全般的に普及するとは思われないです。
文章を作るときに、自分で考えながら喋るだけで、文章を作ることが出来るだろうか。いくら今の私たち書く文書が文語体ではなく言文一致の文書だからといって。話しことばではないです。
文書を書くときは推敲しながら、訂正しながら書いていきます。そして、ペンで書いた原稿は赤や黒の文字や矢印が入ったりして、最終的に書き換えられていき、一つの文章ができあがっていきます。その段階で頭の中で文書が練られいきます。

いまは、キーボードで文字を入力しながら、コピペで文を作ってゆくので、その推敲のあとが残らないです。そのためキーを叩いて文を書いている途中で、自分がどのように考えながら文字を打っているかの確認をしながら文書を作ってゆくことは難しいです。

そこで、文書を作っている途中でプリントアウトしながら、まが作っている文を上書きせずに保存して、比べて見ることをするとよいのでしょうが、私のようなものぐさはそんなことをせず、どんどん思いついたことを書き加えるようなことをしているので、いつまでたっても支離滅裂な稚拙なぶんしかかけないでいます。

究極の厚さ1ミリのテレビ

究極の厚さ1ミリのテレビ

NHK放送技術研究所が厚さ1ミリの8Kスーパーハイビジョンテレビスクリーンを開発したそうです。
画素数がハイビジョンの16倍の3300万画素だそうです。

それはそれとしてすごい技術です。
家庭でのビデオシアターにも利用できるでしょう。
パソコンのプレゼンソフトなどと連携させると、今までプロジェクターで投影するために、部屋を暗くさせていたのがその必要がなくなることになる。

ただ私が思ったことは、
新聞に載っていた写真をみると、このテレビスクリーンは1ミリで巻き取る事ができるようです。そうなると使わない時は巻き取っておき、使うときに広げる事を繰り返すことになります。そうすれば巻いたり広げたりに対して、高密度の画素の精密機器なので、耐久性はどれぐらいあるのだろう。

テーマ : TV
ジャンル : テレビ・ラジオ

太陰太陽暦のカレンダー

太陰太陽暦のカレンダー

このブログの右サイドのバーにある、日めくりカレンダーのしたに、「■旧暦2016年日・月の出入■」があるが、これは現在使われているグレゴリオ暦と太陰太陽暦の「旧暦」に対応する日が一目でわかるようにした表です。旧暦での一月ごとの表にしてあります。

五月の暦が一日のデータが抜けてしまっていました、それにより六曜がずれていたので訂正しまいた。

まあ、ほとんど使い道はないでしょう。わたしは、以前からこのブログでも述べているが、日の出前の薄暗い夜明けの時刻に早朝のウオーキングすなわち散歩をしている。そのために、明日の日の出の時刻が知りたくて、日の出と夜明けの作ろうと思って作ったものです。それなら、ついでに江戸時代使われていた時刻と、日にちがわかるように趣味でつくったものです。。

ついでに、一年間の【不定時法と定時法の気節による違い】として、二十四節気の日の、不定時法の時刻と現在使っている定時法の時刻の対照表をつりました。
これを見ると、冬と夏の一時間と半ン時の長さの差を感じます。夏至と冬至を比べると、夏至の頃は明るくなりだしてから暗くなるまでの昼の時間が、5時間48分もあり、7時間36分も長いです。この昼夜の時間の長さは、一ッ時の時間を6倍したもので、夜明けから夕暮れや、日の出から日の入りの時間ではないです。
冬至のころは、夜の長さが13時間6分で2時間6分長いです。夏至の頃の夜の一ッ時は昼の半ン時ほどです。
日本列島は南北の距離があるので、北海道最北端の稚内ではもっと差が大きくなり、沖縄最南端の竹富島では、冬至の頃の昼の夜の差はほとんどないでしょう。

また、月ごとに一年間の明け六 日の出 日の入り 暮れ六の時刻、月の出入りの時刻などを表にしました。


一ヶ月ほど前からこの表をリンクして張り付けてありますが。時刻が左詰めだたので見にくかったです。文字を列で一括して右詰の表示にする法がわかったので、右詰め表示されるよう変えました。

最近ホームページのHTMLファイルを作っていなかったので、今まで持っていたHTML作成の本を処分してしまったので、少し勉強しなおし調べてみました。久しぶりにCSSについて勉強しました。
これは、HTMLファイルなので、どのブラウザでも見れると思います。
もとは、HTMLとCSSをわけてつくっていたので、表示される「■旧暦2016年日・月の出入■」のHTMLファイルを取り込むと、色が分けされず時刻も左詰めにされてしまいます。そこで、このブログで見れるようにしているのは、CSSはHTML内に書き直してみました。

パイの日

3月14日は、多くの国で 3今日、3月14日は、パイの日だそうです。パイと言ってもアップルパイのパイではなく、円周率のことです。

多くの国では、円周率の3.14159265...の受けから3桁の 3 1 4のを順に取ると、3月14日となり、この日を「円周率の日」している。
さらに、マニアックな人は、3月14日の1時59分もしくは、15時9分に祝うそうです。すなわち、3月14日1時59分、もしくは3月14日15時9分は、円周率の3.14159の上から6つの数字とあうのです。
ならば、もっとマニアックになり秒まで読んでみたらどうだろうか、

3月14日1時59分26秒になる。または、3月14日15時9分26秒となります。

調べて見ると、円周率近似値の日の日はいくつか存在するようです。

7月22日:7月22日はヨーロッパ式では 22/7 と表記します。この区切りの / (スラッシュの) をパソコンなどで使う割り算の記号とすると、アルキメデスが求めた近似値となる

中国では12月21日(閏年は12月20日) とするそうです。これは、12月21日が新年から355日目だことによります。祖沖之が求めた円周率の近似値7分の22の、113分の355密率と、近似値3.1415926を与えたことにり、その分子の335に由来しています。分母に当たる1時13分は、それを祝う時刻にあてられている。

4月26日という由われもあり、これは新年からこの日までに地球が動く距離が2天文単位(太陽と地球の距離1億4960万キロメートル×2)となるり、地球の公転軌道の長さと移動距離の比が円周率に一致する。こちらはかなり天文学の知識がないとわかりづらいです。

11月10日(閏年は11月9日)新年から314日目である。

日本人だけでなく、人は何かにつけ記念日を作るのが好きなようです。
る。

働かぬアリ

働かないアリの存在の意味

幾つかの新聞の記事に「働かぬアリ 集団に必要」と言う記事が掲載されていた。

コロニーの中に必ず働かない働きアリが2~3割いるが、その存在がなぜいるかが謎だった。しかし、北海道大の長谷川英祐准教授などの研究チームが観察した結果、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をしていることが解った。このアリ集団の長期存続に不可欠だとの研究成果を、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。
長谷川英祐准教授は、「働かないアリに意義がある」メディアファクトリー新書を2010年に著している人です。
アリは餌集めだけでなく、それぞれ餌集めや卵の世話女王アリの世話などそれぞれ役割分担をしていることがわかっていた。
自然界では、働きアリが全て同時に働かなくなると、必要な卵の世話が滞ってそのコロニーが滅びてしまう。しかし、個体識別をするための色づけをアリにして、観察すると、最初よく働いていたアリが休むようになると、働かなかったアリが動き始めることを確認できたそうです。

つまり、長谷川准教授は「一見無駄な働かないアリも、集団の長期的視点で存続させるには、働かないアリが欠かせない。人間も含め、短期的効率を求めすぎると、組織が大きなダメージを受けることがある」と指摘している。

いま、企業が行政の組織のなかでも、効率化が重視されブラック企業のように、労働者を過労死してしまうように働かせると、その企業の効率は逆に落ちて、その組織集団事態も崩壊してしまうといえる。

その点を見て、私よくない例だが思ったことがある。反社会的暴力集団は、反射会組織のために働かない、不労者を組織内にとどめていることがあると聞く、そしていざと言うときに組織の捨て石となってしまう。アリの集団は己を捨て石となってしまうようなことはないだろう。

それはともかく、今のようのなか何でも無駄を省くことに夢中になっている。いずれしろ私は以前から、そのしっぺ返しが来るのではないかと私は心配していた。

話がそれるが、アメリカの人気テレビ映画のスタートレックに登場する、ボーグは効率を最優先させるてボーグ集団が動いているが、確かこのアリのように常に一定の数のボーグ個体をアルコーブーで待機させていると、セブンが言っていたように記憶してる。また、一部の部門で不足が生じると、他の余った部分や余裕があうところから補充されるようです。
効率を最優先させる組織でも、必ずそのバックアップはあらねばならいです。しかし、今その無駄なところをできるだけそぎ落とそうとしている。
【そぐ】を辞書で調べると、【削ぐ・殺ぐ】薄く削るだけでなく、【弱くする。なくなるようにする。】とも書いてあります。

私が、20年程前に、伊藤忠が運営する神戸にある計算センターを見学したことがあるが、全く同じものが、横浜にもあり、まあ、停電時のバックアップ電源として、ジェットタービンが二基置いてあるといっていた、普通は一基で十分だが万一の用心に無駄だが二基置いてあると言っていました。

何でも無駄をそいで、短期的な効率や成果を求めると悪影響が出てしまい、逆に弱くしてしまうことになるのでしょう。

アメリカの宝くじ

去年の暮れに、宝くじの年末ジャンボくじの抽選があり、10億円を射止めた人がいるでしょうが、米国ではその、110倍の大当たりの宝くじが売りに出されたが、賞金を獲得した人がいないので、賞金は次回に繰り越されたそうです。
この宝くじ、「パワーボール」と呼ばれるもので、日本のロトと同じようなもので、いくつかの数字を選んで当たれば賞金を獲得でき。商品獲得者がなければ次回に繰り越されるものです。日本のロトと大きく違うのは、最高獲得上限額がないことです。
過去に2013年5月に約600億円が出たそうです。今回は1月8日に当選発表があったが、昨年11月7日から獲得が18回連続で、次回の最高獲得額が1500億円に膨れ上がるそうです。
この宝くじは、1500億円を獲得したなら、29年間に分けて受け取るのが原則だそうです。ただ、全額を一度に受け取るなら3分の程の金額を受け取ることになるそうです。それでも、一千億円ですね。この宝くじの権利は、相続できるのでしょうか? そうぞくできないなら、獲得した人が高齢者なら、例え受け取れる金額が少なくなっても、一括してもらった方がよいことになる。

ただ、新聞には次のようにも書かれていた。「抽選前、東部ニュージャージー州のコンビニの前にいたジョージ・モンゴメリーさんはAP通信に「(当選するより)雷に打たれるかバスにはねられる確率の方が高いと思うが、挑戦せずにはいられない」と話していた。」この男性のことばからようは、宝くじは欲に駆られると麻薬と同じようなもので、依存性がでてしまうことでしょう。
年に一回、年末ジャンボくじを買って、一月一日の新聞を見て、初夢のお年玉にするぐらいが言いですね。

低温やけど 低温発火

寒くなり湯たんぽやカイロやコタツを使う季節になってきまた、以前からあったが最近特に話題になっているのが低温やけどです。そのなかでみ、感覚機能が落ちてきた高齢者に注意を促しています。
低温やけどは、体温より少し高めの温度(44℃~50℃)のものに長時間触れ続けることによって起きる火傷。症状が見た目にはわかりにいので、軽症と思ってしまたりするが、低温やけどは皮膚の奥深くがやけどしていて、通常のやけどよりも治りにくい。さらに、皮下組織が壊れてしまうと、手術が必要になったり、感染症にもかかりやすくなるので、普通のやけどよりも注意が必要といわれています。充分注意したいものです。

もう一つ低温の事故について。
こんどは火災です。
低温発火というものがあります。
普通ものが燃えるには、炎などで外部からものが熱せられ、物が燃えます。また、直接炎が当たらなくても、一定の温度を超えると発火して燃えだします。
低温発火は、熱源からの熱が木材などに与えられ、始めは木材の水分などが蒸発し、木材などが多孔質化してゆきます。多孔質化した木材などは断熱性が良く、熱が逃げにくい材料になってゆき炭化してゆき、ある程度の温度で発火してしまうといわれています。
数十年前に、ニュースで聞いたはなしですが、台所から出火したそうですが、出火したときは台所を使っていなかったそうです。よく調べると、台所のコンロの周りは木材でつくられているので、壁に火が移らないようにとステンレスの板で囲ってあったそうです。しかし、長年台所のコンロを使ているとステンレスで囲っている木材の壁が温められ、水分が蒸発し炭化していたそうで。そしてある日突然発火したそうです。
こちらも気をつけたいものです。

「何蛇(なんじゃ)これ!?」

沖縄タイムズの記事です。

沖縄県国頭村奥の路上でアカマタ2匹が絡み合ったまま動けなくなっている「何蛇(なんじゃ)これ!?」



新聞の記事は、沖縄タイムズの記事を読んでください。
沖縄県国頭村奥の路上でアカマタ2匹が絡み合ったまま動けなくなっている「何蛇(なんじゃ)これ!?」

続きを読む

SEALDs・奥田愛基さんの意見陳述

15日おこなわれた、参議院の中央公聴会での、【安保法案】SEALDs・奥田愛基さんの意見陳述は、他の学者先生・学識経験者方より、国民の意見を素直にあらわされていて、すばらしいものだった。
いつものTシャツ姿で、茶髪ではなく、紺のジャケットに髪を黒くして、ちゃんと左から分けて整髪していました。やや緊張して意見陳述をでした。

私が最も、感銘したのは、最後に「最後に私からのお願いです。SEALDsの一員としてではなく、一人の人間としてのお願いです。どうかどうか、政治家の先生たちも、個人でいてください。政治家である前に、派閥に属する前に、グループに属する前に、たった一人の個であってください。自分の信じる正しさに向かい、勇気を出して孤独に思考し判断し、行動してください。」と述べたことです。他のややこしかったり、難しい言葉などよりもっとも、民主政治を行う上での一番の根幹だとおもいます。

ハフィントンポスト日本版に、その全文が紹介されいます。

【安保法案】SEALDs・奥田愛基さん中央公聴会に 「路上に出た人々が社会の空気を変えた」(全文)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/15/sealds-okuda-aki-speech_n_8138032.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

15日の、参議院での安保関連法に関する公聴会で、SEALDs・奥田愛基さんの意見陳述の全文です。

あのー、すいません、こんなことを言うのは非常に申し訳ないのですが、先ほどから寝ている方がたくさんおられるので、もしよろしければ、話を聞いて頂けるようおねがいします。僕も2日間ぐらい緊張して寝られなかったので、僕も帰って早く寝たいと思っているので、よろしくお願いします。

SEALDsとは「自由と民主主義のための学生緊急行動」です。私たちは特定の支持政党を持っていません。無党派の集まりで、保守、革新、改憲、護憲の垣根を越えてつながっています。最初はたった数十人で立憲主義の危機や民主主義の問題を真剣に考え、5月に活動を開始しました。その後、デモや勉強会、街宣活動などを通じて、私たちが考える国のあるべき姿、未来について日本社会に問いかけてきたつもりです。こうした活動を通して、今日、貴重な機会を頂きました。今日私が話したいことは3つあります。

ひとつは、いま、全国各地でどのようなことが起こっているか。人々がこの安保法制に対してどのような声を上げているか。2つめは、この安保法制に関して、現在の国会はまともな運営をしているとはいいがたく、あまりにも説明不足だということです。端的に言って、私たちはこの法案に対して、とうてい納得することができません。3つめは政治家の方々への私からのお願いです。

まず第1にお伝えしたいのが、私たち国民が感じている安保法制への大きな危機感です。この安保法制に対する疑問や反対の声は、現在でも日本中で止みません。つい先日も国会前では10万人を超える人が集まりました。しかしこの行動は何も、しかも東京の国会前で行われているわけではありません。私たちがインターネットや新聞などで調査した結果、日本全国2000カ所以上、数千回を超える抗議が行われています。累計して130万人以上が路上に出て声を上げています。

この私たちが調査したものや、メディアに流れているもの以外にも、たくさんの集会があの街でもこの町でも行われています。まさに全国各地で声が上がり、人々が立ち上がっているのです。また、声を上げなくも疑問に思っている人は、その数十倍もいるでしょう。

強調しておきたいことがあります。それは、私たちを含め、これまで政治的無関心といわれてきた若い世代が動き始めていると言うことです。これは誰かに言われたからとか、どこかの政治団体に所属しているからとか、いわゆる動員的な発想ではありません。私たちはこの国の民主主義、未来について、主体的に一人一人、個人として考え、立ち上がっているのです。

SEALDsとして行動を始めてから、誹謗中傷に近いものを含め、様々な批判的な言葉を投げかけられました。たとえば、騒ぎたいだけだとか、若気の至りだとか、ほかにも一般市民のくせに、おまえは何を一生懸命になっているのか。というものまります。つまりおまえは専門家でもなく、学生なのに、主婦なのに、サラリーマンなのに、フリーターなのに、なぜ声を上げるのかということです。しかし私たちは一人一人、個人として声を上げています。不断の努力なくしてこの国の憲法や民主主義、それらが機能しないことを自覚しているからです。

政治のことは選挙で選ばれた政治家に任せておけばいい。この国にはどこかそのような空気感があったように思います。それに対し、私たちこそがこの国の当事者、つまり主権者であること、私たちが政治について考え、声を上げることは当たり前なのだということ。そう考えています。その当たり前のことを当たり前にするためにこれまでも声を上げてきました。

そして2015年9月現在、今やデモなんてものは珍しいものではありません。路上に出た人々がこの社会の空気を変えていったのです。デモや至るところで行われた集会こそが不断の努力です。そうした行動の積み重ねが、基本的な人権の尊重、平和主義、国民主権といったこの国の憲法の理念を体現するものだと、私は信じています。私は一人一人が思考し、何か正しいのか判断し声を上げることは間違っていないと確信しています。また、それこそが民主主義だと考えています。

安保法制に賛成している議員の方も含め、戦争を好んでしたい人など誰もいないはずです。

私は先日、予科練で特攻隊の通信兵だった方と会ってきました。70年前の夏、あの終戦の日、20歳だった方々は、今では90歳です。ちょうど今の私やSEALDsのメンバーの年齢で戦争を経験し、その後の混乱を生きてきた方々です。そうした世代の方々もこの安保法制に対し、強い危惧を抱かれています。私はその声をしっかり受け止めたいと思います。そして議員の方々もそうした危惧をしっかり受け止めてほしいと思います。

今、これだけ不安や反対の声が広がり、説明不足が叫ばれる中での採決は、そうした思いを軽んじるものではないでしょうか。70年の不戦の誓いを裏切るものではないでしょうか。今の反対のうねりは世代を超えたものです。70年間、この国の平和主義の歩みを、先の大戦で犠牲になった方の思いを引き継ぎ、守りたい、その思いが私たちをつなげています。私は今日、そのうちのたった1人としてここで話をしています。つまり、国会前の巨大な群像の1人として、国会に来ています。

第2に、この法案の審議に関してです。各世論調査の平均値を見たとき、初めから半数近い人は反対していました。そして月を追うごと、反対世論は拡大しています。理解してもらうためにきちんと説明していくと、現政府の方はおっしゃっています。しかし説明した結果、内閣支持率は落ち、反対世論は盛り上がり、この法案への賛成意見は減りました。

選挙のときに集団的自衛権に関してすでに説明したとおっしゃる方々もいます。しかしながら自民党が出している重要政策集では、アベノミクスは26ページ中8ページ近く説明していましたが、それに対して安保法案はたった数行しか書かれていません。昨年の選挙でも、菅官房長官は集団的自衛権は争点ではないと言っています。さらに言えば、選挙の時に国民投票もせず、解釈で改憲するような、違憲で法的安定性もない、そして国会答弁もきちんとできないような法案を作ることなど、私たちは聞かされていません。

私には政府が、法的安定性の説明をすることを途中から放棄してしまったようにも思えます。憲法とは国民の権利であり、それを無視することは国民を無視するのと同義です。また、本当に与党の方々は、この法律が通ったらどのようなことが起きるのか、理解しているのでしょうか。想定しているのでしょうか。先日言っていた答弁とはまったく違う答弁を翌日に平然とし、国会の審議は何度も何度も速記が止まる状況です。このような状況で、いったい国民はどうやったら納得したらいいのでしょうか。

SEALDsは確かに注目を集めていますが、現在の安保法制に対して、この国民的世論を私たちが作り出したのではありません。もしそう考えていられるのでしたら、それは残念ながら過大評価だと思います。私の考えでは、この状況を作り出しているのはまぎれもなく現在の与党の皆さんです。つまり、安保法制に対する国会答弁を見て、首相のテレビでの理解しがたいたとえ話を見て、不安に感じた人が国会前に足を運び、また全国各地で声を上げ始めたのです。

ある金沢の主婦の方がFacebookに書いた国会答弁の文字起こしは、瞬く間に1万人もの人にシェアされました。ただの国会答弁です。普段なら見ないようなその書き起こしをみんなが読みたがりました。なぜなら不安だったからです。

今年の夏までに武力行使の拡大や集団的自衛権の行使容認をなぜしなければならなかったのか。それは人の生き死にに関わる法案で、これまで70年日本が行ってこなかったことでもあります。いったいなぜ11個の法案を2つにまとめて審議したか、その理由もよく分かりません。1つ1つ審議してはだめだったのでしょうか。まったく納得がいきません。結局、説明した結果、しかも国会の審議としては異例の9月末まで伸ばした結果、国民の理解を得られなかったのですから、もうこの議論の結論は出ています。今国会での可決は無理です。廃案にするしかありません。

私は毎週、国会前に立ち、この安保法制に対して抗議活動を行ってきました。そしてたくさんの人に出会ってきました。その中には自分のおじいちゃん、おばあちゃん世代、親世代の人、そして最近では自分の弟や妹のような人たちもいます。たしかに若者は政治的に無関心といわれています。しかしながら現在の政治的状況に対して、どうやって彼らが希望を持つことができるというのでしょうか。関心が持てるというのでしょうか。

彼らがこれから生きて行く世界は、相対的貧困が5人に1人と言われる超格差社会です。親の世代のような経済成長もこれからは期待できないでしょう。今こそ政治の力が必要なのです。どうかこれ以上政治に対して絶望してしまうような仕方で議会を運営するのはやめてください。何も賛成からすべて反対に回れというのではありません。私たちも安全保障上の議論は非常に大切なことを理解しています。その点について異論はありません。しかし、指摘されたこともまともに答えることができない、その態度に強い不信感を抱いているのです。

政治生命を賭けた争いだとおっしゃいますが、政治生命と国民一人一人の生命を比べてはなりません。与野党の皆さん、どうか若者に希望を与えるような政治家でいて下さい。国民の声に耳を傾けて下さい。まさに、義を見てせざるは勇なきなりです。政治のことをまともに考えることが馬鹿らしいことだと思わせないでください。現在の国会の状況を冷静に把握し、今国会での成立を断念することはできないでしょうか。世論の過半数を超える意見は明確に今国会中の成立に反対しているのです。自由と民主主義のために、この国の未来のために、どうかもう一度、考え直してはいただけないでしょうか。

私は単なる学生であり、政治家の先生方に比べ、このような所で話すような立派な人間ではありません。もっと正直に言うと、昨日から寝られないくらい緊張してきました。政治家の政治家の先生方は毎回、このようなプレッシャーに立ち向かっているのだと思うと本当に頭が下がる思いです。1票1票から国民の思いを受け、それを代表し、この国会という場所で毎回答弁をし、最後は投票により法案を審議する。本当に本当に大事なことであり、誰にでもできることではありません。それは、あなたたちにしかできないことなのです。

ではなぜ、私はここで話しているのか。どうしても勇気を振り絞り、ここに来なくてはならないと思ったのか。それには理由があります。参考人としてここに来てもいい人材か分かりませんが、参考にしてほしいことがあります。

一つ、仮にこの法案が強行採決されることがあれば、全国各地でこれまで以上に声が上がるでしょう。連日、国会前は人であふれかえるでしょう。次の選挙にももちろん影響を与えるでしょう。当然、この法案に対する野党の方々の態度も見ています。本当にできることはすべてやったのでしょうか。私たちは決して、今の政治家の発言や態度を忘れません。3連休を挟めば忘れるなんて国民を馬鹿にしないでください。むしろそこからまた始まっていくのです。

新しい時代はもう始まっています。もう止まらない、すでに日常の一部になっているのです。私たちは学び働き、食べて、寝て、そしてまた路上で声を上げます。できる範囲で、できることを、日常の中で。私にとって政治のことを考えるのは仕事ではありません。この国に生きる個人としての不断の、そして当たり前の努力です。私はこの困難な4カ月の中でそのことを実感することができました。それが私にとっての希望です。

最後に私からのお願いです。SEALDsの一員としてではなく、一人の人間としてのお願いです。どうかどうか、政治家の先生たちも、個人でいてください。政治家である前に、派閥に属する前に、グループに属する前に、たった一人の個であってください。自分の信じる正しさに向かい、勇気を出して孤独に思考し判断し、行動してください。

みなさんには一人一人考える力があります。権利があります。政治家になった動機は人それぞれ様々あるでしょうが、どうか政治家とはどうあるべきなのかを考え、この国の民の意見をきいてください。勇気を振り絞り、ある種賭けかもしれない、あなたにしかできない、その貴い行動を取ってください。日本国憲法はそれを保障し、何より日本国に生きる民一人一人、そして私はそのことを支持します。

困難な時代にこそ希望があることを信じて、私は自由で民主的な社会を望み、この安保法案に反対します。2015年9月15日、奥田愛基。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

イサクの燔祭

精神科医の香山リカが『「今のあたな」で大丈夫!』新講社で、第9章 親との「心の距離」がつかめない、で、イサクの燔祭についてかいている。

アブラハムの親子の仲のよいこと神から、信仰心を試され、息子を生け贄に差し出せといわれ、息子を生け贄に差し出す話しです。

この話しは有名で、絵にも多く描かれているので、知っている人も多いことでしょう。結局は神はすんでのところで、燔祭を止めにはいり、アブラハムの信仰心の高さを高く評価し将来の繁栄を保証するのです。しかし、何とも神も酷いことをするものです。

ここで、香山リカは、この二人の親子の中のよいですが、それはつまり、互いに親離れ子離れしていないから、親子の不仲が起きるのだといっています。香山は、結論として親子の関係をあさりさせるのは無理と結論づけています。両者は適当に距離を置き、干渉しすぎず依存も自立も似たり寄ったりで、まずは自分を大切にし、干渉しすぎないとことが大切だと書いています。

今の私の親子関係について、参考になればと思います。
わが子は、それしか方法が見つからないと、頼り甘えることにことに、悪気は感じているだろうが、自立することに対しての意識の低さを感じる。
どちらかと言うと、アブラハムとイサクの話しではなく、獅子は子を千尋の谷に落とす気持ちにさせられる。


いかに、「イサクの燔祭」を紹介しておきます

旧約聖書 創世記 二十二章
1これらの事の後、神はアブラハムを試みて彼に言われた、「アブラハムよ」。彼は言った、「ここにおります」。
2神は言われた、「あなたの子、あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、わたしが示す山で彼を燔祭としてささげなさい」。
3アブラハムは朝はやく起きて、ろばにくらを置き、ふたりの若者と、その子イサクとを連れ、また燔祭のたきぎを割り、立って神が示された所に出かけた。
4三日目に、アブラハムは目をあげて、はるかにその場所を見た。
5そこでアブラハムは若者たちに言った、「あなたがたは、ろばと一緒にここにいなさい。わたしとわらべは向こうへ行って礼拝し、そののち、あなたがたの所に帰ってきます」。
6アブラハムは燔祭のたきぎを取って、その子イサクに負わせ、手に火と刃物とを執って、ふたり一緒に行った。
7やがてイサクは父アブラハムに言った、「父よ」。彼は答えた、「子よ、わたしはここにいます」。イサクは言った、「火とたきぎとはありますが、燔祭の小羊はどこにありますか」。
8アブラハムは言った、「子よ、神みずから燔祭の小羊を備えてくださるであろう」。こうしてふたりは一緒に行った。
9彼らが神の示された場所にきたとき、アブラハムはそこに祭壇を築き、たきぎを並べ、その子イサクを縛って祭壇のたきぎの上に載せた。
10そしてアブラハムが手を差し伸べ、刃物を執ってその子を殺そうとした時、
11主の使が天から彼を呼んで言った、「アブラハムよ、アブラハムよ」。彼は答えた、「はい、ここにおります」。
12み使が言った、「わらべを手にかけてはならない。また何も彼にしてはならない。あなたの子、あなたのひとり子をさえ、わたしのために惜しまないので、あなたが神を恐れる者であることをわたしは今知った」。
13この時アブラハムが目をあげて見ると、うしろに、角をやぶに掛けている一頭の雄羊がいた。アブラハムは行ってその雄羊を捕え、それをその子のかわりに燔祭としてささげた。

山窩

5月22日に、文字を持たない定住生活せずに、移動生活をして、歌や踊りなどで街の民から、施しをもらうなどをして、生活する民のジプシーの女性詩人、『パプーシャノ黒い瞳』の映画のことを書いた。

それとはまったく関係ないが、日本にも昔から、住居を定めない浮浪漂泊者がいた、そのような人がどうして生まれたか、一つの説として、落人(ちゅうど)戦乱において敗者として逃亡した武士として、源平合戦において敗北し僻地に隠遁した敗残者した末裔との説もある。また、社会から孤立し村社会に受け入れられない落ちこぼれという説もあるそうです。
そして、ヨーロッパのジプシーは一つの集団をつくり移動生活をする民族だが、日本のサンカは、家族単位が多いようです。
昭和の初期ころまで日本にも、村里に定住せずに、山中や河原などに定住しないで、漂泊の民、サンカと呼ばれる人がいました。サンカは、できるだけ人との交わりをせずに、川魚やイノシシや鹿などをを狩猟したり、箕の作りや竹細工をつくり、村の人と交易をして生活していました。そのような人たちは、1950年代頃までいたと言われています。そのような人は戸籍も持たず、当然ですが税金も納めていなかったです。一方、村に定期的に廻っていた、鍛冶職人や炭焼き職人や木挽き職人とは、まともな商売をし、戸籍もあり税金を納めているので、それとはまた違ったようです。

しかし、いずれにせよその土地の山の中で暮らし、竹細工を作って売ったり、イノシシなどの動物を獲るのだか、勝手にすることができず、その土地の村の許可を得ない。つまり、まったく人との繋がりや交流を避けていたことはたしかだが、まったく拒否して生きていたわけではないです。
ただ、山賊などの言葉があるように、治安の面から独自な犯行手口を用いる犯罪専科の単位集団を指す場合もあるようです。それとか、源頼光の土蜘蛛退治の話の土蜘蛛もサンカかもしれない。私は土蜘蛛伝説は日本の先住民族と思っているのだが。

それはともかく、サンカ、についての本は多くないが探せば幾つかみつかりました。

幻の漂白民・サンカ 文春文庫 沖浦和光
山窩は生きている 河出文庫 三角寛
サンカ外伝 河出文庫 三角寛
異形にされた人たち 河出文庫 塩見鮮一
など

しかし、この本の幾つかをよんでいると、その地域の村の人とトラブルを起こさないで掟を守っているなら、山窩は自由に生活をしていたようです。また、竹細工や蓑づくりの技術が高ければ。その山窩は幾つかの地域を定期的に廻り、その村人は定期的にやってくる山窩のつくる品物待ち望んでいいたとも言われています。得体のしれない漂泊民として排斥などしていなかったようです。
しかし、今の高度に経済が発達した社会では、山窩のような生活はできないでしょう。そうして、山窩は消えていったのでしょう。
ただ、今の日本の労働環境や雇用関係をみると、格差が拡大して格差が固定化してします。そして、住む家がないので、ネットカフェなどで泊まり廻っている、若い人もいると聞きます。出生届けが出せず戸籍がない人もいるとききます。
これらは、競争社会、自己責任社会といわれ、社会保障制度が後退してきている、今の社会の歪みが産み落とした、違った意味での山窩ともいえるのではないでしょうか。

うちわをつくる

毎日暑い日がつづきますね。
街を歩いていると、うちわ、扇をよく渡してくれます。
その貰ったうちわを水につけて、
紙を剥がして、
パソコンで
民主主義を壊すな!
 立憲政治を守るぞ
 I am not ABE

PEACE NOT WAR
と打ち込み。

印刷しました、
私のプリンターは、インキジェットなので、
コンビニでカラーコピーして、

次のようなうちわを作りました。
    うちわ
外出するときに、持って出かけようと思う

アベ政治を 許さない

「安倍政治を許さない」「I am not Abe」

青少年育成の補導員研修会

青少年育成の補導員をしていますが、その研修会に行ってきました。

その時の講演会で講師の神戸市立青少年補導センターの主任指導員の水澤工先生が次のことを述べられていした。


・最近の子ども達の特徴
1.基本的なルールを尊守する認識の希薄な少年が多くなってきている
2.自己中心的で善悪の判断に基づいて自分の欲望や衝動を抑えきれない少年が増えてきてる
3.言葉を通じて問題を解決する能力が充分発達しきれてない少年が増えてきている
4.自己実現が乏しく自尊感情が希薄なことにより他人を重んじる気持ちが育っていない少年が増えてきている

・最近の子ども達の特徴を踏まえての補導活動の在り方
1.愛情を持って接することにより、少年との距離を縮め親近感をお互いに持てるようにする
2.高い良識を持つことにより、少年からの上から目線と見られるのでなく、信頼感を得ることが大切。
3.適切な補導技術を持つことが大切。

・補導時の対応の仕方
1.愛情と善意を基本として行う
2.補導者の身分を明らかにする。声を掛けるとき、自分は補導員であることを告げ、少年に安心感をあたえる
3.危害防止への配慮をする。少年が加害者になったり被害者になてしまては補導の意味がなくなる
4.上記の不安を感じるときは、補導員で解決するのではなく、警察などの専門機関連絡する
5.自然な態度呼びかけるこが大切、高圧的な態度は逆に反感が生まれしまう
6.反抗的な態度に対しては、一段高い視野から話を聞いて、少年の心を開かせる
7.声かけは時期を失することなく、自信を持って行う
8.最後に呼びかけ要領で大切なことは、別れ際の激励などの一言を忘れない、「」

・補導活の対応のポイント
1.受容的対応(高圧的な態度は反発を招き逆効果)
2.共感的対応(問うてうなずき話を聞き入れる)
3.援助的対応(少年の問題解決能力を高める支援)


研修会の話を聞いていて、人が発達するには自己の欲求が満たされることにより、発達していくものです。
アメリカの心理学者、アブラハム・マズロー(1908 ~ 1970)は、人間の欲求を以下の五段階に分類しました。
そして、低次の欲求が満たされると、高次の欲求を満たすように動機づけられているとしています。
1 生理的欲求(飢え・空腹・睡眠など生命の維持に関する欲求)
2 安全の欲求(戦争・天災・病気からの逃避、衣服や住居などの安定的な維持)
3 社会的欲求(愛と帰属の欲求。集団に属し仲間からの愛情を求める欲求)
4 自尊欲求(承認の欲求。承認・尊敬・独立などを求める欲求)
5 自己実現欲求(自己の能力を発揮して目標を達成する欲求)

マズローはこのようにいっていますが、少年非行などの問題も、少年にこれらの欲求が満たされていないことによるものが多いと考えられます。
敗戦直後の少年非行は、1や2が多くを占めていましたが、今は物質的な豊かさのなか、少年犯罪が深刻になっているのは、3、4、5の欠乏によるところが多いと言えます。これは社会的要因と言うより、周囲の大人の責任にあると思います。

今後地域の街頭補導をするうえで、参考にしていきたいと思います。

「花燃ゆ」と「八重の桜」

NHKの大河ドラマ、今年は「花燃ゆ」だが、一昨年は「八重の桜」でした。
「八重の桜」で、会津が倒幕の長州はんなどの政府軍とたたかった、新島八重のこと題材にしたドラマで、長州が悪く描かれていました。
今年は、長州出身の、吉田松陰や高杉晋作など幕末の長州出身のことが描かれ、長州のことをよく描かれています。

一昨年は、長州のことがあまりよく描かれなかったのでう、NHKもそれではバランスを欠くとして、長州や山口県のよいイメージを作り出すために、「花燃ゆ」の制作がなされたのだろ。

ジョークです

旧ソ連当時にあったジョーク。
プラウダ(ソ連共産党機関誌)にプラウダ(意味:真実)なし。
イズベスチア(ソ連政府機関紙)にイズベスチア(意味:報道)なし。

今の日本の政界のジョーク。
自民党に自由と民主主義の考えはなし。
自民党の正式名称は自由民主党。


報道機関に対してのジョーク。
新聞の報道で100%信じれるのは相撲の結果、50%信頼できるのは天気予報、政治記事は全く信用できない。

今の政治家へのジョーク。
政治家の言っていることを、反対に理解すると言っていることを解る。

記事を追加します。


続きを読む

テーマ : マスコミ
ジャンル : 政治・経済

敗戦後の特殊慰安施設

従軍慰安婦の問題で、強制連行が有った無かったと言う問題で、朝日新聞がスクープした吉田発言が、なり前から虚言で誤報であったことが解っていたが、それを訂正してこなかった事はマスコミとし大きな責任があるでしょう。しかし、従軍慰安婦が存在したことは事実です。
朝日新聞の強制連行させたという誤報のため、従事させるために婦女を徴集するのに、どの様な方法がとらたかの事実がいままでより、明らかにされにくくなってしまっています。

終戦直後に日本の婦女子を性の防波堤として、特殊慰安施設(RAA Recreation Amusement Association)なる国策売春会社をつくりだしています。その会社の施設が1945年8月27日にでき、翌日には警視庁が営業許可をだしたそうです。これに関しては、進駐軍である米軍将兵たちから日本の婦女子を性被害から守るために、進駐軍の将兵の性処理のために、内務省が指令してつくらせたと言われています。

そして、6万人近くのRAA売春婦が集められたと言われている。ただRAA売春婦は性病が蔓延し米軍司令部から立ち入り禁止の指令がでて、すぐに潰れてしまったそうです。この性病が蔓延し立ち入り禁止令を出した事を考えると、米軍や米国政府は関与していなかったと思われます。それよりそのRAAの設立に関して深くかかわった人の一人として、「貧乏人は麦を食え」と言った、総理大臣になった池田隼などが上げられているので、日本政府は何らの関わりも無かったとは言い切れないところがあります。
終戦直後に進駐軍相手のパンパンと呼ばれる私娼が街に出没していたが、そのころは日本にもまだ遊郭があり、公娼制度があったころです。パンパンはその潰れたRAAの流れをくむものとの説もあれば、それを否定する説ももあります。いずれにしろ国が自国民にするようなことではないです。信じられないことで、今はそれは闇の中のようで、真実は明らかになっていないです。

ただこのようなことは、戦前混乱期のことだけでなく、いまの日本の政治家のなかにいるようです。沖縄の米軍の性犯罪問題について、関西のある市長が米軍の司令官に、日本には風俗店がありそれは合法だとして、那覇などの風俗店の利用を進めることをしました。常識では考えられないことです。沖縄には日本の米軍基地の75%があるといわれています。それだけ沖縄に押し付けています。基地問題に限らず、ブラック企業で働く派遣労働者や貧困家庭など、日本の政治はいつまでも弱い者が犠牲になりながら進めることをいつまで続けるのでしょう。

またその市長や、国会議員の中や一部地方自治体の長が、日本にカジノ特区を作ろうと言う人が。そのような人はどの様に考えているのだろうか。お金さえ日本に流れ込んだらよいと考えているのでしょう。そこには、暴力団が入り込んだり、遊廓のようなものもできてくるでしょう。そのうち、外国からギャンブルをしに遊びに来る人から、性の防波堤として遊廓特区をつくろうと言う声もでてくるかもしれない。

SFのターボリフが実用化

SFTVドラマのスタートレックに、宇宙船内を移動するに、ターボリフトというものがある。縦横自由に移動するエレベーターです。動力は各シャフトに電磁誘導レールが取り付けられ、外部にチューブにはリニアモーターが取り付けられていて、船内を高速移動できるようになている、コンピュータ制御され、宙船内を効率よく移動できるものです。

そのような乗り物が、現実のものとなるようです。ドイツエンジニアリング・鉄鋼大手のティッセン・クルップがケーブルを使わないエレベーターシステムを開発したそうです。リニアモーターで動き、ケーブルを使わないので縦だけでなく横にも移動でき、設置スペースも現状の半分ぐらいすみ。移動も速くなりコンピュータ制御により効率我欲待ち時間も短縮されるそうです。

どんどんSFの世界が現実のものとなって生活が便利になっているが、人間の精神面や感覚などがそれについていけるのか心配です。

暴力団対策法の研修会に行って

先日、地域安全まちづくりの研修会にいってきました。
その中で、暴力団員による不当な行為の防止に関する法律、すなわち暴力団対策法についての講習でした。

その法律の9条に書かれている、禁止されている27形態の説明とがありました。
次に示したのが法律で禁止されている行為です。
暴力団対策法で禁止される27の行為(暴対法第9条)
1.口止め料を要求する行為
2.寄付金や賛助金等を要求する行為
3.下請参入等を要求する行為
4.みかじめ料を要求する行為
5.用心棒料等を要求する行為
6.利息制限法に違反する高金利の債権を取り立てる行為
7.不当な方法で債権を取り立てる行為
8.借金の免除や借金返済の猶予を要求する行為
9.不当な貸付け及び手形の割引を要求する行為
10.不当な金融商品取引を要求する行為
11.不当な株式の買取り等を要求する行為
12.不当に預金・貯金の受入を要求する行為
13.不当な地上げをする行為
14.土地・家屋の明渡し料等を不当に要求する行為
15.宅建業者に対し、不当に宅地等の売買・交換等を要求する行為
16.宅建業者以外の者に対し、宅地等の売買・交換等を要求する行為
17.建設業者に対し、不当に建設工事を行うことを要求する行為
18.不当に集会施設等を利用させることを要求する行為
19.交通事故等の示談に介入し、金品等を要求する行為
20.因縁を付けての金品等を要求する行為
21.許認可等をすることを要求する行為
22.許認可等をしないことを要求する行為
23.売買等の契約に係る入札に参加させることを要求する行為
24.売買等の契約に係る入札に参加させないことを要求する行為
25.人に対し、売買等の契約の入札に一定の価格その他の条件で申込等を要求する行為
26.売買等の契約の相手方としないことを要求する行為
27.売買等の契約の相手に対する指導等を要求する行為


また、日頃からおこなっておくべきこととして、暴力団等に対する対応要領も説明されました。
○平素の準備
1.トップの危機管理
・トップ自らが、「不当な要求には絶対応じない」という基本方針と姿勢を示し、毅然とした社風を構築していく。
・担当者が気楽に報告できる雰囲気作りを行う。
2.体制作り
・あらかじめ対応責任者、補助者等を指定しておき、対応マニュアル、通報手順等を定めておく。
・対応責任者は、組織を代表して対応することから、組織としての回答を準備しておく。
・対応する部屋を決めておき、録音、撮影機器等をセットしておくとこととともに、暴力追放ポスターや責任者講習受講修了書等を掲げておく。
3.暴力団排除条項の導入
・暴力団等反社会的勢力を排除する根拠として ・暴力団等反社会的勢力とは取引しないこと
・取引開始後反社会勢力と判明したなら、解約すること
などの内容が盛り込まれた暴力団排除条項を契約書や約款等に導入しておく。
4.警察、暴力追放運動推進センター、弁護士会等との連携
・警察や暴力団追放運動推進センター、弁護士等との連携を保ち、事案の発生に備え担当窓口を設けておく。


そして、実際の対応として心がけるべきことを教えてもらいまいた。
○対応要領12項目
1.来訪者のチェックと連絡
・受付係員又は窓口員は、来訪者の氏名等の確認と要件及び人数を把握して、責任者に報告し、応接室等に案内する。
2.相手の確認と要件の確
・認落ち着いて、相手の住所、氏名、所属団体名、電話番号を確認し、要件の確認をすること。代理人の場合は、委任状の確認を忘れないようにする。
3.応対場所の選定
・素早く助けを求めることができ、精神的に余裕をもって応対できる場所(自社の応接室)等の管理権の及ぶ場所にする。暴力団等の指定する場所や、組事務所には出向かないこと。やむを得ず出向かざるを得ない時は、警察に事前・事後連絡をする。
4.対応に人数
・応対の人相手より優位に立つための手段として、可能な限り相手より多い人数で応対し、役割分担を決めておく。
5.対応時間
・可能な限り短くすること。最初の段階で「何時までならお話を伺います」等告げて対応時間を明確に示すこと。対応時間が過ぎても退去しない場合は、警察に不退去罪での被害届を出す旨を告げて連絡する。
6.言動に注意する
・暴力団員は、巧みに論争に持ち込み、応対者の失言を誘い、又は言葉尻をとらえて厳しく糾弾してきます。「申し訳ありません」、「検討します」、「考えてみます」
等は禁物です。
7.書類の作成・署名・押印
・暴力団は「一筆書けば許してやる」等と詫び状や念書等を書かせたがりますが、後日金品要求の材料などに悪用します。また、暴力団員等が社会運動に名を借りて署名を集めることがありますので署名や押印は禁物です。
8.即答や約束はしない
・暴力団員の応対は、組織的に実施することが大切です。相手の要求に即答や約束はしないことです。暴力団員は、企業の方針の固まらない間が勝負の分かれ目と考えて執拗に、その場で回答を求めます。
9.トップに対応させない
・いきなりトップ等の決裁権を持った者が応対すると、即答を迫られます。また、次回以降からの交渉で「前は社長が会った、お前ではだめだ、社長を出せ、社長が会わない理由を言え」等と喰ってかかられます。
10.湯茶の接待をしない
・湯茶を出すことは、暴力団員が居座り続けることを容認したことになりかねません。また、湯飲み茶碗等を投げつける等、脅しの道具に使用されることがあります。歓迎するお客さんではありませんので、接待は不要です。
11.応対内容の記録化
・電話や面談の応対内容は、犯罪検挙や行政処分、民事訴訟の証拠として必要です。相手に明確に告げて、メモや録音、ビデオ撮影をする。
12.機を失せず警察に通報
・違法行為があれば迷わずに警察へ通報する。不要なトラブルを避け、受傷事故を防止するため、平素の警察、暴追センターとの連携が早期解決につながります。

暴力団に限らずこのような行為は違法であるし、また対応としても互に誤解や不信感をまねかないためにも、これらの、27項目や12項目などを参考にしたいと思います。

竹中工務店の大工道具館

竹中工務店が集めた大工道具を展示収蔵している、竹中工具館が新築移転して新たに来月の4日に開館するそうです。
現在ある「竹中工具館」は、兵庫県庁の近くの山手にあるが、JR新神戸駅近くに移転するそうです。今までは日本の大工匠が古来から使っている大工道具を陳列しているだけだったが、新しい工具館はミュージアムとしての機能が充実されるそうです。

新し工具館のレジュメに次のように書かれています。

新館は、神戸・六甲山の麓に残る"都市の中の森"といえる環境にあります。
建物は地上1階、地下2階として存在感を抑え、樹木の伐採を最低限に留める配置とし、既存の茶室とあわせて和風の屋根が緑の中に点在する風景をつくりだしています。
■伝統と革新をつなぎます
ものづくりの技と心をより身近に感じていただけるよう、建物の内装には、大工や木工職人、左官、瓦師などの職人の技を取り入れています。

「五感に響く」展示へ
■より深く、よりわかりやすく
手仕事にふれる機会が減った現代では、道具をどのように使うのかという理解が難しくなってきています。そこで新しい展示では道具を使用する状況をコンパクトに再現。使い方が直感的に理解できるようになる。
■「建築」と「人」の展示
道具を使ってどのようなものを生み出してきたのか、そこには工匠たちのどのような技と知恵が込められているのか、という疑問にも応えるべく、「実物大の建築」と「工匠の技と心」についての展示がされる。
その中の目玉は高さ7mを超える唐招提寺金堂組物の実物大模型。
先人の技に思いをはせるとともに、木組みの精緻さを間近に見られるそうです。

また、一階の多目的ホールでは、企画展や講演会等のイベントが開催されるそうです。

また、今までなかったミュージアムショップもできるそうです。
大工道具のミニチュアサイズのストラップやキーホルダなどが売られるようです。

開館したら是非一度訪れに見ようと思っているところです。

テーマ : 神戸の美術展
ジャンル : 地域情報

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 東日本大震災追悼式で安倍首相は原発事故に触れなかった。
    竹林泉水 (03/18)
    今一度野田首相が宣言したように、安倍総理は原発事故は収束したと本当は言いたいのでしょう。政府は必ず嘘をつく、それは、オリンピックの施設建設や、豊洲市場もそうです
  • 東日本大震災追悼式で安倍首相は原発事故に触れなかった。
    アジシオ次郎 (03/18)
    おはようございます。

    今年の東日本大震災追悼式典で福島第一原発事故に言及しなかった安倍総理だが、未だに原発事故処理が解決していない、避難区域解除も進んでいな
  • マンションの挨拶禁止
    竹林泉水 (03/13)
    アジシオ次郎さん
    コメントのお返事大変遅くなり申し訳ありません。
    いまのよのなか、スマホが行き渡り本当におかしくなってきた感じですね、友達と集まってもみなそれぞ
  • マンションの挨拶禁止
    アジシオ次郎 (03/01)
    こんにちは。

    マンションで挨拶禁止って、正直近所づき合いを否定するようなものだし、挨拶をしっかりすると言う人としての常識に思いっきり反する行為だと思います。
  • これからの世界のゆくへ
    竹林泉水 (02/20)
    わたしには、トランプ大統領のメディア批判は、日本の首相を見習っているように思えてしまいます。
    アメリカは自由と民主主義国の国でこのようなことはないと思っていまし
  • 軍隊は国民を守るにあらず国を守るもの
    竹林泉水 (02/20)
    コメントありがとうございます

    自衛隊法にどのように明記されていようが、文官と武官との考えの違いはあるのではないでしょうか。
    栗栖弘臣の言ったことは、上級指揮官
  • これからの世界のゆくへ
    アジシオ次郎 (02/18)
    こんにちは。

    アメリカのトランプ大統領のメディア批判は、自分に都合の悪い話をする者はケチョンケチョンにこき下ろすと言う子供じみた言動にしか見えないが、自分に
  • 軍隊は国民を守るにあらず国を守るもの
    まり姫 (02/07)
    自衛隊法第三条に人命救助をする仕事として書かれていますよ。
    主たる任務ではないけれど、副次的任務としてきちんと規定されています。
    元統合幕僚議長の述べていること
  • 世界の民主主義が行き詰
    竹林泉水 (01/26)
    以前から時々コメントされるのですが。
    コメントを投稿されても、ロシア文字のような文字化けや、タグを書き込みそれがそのまま表示されるコメントがります。

    そのよう
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    mikazuchisunlight

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    02 | 2017/03 | 03
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR