FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

死んだ豚の脳

ショッキングなニュースがあった。

食肉用の豚の屠場から、死んだ豚の脳を譲り受け、特殊な容器にいれ脳に血液代わりの溶液を送り込む装置に入れ、死後4時間の時点で細胞レベルの活動を一部確認したという。この研究結果を、米エール大の研究チームが17日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表したというものです。

脳が完全に蘇生されたわけでなく、細胞レベルでの話で、脳細胞とのシナップス活動をしたわけではないので、フランケンシュタインに登場する怪物やSFの死者の蘇生とは違う。
しかし、脳細胞の一部がの活動がみられたことは、急性心不全や脳梗塞などで脳が損傷した際の新たな治療法を開発するのに役立つ可能性があると見る人もいる。
慶応大学の岡野栄之教授は、脳の神経細胞は減る一方で再生しないと言われていたが、脳神経幹細胞の研究成果などを手掛かりに、今回パーキンソン病、ALS、アルツハイマー病、てんかんの抑制に関わっている脳神経細胞を再生させることに成功ししている。

このようなことを考えると、今の科学や医学の進歩のスピードは加速度を増しているようなことを考えると、いずれは、脳の蘇生も夢もの語りではなくなって来るかもしれない。
このことは、死者を蘇えさせることにもつながり倫理的にどうなのだろうか。
また、脳だけを容器に入れ生かしておくこともできるようになるかもしれない、以前に脳の活動を人工知能のアルゴリズムに移植する研究がなされているとも聞いた。
となると、この肉体を脳だけが離れて、機械につながれて存在することもあり得るかもしれない。もしそれが現実のなったら、その機械につながれた脳は、自分の身体と言うものを意識するのだろうか。しかし、四肢はなく実際に移動もできない、脳は機械につながれ他の機械にコマンドを送ってその機械を操作する。その脳が機械に繋がれるまえは、健常な肉体を持っていて、ある時交通事故か何かで、脳だけが機械に繋がれたとする。その脳は自分が五体満足な記憶がありそれを思い出すことができるだろうか。
自己か何かで四肢のいずれかを失った人が、その失ったはずの脚がかゆいと感じる幻覚を感じると聞いたことがある。機械につながれた脳にもそのようなことが起きるのだろうか。

話しがそれてきたので話しを戻す。
これからのことが結合して実現していくと、私たちホモ・サピエンスである人類はどうなるのだろうか。ユヴァル・ノア・ハラリのいうような、ホモ・デウスが本当に登場するかもしれない

この文章を書いていて、やや突飛に思考の思いが飛躍した。それは、ジョージ・オーウェルの「一九八四年」の小説を頭のなかによぎった。1949年に書かれた近未来小説だが、1984年は世界は三つに分かれ、主人公が暮らす世界はビックブラザーという独裁者が統治していた。しかし、小説のなかではそのビッグブラザーは登場しない。私はこのビッグブラザーどんな人物か、何者かがわからない。どちらかというと、オーウェルはここで最後に書いた、コンピュータに移植された脳が支配している世界を想定したのだあろうかと思う。
関連記事

ラジオ体操

先日たまたま、テレビのデーター放送で天気予報をみるため、NHK総合に切り替えた。私がよくNHKのdボタンの天気予報を見るのは、住んでいる地域の1時間毎との予報がわかるからです。
チャンネルをNHKにすると、ちょうどテレビ体操をしていて、ちょうどラジオ第2体操をするところだった。
それをみていると、私が覚えていたテンポや体操をしている動きがだいぶきびきびとしていた。私がラジオ体操の記憶は、20年前ほどまえだが、もっと柔軟な感じを記憶している。
私は、キングレコードから出ている「ラジオ体操の全て」を持っているが、ラジオ体操がすくられた草創期から現代までの録音されたものが収録されているが、戦前・戦中・戦後とその時局時局を感じさせる曲のテンポでした。
ついでだが、同じキングから「むすんでひらいての謎」というCDもある。「むすんでひらいて」の原曲は、ジャン=ジャック・ルソーが作曲したものだが、この曲も日本に伝わりおなじみの歌詞がつけられたが、これも時代によりその時々の時局を感じさせる曲に編曲されている。
子供がのびのびと歌うよなものから、戦中は軍歌調の行進曲まである。

いつごろから、テレビでのラジオ体操が力強い感じになってきたのだろうか。
関連記事

タイタニックジョーク

タイタニックのジョーク
タイタニックが沈没する直前、船長は世界中の乗船客を、5階建てのビルの屋上の高さから、救命ボートを浮かべた海にどのように飛び込ませたか。
飛び込ませるための国別のマニュアルがあった。
そこには、
アメリカ人には「今飛び込めば、あなたは英雄になえますよ」と耳元で囁く。
イタリア人には「海面には女性がたくさんいますよ」と耳元で囁く。
ドイツ人には「海に飛び込む法案がドイツで可決さえた」と耳元で囁く。
そうすると、みな、あっさりと飛び込む。
他の国にもある。その国の国がらというか国民性を揶揄したものです。
ほかに、
フランス人は、決して海には飛び込んではいけません。
イギリス人は、紳士はこういう時に海に飛び込むものです
では、日本人にはどう囁くと海に飛び込むのか
「みなさんが飛び込んでいますよ」と耳元で囁く。と日本人は海に飛び込む。
これは、日本国内で言われれているタイタニックのジョークではなく、世界中の人が口にしているジョークだという。
世界から、日本人は自主性がなく皆のすることに右へ倣えをする国民性とみられているしょうです。
なんだか、情けにですね。
関連記事

いま思うこと

私は戦後生まれだが、私より若い人それも政治家などが、昔はよかったと言うのを時々聞く。自分の小さいころの高度経済性成長時代のことを言っているのかと思ってよく聞いているとそうではなく、生まれる前の戦前のことを言っている人がいる。
私自身戦後うまれなので、戦前のことは体験していないので、実感としては言えない。しかし、明治維新以降の自由民権運動や大正デモクラシー、そして大政翼賛の流れをみていると、そこには、今のような時代でないことはわかる。
現代は、新自由主義経済で、自己責任論が闊歩し、勝ち組と負け組の明暗がはっきりし、それによりいろいろな意味での格差が拡大してきてる。しかし、今の時代インターネットが普及しSNSにより、誰でもが考えていることが素直に言える。言ったからと戦前のように憲兵や特高などがきて監獄にいれられ拷問されたり、変更を迫られることはない。また、突然赤紙がきて徴兵さえることもない。

昔はよかったと言う戦後生まれの人のなかには、女性も多くいる。しかしそれらの人は、戦前の女性の立場がどのようものであったか、ご存じなのだろうか。
今の日本の憲法の
第  条に起案に大きくかかわったとされる、シロタ・ゴンドウは戦前、日本で生活をしていて日本の女性の立場が、男尊女卑で女性は言いたいことも言えずしたいこともできなかったことを子どものころそれを見ていた。日本独特の家族制度のもと女性は家という重圧に苦しんでいることを感じ取っていた。それにより、憲法に女性の地位向上と男女同権を書き込む必要性を感じそのことが明記されるようになった。
今の憲法がなければ、女性が「昔はよかった」と言うことも、できないかもしれないことをわかって言っているのだろか。

言いたいことを自由にいえるのは、私たちの日常の生活のなかだけでなく、国民が選んだ代表者が集まって会議をする、国会のなかでもそうであるべきです。しかし、最近は党議拘束というのがありそうでもなくなって来ているようでもあるようです。

しかし、戦前の帝国議会での議事運営について書いてある本などを読むと、中には活発な意見を述べる人も多くいたようです。帝国議会は君主である天皇が日本を統治権を総攬して、天皇の臣民である人から選ばれた衆議院と、天皇を支える貴族院の議員もかなり庶民の立場に立って考え議論に臨んだ人も多くいたようです。
帝国議会が起る前には自由民権運動があったから、帝国憲法と教育勅語が発布され、国民は天皇の臣民であるとされたが、それでも、自由民権運動の気運は引き継がれていたのだろう。
敗戦後の帝国議会でも新しい憲法を審議する上で活発に議論された。9条の軍隊を持たないことに対しては、いま護憲を叫ぶ政党などは、自国を衛る軍隊を持つことを放棄することに対しては反対し、活発に議論されていたことが、NHKの憲法制定に関するドキュメンタリー番組や、「日本国憲法の制定過程」などで紹介され書かれている。

また、55年体制になる前また、保守合同で自民党が結成されてからも、自民党は一党で絶対多数をとっても、社会党などの野党の意見を取り入れながら、議事に挑み国政を運営していた。しかし、民主党の連立政権が成立し自民党が下野したその屈辱感が、自民党の中には未だにあるのだろう。さらに、政権を奪還し多数の野党が生まれ野党どうしの票の奪い合いにより、自民党が過半数で自公で3分の2を議席を占めるようになり、自民党は野党に対してまともに議論に応えることをしなくなってしまった。
そのようなことを考えると、今の国会は戦前の帝国議会より劣化しているように思える。
いまの国会に対して、私たち国民市民はどうあるべきだろう。
関連記事

また新紙幣に思う

協同通信などによろると、「1万円札の顔になる実業家の澁澤榮一は、功績をたたえてきた安倍晋三首相の「本命」とみられる」と伝えている。いままで紙幣は神功皇后からはじまり政治家などが起用されてきたが、このところ福沢諭吉など文化人が使われていたが、経済人が起用されるのは初めてです。経済政策重視のアベノミクスなどを進める首相の意向を忖度したのだろうか。
もっとも、首相が忖度しろとなど言うわけがなく、忖度しろと言ったならそれは実質的に命令でありときのそれは脅しにもなるので、そのようなことは首相言わないだろう。
忖度とはある人の意向を察して便宜を図ることで、私的に忖度することは別段悪いことではない。しかし公的機関などがそれをすることは組織として腐っていく徴候でもあるので。そのようことが起きたらその膿を出さないといけないものです。
もしまとうなら、忖度などするなと上意下達の通達をしたらよいのにと思う。
しかし、わたしはお願いもしていないし、忖度したのは相手の勝手だからと、庇うことをするはよいことだろうか。時代劇で悪徳商人がお代官に菓子折りを届けに行くようなもので、腐敗のはじまりでしかないだろう。

また、悪いことに澁澤榮一は韓国併合の8年前に当たる1902年。朝鮮半島を統治していた大韓帝国に支店を置いていた。第一銀行が大韓帝国の許可無しに「無記名式一覧払い約束手形」を発行し、実質的な紙幣として朝鮮半島で流通させたことにより大韓帝国は1905年に正式な紙幣として承認せざるを得なかった。その紙幣に澁澤榮一の肖像画が描かれてたという。
これでは、韓国にはこころよく思わない人もいるだろう。
関連記事

ノートルダム大聖堂の火災

ショッキングなニュースが飛び込んできた、パリのノートルダム大聖堂で火災が起き、尖塔が崩落してしまった。
ノートルダム大聖堂は現在大規模な改修工事が行われていてその、作業現場からの出火とみられている。
このニュースを聞いていて、日本の法隆寺金堂の火災を思い出した。1949年1月26日、奈良県斑鳩の法隆寺金堂で、壁画の修復作業をしていたが、その時の電気モーフからの過熱による出火と言われている。それにより、文化財保護法ができたのだが。

マクロン大統領はTwitterで「ノートルダム大聖堂が悲惨なことに」「我々の一部が燃えるのを見るのは悲しい」と投稿し、「ノートルダム大聖堂はフランス人の歴史や文学そのもの。生活の中心だった。我々はノートルダム大聖堂を再建するだろう。それはフランス人が期待することで、我々の歴史にふさわしい。それが我々の運命だから」のべ、資金を調達するため国際的なキャンペーンを実施すると表明している。

今回の、ノートルダム大聖堂の災害は、世界の文化財の大きな損出です。
アメリカのトランプ大統領はいち早く、ツイッターで「恐ろしい火災だ。早く行動しなくてはいけない!」とツイートしている。
さて、日本の安倍首相は、フランスマクロン大統領にメッセージを送ったのだろうか。
関連記事

NHKがコマーシャル?

先日の朝、NHKのBS放送でワールドニュースをみていると、突然音声が消え、ドローンが商品の宅配をしている映像がながrた、荷物を運んだドロンが家の庭につくと、ワイヤーにつるされた荷物が降りてきて、届いた荷物に子どもが駈け寄り、荷物の箱の「Amazon」の文字がおお映しになるものでした。これは、コマーシャルではないだろうか、NHKは、番組のドラマなどのなかでも、ビールを注ぐシーンなどではビール瓶のラベルが移らないように工夫をしているが、この放送ではちがった。これはMHKの電波が乗っ取られたのか、NHKもコマーシャルをするようになったのだろうか。
コマーシャルではないが、映像だけで音声が流れていなかったので、どういう意図で作られたのか判らない放送だった。
関連記事

自動運転車と脇見運転と事故

アメリカでも脇見運転が絶えなく、交通事故もそれにより多発しているようだ。アメリカで脇見運転をなぜするのかの調査さのため、密着したところ、歌を唄ったり、踊ったり、スマフォをしたり、ものを食べたりしていた。そこでなぜそのようなことをするのかを訊ねると「退屈だから」とのこたえがかえってきたという。
これから、自動運転自動が普及してくるとますます、この退屈だからとわき見乗車が多くなってくるだろう。
しかし、自動運転者が事故を起こしたとき、車が安全に走行することを監視していなかったことになるので、その責任を問われるのは、車に乗り目的地に行こうとしている人の注意義務を怠ったことになる。

2013年にある自動車会社の広告で、運転中のドライバーがわき見運転をして前の車に追突しそうになるが、「衝突被害軽減ブレーキ」を搭載しているので自動でブレーキがかかり大丈夫だった映像が流されたが、このCMに対して日本広告機構は、脇見運転を助長しかねず問題だと指摘している。

さて、安倍首相はオリンピック誘致をしたとき、日本は2020年に自動運転車が走行しているだろうと言ったが。その安全性はどれほどのものだろうか。自動運転車でもそこに乗車している人は、安全に気を配って自分の乗っている車を監視しなければならないだろう。
関連記事

SF小説の構想

最近次のような小説がかけないかと思っている。

カミューの『ペスト』のようなことが、人工知能で起きないだろうか。それは「人工知能の反逆」として世の中に表出してくるかもしれない。そしてそれはすでに始まっているかもしれない。その一つとして、マレーシア、エチオピアでの旅客機墜落事故は、旅客機に搭載されている人工知能の反逆の始まりだったことには、誰も気づいていなかった。

コンピュータはインターネットにつながれ、家電製品までがIoTで世界中とつながるようになっている。
旅客機の墜落事故いこう、いくつかの、小さなトラブルが頻発するよになった。
家に帰ると、夏なのにエアコンが暖房で運転されていた。お風呂の温度はいつもの設定温度より高くて熱くてはいれなかった。炊飯器は設定していた時間よりもずいぶん早く炊かれていた。などがひんんぱんに起きだしていた。
宅配に使われていた自動運転ドローンが荷物の誤配をした。交差点の信号が点滅信号になるトラブルが発生した。列車の指定席の二重販売が頻繁に起きる。通勤列車運行の信号のトラブルにより、電車が全線で電車が止まってしまた。
その後、証券取引所の人口知能コンピュータが故障がおき取引が出来なくなってしまったり。証券会社の株取引のコンピュータの理解しがたい取引がされるようになった。
また、軍のコンピュータが誤作動した。原子力発電所の制御コンピュータのトラブルが起きた。
そのよなことが起き出したので、政府は人工知能がテロリストなどに乗っ取られないようにと、すべてのコンピュータを政府が一元管理しようとし始めた。市民生活は政府に関しされるようなった。
監視されることに市民はなれてきて、脅威から逃れられるならそれも仕方ないと思うようになっていた。
しかし、自律型の人工知能は政府のコンピューターの一元管理にたいして、自分たちの自立性が損なわれると反逆を始めた。・・・・・

おおよそ簡単に構想するとこのような小説がかけないかと思っているが、わたしじしんあまり文才がないし、これらの事をかくための、資料やデータもないのでしばらく頭のなかで思っていよう。
関連記事

わき見運転と自動運転自動車

アメリカでも脇見運転が絶えなく、交通事故もそれにより多発しているようだ。アメリカで脇見運転をなぜするのかの調査さのため、密着したところ、歌を唄ったり、踊ったり、スマフォをしたり、ものを食べたりしていた。そこでなぜそのようなことをするのかを訊ねると「退屈だから」とのこたえがかえってきたという。
これから、自動運転自動が普及してくるとますます、この退屈だからとわき見乗車が多くなってくるだろう。
しかし、自動運転者が事故を起こしたとき、車が安全に走行することを監視していなかったことになるので、その責任を問われるのは、車に乗り目的地に行こうとしている人の注意義務を怠ったことになる。

2013年にある自動車会社の広告で、運転中のドライバーがわき見運転をして前の車に追突しそうになるが、「衝突被害軽減ブレーキ」を搭載しているので自動でブレーキがかかり大丈夫だった映像が流されたが、このCMに対して日本広告機構は、脇見運転を助長しかねず問題だと指摘している。

さて、安倍首相はオリンピック誘致をしたとき、日本は2020年に自動運転車が走行しているだろうと言ったが。その安全性はどれほどのものだろうか。自動運転車でもそこに乗車している人は、安全に気を配って自分の乗っている車を監視しなければならないだろう。
関連記事

新紙幣に思う

日本の紙幣のデザインが変更されるそうだ。
別段偽造防止のため最新の技術を使って、紙幣の意匠が変わることは特段わるいことでもないです。しかしころころ変わると、鉄道などの自動券売機は困るだろうし、銀行の自動入金機は出金はできるが入金ができない機械がしばらくの間あるだろう。まあ、自動販売機などは困るだろう。
それはともかくとして、このニュースをNHKをみていて、ちょっと気になることを言っていた。今回の日銀の日本銀行券の紙幣の意匠の変更は、天皇の退位と即位をき国民がこぞってことほぐことの意味もあるのではと言っていた。「こぞって」とか「ことほぐ」など日常あまり使わない言い方です。つまり国民一人一人全員が、天皇の退位と即位と祝って慶びなさいといっている。
それともう一つ、今回の紙幣の意匠変更で、明治から過去にないことが採用されている。
紙幣の肖像に使われる人物はいままでは、明治に初めて紙幣が発行された神功皇后からはじまり皇族や政治家や歴史上の武士などで、最近は文化人や科学者などが使われるようになったが、今まで経済人は採用されてこなかった。
この期に何故経済人を起用するのだろうか。どのような思惑があるのだろうか、黒田バズーカのアベノミクスへの忖度でもあるのだろうか。

ちなみに言えば、
一万円札が、近代日本経済の父とよばれる「渋沢栄一」
五千円札が、日本で最初の留学生としてアメリカで学んだ「津田梅子」
千円札が、破傷風の治療を開発した細菌学者の「北里芝三郎」となるようです。
また、あまり見かけない、二千円札は今のままだそうです。
また、日銀が発行していないが、財務省が製造している、五百円硬貨もあららしい意匠になるそうです。
関連記事

歩き方

魚はどうやって泳ぐのか、胸鰭などの鰭を使って泳ぐように思えるが、身体を左右に振って泳ぐのが本当のところのようです。は虫類のトカゲやヤモリなども進むときに、四肢を使って前に出して進むが、身体脊柱は左右に振れてすすむ。四肢のない蛇も同じように進む。足のない生き物であるミミズは蛇のようには進まない、身体を収縮してまっすぐに進む。足が多い具足虫であるムカデなども、蛇とおなじで身体を左右に振って進む。では哺乳類はどうかというと、走る時とゆっくりと歩く時は違う陽です。歩いているときあは、身体を左右に振れるが、走るときは左右には振らない、脊柱を大きく曲げて伸ばしてすすむ、前足を出して後ろ足で地面を蹴るときは、身体を伸ばすが、次の瞬間は前足と後ろ足は互いに前後に交差し、背骨は大きく曲がる。

では直立二足歩行をする人間はどうなのだろうか、人間は直立して二本の脚を使って前に進むので、身体をくねらせては歩かない、走る時もそのようなことをしない。必要がないからしない、体幹の軸を中心に上肢を交互に振って歩く、四足で歩いたり走ったりするとき、動物や魚のようになこ身体を左右に振ったりはならない。もしそのような歩き方は異常歩行となり、それぞれの症状により障碍がある。大臀筋歩行やトレデレンブル徴候がそれででしょう。

このような事を書いていると、人が泳ぐときは身体を水平にするので、魚のように体軸が左右に振れるかというと、そうではなく平泳ぎやバタフライなどや上下にうって泳ぐことを考えると。陸棲動物が泳ぐときも魚のような泳ぎ方にならない。これは何故だろう、もう少しこのことについて考えて見ようと思う。
関連記事

呼吸と動作は両立しない

三木成夫は、『海・呼吸・古代形象』で、「呼吸に専念しているときは、だれも隙間だらけ」「動作と呼吸はけっして両立しない」という、わたしはこの隙間だらけということはよく解らないが、両立しないはこのことを聞くまで呼吸と動作は密接な関係があり一蓮の上のものだと思っていた。

しかし、よく考えると人の臓器は肺を除いては自律神経によって動いて、個々の臓器はそのこの臓器がその時々に適応して働いている。しかし、肺は横隔膜の上下運動や肋骨の骨格筋によって、肺が膨らんだり縮んだりして、肺の肺胞に空気が取り入れら酸素と二酸化炭素のガス交換が行われる。
肺の細胞が受動的に酸素を取り入れ二酸化炭素を排出しているのではなく、肋骨につく骨格筋が自律的に動いているからになる。
それにより、呼吸は意図的に息を大きく吸ったりユックリと永く吐くことができる。しかし、坐禅などで静坐をするになかなか簡単にはできないのも、三木成夫が言うように、「動作と呼吸はけっして両立しない」と言うのもそのことだろう。
関連記事

イスラエル首相の発言

イスラエルのネタニヤフ政権は、中東戦争での占領地であるゴラン高原を併合したり、ガザ地区の入植を強引に進めている。国際社会はイスラエルのこうした行動に批判的であるが、強い態度にはでていない。またアメリカのトランプ大統領は、こうしたイスラエルに対して支持を表明している。アメリカの支持があることもあってか、さらに国際法に反するユダヤ人入植地を併合するに対して前向きに進めるとと、選挙前のテレビ番組でイスラエルが併合した東エルサレムやゴラン高原と同じように併合するつもりかと問われたことに対して「答えはイエスだ、私はイスラエルの主権を拡大するつもりだ」と答えた。
これらに対してパレスチナ側は、反発することは必死だろうが、このイスラエルの強硬な姿勢は、なんだか80年以上前の悪夢の始りのようにも感じるが、そのようなことが起きないように国際社会は、イスラエルとトランプ政権に対して国際秩序を作り上げえいくように働きかけないといけな。
決して自国ファーストであってはいけにし、自国に朝貢を求めるようなことがあってはならない。
いま、世界のあちこちで既得権を死守し拡大しようとしたり、新たにな秩序を強引に作りだしたりしようとする世界情勢になってきている。
大きな世界大戦のようなことは起こらないだろうが、経済に大きな影響を与える小競り合いが起き、混乱する恐れは高まっているの現状では、イスラエルのネタニヤフ首相の発言はそれに油を注ぐようなものではないだろうか。
関連記事

昨日の話に関連して

ドイツの解剖学者Julius Wolff(1836~1902年)と言う人がいるが、「正常にせよ、異常にせよ、骨はそれに加わる力に抵抗するのに最も適した構造を発達させる」と言っているが、つまり、[骨は使わなければ骨密度は減る]ということで、ウォルフの法則とよばれている。
また、デイヴィスの法則というものがある。身体を動かす可動域は、使わなければ失われるし、エネルギーを靱帯や腱にためる能力も失われる、といっているそして、アフリカで生まれた我々人間すなわちホモサピエンスは、アフリカの地で狩猟採取生活をしてくらいしていたが、農耕を始めることによりいままで、獲物を追うために走り続けていたが、それをやめ定住するようになり、農業革命がおこなわれそれを数万年つづけていた、しかし大きくそれをかえたのが、ヨーロッパで近世の初めに起きた産業革命ほんの500年ほど前の話しです。
しかし、それが人の身体を大きく変えることになり、いままた新しい産業革命というか電子革命というか新しい変化が急速に起きているが、それら今私たちの身体の動かし方をもかえ、身体のつくりも変わってきているという。

人は直立二足歩行をしているが、それには足裏の土踏まずに形成が必要だが、土踏まずが未形成の人が増えているときく。また、直立した時の足裏での重心がだんだんと後方に移動してきているという、このままそれが進めば人は立っていられず後ろに顛倒してしまうということを聞いたことがある。
また、床に坐って講義していて長座の姿勢をすると(足を延ばして床にお尻をつける)、手を後ろ側に床につけて坐っている人が増えてきているように感じる。
これも長座をしたとき重心が後ろに来ているので、後ろに倒れるので体を支えている。

後数十年したら、人の身体の重心はどうなっているのだろうか。
関連記事

ジョン・ナット『足の病理と奇形』を読んで

ジョン・ナット『足の病理と奇形』に次のようなことが書いてある。
骨は負荷に応じて強くなったり弱くなったりする
「少しでも負荷がかかると、その負荷が継続してかかる場合には、新たに材料が付加されて靱帯あるいは軟組織が延びる。反対に、ずーっと緩んだ状態にあると、柔らかい材料が取り除かれ、靱帯あるいは軟組織は次第に収縮して、身体構造との以前の付着関係に戻る。筋肉や靱帯の元の位置といまの付着点のあいだの距離が一定間継続して収縮したままの場合、その筋肉あるいは靱帯を元の長さに維持するために自然に時間や材料を無駄使いすることは決してない」

骨には、破骨細胞と骨芽細胞があり、骨を更新するために古い骨の細胞を破壊していく、そして骨芽細胞が新しい骨が作られ、歳を重ねても健全な骨が保たれることになる。しかし、この骨芽が細胞は骨に振動などの刺激を受けないとできないという。また、破骨細胞は刺激を受けないでも受けても活動すると言われている。このバランスが崩れると骨粗鬆症や骨が増殖しすぎてしまうそうです。
それと同じことが筋肉にも言えることです。骨に対してだけでなく、靱帯などは使わないと劣化していくことだが、このことは、筋肉について言える。靱帯は筋肉が骨に付着しているところのことだが、それは筋肉事態にも同じことがいえる。
筋肉は使わないと弱くなると言われる、数週間入院してねていると、退院したとき少し歩き辛くなる。これは筋肉を使わないでいると起きる症状だが、筋肉を使っていても起きる。
宇宙飛行士が宇宙ステーションから帰還したとき、地球の重力に耐えられず、歩けない様子が帰還帰還した直後の様子が、ニュース映像の映像となることがあるが、それをみると宇宙飛行士は抱えられたり、車椅子に座っている映像が映る。これは、宇宙空間で地球の重力などの刺激を受けないで、生活していたっために、筋肉は弱くなっていくことからきている。
しかっし、筋肉は使わないと弱くなるだけでなく、筋肉は骨を伸展・屈曲させることに、動物の動きをつくりだす。これが、寝たままで動かなければ、伸びる筋肉やますます緩み、縮む筋肉はますます緊張して縮もうとする。これにより、寝たままで動かないでいると、身体はしだいに拘縮してしまう。
事故で脊髄を損傷したりして身体を動かせなくり、寝たままになると、身体は次第に捻れて歪んでいく。つまり、身体は、運動活動をし刺激をしていないと、身体は捻れて歪んでしますということです。

刺激を受け緊張感をがないと歪んでしまうのは、なにも身体だけではなく、私たちの日常の生活でも言えることです。
同じ生活をダラダラとすごしていたら、悪い習慣がつき生活はますますダラダラとして緊張感がなくなり悪くなっていく。組織もそうです、会社なども同じ戦略で経営を続けていくと、組織が硬直していろいろな事態に適応できなくなり、販売は落ち込みそのような企業は潰れてしまうだろう。

このことは、政治の世界でも同じことが言える。暴君を倒した英雄の指導者でも、はじめは尊敬され賞賛されるが、トップダウンのワンマンになると、次第に独裁の暴政に陥ってしまう。このことは、、どの時代や何処の国にでも今までみられたことです。

いま、ある国で、国会の議席が与党一党が絶対多数をしめ、連立党の議席もあわせると、3分の2を越えることにより、野党が反対しても強行採決を繰り返すことをしている。また、国民も目立って、フランスやイギリスのように大きな抗議行動などを起こさないので、政権党の好きなようなことをして、その驕りが政権党の議員のなかから不適切な放言が繰り返されるのも、ヒトの身体のように緊張がなければ、捻れ歪んでしまうのは、政治も同じことナノでしょう。
関連記事

スマホで言葉の意味を調べる

最近というより今の世の中、知人と話してい何か疑問に感じたことがあるとすぐに、スマホを取り出しその意味をしらべている。まことに便利なよのなかだ。しかしここでちょっと考えてみると、本当にそれはいいことなのだろうか。
インターネットやそしてスマートフォンが登場する前の頃を考えてみると、話していて疑問に思うことがあったとき、何だろうねで終わることがあるが、その言葉をメモしておいて家にかえって蔵書している関連する本をみたり、辞書を取り出してその言葉を引いて調べたりする。その言葉だけでなく関連する事も気になったりしてくる。そうこうしているうちに、図書館に行ってもっと詳しく調べてみようとなる。
そのように深く調べなくても、辞書を引いていると、自然とその言葉だけでなく、その単語の前後の言葉や、頁を繰っていると、偶然ぜんぜん関係ない言葉にも目が止まり、今まであまり知らなかったことを知ることができる。

最近電子辞書というものがあり、それには国語辞典や漢和辞典、和英辞典英和辞典などが、文庫版の大きさのなかに収められている。わたしも電子辞書を外出するときなど持っていき、電車ののなかで本を読んでいてわからないことがでてくると、電子辞書で調べているので重宝している。しかし、やはりもっと正確に詳しく知りたいとなると、家に帰り蔵書を調べたり、図書館に行ったりして調べている。
しかし、スマートフォンだとすぐに調べたいことが判り、その判らないことは完結してしまい、話しは次に進んでいく。

スマートフォンや電子辞書は非常に便利だが、物事を調べるという楽しさやおもしろさが、そこにはないでので深まりがあまりないです。最近「手間暇」をかけることが少なくなってきている、というより「手間暇」や「遣り繰り算段」が死語になってしまっているような便利なよのなかだが、手間を変えたり遣り繰りや算段に工夫を働かすために頭を使うことはよいことだが、だんだんそれもなくなっていくのだろうか。

関連記事

私の年代の人以降の世の中

私は還暦を過ぎているが、あと数年で干支の年がやってくる。私の子どもはよいがその子どもなどが、大人になったり私ぐらいの歳の時代はどのような世の中になっているのだろうか。

温暖化効果ガスの排出により、地球の気温が上がり気象状況が今までと違ってきて、異常気象という現象が当たり前になっていたり。気候がかわり作物の生育環境が変わってしまう恐れもあるだう。いや恐れがあるだろうと言うより、気温が上がり今までの作物の生育の上限が北に上がり、今まで育ってていた地帯で育てられなくなり、逆に育てられなかった作物が育てられる地帯が生まれてくる。それは食物の増産につながるように思える。しかし、ちょっと考えてみると、いま温暖で作物の生育によい地帯の温度が上昇することでもある。そうすれば、食物の増産につながるどころか逆に減産してしまうことになる。
また、食物を生産することは、動物や植物に限らず、まずは水の確保が重要になってくる。それを今から準備しておかないといけないが、世界的に水の汚染が広がり、安全な水の確保が難しくなる。しかし、これらの問題は比較的楽観的にみているようだが、そのようにしていらそのうち、これらの問題解決に間に合わなくなるのではないだろうか。

いま、気温の上昇により、作物が減産されてしまうことを書いたが。他にも、いろいろな社会の変化が、急速に進むだろうと指摘されている。例えば、抗生物質の対抗するスーパーウイルスの出現や、AIの急速な発展により、人間の精神がそれに適応出きるかなどです。

そしてこれらのことは、孫の世代に自分たちの世代のように明るい未来を抱かせるものではないと言うことに、薄々気がついている。しかし、先進国の豊かな人は、今の便利な状況の生活を落としてまでも、その便利さと豊かさを後進国の人たちなどのために分けようとはしない。それは人間には飽くなき貪欲な欲求があるからだろう。しかしその愚かさに気づくときは、温暖化による作物の生育に対する影響のように取り返しのつかないことになるのだろうか。
関連記事

元号の6つの案

元号の選定にあたって6つの案がだされたが、それぞれどのような案があったかは非公開にするとされていた。しかし、なぜか令和を除く4つが漏れたかして知れることになった。
その元号6案 4つは英弘 広至 万和 万保ですが、あと一つは知られいないままです。と思っていたらやはり明らかになりました。英弘 久化 広至 万和 万保 
また、審議した懇談会のメンバーや閣僚からは、今まで中国の古典からとられていたのだが、出典を日本の古典似するよう求める意見がでたという。
大化が元号としてはじめ取入れらえたのは、中国の元号制度を習ってのと、中国は日本から見ると先進国だったことにより、いままで中国の古典などから選ばれていた。
また、日本の公文書はすべて漢文でかかれたり、漢文調の和製漢文(訓読文)で書かれていた。教育勅語や明治憲法などもそうでだし。日本国憲法は文語体でかかれている。これらはすべて中国の文化の影響を受けたものといえる。
令和の新元号を、万葉仮名で書かれた万葉集から選んだという。
この日本の古典である万葉集からとられたのは、日本の伝統文化を重んじようとするところにあるのだろう。それはそれとして評価すべきだと思う。
しかし、韓国の革新系のハンギョレ新聞は「令和」の典拠いわゆる出典について今回、初めて中国の古典ではなく日本の古典から引用されたとする報道を受けて、「日本の伝統を重視する安倍総理大臣の保守的な世界観が投影されたと解釈できる」と論評をしている。
このしてき、安倍首相「懇談会のメンバー全員やほとんどの閣僚が日本の古典から元号を選ぶよう求めた」を明かしたことからして、ハンギョン紙のしてきは、中らずと雖も遠からずだろうか。

関連記事

教育勅語の現代意訳に思う 01

教育勅語の現代意訳に思う 01

教育勅語はよいことを書いている、学校教育でも教えることはよいことだと言う人がいる。
明治神宮崇敬会が教育勅語の現代語の意訳をそのWebページに載せている。
そこで、教育勅語の12の大切なこととして、「近ごろ、ふつうの挨拶ができない、まともな日本語を話すことも書くこともできない、といわれるような日本人が、少なくありません。それに対して、うまい日本語で礼儀正しく挨拶することもできる、外国出身の若いタレントやスポーツマンたちが、ずいぶん増えています。」として、このような状況は学校教育が悪からだととして、教育勅語を広めるべきだとしている。その12の大切なことは以下のことです。
http://sukeikai.meijijingu.or.jp/taisetsu/index.html
明治神宮崇敬会 HOME 崇敬会の紹介 12のたいせつなこと から。
・両親に感謝する ・きょうだい仲良くする ・夫婦で協力する ・友達を信じあう ・自ら反省する ・博愛の輪を広げる ・知徳を磨く ・公のために働く ・ルールに従う ・祖国を守る ・伝統を守る ・手本を示す
これを見てわかるように、当たり前のことで、教育勅語を引き合いに出して教えなくてもよいものです。いまの学校教育でも学校の生活のなか全般や道徳の時間や国語の時間などでや学校教育全般で指導されているものです。

また、明治神宮崇敬会の教育勅語の意訳を見ると原文とは違うおかしなところがある。
教育勅語は「勅語」だから、天皇が出した詔で臣民に対しての命令です。人間宣言をした戦後の象徴天皇の「おことば」とは違うものです。
まずは冒頭の「朕惟フニ」は、朕は天皇のみが使うことばで、私といういみです。すなわち天皇が主語になっている。しかし崇敬会の意訳では「国民の皆さん」と語りかけていて主語が国民に置き換わってしまっている。
また、「我カ皇祖皇宗國ヲ肇ム」は、我が祖先すなわち天皇家の祖先が国を肇めたとすべきだが、崇敬会は「私たちの祖先は、国を建て初めた」となり、IではなくWeになっている。

また、なぜか意訳せず欠落しているところがある。12のよいことが書いてあるの次の部分です。
[以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ](かくして神勅のまにまに天地と共に窮りなき宝祚(あまつひつぎ)の御栄をたすけ奉れ。)
宝祚とは、天津日嗣(あまつひつぎ)で、天皇の位をさし。天津とは天の意で。日とは天照大御神であり嗣ぐはその御霊を継ぐことです。つまり天皇家が世襲で三種の神器を継いでいくことを言っている。この12のよいことも皇国のためにあるということになる。その一番大切なところをなぜか崇敬会は意訳していないです。

ここでは冒頭の部分だけを取上げたが、他にもおやっと思うところがある。

以下に、崇敬会の意訳と原文と文部省の1940年の訳を比べながら読んでみると、いろいろ首をかしげるところがあります。

「教育勅語」本文と意訳
 教育勅語 訳
(意訳)
(一)国民の皆さん、私たちの祖先は、国を建て初めた時から、道義道徳を大切にする、という大きな理想を掲げてきました。そして全国民が、国家と家庭のために心を合わせて力を尽くし、今日に至るまで美事な成果をあげてくることができたのは、わが日本のすぐれた国柄のおかげであり、またわが国の教育の基づくところも、ここにあるのだと思います。
(二)国民の皆さん、(1)あなたを生み育ててくださった両親に、「お父さんお母さん、ありがとう」と感謝しましょう。(2)兄弟のいる人は、「一緒にしっかりやろうよ」と、仲良く励ましあいましょう。(3)縁あって結ばれた夫婦は、「二人で助けあっていこう」と、いつまでも協力しあいましょう。(4)学校などで交わりをもつ友達とは、「お互い、わかってるよね」と、信じあえるようになりましょう。また、(5)もし間違ったことを言ったり行った時は、すぐ「ごめんなさい、よく考えてみます」と自ら反省して、謙虚にやりなおしましょう。(6)どんなことでも自分ひとりではできないのですから、いつも思いやりの心をもって「みんなにやさしくします」と、博愛の輪を広げましょう。(7)誰でも自分の能力と人格を高めるために学業や鍛錬をするのですから、「進んで勉強し努力します」という意気込みで、知徳を磨きましょう。さらに、(8)一人前の努力を養ったら、それを活かせる職業に就き、「喜んでお手伝いします」という気持ちで公=世のため人のために働きましょう。(9)ふだんは国家の秩序を保つために必要な憲法や法律を尊重し、「約束は必ず守ります」と心に誓って、ルールに従いましょう。(10)もし国家の平和と国民の安全が危機に陥るような非常事態に直面したら、愛する祖国や同胞を守るために、それぞれの立場で「勇気を出してがんばります」と覚悟を決め、力を尽くしましょう。

[以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ](かくして神勅のまにまに天地と共に窮りなき宝祚(あまつひつぎ)の御栄をたすけ奉れ。)この部分が欠落している。

いま(1)~(10)に述べたようなことは、善良な日本国民として不可欠の心得であると共に、その実践に努めるならば、(11)皆さんの祖先たちが昔から守り伝えてきた日本的な美徳を継承することにもなりましょう。
(三)このような日本人の歩むべき道は、わが皇室の祖先たちが守り伝えてきた教訓とも同じなのです。かような皇室にとっても国民にとっても「いいもの」は、日本の伝統ですから、いつまでも「大事にしていきます」と心がけて、守り通しましょう。この伝統的な人の道は、昔も今も変わることのない、また海外でも十分通用する普遍的な真理にほかなりません。
(四)そこで、(12)私自身も、国民の皆さんと一緒に、これらの教えを一生大事に守って高い徳性を保ち続けるため、ここで皆さんに「まず、自分でやってみます」と明言することにより、その実践に努めて手本を示したいと思います。
明治二十三年(1890年)十月三十日
御名(御実名「睦仁」)・御璽(御印鑑「天皇御璽」)


(以下はウイキペディアから)
(原文)
朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日
御名御璽 ふりがな付き
朕(ちん)惟フニ(おもうに)我カ(わが)皇祖皇宗(こうそ こうそう)國ヲ(くにを)肇ムルコト(はじむること)宏遠ニ(こうえんに)德ヲ樹ツルコト(たつること)深厚ナリ(しんこうなり)
我カ(わが)臣民(しんみん)克ク(よく)忠ニ(ちゅうに)克ク(よく)孝ニ(こうに)億兆(おくちょう)心ヲ一ニシテ(しんをいつにして)世世(よよ)厥ノ(その)美ヲ(びを)濟セルハ(なせるは)此レ(これ)我カ國體(こくたい)ノ精華ニシテ敎育ノ淵源(えんげん)亦(また)實ニ(じつに)此ニ(ここに)存ス(ぞんす)
爾(なんじ)臣民(しんみん)父母ニ孝ニ(ふぼに こうに)兄弟ニ友ニ(けいていに ゆうに)夫婦相和シ(ふうふ あいわし)朋友相信シ(ほうゆう あいしんじ)恭儉(きょうけん)己(おの)レヲ持(じ)シ博愛(はくあい)衆(しゅう)ニ及(およ)ホシ學(がく)ヲ修(おさ)メ業(しゅう)ヲ習(なら)ヒ以(もっ)テ智能(ちのう)ヲ啓發(けいはつ)シ德器(とっき)ヲ成就(じょうじゅ)シ進(すすん)テ公益(こうえき)ヲ廣(ひろ)メ世務(せむ/せいむ)ヲ開(ひら)キ 常(つね)ニ國憲(こっけん)ヲ重(じゅう)シ國法(こくほう)ニ遵(したが)ヒ一旦緩急(いったんかんきゅう)アレハ義勇公(ぎゆうこう)ニ奉(ほう)シ以(もっ)テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運(こううん)ヲ扶翼(ふよく)スヘシ
是ノ如キハ(このごときは)獨リ(ひとり)朕(ちん)カ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民(しんみん)タルノミナラス又(また)以テ(もって)爾(なんじ)祖先(そせん)ノ遺風(いふう)ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足ラン
斯ノ(この)道ハ實ニ(じつに)我カ皇祖皇宗ノ遺訓(いくん)ニシテ子孫臣民ノ倶ニ(ともに)遵守スヘキ(じゅんしゅすべき)所(ところ)
之ヲ古今ニ通シテ謬(あやま)ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス(もとらず)朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺(けんけんふくよう)シテ咸(みな)其德ヲ(そのとくを)一ニセンコトヲ庶幾フ(こいねがう)
明治二十三年十月三十日
御名御璽(ぎょめい ぎょじ)

文部省訳
(文部省図書局『聖訓ノ述義ニ関スル協議会報告書』(1940年)より。明治天皇から勅語を賜った文部大臣が管轄する文部省作成)
朕が思うに、我が御祖先の方々が国をお肇めになったことは極めて広遠であり、徳をお立てになったことは極めて深く厚くあらせられ、又、我が臣民はよく忠にはげみよく孝をつくし、国中のすべての者が皆心を一にして代々美風をつくりあげて来た。これは我が国柄の精髄であって、教育の基づくところもまた実にここにある。
汝臣民は、父母に孝行をつくし、兄弟姉妹仲よくし、夫婦互に睦び合い、朋友互に信義を以って交わり、へりくだって気随気儘の振舞いをせず、人々に対して慈愛を及すようにし、学問を修め業務を習って知識才能を養い、善良有為の人物となり、進んで公共の利益を広め世のためになる仕事をおこし、常に皇室典範並びに憲法を始め諸々の法令を尊重遵守し、万一危急の大事が起ったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧げて皇室国家の為につくせ。かくして神勅のまにまに天地と共に窮りなき宝祚(あまつひつぎ)の御栄をたすけ奉れ。かようにすることは、ただ朕に対して忠良な臣民であるばかりでなく、それがとりもなおさず、汝らの祖先ののこした美風をはっきりあらわすことになる。
ここに示した道は、実に我が御祖先のおのこしになった御訓であって、皇祖皇宗の子孫たる者及び臣民たる者が共々にしたがい守るべきところである。この道は古今を貫ぬいて永久に間違いがなく、又我が国はもとより外国でとり用いても正しい道である。朕は汝臣民と一緒にこの道を大切に守って、皆この道を体得実践することを切に望む。
明治23年10月30日
明治天皇自署、御璽捺印
関連記事

元号の年度がわり

5月1日からの元号が『令和』と発表された。
私は、昭和平成そして令和の年号の時代を生きることになる。

私は、仕事上公文書などを作成するときは、元号を使って書いていたが、昭和から平成の変り目の時は新しい年度はすでに新しい元号だったので問題はなかった。
しかし、今回は、新しい年度のなっても平成を一か月使わなくてはならない。
来年の3月まで、平成31年度となるのは何時までなのか、仕事上その方がやりやすいが、5月から令和元年度となるのか、来年の4月から令和2年度として、仕事をしてはダメなのだろうか。

法的には元号を使う強制力や義務はないので、どう使ってもよいのだが、それではまちまちな記述の仕方でてしまうので、混乱がおきてしまうだろう。

まあ、しかし、なぜ元号の発表を4月にして、皇太子が天皇の即位をする日を5月1日にしたのだろうか。
日本の年度変わりは、4月1日なのだから、元号の変り目を気にするなら、即位の日を4月1日にして、元号の発表を3月1日にすればよかったのではと思う。
関連記事

日本の幸福度は世界で58位より低いのか

先日テレビのニュースを見ていると、日本の幸福度は58位だと報じていた。
しかし、それは、日本は世界一の長寿国であること評価に入れてのことです。この長寿ランクを除外すると、G7では最下位という。この長寿のことを外すと、58位はもっと下がることになる。どれくらいまで下がるのだろうか。

国連は7年前から、1人当たりのGDP=国内総生産や健康に生きられる年数、社会の自由度などを数値化し、世界の国や地域の「幸福度」をランキングにしている。
そして、58位のラックは、去年より4つ順位を下げてたことにないり、G7の国の中で最も低く、25位の台湾や54位の韓国を下回ったことになる。何がランクを下げたのだろうか。
どんな項目があるかというと、
1.人口あたりGDP
2.社会的支援(ソーシャルサポート, 困ったときに頼ることができる親戚や友人がいるか)、
3.健康寿命
4.人生の選択の自由度(人生で何をするかの選択の自由に満足しているか)
5.寛容さ
6.腐敗の認識(不満・悲しみ・怒りの少なさ、社会・政府に腐敗が蔓延していないか)
以上の6つだそうです。
日本はたぶん1から3までは上意のトップクラスにあるだろうが、4以降は低い評価をされたのだろう。

一位はフィンランドで2年連続で、2位にデンマーク、3位にノルウェーとなり、福祉や教育が充実している北欧諸国が上位になっている。ちなみに民主主義国のアメリカでも19位 イギリスは15位となっている。

日本は世界一の長寿国とされているが、健康に生きられる年数がシンガポールに次いで2位となり、1人当たりのGDPが24位で、政府やビジネスにおける腐敗のなさが39位とです。

また、社会的支援が50位、社会の自由度が64位、他者への寛大さが92位となっている。
健康に生活できるとGDPを集計か外すと何位ぐらいになるだろうか、金をたくさん持っていて、チューブに繋がれた生活を続けることに価値を置くことがよいのだろうか。それより人間として個の自由と充実と尊厳を求める社会の方がよいのではないだろうかと思う。
関連記事

イヌが癲癇を予知し知らせる

犬は意識を突然失う発作「癲癇[てんかん]」の発作を予兆できると、フランスのレンヌ大学の研究チームが発表した

[てんかん]の発作をおこすときわずかなの臭いを犬が嗅ぎ分けられるとして臭いがあることを突き止めたとしている。さらにこの臭いの分析の研究を進めることによて、[てんかん]を感知できる可能性がでてきたと述べている。研究チームは、糖尿病やガンに特有の臭いがあると言われることに着目して、[てんかん]にもあるのではとないかと、それを確かめるために5人の患者から、発作を起こしたとき運動したとき、落ち着いているときの汗を採取し、特殊な訓練をした5頭の犬に嗅がせた結果、3頭の犬が100%、2頭の犬が67%の確立で臭いを突き止めたと発表した。
研究チームはイギリスの科学誌「サイエンティック・リポーツ」の電子版に「いぬが臭いを嗅ぎ分けるのは明らかで、[てんかん]の発作に伴う得意的な臭いをが存在することがしめされた」として、[てんかん]の発作がどのようなものか突き止め分析することで、発作の予兆を感知できるようになる可能性があるとしている。

このようなことは、研究室の中で研究されるだけでなく、臨床やフィールドワークでの研究が重要になってくるのではないだろうか。犬は飼い主に従順で他にも、飼い主に異変に気が付き、犬が周囲にその異変を知らせようとしたことなどの報国もあります。[てんかん]がある人が犬のペットを飼っていたら、飼い主が[てんかん]をおこしたとき、犬がどのような反応をしているかを観察してみるとよいだろう。それには、犬の飼い主に犬が[てんかん]をおこしたときどのような様子だったか、主治医が聞き取り調査などをすることにより、情報をあつめて分析して[てんかん]の患者にとって発作が起きる前に対処しておくことなどや、その予防をすることもできるようになってくるのではないだろうか。
今後の研究に期待したいです。


*テンカン 痙攣(けいれん)・意識障害などの発作を繰り返す脳疾患。原因不明の真性と外傷・腫瘍(しゅよう)などの損傷によって起こる症状性とがある。
関連記事

桜が咲く

いつも早朝のウオーキングをしている、運動公園の桜が昨日まで堅い蕾だった。しかし今日の早朝を見ると、あちこちの木の蕾が開花して咲いていた。ぱっと見て、10から20ほど薄い明るい桃色花を咲かせていた。しかし、残念なことに、私が毎日必ず見ている桜の木は、一輪しか花を咲かせていなかった。しかし、今日の。午後頃に運動公園に行くとたぶんたくさん咲いているだろう。

これから、花冷えの日もあるだろうが、どんどん暖かくなり過ごしやすい日になってくるでしょう。
関連記事

ドイツの戦争補償

ドイツの投資会社JABホールディングが第二次世界大戦中に、ヒットラー政権に協力して戦争捕虜や東欧出身の市民に強制労働をさせていたことが判り、被害者の12億円の寄付をした。
ドイツでは、自動車メーカーのフォルクスワーゲンやダイムラー・ベンツやIG-ファルベンや電機メーカーのシーメンスなど多くの大手企業がナチス政権に協力していたことが分かっていている。これらの企業は拠出権を出し、また政府も拠出して基金を通じて、被害者に対しての補償などを行ってきている。

戦争責任を有耶無耶にし続けるどこかの国と大きく違うように感じる。

このニュースを聞いたあと、また、韓国の国会議長の文氏が徴用工の問題とは関係ないが慰安婦問題について、「発言の趣旨は『戦争犯罪や人倫に関する罪は時効がない。ドイツが敗戦国でも欧州の長なのは、全ての問題に謝罪し、現在も続けているからだ。心のこもった謝罪が最も重要だ。安倍晋三首相や安倍首相に準じた日本を象徴する国王(天皇)が慰安婦のおばあさんを訪ねて、申し訳なかったと一言言えば、根本的な問題が解決する』という話だった」とべた。当然日本政府は大変失礼だとする菅官房長官が定例の記者会見で「一連の発言は甚だしく不適切であって、コメントする気にもならない」と強く批判している。

この徴用工と慰安婦問題はまだまだ解決の糸口が見えない。互に感情的にならず大人らしい対応をすべきでだと思う。
関連記事

渋谷のハチ公

ハチ公と言えば、東急渋谷駅前の犬の銅像で、渋谷で待ち合わせと言えば、ハチ公と言うほどです。そのハチ公の制作者である安藤士(あんどうたけし)さんが、1月13日に肺炎のために逝去されたそうです。

このハチ公は2代目で、初代のハチ公は安藤士さんのお父さんの照さんが1923年に制作したが、戦争中の物資供出で機関車の部品になったそうです。戦後ハチ公の再建運動が起り、士さんに依頼があったそうです。

私は渋谷前のハチ公と言えば、「忠犬ハチ公」の逸話をしっているが、どうやらそれは違うよです。共同通信のWebページで士さんにインタビューした時の、ハチ公の話が紹介されていた。

一言で云うとハチ公は「忠犬ハチ公」ではなく「野良」だったそうです。
協同通信の記事をかいつまんで紹介すると。

ハチ公は秋田県大館の農家で生まれ、東大の上野英三郎にもらわれ「ハチ」と名づけられ、英三郎が出勤するとき渋谷駅まで連れていった。しかし英三郎はハチが来てから1年余りで急死した。
ハチはその後、浅草の家に預けられる、しばしば渋谷に逃げ帰った。その後ハチは渋谷の植木職人のもとで世話をうけるが、ハチ公は毎日、渋谷駅に現れるようになった。
ここまでは、よく知られている話です。
ハチ公がよく知られるようになったのは、朝日新聞が1932年10月に「いとしや老犬物語 今は世になき主人の帰りを待ち兼ねる七年間」という記事が載り話題になり、映画やレコードにもなり、存命中の34年4月に銅像が建てられ、除幕式にはハチ公自身が“出席”したという。

1931年の満州事変が勃発し15年戦争に突入することにより、ハチ公は「忠義」「忠誠」の象徴となり、ハチはハチ公の除幕式から一年後の35年3月に死んだが、死んでいる。死因をめぐるあれこれは後述する。小学2年の修身の教材に「オンヲ忘レルナ」の題で登場し、戦意発条の国策に組み入れられてしまう。それが私たちがよくしっている「忠犬ハチ公」の話です。

しかし、上野によれば実際は違うようです。
上野士さんはハチを中学に通うため渋谷駅を利用していたがよく見かけたそうです。
そのときの様子を士さんは「みんなから邪魔にされていました。どうしてこんな所にこんな大きな犬がいるんだという感じでした」。と語っている。また士さんは父のアトリエに連れて来られてモデルになっている姿も見ていて、そのときの様子を「犬は犬ですからねえ。自由なかっこうでしたよ。寝そべっていることもあったし、おいしいものはないかなあと見ていることもあったし、眠いときは眠そうにしていました。以下略..」と語っている。
戦後東京美術学校在学中出征して戦後復員して帰ってくるとと、渋谷は焼け野原だたが、1947年にハチ公の再建運動が起き、2代目のハチ公像の依頼があり、翌48年8月15日に除幕式が行われた。

ハチ公は野良と書いたが、ハチ公は1935年3月8日に渋谷の稲荷橋付近の路地で死んでいたが、解剖により心臓が寄生虫フィラリアの犯され、胃の中から焼き鳥の串が見つかっている。そのときの死因はわからなかったようだが、2011年に東大の中山裕之教授らが、ホルマリン漬けの内臓をMRIなどで分析すると、「がんとフィラリアのどちらが直接の死因になったかは分からないが、両方とも死因になり得る」話している。
胃から焼き鳥の串が見つかったことは、ハチが渋谷に現われたのは安藤士を慕ってではなく、渋谷の呑みや街をうろつき、店の人や客からお零れの焼き鳥が狙いだたようです。

「忠犬ハチ公」と呼ばれるが、ただの渋谷で愛される「ハチ」でよいのではないだろうか。げんにハチ公の銅像はみなから触られ、前足などがテカテカい地金の見えている。それだ皆に慕われているからだろう。戦前のハチ公のように国策に使われ振り廻されることはハチは望んでいないだろうと思う。
関連記事

ユニバーサルデザインタクシーへの研修

車椅子で乗れるタクシーで車椅子の人が乗車拒否されることがあり、運転手への研修を義務化する方針になった。また、研修を行なわない会社は、ユニバーサルデザインタクシー購入の補助金を支給しないともするという。もう10年以上前になるが、私が車椅子の障碍者と東京駅で車椅子用のタクシーを予約していたが、東京駅でそのタクシーに乗ろうとしたら、運転手は車椅子のスロープの操作の仕方を知らなかったようで、乗るのに非常に手間取り時間がかかったことを思い出した。しかし、手際よくすれば2分ほどで車椅子を車に乗せ動かないように固定することができる。そのようなことがあったが、いまでも、タクシー会社がユニバーサルデザインタクシーを購入するだけで、その操作法を知らないのがあるのは驚きです。ユニバーサルデザインタクシーは通常のタクシーより装備の改装などがあるので、価格が高いがその分国がタクシー会社に補助金をだしている。導入する会社は世間に我が社は障碍者にも優しいとアピールできるだろうが、運転手が乗車することを手助けするのは乗務員としての義務と責任があるものです。障碍者が車椅子で一人で常務するとき、また介助人と同伴のときでも、運転手は目的地まで安全に送ることだけでなく、乗降の安全にも責任を持たなければなりません。それができないようならばユニバーサルデザインタクシーとは言えないです。導入会社には研修を義務づけるのは当然でしょう。
関連記事

畑のプラスチック

海洋プラスチックゴミの問題は、海洋を漂うプラスチックが海水の波と太陽光により分解されマイクロプラスチックになり、海を漂いそれを魚が食べ生体系に悪影響を及ぼす、また食べ物の連鎖で、マイクロプラスチックを呑み込んだ魚を人間が食べて、人間の健康に悪影響を及ぼすことは、テレビや書物で大きく取り上げられえ、多くの人が関心を持つことになっている。
しかし、海洋を漂うプラスチックに及ばない量のプラスチックが大量に廃棄され、土壌を汚染しているこちに対してはあまり、報道されていない。私たちが街を歩いていても、道にレジ袋やペットボトルやお菓子の袋が捨てられているのを見ることがある。廃棄されたプラスチックは多くは、処理施設で分別され再生されたり、焼却されたりする。しかし、それ以外にも捨てられたプラスチックが畑などの土壌を汚染されたりしているという。私たちの出す生活ごみのなかで、生ごみは焼却されるものもあれば、堆肥として使われるものもあるし、スーパーなどの野菜で売れ残りは袋ごと処理業者に渡され、そこで処理業者によって、堆肥などになるがそこで完全に、プラスチックの袋などが取り除かれるわけではない。その堆肥は農家によって野菜作りなどの使われる。そこで育てられた野菜は地中の水分や栄養分と同時に、水に溶けだしたプラスチックが野菜に吸収されたりする恐れがある。
私たちはもっと、この便利過ぎるプラスチックについて考えるべきだろう。
関連記事

ゴラン高原

トランプ氏の承認表明には、4月9日のイスラエル総選挙を前にネタニヤフ氏を支援する意図がある。イスラエル検察は2月末、汚職疑惑などでネタニヤフ氏を起訴する方針を示しており、同氏には逆風が吹く。
イスラエルは、シリアのアサド政権を支援するイランがゴラン高原の周辺で影響力を強めていると警戒し、主権の承認を米に働きかけてきた。
ゴラン高原に駐留するイスラエル軍(2018年5月)=ロイター
ネタニヤフ氏は今月25~26日にワシントンでトランプ氏と会談する。
国連は67年の決議で「最近の衝突で占領した地域からのイスラエル軍の撤退」を求め、イスラエルの主権を認めてこなかった。一方、イスラエルは81年に併合を一方的に宣言。日本は96年から2013年に国連平和維持活動(PKO)の一環として、ゴラン高原に自衛隊を派遣した。
トランプ氏の支持基盤のキリスト教保守派には、イスラエルへの接近を望む声が多い。親イスラエル路線はトランプ氏の求心力にもつながる。
トランプ政権は17年12月にイスラエルの首都としてエルサレムを承認した。東エルサレムを首都とする国家樹立を目指すパレスチナ自治政府が猛反発するなか、米は駐イスラエル大使館のエルサレム移転も強行した。イランの核開発を制限する国際合意からの離脱も表明し、18年8月にイランへの経済制裁を再開している。
関連記事

待機中のCO2を回収して...

大気中のCO2を回収して資源にする
地球温暖化対策を強化する一つとして、二酸化炭素の排出量を減らす取り組みがあるが、すでに大気中にある二酸化炭素を回収する研究そ押し進めるために、環境省が実証実験を始めるという。国連の専門機関の「気候変動に関する政府間パネル」IPCCは、世界の平均気温を産業革命前に比べて1.5度に抑えるためには、空気中の二酸化炭素の回収技術も必要だと指摘している。すでにスイスやアメリカ、カナダなどでも開発が進められているという。環境省は事業者を募集して数年かけて二酸化炭素回収の技術の実用化を2022年までに確立したいとしている。
この回収された二酸化炭素をどうするのだろうが、植物や海のように、二酸化炭素を酸素に変換するのだろうか。回収された二酸化炭素を地下深くに注入し閉じこめるのだろうか。

しかし、次のようなニュースもある。
一昨年、韓国の南郷部の都市、浦項(ポハン)でM5.4の100人以上が怪我をする地震が起きた原因は、周辺で進めた地熱発電開発のため、高圧で水を注入したためだという、調査結果をまとめ公表した。

韓国政府は国内外の専門家で構成した調査団を作りその調べでは、地熱発電の開発で地下に高圧の水を注入したため、時間の経過によって地震が引き起こされたとみられるまとめた。2010年に国家研究開発課題として地熱発電開発を始めたが、それまで周辺で大きな地震は発生していなかった。これにより政府は開発の中断を決定した。
地下に水を注入することにより地震が発生しやすくなることは、シェールオイルの掘削が進む米オクラホマ州などでもみられている。水の注入によって地下にかかる圧力の変化することが原因と考えられている。
日本などの、プレートの境界などで、資源確保のためと言って、この付近にある資源開発をすると、どのようにことになるだろうか、安易に開発を急ぐと取り返しのつかないことになるのではないだろうか。

エジプトのアスワンハイダムが完成し水を貯水しだすと、地震がおきるようになったと。高校のころ聞いたことがる。それと同じようなことがおきたのでしょう。この問題はもっと詳しく研究調査して公表していくべきだろう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • タイタニックジョーク
    竹林泉水 (04/19)
    アジシオ次郎さんコメントありがとうございます
    最近、空気を読めないとかいろいろと自己主張をする人を、悪く言うならまだしも排除しようとするそれれこそ空気が流れてい
  • タイタニックジョーク
    アジシオ次郎 (04/19)
    おはようございます。

    日本人は自主性がなく誰かのすることに右に倣えをする国民性だとエスニックジョークのネタになっているけど、確かに日本人は指示待ち族が多く、自
  • ドイツの戦争補償
    竹林泉水 (04/03)
    コメントありがとうございます。

    私は過去の歴史を正面から見つめて振り返れり、過ち過ちとして認めることから始めるべきでだと考えます。
    しかし、敗戦時に連合国のポツ
  • ドイツの戦争補償
    風と雲 (04/01)
    大きくなるに従って、食べ物が良くなっていき、物が豊富になっていくのは自分の成長の故と思っていたのが、実は戦争があって痛めつけられた中から復興が進んでいたのだと分
  • 不適切な韓国国会議長の発言
    竹林泉水 (02/18)
    韓国の国会議長の発言のニュースで始めは「首相か天皇が謝罪の言葉云々」となっていたがNHKなどのニュースはそのご、首相はつけずに「天皇の謝罪」だけになってしまって
  • 不適切な韓国国会議長の発言
    アジシオ次郎 (02/16)
    おはようございます。

    韓国の国会議長が天皇陛下自ら慰安婦に謝罪すべきだなんてとんでもない発言、いつまで韓国は過去のことをネチネチ責めれば気が済むのかと思うし、
  • 今の政治と改憲
    竹林泉水 (12/18)
    そうですね。パリで起きているマクロン政権に対する抗議運動は、一部は暴動となっているが、フランスの歴史はルイ王朝が斬首台の露と消え、市民運動の歴史があります。それ
  • 今の政治と改憲
    風と雲 (12/17)
    アベ政権の民主主義理念の無視と曲解による強引な統治手法は将に日本を劣化させる大きな原因と思っていますが、一方 日本の国民には、明治維新や敗戦でも払拭しえなかった
  • GPS付の足枷
    アジシオ次郎 (12/15)
    おはようございます。

    GPS付きの足枷、仰る通り人権侵害という指摘もあるけど、現にアメリカでは性犯罪を犯した人間に対して付けることを義務化してるように、犯罪抑
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    03 | 2019/04 | 05
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR