竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

野菜の普段棄てているところ

今年の夏は、例年の倍以上の雨が降って、日照不足になっています。そのため野菜の値段が上がっています。

わたしの学生のころは、八百屋で大根を買えば葉がついて売っており、店先で落とし売っていました。わたしは、その落とした葉をタダで貰って、下宿に帰り大根なめしにしたり、大根の葉を細かく刻んで炒め醤油で味付けして佃煮にしたりしていました。
最近は、大根を葉付で売っている店を探すのが苦労するほどです。他の野菜でも、ホウレンソウや小松菜なども根付で売っていないです。この根のところやその付け根には栄養が溜まっていると言われますが、いまはそのような所は食べないので、ゴミになるだけだと敬遠されるようです。

しかし、野菜を料理するときに捨てる部分も、工夫しだいで美味しく食べられる部分がものです。それを考えると実は、捨てなくていいところを捨てているのが多いとおもいます。

そこで、クックパッドという料理のレシピを紹介したサイトがあります。
しらべてみると、ゴーヤのワタは栄養もあり苦みもないの美味しい食べ方があるそうです。
かぼちゃの種も食べられると載っていますが、かぼちゃの種は中華料理で南瓜のたねとして、おつまみなどとして昔からよくしられています。
そうだ、私は時々ですが、すいかを買ってきたら、皮をぬか漬けにします。クックパッドにはウリ科なので、ウリの料理と同じようなレシピも紹介されていました。

トウモロコシのヒゲ
かぼちゃの種
ゴウヤのわた
すいかの皮
大根の皮
大根の葉

それぞれ、いろいろな調理の仕方のレピシが載っていいます。
他の野菜でも普段棄ててしまうよなところの料理も載っているようです。ほかにもまだまだたくさん載っていましたので、リンクしてみました。興味のある方は参考にしてみてください。

野生の肉

ジビエ料理が地方で注目されているそうです。

ジベエとは野生の狩猟された野生動物の肉のことです。
日本では主にシカやイノシシなど害獣として、狩猟された肉が食用肉として出回っている。しかし、実際に市場に出回るジビエ肉は、狩猟される全体の3%にとどまり、ほかの動物の肉は棄てられているそうです。

人口の過疎化により耕作放棄地が増えたり、山林の手入れがおろそかになり山林があれ、野生の動物たちが里に出てくることが多くなっています。それにより里に下りてきた野生動物は畑を荒らしたり、人に危害をおよぼすことも増えてきています。そのため害獣として捕獲されて殺されています。

ジビエ用の狩猟は食肉となるので、銃弾による食べる部位の損傷や、銃弾により内臓が飛び散り味が悪くならないように気を気をつかう。また狩猟直後に血抜きや解体といった処理を適切に行う必要が、法律や条例で義務づけられいる。また、狩猟して直ぐに食べるのではなく、数日をかけて熟成させるので、保存設備もいります。。

また、ジビエが提供される時期もあります。私の住んでいる地域では、シシ肉(いのしし)料理がこの時期になれば売り出されます。このように野生の鳥獣は、冬に備えて体に栄養を蓄えるため、秋がジビエの旬の時期となるのです。
ある週刊誌にはジビエ肉の生肉の刺身や生レバーやなどが、美味しいと紹介しているのがあると聞きます。
牛レバ生刺しのレストランなどでの、提供することがウイルス肝炎の危険性があるため禁止させました。そうすると、法律で禁止されていない、牛より怖い豚レバを生で食べさせる店が出てきました。豚には豚ヘルペスウィルスやトキソプラズマを保有しているので、生で食べてはいけないと、昔から言われ子どもころから教わってきました。
法規制以前の問題ですが、それを食用に提供しようとする、儲かればよいという商道徳心を疑ってしまいます。
ましてや、野生の動物の肉には、まだまだ判っていないウイルスや寄生虫がいます、豚肉以上に危険なしょくざいで、適切な加熱処理をして食べないとものです。

人間の都合で害獣とされ狩猟され、殺される野生動物のためにも、捨てられるのではなく「いただきます」「ごちそうさま」と、人が食べることはよいことだと思っています。そして、ジビエ料理をだす料理店が増えたり、ジビエを普及させるため、その美味しさを紹介して、家庭の食卓に乗るのは大変良い事です。
しかし、先の週刊誌のように美味しいからと、健康や生命に危険性のある、間違った食べ方を推奨と思えるな記事を書くのは、大手の週刊誌などが記事にするのは驚きです。
そのようなことをすれば、ジビエの販路の拡大の妨げになるでしょうし、野生動物の肉に対しての誤った知識を、人々の植え付けることになるので、野生動物に対してもしつれいでしょう。

粥百珍

[赴粥飯法]によると、お粥には十の利点があると言われています。
粥有十利
・色つやが良くなる
・力が出る
・寿命が延びる
・安らかになる
・頭が冴え口中爽やかになる
・消化が良い
・病気を防ぐ
・飢えを満たす
・渇きをいやす
・便通が良くなる

これを見ると、変なシリアル食品や健康食品などを食べるより遙かに利点が多くありいいように思う。

禅僧など初めて入門する人が、寺の精進料理を食べると始めは、量の少なさに物足りなく味気なさに不満がつのるそうです。しかしそれを数日、数ヶ月続けてゆくとだんだんと、身体に変化がきたしてくるそうです。始めは空腹のつらさがあったが次第になくなり。便通がよくなり肌の色つやが良くあり、身体が軽くなり力もついてきて、集中力もましてくるそうです。
そして、粗食で菜食で味も薄い素食なので、味覚が鋭利になってくると言われています。

以前にもブログの記事で[典座教訓]のことを書いたとき、「時に随って改変し、大衆(修行僧)をして受容安楽ならしむるべし」。要は、季節の食材をそのときの状況に応じ臨機応変に工夫し調理し、修行者している人を満足させ明日の修行に励める料理を造れ。と言っているのでしょう。

調理とは、食材を道理に適って調えることで。
料理とは、料は米に斗で、米を升で量ることです。食材を正しくバランスを善く適え合わせることです。

粥は禅僧の朝食にでる料理です。それを考えると単に粥といっても、されど粥、まさしく粥というべきでしょう。

モリーユ茸

去年の4月18日のブログを見ると、庭に見かけない茸が生えてきていることを書いています。

    蕗の薹02
    これはちょうど1年ほど前に紹介した、
    アミガサタケの写真です。


「アミガサタケ」というもので、西洋ではモリーユ茸といい珍重され食べるそうです。見た目はグロテスクですが、美味しいというので今年も生えてきたら、食べてみようかと思案しています。

それはともかく、今年もそろそろその季節になるので、また生えてくるかと気をつけて見ているのですが、まだ生えてきていません。しばらく庭を注意深く観察していこうと思います。


モリーユ茸をgoogleで検索してみると、楽天やAmazon で高級食材として、目の飛び出るような値段で売られていました。
それなら、たくさん採れたら、食べないで近くの洋食レストランに持って行って、料理してもらうのもいいかとも思っています。
調べると、微量のヒドラジンを含むため、生食することは避けるべきと書いてあるので、なおさら料理の専門家にお願いするのがいいかもしれません。

自分で調理して食べるべきか、レストランで調理してもらうべきか、シェークスピアの心境です。

それより、今年も生えるか、生えないかもわからないのでのです。高値で売れるとなると「とらぬ狸の皮算用」でね。

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

ふりかけ

おもしろい本があります。

     ふりかけ


この本の装丁を見て分かるように、丸美屋の「のりたま」そっくりです。市販されているふりかけのことについて書かれている本です。

「ふりかけの本」
株式会社コスミック出版

まずは、丸美屋、永谷園、三島食品が、今までに販売したふりかけが紹介され、懐かしいふりかけの写真がたくさん載っています。

表紙の装丁自体が、懐かしい「のりたま」ふりかけの袋そのものです。

そして、この本の著者が、日本全国を巡ってコレクションされた、ご当地ふりかけの紹介されています。なかには、昔から在るその地域の野菜を使ったものもあります。

そしてこんなにもいろいろなご当地ふりかけが在るのかと、びっくりするほどです。これも、おいし白いご飯があるから、みなこのように工夫しているのでしょう。


そして、それ以外に手作りのふりかけの作り方が紹介されいます。
「鮭の皮のふりかけ」
「ファイバーボーンふりかけ」
「鰺の干物ふりかけ」
「トリ皮と大根の葉ふりかけ」
「天ぷらふりかけ」
「豚ニラザーサイふりかけ」
鮭の皮のふりかけや鰺の干物のふりかけなどは、日頃夕食や朝食で出された、塩鮭や鰺の干物の身をほぐして、炊き立てのご飯の上にのせ、熱いお茶をかけて食べたりしますが。それをいつでも味わえるように、ふりかけにしてみたものです。概ね作り方はどれも同じで、フライパンで炒めて水分をとばすか、揚げて油分を落とす、鍋で煎ったり、焙烙で熬るのが共通したつくりかたです。

大根などを干して、漬け物にしていますが、その大根の葉を一度ぬか漬けにし、もう一度寒風にさらして乾かしたものを、みじん切りにして熬ってふりかを作ってみようと思います。
それに合う他の材料をなににしようかと考えてみます。


ところで全国のふりかけで、おもしろいと思ったものをいくつかあげてみます。
北海道の「かにふりかけ」、   青森の「いか塩辛ふりかけ」、
群馬の「下仁田ネギふりかけ」、 茨城の「納豆ふりかけ」、
新潟の保存食をつかった「きりあいふりかけ」、
長野の「野沢菜ふりかけ」、   富山の「きざみとろろふりかけ」、
福井のこちらも保存食をつかった「へしこふりかけ」、
三重の「伊勢海老ふりかけ」、  大阪の「たこやきふりかけ」こちらはあまり食べたいと思わないですが流石大阪らしいです、
兵庫の「玉ねぎふりかけ」、   広島の「かきふりかけ」、
福岡の「明太ふりかけ」、    熊本の「ふりかけ高菜ごはん」、
沖縄のゴーヤを使った「うちなーふりかけ」と醗酵ウコンごまの「うちなーふりかけ」。

などなど、全国それは、ご当地の特色のあるふりかけがあるのがわかります。

そしてこの全国のご当地ふりかけをみていると、各地に冬を越すための保存食を使ったり、昔飢饉に備えて蓄えられていた保存食などを、ふりかけにしたものがあるようです。そして、これ以外にも在るのではないかと思います。
また、そのような保存食を材料にして、ふりかけをつくると、今の時代結構素朴な味で評判になるのではないかと思いました。

土用入り

今日は「土用の入り」の日です。立秋の約18日前で、今年は今日7月19日です。この間の丑の日に鰻を、食べる習慣がありますね。
今年は、7月27日が土用の丑の日です。
 今年は例年より鰻が高いそうで、日本の夏の風物の食べ物が食べられないかもしれません。
聞くところの話によると、地域によっては夏に限らず土用の丑の日に、「う」のつくものを食べるという話を聞いたことがあります。
「う」の付く食べ物ではなにがあるでしょうか、あまり思いつかないです。食材では「鰻」の他に「ウリ」「梅干し」「卯の花(おから)」でしょうか。料理では「うどん」の他にはになかなか思いつかないです。
でもなぜ「う」のつくものかと言えば「丑(うし)の日」の「う」から来ているのでしょうが、詳しいことはなぜなのかはわからないです。そうなると、ウシですから「牛」を食べるのもいいですね。

土用とは、雑節の一つで本来は立春・立夏・立秋・立冬の直前約18日間で、それぞれの前日が節分ですが、節分で一番親しみがあるのが、立春の前日の節分で豆まきをすることですね。土用で一番親しまれているのが夏の土用でしょう。立夏の土用がすぎればだんだんと、秋に向かっていくのですが、まだまだ暑い日がつづきそうです。スタミナをつけて暑さを乗り切りたいと思います。

来週は「吉野家」の『丑丼(牛丼)』でも食べることにします。

知人からもらった蒟蒻芋

知人から蒟蒻芋もらったので、庭の隅に植えていたら、大きく育ってきました。

秋には掘り起こして、茹でて、潰して、コネて、苦汁を入れてコンニャクをつくろうと思っています。

今から美味しいコンニャクの刺身が、食べられるのを楽しみにしています。
青海苔などを入れて、変わったコンニャクを作ったりしてみようと、いろいろと思いめぐらしています。

今の時世ですから、食紅を入れて精進の「レバーもどき」にしてみようかとも考えています。いやいや精進料理にするなら、偽物を作るのはいただけないですね。
 
---
画像を追加します。   2012/07/03
 
蒟蒻の茎と葉っぱです。
    
     

青い銀杏

去年の10月に銀杏のことを書きましたが、今年も銀杏が撓わに実をつけています。
 
  
   
 
6月なので、まだまだ青く黄色く色づき収穫の出来るには先のことですが、毎年同じ楽しみがやってくるのを待つことにします。
今年は、炒ったり、揚げたり、煮物に入れたり、銀杏ご飯にしたりと今から考えてみます。

まだ青いアケビの実

今年もフェンスの向こう側にある、アケビの実が大きくなってきました。色づき食べごろになるのはまだ先のことですが、野鳥に食べられる前に獲りたいです。それともう一つアケビを狙っているものがいます、散歩で通りすがるオバチャマです。

 
去年は、オバチャマは友人を引き連れ、手に手に長い剪定ばさみと捕虫網を持って、夢中にとっていました。
ジャムにしたか、どにょうに食べたか知りませんが、いくつも穫っていまし。
 
 

モリーユ茸が庭に生えてきた

今朝 庭を見ると、あしなが蜂の巣が落ちています。今の季節おかしいなと思ってよく見ると、それはきのこでした。

今までに見た
ことのないきのこなので、調べてみるとモリーユ茸で和名を「アミガサタケ」というそうです。

フランスでは、乾燥したものを水でもどし網のなかに詰め物をして料理したり
して重宝がられるそうです。
しかし、微量のヒドラジンを含むため食用にするにそれなりに気をつけないと いけないらしいです。

日本ではカナダ産の乾燥モリーユが、100グラム3800円もするそうですが、毒 性があると聞くので、食べてみるのはやめにしました。
でも、上手に調理するとどんな味がするのでしょうね。

身土不二

身土不二
「身土不二」は本来は仏教用語で、「身(正報=今までの行為の結果)」と、「土(依報=身がよりどころにしている環境)」は切り離せないということで、「世は人を映す鏡、人は世を写す鏡」という意味で、親鸞などが教えにこの言葉を使っています。

しかし、明治時代に石塚左玄が食についての食養会を作り、食養運動のスローガンとして「身土不二」を唱え、「地元の旬の食品や伝統食が身体に良い。」とした考えとされます。
私も本来は地元の物を旬に食べるのが一番よいと思います。しかし、流通技術の発達により、世界中のものが旬に食べられるようになり、また逆に商工業産業の隆盛により、公害や環境問題で地産の食べ物が必ずしもよいとは限らなくなってきている。
また、野菜の工場生産が可能になった今日、果たして人工光の下で育った野菜が、本当に栄養価高く良いのかは疑わしく私は思う。いくら科学技術が発達しても、自然の下で育った食べ物に勝る物はないのではないかと思う。

「身土不二」と似たような言葉に「医食同源」という言葉がありますが、もともと、「薬食同源」で中国の古い医書に出て来るそうです。薬も食べ物も、体の内に入って体を整えることにおいて同じであり、普段の食生活に気を配らないといけないと言うことです。ある料理人がテレビ番組で使ったことから「医食同源」と言う言葉が広まったと聞きます。
しかし、身土不二で地産地消は、簡単なことであるはずですが、今の世の中においてはそれは贅沢なことであるように思えてしまいますが、食育教育が叫ばれているなかこの「身土不二」は伝えていきたい言葉ことばではないでしょうか。

話は横道にそれてますが、このことを考えると、25年ほど前に、法隆寺の棟梁である西岡常一の講演を聴いた話を思い出しました。
それは次のような話しでした。千年持たそうとしたら、千年の木を使い、千年二千年持つ建物を造るのには、その土地に生えていた木を使うのが一番いい、その土地で育った木は、その土地の風土を一番よく知っているから。その土地の自然にも一番耐えられるのだ。
しかし、今時そのような家はなかなか庶民には建てられないのが残念です。

それはともかく、地産地消というものですか、地元で取れた旬の素材を食べたいものです。
となると、海の幸  山の幸があり私なんぞ住むところに悩んでしまいます。しかし、今の便利な食環境を改めて見直してみたく思います。

北斎直伝「柚子の薬」

中風を和らげる「ゆずを使った薬」
飯島虚心の「葛飾北斎伝」(岩波文庫)を読んでいると、北斎は六十八九頃に中風を患い、そのとき自分で柚を使った薬を作って治したと書いてあります。此の方法は中国の医書の中から選んだものだということなので、漢方の処方の一つなのでしょうか。

中風(脳卒中)に効く「柚薬」の作り方が書かれています。
「そつちうのくすりの事
二十四時(とき)たたざる内に用ゐる 二十四時間半時かけてもききます
極上々の酒壱合 ゆず一ツ こまかにきざみ どなべにてしずかに につめ 水あめくらいににつめ さゆにて二度くらいにもちゆる たねは につめた上にて とりすて候*ゆず こまかにきざみ
     [絵入の説明]
・竹へらにてきざみ候 鉋丁 小刀 鉄胴の類はきらい申しそうろう
・鍋は鉄銅は きらひ申候ゆずの特質・成分・効能」
*二十四時(とき)は、不定時法だから今でいうと二日間。
*包丁も鉄鍋も使ったら、鉄分と化学反応を起こして効かなくなるのでしょう。

柚の成分には、柚は果肉に、クエン酸、酒石酸、リンゴ酸を多く含み。果皮には、ビタミンCが豊富に含まれ。果汁には、カリウム、カルシウムをが含まれています。そして種には、苦味をもつ物質リモノイドが含まれ、抗がん作用や悪玉コレステロール抑制作用があるといわれています。リウマチ・関節炎などの腫れや痛みを緩和する働きもあるとも言われています。
そして、ビタミンPも含まれ、血圧低下、 脳卒中や、心筋梗塞の発作予防の働きもあると言われています。

この柚の成分とその働きを見ていると、北斎が中風を患ったが治って、以前にまして元気になったんというのは、あながちでたらめでないかもしれません。
ゆずをからだに摂ることで、血管の中に溜まった余分な脂肪分を取り除き、澱んだ血液の粘りけがなくなることによって、血管の詰まりが原因の病気である脳梗塞、脳溢血、脳卒中に効き症状が和らいだのでしょう。

いかなごの釘煮

関西の市場にいかなごが、でまわりはじめました。
この、くぎ煮のにおいがし出すと、春ももうそこまできています。




今年も、白ご飯の食が進みそうです。


大根

今日は、庭に植えた大根が大きくなったので、一本抜いてきました。

冷蔵庫を見ると、まだ大根が残っているので、その大根を二三日干して、糠味噌に漬けることにします。
また、今日採った大根の葉っぱは、少し干してしなびたところで、味噌汁の具にしてたべます。

残った葉は萎びたところを、適当な大きさに切り、カラカラに乾かして保存しておきます。
それを揉んで細かくして、熱々のご飯に、梅干しや鰹節などと一緒に、かけて食べようと思っています。


学生時代を思い出しまた。八百屋さんに行って、大将に大根の葉を買いに行くと、お客さんが買いに来た大根を目の前で葉を落としくれ、ただでわけてもらいました。
それを、帰ってから佃煮にしたりしてよく食べていました。ほんと今の生活や贅沢三昧です。

銀杏と赤飯

近くの公園で拾ってきた銀杏を使って、銀杏赤飯を作ってみました。
今年とれたもち米と小豆を使い、蒸すのではなく手抜きをして炊いて、赤飯をつくりました。
そのう上に、電子レンジで熱を加えた銀杏を散してみました。
ゴマがなかったので白ゴマをかけて食べました。




感想、赤飯はやはり蒸すのに限ります。
しかし、銀杏のほのかな匂いがしてよかったです。

焼きガキ

焼き柿

柿を焼いてみました。
甘柿を皮付きのまま8っ切りにし、オーブントースターで焦げ目がつくまであぶりました。




糖分の焦げる甘い匂いががしてきて、ジュワーと汁がでてきました。
焼きたての熱々を、ふぉくふぉくと口の中に入れると。熱で甘みが増し熟柿のように、実が口の中でとろけてきました。
一風う変わった食べ方ですが、素朴で美味しかったです。

やはり、私や変人かもしれませんね、柿を焼くなど誰もが思いつかないでしょう。


今度は、海のカキを焼いて食べることにします。

アケビ

アケビが色づきだしました、実が割れると鳥との競争です。

    


私の小さいころは美味しく感じましたが、今は美味しいものが沢山周りにあり、贅沢になってしまいあまり見向きもされなくなってきました。

日に日に秋が深くなってきていますね。

追伸  2010/10/23
昨日は、昼から夜遅くまで強い前が降っていました。
今朝、アケビをみると、実が割れていました、そろそろ食べごろでしょうか。





銀杏

いよいよ秋も本番です。
山も少しづつ色づいてき、もうすぐすると里も色づいてくるでしょう。

今年も散歩道で、銀杏を拾ってきました。
洗うのに少しにおいがしますが、私はそんなに嫌なにおいではありません。

大きいのやら小さいのなど様々です。


  



茶わん蒸しに、ガンモドキ(飛龍頭)  ビールの友 などなどにしていただきたいと思います。
他に美味しい食べ方どんなのがあるでしょうか。

これから、いろいろな美味しいものがたくさん、実ってきます。

自然さま ありがとうございます。合掌


豚の挽肉と豆腐のゴーヤチャンプル

豚の挽肉と豆腐のゴーヤチャンプ  ル


材料
ゴーヤ 1本
木綿豆腐 半丁
豚の挽肉
味噌  ごま油
鰹節  水  塩 七味

・ゴーヤは上と下を落とし、縦半分に切り、スプーンで種とワタを丁寧に取り除いて、2~3mmくらいの厚さの木口切りにして、塩揉みをして暫く置いておく。
・豆腐は手拭で包み軽く搾って水気をとる。
・フライパンを熱して胡麻油を入れ熱したら、ゴウヤを軽く炒める。
・豚の挽肉を入れよく炒める。
・次に豆腐を崩しながら入れて、少し焼き色がついたら、
・さらに水と味噌を入れて、鰹節を入れ塩 砂糖 七味唐辛子で味を調える。

豆腐とそうめんのゴーヤチャンプル

豆腐とそうめんのゴーヤチャンプルを作ってみました。

材料
ゴーヤ 1本
木綿豆腐 半丁
素麺 2束
卵 1個
白ネギ
味噌
ごま油
鰹節

塩 七味
                              

・ゴーヤは上と下を落とし、縦半分に切り、スプーンで種とワタを丁寧に取り除いて、2~3mmくらいの厚さの木口切りにして、塩揉みをして暫く置いておく。
・白ネギは細かく薄く輪切りにする。
・豆腐は手拭で包み軽く搾って水気をとる。
・素麺は少し硬めにゆで水気を切っておく。
・フライパンを熱して胡麻油を入れ熱したら、ゴウヤと白ネギを入れ、軽く炒める。
・次に豆腐を崩しながら入れて、少し焼き色がついたら、素麺を入れ炒める。
・卵は解いておいたものを流しいれ掻き混ぜる。
・さらに水と味噌を入れて、鰹節を入れ塩 砂糖 七味唐辛子で味を調える。

素麺と豆腐の量が多過ぎたので、ゴウヤの影が薄かったので、素麺1束、豆腐は1/4丁でよかったと思う。
味は、初めての挑戦にしては、我ながら美味しかったと思う。

山芋のむかご

山芋のむかご




山芋のむかごが、今年も沢山とれそうだ。

毎年、むかごご飯にしたり、油で揚げて塩をまぶしビールの友にして頂いている。

他に美味しい食べ方がないだろうか。

葉がかれだしたら、芋を掘り上げるのが結構大変だが、ねっとりして非常にコクがありおいしい。


ついでだが、
オニユリのむかご



百合根の赤ちゃんという感じだ、大きくなってくると根がでてき、地面に落ち2、3年後には赤い花を咲かせるだろう。

大きくなった百合根は、掘り起こして食用にする。茶わん蒸しや、砂糖で甘く炊いても美味しい。


夏の節分? 秋の節分

四国新聞のWebページに「立秋(8日)の前日で「夏の節分」の7日、長さ8メートルの巻きずし作りに挑戦・・・・」とありました。
この記事を読んで、秋の節分ではないのかなと思った。

「節分」は本来、季節の移り変わる時の意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指し。
特に立春が1年の初めと考え、「節分」といえば春の節分を言います。

旧暦の太陰太陽暦では、立春を新年と考ます。では立春が元旦でないのは、太陰暦では一日が新月になりますが、立春のとき月が朔月(新月)になるとは限らないからです(実際は新月にならない日がほとんどです)。
それを、立秋に当てはめるなら、やはり秋の節分になるでしょう。
(いまでも、正月の真冬に新春おめでとうというので、別に夏の盛りに秋といってもいいかもしれない。)

となると、秋の節分に食べるのは、七夕ではないが素麺がいいな。

それでは、今年の夏の節分は「5月6日」、冬の節分は「11月8日」です。

食べるとするとなにだろう。
夏の節分の旬の食べ物は「カツオ」「アジ」。
冬の節分は「ズワイガニ」「サケ」

中国では立夏に新茶を飲んだり卵を食べたりする風習があるそうです。
また立冬には風邪予防に、アヒルの蒸しものや、黒胡麻入りの粥などを食べると、聞いたことがあります。

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • これからの世界情勢
    アジシオ次郎 (05/15)
    こんにちは。

    移ろい易い国際情勢、韓国とフランスで大統領が代わり、欧米ではポピュリズムに訴えて支持を伸ばす政党が台頭するなど、予断を許さない状況ではあります
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    > 2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    これについて、追加です上記のタイトルの本は、2013年に増補として出されたもので、2006年の
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    竹林泉水 (05/11)
    2006年に安倍晋三は「新しい国へ 美しい国へ」という本を書いています。
    それを読んだらわかるのではないかと思います。
    70年前の日本を取り戻したいと思っているようで
  • 安倍総裁のビデオメッセージ
    風と雲 (05/07)
    安倍政権になってから、日本の国をどういう風にしたいのか、何が今の日本で足らないのか、不整備だとしているのかさっぱり分らない。70年間大きな過誤なしに比較的平和に
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    竹林泉水 (04/29)
    > 自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を・・・・
    マスコミがこのことに対して抗議しないのは、すでに
  • 今村氏の発言より二階氏のマスコミへの苦言
    アジシオ次郎 (04/28)
    こんにちは。

    自民党・二階幹事長のこの発言は「報道規制」につながりかねないが、自分たちに都合の悪い情報や報道を抑圧しようとするのは客観性がない以前のもので、
  • 山本大臣の発言
    竹林泉水 (04/22)
    自民党の議席を多数とったことによる驕りと、下野に下った時のトラウマがあり、自分のすることが正しい思いこんでいるのでしょう。

    アメリカ追随が自民党の一部の反動的
  • 山本大臣の発言
    アジシオ次郎 (04/21)
    こんにちは。

    どうも閣僚や若手議員の不祥事が相次いでいる自民党、正直言って自分たちは政権与党だとか一強状態なことから慢心して周りが見えなくなっているんじゃな
  • 社会の管理化が巧みになり監視社会になるのか
    竹林泉水 (04/07)
    愛国者法での通信傍受は、国民は当初、イスラムなどのテロ犯罪者対象と思っていたが、アメリカ国民全員の通信が監視傍受されていたいいます。

    ツイッターやフェースブッ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2017/05 | 06
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR